« 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第5回 ドリトル流優しさ »

2010年11月26日 (金)

「龍馬伝」 第46回、第47回 「龍馬伝」 の演劇的手法

 最終回に向けて、遅れ気味だった 「龍馬伝」 のレビューを済ませておかねばなりません。 って義務は別にないのですが、とりあえずけじめとしては。

 第46回 「土佐の大勝負」 について。

 この回で龍馬(福山雅治サン)は山内容堂(近藤正臣サン)と面会し、大政奉還を直訴するわけですが、その真偽は全くこっちに置いといて、下士でしかも脱藩の前歴が2度(このドラマにおいて)ある男に、殿様を差し置いて土佐の最高権力者である容堂が会おうと思うに至るのに、どのような要因があったのか。
 それには後藤象二郎(青木崇高サン)の熱意が大きな役割を果たしています。

 青木崇高サン、ドラマ開始当初とはだいぶ恰幅が良くなって、古写真で見る実際の後藤象二郎が乗り移っているかのよう。 調べてみたら、15キロも役作りのために太ったらしい。 その心意気やよし、であります。

 その後藤が龍馬に会うよう容堂に強く直訴する場面で、はじめ全く取り合うつもりがない(当然ですが)容堂を大きく動かしたのは、龍馬が薩長同盟の大きな立役者だったことを聞いたから。
 表向き徳川への忠誠を示しながらもそこにモヤモヤ感を抱いている容堂が、この話に興味を持たないはずがない。
 なぜそのことを今まで黙っていた!と詰問する容堂。
 それに対して後藤は、苦渋で表情を歪ませながら、こう絞り出すのです。

 「妬ましかったがです…!
 …妬ましかったがです!

 下士の分際で、叔父上、吉田東洋様に認められ、脱藩者でありながら次々と、次々と大事を成し遂げていく坂本が!、…妬ましかったがです…」

 この場面と並行して、土佐に帰った龍馬を、これまでと同じようにひざまずかせようとする上士たちに、龍馬がいったんはひざまずきながら、大いに嗤うシーンが挿入されています。

 「ハハハハハ…。
 下士が上士にひざまずく。
 土佐ではまぁだ、こればあばかばかしいことをしゆうがかえ」

 青木崇高サンの体を張った渾身の演技と、この龍馬のシーンとの併用は、「上士と下士」 という、 という、龍馬の思想に影響した最も原初的な問題意識の表現だった気がします。 その問題がまだ土佐でくすぶっていることは、里帰りした龍馬がフィクション抜きで、感じたことであろうと推測される。 この後(たぶんこの後、なんでしょう)龍馬が後藤象二郎に対して 「大政奉還がなされない場合は徳川慶喜も討つ覚悟」 などと過激な手紙を送っている(「龍馬伝紀行」 でやってましたね)裏には、そんな故郷の旧態依然とした理不尽な階級制度をふたたび目の当たりにしたからなのではないか、という気を見ている側に起こさせる。

 いずれにせよこの 「上司と下士」 という、「龍馬伝」 第1回の副題が、今回の後藤の苦渋の告白によって実を結ばれている、そんな気がするのです。

 容堂公とのお目通りの際に龍馬は大政奉還の建白書を書くよう強く勧めるのですが、要するにこれって、容堂公の失職を強く勧めている、というのと同義。
 将軍も殿様も要らん、ということですから。
 ここらへんの経過は全くフィクションではありますが、結果的に容堂公が建白書を書いたのは事実ですよね。
 作り手は山内容堂がそれを決断したことを、後年武市のことを容堂が 「あれはいい家来だった」 とよく話していた、という事実から導き出しているような気がします。
 「どういてわしが建白書を書くと思った?」 と訊く容堂に、龍馬は 「大殿が武市に牢まで会いに来たことを知ったから」 と答えます。
 容堂が牢まで行って武市と会った、ということがこれまたフィクションなんでしょうが(笑)、容堂を現体制にモヤモヤ感を抱き、釈迦来迎図という理想の世に憧憬を抱いていた権力者、という描き方をした作り手が、龍馬と会うまでの道筋をこのように構築していった、というのには、ちょっとシビレます。

