« 「てっぱん」 第1週 どこまで、ついていけますかね…? | トップページ | 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 »

2010年10月 2日 (土)

土曜ドラマ 「チャンス」 第5回、第6回(最終回) 心に残る 「ダニー・ボーイ」

 金融と競馬のふたつの世界を描いた(最後まで、おんなじ出だしでスイマセン)NHK土曜ドラマ、「チャンス」。

 このドラマ、主演の藤原紀香サン、敵役の市川亀治郎サンの熱演は確かに光っていました。

 特に最終回の、長時間に及ぶ英語でのプレゼン。 ここまで長い全編英語ゼリフのシーンなど、私はじめて見ました。
 これがもしカンニングペーパーもなかったとすると、実に驚異的です(実情はどうなんでしょうか?)。
 おふたりがプレゼンでしゃべっている内容は、モンゴルのインフラ整備についてで、実に難解な英語が多用されるもの。 私だったら、一行か二行くらいしか覚えられまっせん!(笑)
 亀治郎サンの英語は、アクセントを強調した 「歌舞伎チック」(笑)な英語、紀香サンのほうはネイティヴで実におじょうずな英語でした。 ちょっと、これをカンペなし、というのは、考えられないっス。

 ただ熱演が光るわりには、心に残らない。

 なぜかというと、物語がどことなく上っ面をなでている感じで、ドラマに必要不可欠な、人間のぶつかり合いによっておこる意外性の昇華、というものが希薄なのです。
 このドラマを見ていて感じるのは、意外性、という側面が全くない、ということ。
 まるで最初からこうなるのは分かっていた、とでも言えるようなことしか起こらない。
 予定調和が、役者の熱演を阻害している感じがするのです。

 そんななかで、「予定調和だろうが心に残る演技はできる」 という実証を示してくれたのが、チャンス号の調教師木川を演じた、宇津井健サンでした。

 彼は自らの命が残り少ないことを知りながら、チャンス号に自らのすべてを注ぎ込む。
 そんな彼がチャンスに頬ずりしながらよく口ずさむのが、「ダニー・ボーイ」。
 自らの余命を馬と一緒にいることの喜びと共に生きようとする、なんとも言えない 「人生の落日の美しさ」 に満ちた映像でした。 その情景を思い出すだけで、なんだか泣けてくるのです。 チャンスが菊花賞に敗れた直後、厩舎で木川は倒れます。

 そのまま亡くなった木川ですが、最終回、有馬記念の最終コーナーで、「今だ!」 という木川の声を、紀香サンは一瞬聞くのです。 その瞬間、その木川の声が届いたかのように、チャンスに鞭を入れる、桜田騎手(瀬川亮サン)。 涙がじわっとあふれました。

 たとえその場にいなくても、この幻聴にも似たひと声で、見る側の気持ちをさらって行ってしまう。 これこそが、本物の役者、記憶に残る役者の演技、というものではないでしょうか。

 「プロというものは、体だけでもダメ、いちばん大切なのは、『折れない心』 じゃないかと、私は思いますよ。
 馬も騎手も、プロだったら必ずケガや失敗もある。
 その時どれだけ、心を強く保てるか」

 プロだったら、脚本や演出家のせいにしてはいけない、ここで心を折ることなく、自分の演技以上のものを出し切り全うせよ、という宇津井サンの気持ちが、このセリフから感じ取れる気がするのです。 本当に愛おしそうに、残りの時間を惜しむように、馬に頬ずりしていた木川。 どんな上っ面なフィクションでも、見る側はそんな姿に思わず涙してしまうのです。

 それにしてもこの、架空 「有馬記念」。
 杉本清サンが実況、というのも臨場感がやたらと高まりましたし(杉本サンはこの手の架空実況をよくやっている気がしますが)、レースの見せ方にも、手に汗握るものがありました。 もっとしつこくやってほしかった気さえします。 特にファンドビジネスの展開がステレオタイプチックだったので、そっちをやるよりこっちだろ(笑)っつー感じだったんですけど。

 臨場感、という点では、モンゴルでの紀香サンのインフラ取材も、なんかドキュメンタリータッチでやたらとリアルでした。 こうした 「演技してない声」「演技しないセリフ」 って、ドラマの中で展開されると面白いものがあるなあ、なんて感じました。

