« 「てっぱん」 第5週 居心地が、作られつつある | トップページ | 「流れ星」 第3回 一瞬で消えてゆく星、その星への祈り »

2010年11月 1日 (月)

「獣医ドリトル」 第3回 単なる動物病院の話からの脱却

 なんだか面白くなってまいりました、「獣医ドリトル」。
 その原因は、獣医以外のパワーバランスの話が程良くドラマを侵食し始めたことによるものです。
 そしてその主役は、エンペラー動物病院グループの國村準サン。
 この人物、実に興味深いです。
 石坂浩二サンに紹介されて、大臣の孫のハムスターをドリトル(小栗旬クン)に任せるのですが、その裏には統合的な専門動物医療センターの設立、という思惑が絡んでいる。

 このセンター自体が、結構現実離れしているのはご愛敬ですが(そこまでやるか、って感じ…笑)、完全分業制にして専門的な動物治療のエキスパートを集める、というその理念に、花菱(成宮寛貴サン)が大いに興味を示す、という構造が、面白い。
 花菱はよーするに、手術はできないけど診断に関しては絶対の自信を持っている、という偏った才能の持ち主だから、國村サンの理念に賛同したがるんですよ。 で、國村サンのもとに尻尾を振って会いに行くのですが、カリスマ獣医として自分の動物病院の客を横取りされている、と感じている國村サンは、花菱のことなど歯牙にもかけない。 かさねがさね、この構図は面白いです。
 ここで國村サンが花菱の腕を買うまでに至れば、話はさらに複雑怪奇の様相を増してきて面白くなりそうなんですが。 いや、それはないかな。 國村サン、花菱見くびってますし(笑)。

 で、ドリトルにハムスターを預ける際に、300万を要求したドリトルに対して、自分の病院で直してもらったことにするために、さらに100万上乗せする。 ドリトルは、「こんなこと初めてだ」 とほくそ笑むのです。
 いやー、蛇の道は蛇、と申しますか、今回終盤で國村サンはドリトルと自分に共通点を感じた様子。 新センター開業のあかつきにはうちに来て働かないか、報酬ははずむ、とドリトルに提案するのです。

 ところがそれに対してのドリトルの答えは、「金は大好きだが、金に縛られたくはない」。

 そんなドリトルの答えに、國村サンはますますこの男に対する興味を強めていくのです。

 こーゆーのが、面白いんですよ。

 そしてもうひとつ、物語の底を静かに潜行しているのが、矢ガモ犯人。

 そいつがケーブルを切断してハムスターの治療の邪魔をする、というところまで、物語に落とす影が濃くなっているのです(たぶん同一犯人でしょう)。

 動物虐待、というのは、サカキバラ事件においてもそうだった記憶があるのですが、人間の殺人へと至るケースがじゅうぶん考えられる。 そんな長年の私の忸怩たる思いを、このドラマがどれだけ改めて問題提起させ、どれだけスカッと解決させてくれるのか、その料理の仕方にも、個人的な期待が高まっているのです。

 そして気になるのは、大橋のぞみチャンの犬…のほうではなくて、大橋のぞみチャン(笑)。

 彼女、「ポニョ」 のころに、もうお仕事はやめにしたいみたいなことを言っていたよーな記憶があるのですが…。 いつまでこのお仕事、お続けになるおつもりなんでしょうかね?(笑)

« 「てっぱん」 第5週 居心地が、作られつつある | トップページ | 「流れ星」 第3回 一瞬で消えてゆく星、その星への祈り »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

しょっぱなから関係ない余談ですが
土曜日、志村どうぶつえんで
motherづぐみちゃんがカピバラの親子と遊んだり温泉に入ったりする(愛菜チャンは着衣です!)萌え萌え映像を見てしまったので
大橋のぞみちゃんの印象が薄い…。

私、國村さんは大好きな俳優さんなんですが
今回の役どころはちょっと好きになれません。
なんなの、大臣の孫娘のハムスターだからって特別待遇でっ!!(怒)

モンスター父娘の態度がすごく不愉快でした。
おまけに最後に出てきた山本学さんもいきなり怒ってるし…
みんな怒鳴ってるから、癒し担当で大橋のぞみちゃんが出演したのかもしれません。

山本学さん演じるお父さんのあとを継がなかったために鳥取医師は責められているようですが、
モンスター父娘エピソードはそこへつなげるためのものだったのでしょうね。

追伸

「金は大好きだが、金に縛られたくはないんだよ」

カッケーーー!!
そのとおりだよ、ドリトル先生!