 そして第47回、「大政奉還」。

 前の回で緻密な運びを堪能したのですが、この回はほとんど龍馬のおかげで大政奉還が成った、とされるような話の運び方。 忌憚なく述べさせていただきますが、正直なところだいぶ閉口しました。
 けれどもそれは、弥太郎(香川照之サン)の嫉妬心を大いに喚起させるための演出なのだと割り切ることにします。
 (「新しい日本の夜明けじゃあ!」 というのも、作り手は龍馬に叫ばせたかったんだろうなー、と言いますか…笑)。

 この回 「日本が内乱状態になる」 と踏んでミニエー銃を売りさばいていた弥太郎は、「龍馬が大政奉還を成し遂げる」 という周囲の予測や、自らの龍馬への畏怖心を辛くも受け入れ、「今日中に銃をすべて売り叩け!」 と指示するのですが、果たしてそれは図に当たり、売り抜けて大もうけする。
 それなのに弥太郎は、歯ぎしりしながらこう吐き捨てるのです。

 「負けた…。

 負けた…!

 …また負けじゃあ…!」

 そしてこの回、またまたフィクションだったのですが、勝麟太郎(武田鉄矢サン)と龍馬との、再びの邂逅。
 そのあり得なさぶりはこっちに置いといて(笑)、これは武田サンの個人的な思いが凝縮された、感慨深い場面だった気がするのです。
 ええじゃないかを踊り狂う人々たちを前に、大政奉還が成ったことを喜々として報告する龍馬(ええじゃないか…)。
 そこに現れる新選組(ええじゃないか…)。
 龍馬を斬ろうとする新選組の前に立ちはだかる、勝麟太郎(ええじゃないか…)。
 「坂本龍馬を斬ることは、この勝麟太郎が、許さねえ!」

 この構図は、全くあり得なさの極致なのですが、あり得なさの中で龍馬の底抜けな喜びと、旧い時代に固執して没落していく新選組と、弟子龍馬を命がけで守ろうとする師匠、ということを象徴的に表現している。 特にこの、龍馬を守ろうとする武田サンには、武田サンの個人的な思いが全開で、あり得なさすぎの場面なのに、思わずウルっとしてしまいました。

 大政奉還を成し遂げた龍馬に対して、武田サン(あえて武田サン、と書きます)は、バカ野郎、オメエサンの仕事はこれからだ!と一喝する。
 これからだったんだよ、龍馬の仕事は…!という武田サンの思いがビンビン伝わってきます。

 「さて坂本、オメエサンいったい、これから、なにするね?」

 これも、実際に武田サンが龍馬にすごく訊きたいことだと思うんですよ。
 龍馬は満面の笑みの中、何も答えようとしません。

 「なあ坂本…。

 …また会おうぜ!」

 この、万感をこめた武田サンのセリフ。
 もう、ウルウルでした。

 これって、武田サンが坂本龍馬に対しての強い思いをこちらが知っているからこそ感動できる場面だ、という点では、ちょっとルール違反の感動のさせ方ではある気はするんですけど、死を目前にした龍馬に武田サンが会いたい、という願いが叶った瞬間のような気がして、やっぱりいい場面だった気がします。

 と同時に、このドラマが目指しているものが、実に舞台演劇的な気がしたのです。

 舞台演劇は、自分の言いたいことを分かりやすく巨大化させ、印象的で象徴的な再構築をする。 そのためにはあり得なさなど二の次で、ただ雪だるま的にクライマックスへ向けてひた走る。

 「龍馬伝」 もその手法を使っているのではないでしょうか。

 確かにテレビドラマと舞台では表現方法が異なる。
 「龍馬伝」 に違和感を抱く人たちが続出するのは、その点ではいたしかたないことだとも思うのです。
 それでも、作り手の新しいチャレンジを見守り、場合によっては祝福することも、受け手に必要な態度のような気が、するのです。

« 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第5回 ドリトル流優しさ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

藩主なのに容堂さんたら始終オロオロして
昼間っから酒のんでましたもんねー
後藤象二郎だって、これをきっかけに明治政府にチャッカリ紛れ込むんですよねw
やっぱり龍馬たちのやったことってデカイなあ。(今さら)

