« 「流れ星」 第6回 託したい思い | トップページ | 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 »

2010年11月24日 (水)

「セカンドバージン」 第7回 破滅へ、ようこそ

 北朝鮮が韓国に攻撃を仕掛けてきたというのに、相変わらずドラマ三昧であります(平和ボケもここに極まれり、か)。 まあ、北朝鮮に戦争を本気でする気など毛頭ないと思っておるのですが(だってムリでしょう)。

 これまでどうしても痴話ゲンカレベルの下衆な興味で見てしまっていた 「セカンドバージン」 でしたが、今回の深キョンによる復讐劇は、裏番組の 「ギルティ 悪魔と契約した女」 の菅野美穂チャンも真っ青な展開で、息をのみました。
 正直なところ、理詰めで復讐を遂げようとしている美穂チャンより、嫉妬に狂っているだけに××に刃物的な(実際ハサミ片手の復讐だからなおコワイ)見境のなさがある点で、深キョンはかなり強烈。 日常生活に潜む狂気を表現している点で、「復讐」 を看板に掲げているドラマよりも、インパクトが強烈になってしまうきらいはあるのですが。
 しかし、こんなところでフジテレビがお株を持っていかれるとは。 まさしく、「破滅へ、ようこそ」(「ギルティ」 のキャッチコピー)であります。 北朝鮮も戦争などすれば 「破滅へ、ようこそ」 なのであります。

 るい(鈴木京香サン)と行(長谷川博己サン)の仲を知ってしまった深キョンは、何食わぬ顔をして行を迎え入れ、さっそくケータイを家探しして行が仕事で危険な橋を渡っていることを把握。 まあいくらおバカでも読解力はあると言いますか(笑)。

 続いて、るいの飼い猫レタ君を籠絡(籠絡って…笑)。
 るいがレタ君を家の敷地内に出せるようにしておいた、というのが最初のうちは分からなくて、「なんとムボービな」 思ったのですが(笑)。
 ハサミを手に、レタ君を見下ろす深キョン。
 深キョンに絶大な信頼のまなざしを寄せるレタ君。
 不気味な効果音。
 やめてくれぇぇ~~~っ!(笑)…って、まあ動物愛護団体から、苦情がきますもんね。 いくらフェイクでも。
 結局事なきを得ましたが、レタ君がいなくなったことで、るいの精神的な苦痛は相当なもの。 今回はるいの息子、亮(綾野剛サン)もドラマに大きく絡んでくるのですが、るいはどこかで、レタ君を息子の代わりみたいな感覚で愛情を注いでいる気がするのです。 この精神的ダメージは大きい。

 そしてるいに送りつけられてきた、るいの写真。
 目の部分がニードルでガリガリやったような白い線で引っ掻きまくられています。
 コワ…。
 もし自分がこんなことされたら、きっと血の気が引くでしょうね。
 強烈な悪意と、強烈な精神の異常。 その両方を感じると思うんですよ。 予告でこの部分、やらないほうがよかったな。 インパクトが半減します。
 興信所を頼んだのか、深キョンは一連のるいと行との密会写真を、またもやハサミで切り刻みまくってます(怖すぎる…)。

 そんな精神的ダメージを与えられ続ければ、行と会った時は、るいもそりゃ燃えます(笑)。
 なんか、キスの描写にも、拍車がかかっている。
 そこには、「助けて!そばにいて!」 という気持ちも混じっているから余計です。

 ただ、恋愛に逃げ込むこと。

 これって正直なところ、人生にとってはマイナス要因のほうが大きい気がするんですよ。
 恋愛は人生の最大のイベントのような気もいたしますが、ある程度一定の距離を保ってこそ、恋愛は人生全般をいい方向に動かしていく風の役割を果たすと思うんです。 あまり自らの虚無感を埋める対象として、相手と一体化しようとしすぎると、却って生きるバイタリティというものが、恋愛にばかり吸い取られていってしまう可能性がある気がする。

 行はるいのそんな状態に、深キョンとの離婚の決意を深く固め、これまでになく強い調子で別れを迫る。
 深キョンは当然聞き入れないのですが、その時の深キョンの反応が、また怖い。
 「死んで!」
 死んだら仕方がないから許す、みたいな論調です(蛇足ですが、ここでるいと行との仲を知っていることをあくまで隠している、というのもすごい知能犯的、とゆーか…笑)。

 それにしても、「死ぬ」 だの 「死ね」 だの、あまりに軽々しく口にしてしまうことの恐ろしさ。
 それは死ぬということがどういうことか分かっていないがゆえの言動なのですが、それはかえって、死ぬこと以上の苦しみを相手に与える、ということの罪の意識まで軽くなってしまう、ということにつながっていく気がするのです。

 そして実際、深キョンはるいと行に、死ぬよりも深い苦痛を与えていくことになる。

 要するに先週YOUサンがるいに忠告していたことですが、ふたりの密会をマスコミにリークすることで、社会的にダメージを与える、という方法です。 るいのほうは段田安則社長の懐の深さ、というより同じ穴のムジナ感覚による特赦、と言いますか(笑)。 「自分もゲイだから」 という論理と、俗物を売り物にしている出版界なのだから、という論理で 「堂々としてろ」 と逆に諭されます。

