« 「流れ星」 第1回 ダウナーな感覚あふれるフジの月9 | トップページ | 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… »

2010年10月19日 (火)

「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 中島みゆきサン登場

 番組の宣伝をした関係上、その結果は書かねばなりません(笑)。 「龍馬伝」 のレビューが、先送り先送りとなっております(笑)。

 10月18日のラジオニッポン放送 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 に、先週も予告しました通り、中島みゆきサンがゲスト出演いたしました。
 このお3方のファンである私には、卒倒しそうな顔ぶれでありました。 こんなことって、あるんだなぁ(笑)。 生きてりゃいいことも(笑)。

 初めの5分くらい、拓郎サンは銭形平次か森の石松かみたいなテンションで 「べらんめえ、目の前にいるけど30分くらいしゃべらせないぞ」 ともったいつけてなかなかみゆきサンにしゃべらせない(笑)。

 もともと拓郎サンの前ではかなり委縮する傾向にあるみゆきサン、ゲストに出ていらっしゃる間、ほとんど拓郎サンの独壇場でしゃべらせてもらえなかったとゆーか(笑)。
 「もっとみゆきにしゃべらせろ!」「拓郎黙ってろ!」 というみゆきファンの悲鳴が聞こえてきそーな感じ(笑)。

 拓郎サンは先週まで、「中島みゆきはどうして中島みゆきなのか?という質問をしてやる」 とか話していたのですが(笑)、この日の最初の質問はやはりそのことで、要するにデビューのときに芸名とかを考えなかったのか?ということでした。 みゆきサンは、自分の名前を漢字で書くと 「美雪」 なんだけど、横の棒がかなり多くてつぶれっちゃうのね、面倒だから平仮名に変えました、というお答え。

 同時にこの日のゲストだったのが、瀬尾一三サン。 拓郎サンともみゆきサンとも、縁の深いアレンジャーであります。 みゆきサンによれば、瀬尾サンが出るからこの番組に出ることを承諾したとのこと。 「オレは瀬尾を呼んだ覚えはない」 と拓郎サン(笑)。
 この瀬尾サン、かなり番組ではオモチャにされてまして(笑)、みゆきサンの曲 「悪女」 を歌わされて、ちゃんと知らなかったことが判明(笑)。

 特に 「隠しておいた言葉がポロリこぼれてしまう 『行かないで』」 の部分が、拓郎サンも坂崎サンもよく呑み込めてないらしく(笑)、そのまま同じ音符の長さで歌ってしまうから最後に早めに終わってしまう(笑)。 ここでみゆきサンに 「どうやって歌うんだ?」 と強制(笑)、「隠してエ置いたア言葉がポロリい」 と、わりかしきちんと歌わせて、「隠して、エ!か!置いた、ア!か!」 としごく納得のご様子(笑)。

 この場面、長年みゆきサンを知っている人からすれば、実に歴史的な(笑)場面でした。

 つまりこの番組予告の当ブログ記事でも書かせてもらったんですが、中島みゆきという人は、自分を安売りするようなことを決してしない人なのです。 「アイラブユー新潟」 とかを自分の 「オールナイトニッポン」 のなかで半分おちゃらけて歌うようなことがあっても、こうして自分の持ち歌を、きちんと歌うようなことなど、絶対にしない人なんですよ。 歌本片手にこの日も拓郎サンは昔の歌を歌いまくっておったのですが(笑)、絶対乗ってきませんでしたしネ(全編聴いていたわけではないのでもしかするとあったかもしれないですけど)。

 そんなみゆきサンがデビュー前に傾倒していたのは、URC系(アングラレコードクラブ、要するにインディーズの元祖ですな)の音楽で、五つの赤い風船など、呼び子をやっていたとかいうお話。 坂崎サンもそれに乗ってきて、「遠い世界に」 とか歌い出すんですが、「オマエは何でもかんでも精通しすぎなんだよ」 と拓郎サンに突っ込まれる。 大笑いしました。

 そんな拓郎サンがみゆきサンを初めて見たのが札幌で、アマチュアコンテストだかの番組だったらしく、デビュー前のみゆきサンが白いミニスカートをはいてギターを弾いていたのがとても印象的だった、「かわいい女の子だな、と思った」 というのです。 これは貴重なお話。 あの中島みゆきが、ミニスカートかよ!みたいな(笑)。 こりゃ見てみたかった…。 みゆきサン、テレまくっておいででした。 いや、拓郎サンとみゆきサンがデビュー前に遭遇していたとは、意外でした。

 レコーディング方法も一発撮りが基本らしくて、ほかにも4パターンくらいテイクを作ってそのなかからいちばん今の気分にあっているテイクをバックにして歌う、というみゆきサン。 「だってカラオケに合わせてあとからひとりで歌うのって、さびしいでしょ」 と言われ大きく同意した拓郎サン、瀬尾サンがその方法を教えてくれなかったことに激怒(笑)、「だって恐れ多くて教えられないですよ」 と瀬尾サン。 「今度からその方法でレコーディングするぞ、いいこと教えてもらった」 と言っていたので、拓郎サンのレコーディング方法が劇的に変わる瞬間に立ち会ったかもしれないですね、我々は(笑)。

 曲が出来るのがあまりにも遅くて、ずーっとストックしておいて、アルバムを作るぞ、というときはそれを引っ張り出してくるタイプ、というみゆきサンに、曲が出来たら早いとこ録音して、それ以上スタッフにも誰とも会いたくないという拓郎サン(笑)。 なかなか面白い対比でした。

 みゆきサンはこの番組以外にもラジオ番組にゲストで出ているらしくて、それは3年ぶりのニューアルバム 「真夜中の動物園」 のプロモーションも兼ねたものだったようですが、こうして私の青春時代を彩ったおふたりが一緒にしゃべっているところを聞きますと、プロモも結構、聴取率調査も大歓迎、という気持ちになってくるのです。

|

« 「流れ星」 第1回 ダウナーな感覚あふれるフジの月9 | トップページ | 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/49787223

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂崎幸之助・吉田拓郎のANNG」 中島みゆきサン登場:

« 「流れ星」 第1回 ダウナーな感覚あふれるフジの月9 | トップページ | 「フリーター、家を買う。」 第1回 リアルすぎる… »