数年前、めっちゃ暑い梅雨明け直後の京都へ行き、いきなり熱中症気味になり
「暑さでまいってるなら、二条城なら日差しから逃れられますよ」と勧められて
二条城へひとりで観光にいったんです。
ちょうど大広間に裃を着せられた人形(マネキン?)がたくさん並べられて
大政奉還のシーンを再現してありました(これ、常設なんでしょうか)。
ドラマを見て「わあ、おんなじw」と単純に嬉しかったです(子供か!)。

もう最終回か。
たぶん一回も見逃さずに見てしまいました。
あっと言う間ですね。
どのように締めくくられるか、楽しみです。


ミニエー銃のミニエーってなんでしょう?

http://www.nhk.or.jp/drama/alma/

CM始まりました。NHKスペシャルドラマ
「さよなら、アルマ」
犬が戦場に招集されるお話だそうです。
学校で衣装協力しておりました。
(私は縫ってません。そのうち衣装を1点くらいやろうかと。)

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

「話を分かりやすくする演劇的手法」 などと書いたんですけど、「龍馬伝」 でいちばん分かりにくかったのはこの容堂さんだった気がします(笑)。 どうして当時40そこそこの、私と同年代の人物を、オジイサマに仕立て上げたのか? おそらく土佐いちばんの大御所、ということを強調したかったのでは? 古い慣習にとらわれ、理想の世の中を夢想する人物としては、若い俳優じゃ説得力に欠ける、と思ったんでしょうね。

龍馬の手柄を全部横取り、みたいに言われる後藤ですが、自分が活躍することで彼の実績を結果的に宣揚することが出来る、という意志も、感じるんですよ。 龍馬とのシェイク・ハンドは、その象徴なのかと。 それまでこのドラマで描かれてきた龍馬と象二郎のあまりの確執を考えると、感動的な瞬間でした。

京都って、どうして極端に夏暑く、冬寒いんでしょうかね。 こんなところに都を作ろうとした人の気が知れない、とゆーか。 京都でなくても梅雨明け1週間はハチャメチャに暑い、とゆーのに、マイティサン、ムボーです
それにしても二条城、そんなことになっとるのですか。 ずーっと大政奉還のまま、時が止まってるなんて

ホント、あっという間でしたね。
私の場合、「坂の上の雲」 が 「また一年後かよ~ずいぶん待たせるな~」、と思っておったので、そっちの面であっという間な気がしてなりません。

ミニエー銃、ミニエーさんていう人が作ったんじゃないかな~? 龍馬が持っていた銃は確か(うろ覚えですが)スミス&ウェッソン、これも人名ですし(確かそうだと思います)。

戦場犬ドラマの情報、ありがとうございます。 またまたマイティサンの学校のお仕事なんですね。 マイティサンがいつの日かドラマの衣装を作った!という報告をされることを、私も心のどこかで楽しみにしたいと存じます。

>学校のお仕事なんですね

秀月センセイ…じゃなかった、草笛光子さんの着物などです♪


>京都でなくても梅雨明け1週間はハチャメチャに暑い、とゆーのに

東京はまだ明けてなかったんですもん。
もう新幹線の切符買ってあったし…

二条城は空調は効いてないですけど涼しかったですよ。
庭の敷石の日光の突き刺さるような照り返しを、今でもハッキリ思い出します。

このあいだは中国地方から帰って来る道中、ちょっとだけ三条の鴨川沿いのスタバでお茶をしに行ってきました。一応、川床です(爆)
修学旅行か人に連れられて行っていた京都、だんだんひとりで歩き回れるようになってきて、面白いです。
呉服関係で散財してしまう危険があるのですが…
無い袖は振れませんけどね!


かつて勝海舟の大河ドラマがあったと思いますが
あらためて、彼の一生を見てみたいのです。
小説も少ないらしいし…誰か作って。

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

うわ、秀月センセイの着物もそうですか!