言ってみたいセリフです。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

「志村どうぶつ園」 は見なかったのですが、継美チャンは、「あれが素なのか?」 というほど、まるで大女優の魂が輪廻で生まれ変わったかのようなキャラをしてますよね。 あまりにもかわいすぎて、逆に心ない中傷にさらされないかと、なんか親ごころのよーな心配をしております…(笑)。

國村サン、いかにも悪ぅぅーい(笑)キャラですけど、ぼそぼそと丁寧な語り口なのに、やってることはエゲツナサ全開というのがシビレます(笑)。

モンスター飼い主親子ですけど、確かに不快感撒き散らしまくりでありましたね(笑)。 消しちゃってなんと言っていたのか忘れちゃったんですが、ドリトルがこのモンスター心理の正体を、的確にあぶり出していました(忘れちゃったのかよ!…笑)。 そしてその改心の仕方は、個人的には納得、という感じでした。

山本學サンの動向には、今後注目であります。 ドリトルの親子関係をクローズアップしたおかげで、ドラマに一層の深みが出てきたように感じるのです。

追伸

縛られるほど、金に囲まれてみてぇぇ~~~っ!(笑)

>モンスター心理の正体
なんでしょう
自分が責められるのが怖いから他人を攻撃する、人のせいにする でしょうか?

「金のある悲劇」はわかりようもないですが(爆)
大金をもらってるからという理由で、いいように使われるのがイヤなんですな。
要は契約で縛られたくないんだなー
勤め人から足を洗って長いので、わかります…
そんな気性のおかげで極貧です。。
ドリトル先生くらいの腕がないと、偉そうなセリフほざいちゃいけないんですね
ええ、わかってますとも

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

あ、確かそーだったような気がいたします(い~かげんですなあ、私も…笑)。

あまりにビンボー状態が続くとですねー(笑)、「金のある悲劇」 でもなんでも持ってこい!って気持ちになってきます(笑)。 してみたいなー、「金のある悲劇」(笑)。 でも、たぶんそれまで信頼していた人たちとの関係も、歪んでいくんでしょうね。 それって嫌!(笑)

ホント、他人から大いに必要とされるような自分でいられたら、こんなに苦労はしないんですけどね

リウ様、みなさま

今更ですみません。
この時間のドラマをつい、対決で見てしまう私です。

ハムスター預かった時点で、いつ替え玉用意するんだろう、(替え玉用意する方が早いんじゃね?)って思っていたら、鳥取病院に手術の依頼をしたのですこし見直しました。>エンペラーの医院長


でも、
「11年前、11年前ってみんな私がトラウマ抱えてるみたいなこと言わないでよ。」

と言い切った松雪さん(パーフェクトリポート)の方に
拍手していまいました。
かっこよかった。
自分に科している過去を受けとめて今を生きている強さを見習いたいなと。

で、今回は私的にはパーフェクトリーポートの方が勝ちでした。

みり様
コメント、ありがとうございます。

「パーフェクト・リポート」、まだ今週分未見ですが、それはあっぱれ!でしたね。

何しろ最近のドラマは、世間の動向がそうなのかもしれないですけど、トラウマがドーノコーノとすぐ結論つけたがる(笑)。 重大な傷ならいざ知らず、心の傷なんか、誰だって持ってるんだよ!と言いたくなります(笑)。 私なんか、立ち直れないほどの中傷に、何度遭ったことか。

ハムスター替え玉は、お孫さんにばれてしまうところなど、私はリアリティを感じてしまいました。 ちっちゃな動物だからって疎かにしちゃイカン、という好例でした。

 六平太はヒラのままです。早く社長秘書の小夜子さんと結婚せい!!
 有馬係長はどこの部署からも預かってもらえず、今日も村木の頭をポカリと叩いています。その村木は総務部課長の知り合いとめでたくゴールインいたしました。お相手はすでに子持ちでしたが、村木との間にも子どもを生み、絵に描いたような熱々家庭生活を送っております。

 以上、大日自動車の近況報告でした。

 
 〔一話完結か?、ワンクール完結か?〕

 今週末はスペシャルドラマを放映するのでドリトルはお休みなんですよね。一週飛ばすのは見続けているファンをがっかりさせるような気がします。連ドラの流れを断ち切っていないのかなあ、と思うのですが。
 日曜劇場を蔑ろにする番組編成は、TBSの財産を大事に扱っていないことの現われではないでしょうか。TBSは大丈夫か?。

