« 「フリーター、家を買う。」 第4回 張りつめていたものが切れるとき | トップページ | 「龍馬伝」 第44回 イカルス号事件と結びつけられたお元、その真意 »

2010年11月11日 (木)

「セカンドバージン」 第5回 秀月センセイの真意って…?

 るい(鈴木京香サン)の会社、新海社のいちばんの立役者であった大作家の眞垣秀月先生(草笛光子サン)。 いきなり新海社から自分の作品を全部引き上げると言い出します。 これまであまり物語の中心部分に関わってこなかった秀月センセイが、いきなり物語に激しく絡み始めた。 ちょっと意外な展開に、ドロドロの愛憎劇に飽き始めていた向きには大きな刺激です。

 秀月センセイの大反乱の前に、深キョンの妊娠事件がるいと行(長谷川博己サン)の前に立ちはだかります。

 簡易妊娠検査の結果を見せびらかして自分が妊娠したことをるいや行に吹聴しまくった深キョン。
 当然ですがるいは大ショック。 自分の家に帰ってきたるいの表情が、なんだか急激に老けこんでしまった浦島太郎を見るみたいで、「恋愛が若さに与える影響力」 を如実に感じさせます。 京香サンの表現力、すごいなあと感じる。
 お別れのメールを、文面まできちんと書きながら、すぐに一字一字消去していくるい。 彼女の迷う心を表わしている、というより、「もうたくさん」 という気持ちのほうが強い気がしました。
 いっぽう行のほうは、深キョンから 「包丁研いで切れ味が鋭くなった」 とリストカットの危険性アップを意味する、まるで真綿で首を締めあげるような脅迫に遭いながら(笑)半ばなし崩しにワインで乾杯(笑)。

 るいと行は話し合いの場を持つのですが、「ほしいものがひとつくらいなくなっても生きていける」「あきらめるのが人生よ」「結果が出なかったら何もしていないのと一緒じゃない!」 と、取り付く島のないるい。
 「僕だって必死でやってるよ!」 という行ですが、軍配はるいですな(笑)。
 行の話には、説得力が大いに欠けている(笑)。

 「私の人生に男は必要ないの。 無駄な時間だったわ」 とその場を立ち去るるい。 「無駄」 はないでしょーが!と思いましたけど、「いい時間を過ごさせてもらったわ、ありがとう」 と言わない、言えないところが、実はるいの心残りを表している気がするんですよ。

 散々ふたりをひっかきまわした深キョンの妊娠騒ぎでしたが、結果は想像妊娠(ですよね?)。 月経の証が深キョンの足元を伝っていく様子は、ちょっと衝撃的でした。 この程度で体当たりと言うのは甘い気もしますが、深キョン(もしくは所属事務所)がここまで許してしまうんだ、という意外性はあります。

 しかし深キョンは、妊娠が間違いだったという事実を、行に隠すことにするのです。
 したたかだなあ。
 おバカな娘の演技力全開であります。
 ここまでできるんだ。 女って怖いなあ。
 ベビー服をこしらえたり、赤ちゃんの名前を考えたり、深キョンの偽装工作は、念には念がいってます。
 蛇足ですが、深キョンが考えた子供の名前、父親が 「行」(いく)だから 「くる」 だとか、なんかおバカ丸出しで笑っちゃいました。 でもまあ、行に 「行って欲しくない」 という気持ちの表れでもある気がしましたけど。 行がそれに 「漫才師みたいだ」 と感想を言うのには、爆笑しました。 「いくよ」「くるよ」 ですか(笑)。

 ところで、行の気持ちをうかがうことのできる、印象的なシーンがありました。
 夜、あかりのついていないるいの家をひとり見つめ続けるシーンです(漫才師のシーンの直前)。
 街灯が、行の姿を2本の影にして道路に映し出していました。
 それは、るいと深キョンとの間で揺れるふたつの心の表れでしょうか。
 それとも恋愛感情と仕事に打ち込んでいる自分の、二面性を表しているものでしょうか。
 いずれにせよ、とても興味深い1ショットでした。

 るいはと言うと、そのこと以来自宅に戻らなくなってしまい、飼い猫のレタ君とホテル暮らし、レタ君は昼間はペットホテルに預け、深キョンもそれとなく心配するくらい、ほっぽっとき状態。 レタ君、グレてしまわないか心配です(それはないか)。

 しかし私がレタ君のことを心配しているそばから、物語は別方向へと急展開をするのです。

 それは冒頭にも書いた、秀月センセイの新海社引き上げ騒ぎ。
 その直前にるいと秀月センセイは高級寿司屋でトロばかりをほおばっているのですが、ここでちょっと話が出た本の帯のかけ替えが、秀月センセイの気分を大いに損ねてしまったらしい。
 以前は 「古典を超える」 と書いていた帯の文句が 「古典」 と直されてしまったことで、「自分の小説は古典なんかやない」 といたくご立腹なのです。
 自分の作品を引き上げさせるどころか、秋夫・ウィリアム・ターナー(布施明サン)にまで、「新海社には本を書くな」 と裏工作までする始末。

 しかしこの理由は、段田安則社長がいぶかっていたように、本当の理由とは到底思えない。
 見ている側も、秀月センセイの真意がどこにあるのか、頭グルグル状態であります。
 いったい秀月センセイの真意とは何なのか? 「草を放っている」 と忍者使いみたいなこと言ってましたけど、秀月センセイ(笑)。 るいの素行上、なんか問題があったのかな? 行と付き合ってるのが許せないとか、秋夫をソデにしてるのが許せないとか、それじゃレベルが低すぎるか。