あちゃ、切符を買ってしまっていたなら仕方がないですよね! 行かざるを得ませんね。
しかし空調がないのに涼しいとは、やはり1000年の古都が育んだ知恵は違う(いや、当時で600年くらい、ですか)。 暑いなりに涼しくする方法があるんでしょうね。 まあ、温暖化の現代では難しそうですが。

私も京都は修学旅行で行ったきりなので(うわ、何十年前じゃ!)、のんびり旅してみたい…いや、ヒマがないです…圧倒的にないです…一日24時間じゃ、なんか最近足んなくて…。

「篤姫」 では北大路サン、「JIN-仁-」 では小日向サンが演じておられた勝海舟、私はずいぶん昔の大河はまだ見るまでに至らない年代だったので、いっぺんこの人が主役の大河も、リメイクしてほしいものです(あったとしてもずいぶん先かなー)。

あ、これからお仕事なので、ほかの記事にいただいたコメント返信は、帰ってきてからにいたしとう存じます。 では。

マイティさま

近頃、自分も「勝海舟」って人をドラマにして欲しいと思っています。
誰かが、見てくれているかもしれないので支持表明しちゃいます。

いろいろなドラマの中でみる勝さんは、
とても魅力あふれているように思いますが、ドラマになりにくいのでしょうか?
頭がよすぎる人なのかもしれませんね。

本筋とは関係のないところで・・・・・ごめんなさい。

みり様

大河はしばらく予定が決まっているようなんで
(2011江姫、2012源氏&平家)
スペシャルドラマでいいので
勝海舟をぜひお願いしたいですねえ。

龍馬との関わりから篤姫のフォロー、
江戸城の後始末まで ぜ〜んぶ見たいです。
要所要所で必要とされてきた人ですもん。
徳川側なのにそれほど嫌われてなさそうだしw

あ〜龍馬終わりましたねー。


74年の大河「勝海舟」見つけましたっhttp://www.youtube.com/watch?v=k78LtEIPpTU

ショーケンの以蔵がかわいいです。
勝海舟は松方さん。仁科さんも出てるようです。

マイティ様、みり様
話に割り込む感じでスミマセン。
その 「勝海舟」 ですが、最初は渡哲也サンが主役を務めていたんですが、確か病気か何かで降板したんですよ。 それで松方サン。 松方サンと仁科サンは、これがきっかけで結婚したんじゃなかったかなー。
私は当時小4で、まだ大河を見る年代には突入しておりませんでした。 それでもこの交代劇は、なぜかヤケに記憶に残っています。 親が騒いでいたのかな?(父親が大河の大ファンで、それにつられて自分も見出したクチです…笑)。

私が大河を最初に見たのは、加藤剛サンが平将門を演じた1976年の 「風と雲と虹と」 でした。 テーマ曲がものすごく重厚でカッコよくて。 しかし内容は、チンプンカンプンでした(笑)。 確か裏番組に 「俺たちの旅」 があったかと思うのですが、途中からそっちに乗り換えちゃったよーな記憶があります

勝海舟ネタを引っ張ってすみません。
他局の田村正和さんが海舟を演ったドラマも
中耳炎で降板、途中から弟の亮さんがバトンタッチしたという話です。

勝海舟は主演に何かが起こり、ドラマにできないのではっ!!

「俺たちの旅」みてましたw

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

なんと、勝海舟の呪い、ですかね。 でもどんな手のドラマでも勝サンって、さばさばしていて面倒見が良くてキップがよくて、化けて出そうな感じはまったくしないのですが…

ちょっとウィキで調べたら、「俺たちの旅」 は 「風と雲と虹と」 の前からやっていて、私の記憶違いだった面があります。 だからまあ、大河のほうは数回見て、「コリャ分からん」 ということで 「俺たちの旅」 に戻ったんだろうなー。 なぜか今BS朝日で再放送しているのですが、トランザム?のBGMがカースケ達の心の動きに合わせて鳴るわ鳴るわ(笑)。 こんなにうるさかったかな~BGM、という感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」 第46回、第47回 「龍馬伝」 の演劇的手法:

« 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 | トップページ | 「獣医ドリトル」 第5回 ドリトル流優しさ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