 ここにきて、全体を通した流れが鮮明になってきました。医療センター設立における人間関係が複雑になってきました。ここはリウ様の記事をお読みいただければ足りますね。この道案内、道しるべとして納得です。芯が通ったストーリー、結構好みです。
 
 私は國村さん演ずる教授が絶対的な悪に見えないので、もっとがんばってくださいと背中を押したい気分です。これで石坂さんの出演シーンがもう少し多ければ言うことないのですが。
 山本学さんの登場シーンにおけるマイティさんのコメント、舌を巻きました。鋭いですね。ドリトルの父親が次回どう描けるか、ドリトルの人間像にせまる重要なきっかけになりそうで、期待がもてます。
 
 最後のシーンでリーンの悪い癖、ストーリー改革(改ざん?)の欲求がもたげてきました。それは、山本さんを初回から連続して登場させたら、ドリトルの葛藤をもっとドラマの核として据えられたのではないか?何も関係なさそうな日常生活のワンシーンを入れたらどうかなあ。なんて、悪いことを考えますね。井上さんがドリトルの性格をあぶりだす役目を担っているのでやり過ぎかもしれないのですが。
 
 さてティッシュを丸めたようなクシャクシャ顔がお似合いの井上さん、彼女が額を叩かれたり、引き戸にぶつかりながら奮闘しています。そこで、一回ごとにあの大きな額に絆創膏を貼って、その数を増やしてくれませんかね。彼女が顔をしかめる傷つくたびに、こっちは癒されてます。なんという愛憎や。

 脱線したので戻します。

 毎回違う飼い主が訪れて“家族”を預け、それをドリトルが治療し、さらに飼い主の心も救っていくことでドリトルの凄腕が毎回披露されます。
ここは一話完結の流れですね。ここでもリーンの悪い癖がまた出ます。
 それは、やはり一匹もしくは一頭、ドラマの最初から最後まで登場する“家族”とその飼い主がいると違った深みが出るように思うのですが。もしその“家族”が苦しみ続けるなら、登場人物の心中に影を落とすことになるでしょう。それを見ることで“家族”に生命とはなにかを自然に考えられるような気がします。

 今までの医療ドラマのの二番煎じといわれそうですが、やっぱり動物より患者と向き合うドラマとして作ったら面白いと思うのですが。でも似てそうだから駄目ですかね。
 でも、やっぱり一話完結の部分より、全話を通して流れるストーリーをもう少しまぶして見たいという思いが湧いてくるのです。

 最後に、國村さんの家にいた学生服を着ていた少年、彼が父の背中を見つめる眼差し、気になりますね。君はもしかして……。
 

リーン様
コメント、ありがとうございます。 返信が遅れました。 申し訳ないです。

ロッペータの近況ご報告、ありがとうございます。 どうも 「六平太」 は、ビジネスマンガ界の 「サザエさん」 やぁぁ~~っ!(笑)みたいになっとりますなあ…。 って私が読んでしたころからそうでしたけどね

リーン様が話題にあげておられたスペシャルドラマを見なければならない関係上、ちょっと返信があっさりとしてしまいそうですが、ご容赦ください(TBS、殺す気か!見てらんないっての!…笑)。

このドラマ、ここはなんとしてでも、この複雑怪奇になりつつある流れで行ってもらいたいものです。 脚本の橋本サンなら話を単純に終わらせることはないだろう、という期待を持っております。 がんばれ、橋本!(笑)

一話目から山本學サンが出なかった、ということは、作り手は話の核にするつもりはないんでしょうね。 エピソードのひとつ程度にするつもりかな…。 學サンは昔、結構好きな役者サンでしたが、最近露出が少ない(私が學サンのドラマを見ないだけなのかな?)のがとても残念です。

井上真央チャン、色気がないのが気になってきました(「セカンドバージン」 を基準に考えているせいか?…笑)。 なんか幼少のころから見ている(昼ドラは見てませんでしたけど)ような気がするためか、どうもオンナとして見ることが出来ない、ムスメ感覚で見てしまう、と言いますか。

動物をめぐる話は、1ケースにもっと時間をかけてやってもらいたい、というご意見には、賛同いたします。 なんかどうも、「新参者」 に共通するイージーさが見えてしまうんですよ。

一週お休みになりますが、今回のドラマ内容の熱さがクールダウンしないことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「獣医ドリトル」 第3回 単なる動物病院の話からの脱却:

« 「てっぱん」 第5週 居心地が、作られつつある | トップページ | 「流れ星」 第3回 一瞬で消えてゆく星、その星への祈り »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