 新海社にとって大事件が起こるのと並行して、るいの気持ちは千路に乱れます。
 まったくの身に覚えのないことで三下り半を突き付けられ、自分がこれまでしてきた仕事に対する自信の屋台骨が、完全に瓦解している。 自分見失い状態です。
 そしてその思いの裏には、ひょっとして行と別れたことが、何らかの影響を仕事に与えていたのかもしれない、どこかがうわの空になっていたのかもしれない、という気持ちに直結している気がする。

 るいを心配してやってきた行を振り切りながら、るいは今にも泣き出しそうな表情を浮かべながら、こう願うのです。

 「(助けて…。
 そばにいて…。
 抱きしめて…。

 あなたのそばにいたい…)」

 そしてそんな自分を憐れんでか、「バカ…」 と次の瞬間つぶやくのです。

 これまでにこのドラマを支配してきた官能的な雰囲気はぐっと後ろに引っ込みながら、抑圧された気持ちがさらに官能的な展開を予感させる。 るいは秋夫・ウィリアム・ターナーの誘いに同意し、函館行きの列車に乗るのです。

 ところでその誘いの場でるいが頼んだ酒は、マティーニ。 戦場で 「また人が死んだ」 と思いながら飲む酒だ、と言う、秋夫。 「私も今、戦場にいるようなものですから」 と答えるるいは、戦場から少しの精神的休息を得るために、秋夫の誘いに乗っていく。 ポイントとなる要所でカクテルがたびたび登場する作りも、なかなか心憎い演出です。

「セカンドバージン」 に関する当ブログほかの記事

第1回 セレブの恋愛に、興味なし…ですけど
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/1-5dd1.html
第2回 冒険してもいい頃? http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/2-ded4.html
第3回 あーあ、やっちゃったよhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/3-68b7.html
第4回 ああーっ、修羅場だぁ~っ!(笑) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/4-ba7f.html

« 「フリーター、家を買う。」 第4回 張りつめていたものが切れるとき | トップページ | 「龍馬伝」 第44回 イカルス号事件と結びつけられたお元、その真意 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

深キョン、いずれバレるウソを…w
ああいう女の子とパワフルな親族を振り切って離縁するのは相当困難ですよね。
失踪できる身分でもないし。
毎日うっとうしいだろうなあ(爆)


秀月先生は、一旦、るいを仕事で失敗させ、恋愛モードにさせようとしてるんではないか…?
(行とのことはご存知ないでしょうから)
秋夫先生と恋愛→秋夫先生が執筆してくれる とか。
でも秋夫先生にまで「あそこで書くな」と電話してますけど…

「古典」にカチンと来ただけではなさそうですよね
上場するのが不満というわけでもないでしょうし。
う〜〜〜む。

るいの立場になってみれば
自分のミスで会社がヤバイ、お向かいが不快で家に帰れない。
つらいですなあ。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

深キョンのウソは、行との関係修復やヒートダウンの目的を伴った、時間稼ぎ、という感じですよね(そーとーしたたかだ…)。

るいを恋愛モードにさせる…マイティサン、なかなか鋭いです(笑)。 私もそんな気がしてきたなあ。 秋夫に新海社の仕事を断れ、と言ったのも、互いのハードルを上げさせる作業の一環なのかも…。

ただそれと新海社の屋台骨を揺るがすのとでは、ずいぶん釣り合いが取れない気も一方ではするし…。

いやー、こういう大きな謎が出てくると、ドラマを見ている側もますますのめりこんでしまいますよね!

私はレタ君のことが気がかりです(笑)。 グレるはずないですけど(笑)、ある日いきなり失踪したり死んじゃったり、そんなことまで考えてしまいます。

今日のスタジオパークに長谷川さんご出演。
メロメロになってるオバサマたちが観覧席に。熱いメッセージもたくさん寄せられ、それも「お願いですから結婚しないでください」など、
オイオイと突っ込みたくなるような状況でした。

今までにも四つの嘘などに出ていたようですが、準主役のイケメンは初めてですものね。
そしてあの内容ですから、熟女ファンを大量生産するにはスゴイチャンスです。


レタ君ですが、いくら自由に生きてるネコちゃんでも、嫉妬したり寂しがったりするはずです。
普通の時間に帰れない多忙な人は、なるべくペットは飼わないほうがいいのですがね…。
ウチのギョーカイにもネコ放置して帰らない人が多くて心配です。
(犬の飼い主の人はサッサと帰りますね)

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。 返信、遅れました(毎度毎度でスミマセン)。

ヨン様に変わるなぐさみもの(ウッ、こりゃ不適切な表現だ)を世のオバサマたちは求めているのでしょうかね。 って私ももういい年こいたオジサンだっ!(笑)

何しろ官能的、という言葉がぴったり当てはまるドラマですので、秘められた恋を妄想するには、長谷川サンは格好の男性なのかもしれません。 しかもまだそれほどメジャーじゃないし(このドラマで大ブレーク、といきますか)、手垢が付いていないものって(モノとは何だ、モノとは…笑)それだけで魅力的に見えるのかもしれないですね。

ネコはかなりマイペースらしいですけど、やはり放任しすぎはよくない気がしますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「セカンドバージン」 第5回 秀月センセイの真意って…?:

« 「フリーター、家を買う。」 第4回 張りつめていたものが切れるとき | トップページ | 「龍馬伝」 第44回 イカルス号事件と結びつけられたお元、その真意 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