 ファンドビジネスサイドでは、想定内、と言わんかの如く、腹心の裏切りに合い、逮捕失脚していく亀治郎サン。 9.11のときにかけがえのない友人を失った、という告白によって、彼が道を踏み外したきっかけというものが提示されたのですが、やはり突っ込み不足の感は否めない。 亀治郎サンの気持ちの掘り下げや葛藤をもっと見せれば、こちらサイドの話はもっと締まった気はするのですが。

 ただそんな想定内だらけのドラマの中で、作り手の言いたいことは伝わった気がします。
 先ほどの 「折れない心」 のテーマもそうですが、「今ここにあるチャンス」 を逃さない、という紀香サンの姿勢を加賀まりこサンが指摘し、菊花賞の出走を渋る宇津井サンが決断する、という場面もそうでした。
 失敗を恐れて委縮しているいまの世の中に、「もっとアグレッシヴに生きよ」「チャンスを逃すな」 というメッセージを、絶えずこのドラマは発信していた気はするのです。

 それに、短い回数で上っ面っぽい話のわりには、役者さんたちはひとり残らず自分のポジションを演じ切った、と言えるのではないでしょうか。 特に紀香サンは、改善の余地がじゅうぶんある演技なのですが、将来それが克服できたときは、凄い役者に大化けするかもしれない、そう感じます。
 まあ彼女が、役者の仕事を終の棲家と考えるかどうかに、かかっているんですけどね。

« 「てっぱん」 第1週 どこまで、ついていけますかね…? | トップページ | 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 リーンです。

 やはり、あっさりした気分が残りますね。ストーリー優先で作ってしまった弊害が残ってしまい、人物の掘り下げが成功していない気がします。

 最終回に入ったところで宇津井さんが亡くなってしまいました。私は有馬記念まで生きていて欲しかったのですが。8大競争を制することができなかった無念さを有馬ではらすように展開して欲しかったのですが。もうひとつ、優勝してからインタビューで騎手が先生に感謝を述べていましたが、北海道のことはどう思っていたのかな、と心情として疑問に思います。

 チャンスを菊花賞に出走させますが、紀香さんが宇津井さんのためを思ってのことなのですが、話をなぞっているようにしか思えないので共感を持って寄り添えない恨みがあります。それに、牝馬が牡馬中心のG1に出走させるのはサラブレットを壊してしまう気がします。競馬の知識が邪魔してドラマに集中できない、もどかしいです。

 紀香さんが役者として大成するには、実は演技がうまくなること以外のことが大事だと思います。テレビに出ることを自主的に制限すること。NHKのエコチャンネルやK-1に出ていますが、彼女ほど存在が大きくなればいろんなところで映像を目にすることになります。ドラマを見る上では視聴者に(少なくとも私は)とって邪魔になります。映像が潜在的に及ぼす力を考えたほうがよいのでは。今のままでは、演技がうまくなっても(このドラマの演技も)評価されないのではないでしょうか。

 最後に、MVPはギルデットエージ号にあげます。

リーン様
コメント、ありがとうございます。

宇津井サン演じる木川が亡くなってしまうのは、短い回数のドラマでインパクトを演出する方法のひとつだったのでしょう。 牡馬中心のレースに牝馬が出馬したという点では、ウオッカを思い起こさせますが、競馬にあまり詳しいわけではないので、ここではちょっとゴニョゴニョ…(笑)。 それでも感じるのは、やはりそうしたレースに牝馬を出走させることにどれだけリスクがあるのかとか、もっと突っ込んでもらいたかったなーという感じでしょうか。

リーン様ご指摘のように、紀香サンの演技には、「なんだってチャレンジしているアタシの仕事の一環」 という感覚が、常についてまわっている気がします。 まあ、一芸以外でさまざまなジャンルに挑戦している役者さんは、ほかにも大勢いるのですが。 今回気になったのは、やはりキャリアウーマンとしての演技に、鼻もちならない部分を発散させてしまっていた、という点でしょうか。 「ギネ」 で優秀な女医を演じていたときにも感じたのですが、自分のカッコよさを表現する手段において、この人はちょっと損をしているかなー、という感じがします。 その点で、「チャンス」 の最初の部分で、ノーメイクで号泣の演技をした紀香サンに、大きな可能性を私などは感じます。 こういう、カッコつけでない、裸の演技を、見る側は待っているんだと思うんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「てっぱん」 第1週 どこまで、ついていけますかね…? | トップページ | 「SONGS」 山口百恵 ちょっと小出し気味 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