 ところが行のほうは、検察に睨まれるような要因をまた作ってしまったことで、仕事に与えるダメージがとても大きい。
 さらに追い打ちをかけるように、法律違反覚悟のメールを深キョンがリークしたため、東京地検の捜査が行の会社に入ることに。

 深キョンのこの一連の復讐は、先ほども書いたように、 「死ぬ」「死ね」 という経過を経ているから、行の会社がダメになって結局自分が経済的に破滅しようがなんだろうが、行とるいを破滅させなければおさまらない幼児的な動機が大部分を占めている。
 これは美穂チャンより、怖いですよ、やっぱり(笑)。

 子供がそのまま大人になっているから、バカだバカだと言いながらも、結局知能犯的部分も併せ持っているし。
 行が弁護士まで立てる、と離婚話のときにしゃべったことは、行が浮気をしたということで、だいぶ行にとって不利に働くことになりますし、自分が妊娠していないことを行に怪しまれても、それを隠し通す術まで長けている。
 かなり、強敵です(笑)。

 るいは行が東京地検に連行される前、行がいきなり目の前からいなくなってしまう不安を口にします。

 「置いていかないでね…」

 「置いていくわけないだろ。 何でそんなこと言うの?」

 「分からない…。
 幸せだと、同じくらい不安になるの」

 なんか分かります。 特にあまり自分がこれまで幸せだと思わなかった人にとっては、急に来る幸せというものに、警戒心を持ってしまうものなんですよね。

 でもその幸せは、るいのエゴなのかもしれない。

 今回の不倫騒動がマスコミにバレたとき、息子の亮は強烈な敵意を周囲に撒き散らします。 あんなにいいヒトのYOUサンにさえ。
 彼の意識には、そりゃマザコンとも呼べる甘えがあるのは当然ですが、いろんな人を犠牲にしながら生きてきたるいの人生そのものに対する強い猜疑心も、いっぽうでは厳然と存在しているのです。
 自分は自分なりに、息子のことも行の奥さんのことも考えてきた。
 でもそれは、実はとても自分本位な立場から考えていただけのことなのではないか。
 そんな、るいの生き方に対する客観的な評価もせざるを得ない展開になってきた、というのは、やはりすごい。

 単なる痴話ゲンカの話じゃ、なくなってまいりました。

「セカンドバージン」 に関する当ブログほかの記事

第1回 セレブの恋愛に、興味なし…ですけど
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/1-5dd1.html
第2回 冒険してもいい頃? http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/2-ded4.html
第3回 あーあ、やっちゃったよhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/3-68b7.html
第4回 ああーっ、修羅場だぁ~っ!(笑) http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/4-ba7f.html
第5回 秀月センセイの真意って… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/5-208c.html
第6回 わわっ…知~らないっと! http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/6-f81b.html

|

« 「流れ星」 第6回 託したい思い | トップページ | 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

>自分は自分なりに、息子のことも行の奥さんのことも考えてきた。
>でもそれは、実はとても自分本位な立場から考えていただけのことなのではないか。

あ〜〜〜そうかもしれませんねえ。
息子は相当怨んでますからね。
子供さえいなけりゃ、やりたいように生きても、まだ許されるんでしょうが。

深キョンの「死んで!死んで!…ビール飲む?」が怖かったです。
自分と生きてくれないなら死んでほしいけど
普通の日常を送りたいから急にビールの用意を…

彼女はダンナの仕事について、すぐに「これは地検に密告」と思いついたのでしょうかね?
インターフォン越しに流産の芝居ってのも…w

投稿: | 2010年11月24日 (水) 22時48分

↑私のコメントです…happy02

投稿: マイティ | 2010年11月24日 (水) 22時49分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

息子は、本文中にも述べましたが、マザコンの甘ったれであります(笑)。 自分が悪くなったのを他人のせいにするのは、見苦しい。 こーゆー男にだけはなりたくないと思ってまいりました(笑)。

「ビール飲む?」 は、深キョンの幼児性がいちばん端的に出たセリフのように思えます。 ここまで話がこじれているのに、何事もなかったように以前と同じ夫婦を強要しようとしている。 しかも自分が全く優位な立場で。 夫のタイラントにでもなった気でいる、とゆーか。 このセリフ、本文に書きたかったんだけれど忘れてました。 マイティサン、鋭すぎる!

インターフォンの場面、カンペを見ながらっていうのが笑えました。 「ここで泣く」 とか、ト書きに書かれていたんでしょーか(笑)。

投稿: リウ | 2010年11月25日 (木) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50119495

この記事へのトラックバック一覧です: 「セカンドバージン」 第7回 破滅へ、ようこそ:

« 「流れ星」 第6回 託したい思い | トップページ | 「第61回紅白歌合戦」 出場歌手決定 「つまらんのう…」 »