« 「坂の上の雲」 第6回 人を思いやる心 | トップページ | 「流れ星」 第9回 グラス・タワーの緊張感 »

2010年12月12日 (日)

「坂の上の雲」 第7回 (ふたたび)痛みを忘れる方法

 私にとっては因縁の(笑)第2部第2回目(通算7回目)「子規、逝く」。 とりあえず前に書いた大恥ものの痛恨記事に手を加え若干削りながら、改めて記事をアップいたします。

 今回の話は題名の如く、、主役級のひとり正岡子規(香川照之サン)が亡くなってしまう話。

 香川照之サンは 「龍馬伝」 での岩崎弥太郎役とは打って変わって、痩せこけ今にも死にそうな子規を、完璧に演じ切っておりました。 にもかかわらず、そこにはちゃんと、俳優香川照之が厳然と存在している。 こういう激烈な人物の人生を演じさせたら、ものすごいものがありますよね、この人は。

 そしてその瀕死の演技にこの回最も対抗していたのは、子規の妹律(通称リーさん)を演じた、菅野美穂チャンでした。
 子規が亡くなるシーンでは、こちらもおおいに泣かせていただきました。
 その演技法は彼女なりのメソッドに貫かれた部分が新鮮で、彼女もこの先どれだけ成長していくんだろう、という大いなる期待を抱かせてくれる。

 それにしてもどうして当時の日本人たちは、これほどまでに 「大人」 なのでしょうか。

 寿命が短いせいもあるのでしょうが、当時は早く大人になる必要が、いまとは段違いにあった、ということでしょうね。
 特に私は、明治期の文豪たちの書くものを読んでいると、そこには知識を弄ぶような高等遊戯感が散見されるものの、おしなべて皆、ひとりの人間として実に力強く屹立していることを、とても感じます。

 それが大正期から昭和初期の小説になってくると、どうも女々しさ(この表現、ご了承ください)がそこに割り込んでくるような気がする。

 これは明治期が、それまでの武家社会がリードしてきた倫理観や慣習の影響が世の中全体に色濃く残っていた時代だからなのではないか、と私は考えています。
 それが、大正期になると個人主義の台頭で結構 「家」 の中での役割とかを軽視するような傾向が出てくる。
 そして明治期の 「新時代的気風」 は次第に手垢が付いていき、権力に寄りかかるような精神的風土が醸成されていく。

 そうした観点から今回描かれていた明治期の軍司令部と、昭和期の軍司令部とは、その気風において優劣がすでについている、そんなふうに感じるのです。
 今回片岡鶴太郎サン演じる秋山真之(本木雅弘クン)の上司が、真之の講義を受ける、という構図などまさにその象徴。 柔軟さが違う。

 そしてその精神的柔軟さを垣間見るのは、数少ない出番だった気がしますが、阿部寛サン演じる秋山好古が、中国の袁世凱と懇意になっていく過程。

 「蒼穹の昴」 では 「とんでもない食わせ物」 として田中裕子サン演じる西太后に疎んじられていた袁世凱ですが、そんな裏でなにを考えているか分からない存在感そのままで、日本とある意図のもとで繋がっておこうとした狡猾さもちらちら見える。 好古とふたりで馬の酔っぱらい運転(泥酔運転?…笑)をするくだりなどは、その真意がどこにあるのか、見る側も探りながらの視聴で、かなり面白かったです。

 ここで袁世凱と好古の駆け引きを見ていると、袁世凱側は自らの利益をどう最大限にしようかという意図が見え、好古のほうはあくまで武士道精神にのっとって、国際情勢における日本の果たすべき役割から見た対局にしか立っていないように思える。
 好古のそんな誠実さに袁世凱は胸襟を開く(フリ…笑)をするのですが、両者とも実に成熟した外交的判断だと思うんですよ。
 そんなやり取りから見えてくるのは、やはり相手をおもんぱかった態度からくる柔軟性。 自らの引けない部分は残しつつ、誠実な外交姿勢によって友好関係を保つ。 現代の日本の政治家には、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいくらいの心憎さなのであります。

 そしてやはり、冒頭にも書きましたが、なんと言ってもこの回の白眉は、香川照之サンと菅野美穂チャン。

 息も絶え絶えな結核病患者が、それでもあらんかぎりの力で仕事を続け、死ぬ間際まで痛みに苦しみ、そしてその苦しみから、解放される瞬間。

 いつもは仲間たちであふれかえっている子規宅に誰もいないとき、ひとりぼっちの子規は苦しみにのたうちまわります。

 「あ~、痛い、痛いい…。

 律…母上~…痛いよ~…。

 痛いよ、痛いよ、痛い…。

 淳さん(真之)…夏目(漱石)…誰か…助けておくれ…。

 みんなどこにおるんじゃあ…。

 律、律、律、律、律、律…!

 ううっ…! ああっ…! あああ…」

 そんな苦しみに喘ぐ姿に、当の子規のナレーションが、かぶさるのです。

 「可笑しければ、笑う。
 悲しければ、泣く。
 痛みの激しいときは、うめくか、叫ぶ。
 盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと、少し、痛みが減ずる」

 これってとても大切なことのように感じました。

 仕事をしていても、気を張って打ち込んでいるときには、疲れというものは、あまり切迫して感じない。
 それでもちょっと小康状態になってきたとき、疲れを一気に感じてしまうものです。

 何かにただひたすら、打ち込むこと。

 ただひたすらに笑い、ただひたすらに苦しむ。

 実はそれこそが、自らの人生を謳歌していることなのではないでしょうか。
 苦しみすらも、そうして前向きにとらえて生きることが出来れば、どんなに人生にとってプラスになることか。

 ある夜、律は兄の眠る蚊帳の中に、生気が感じられないことに気付きます。

 心がざわめき立つ、律。

 近づいて息を確かめると、子規は息をしていない。
 母親の原田美枝子サンに向かって、かぶりを振る、律。

 「兄(あに)さん…」

 律は兄の体を揺さぶります。

 「兄さん兄さん…」

 子規は動きません。

 「ねえ兄さんどこにおるん?
 どこにおるんじゃ…」

 きっとそのあたりをまだ漂っているであろう、自分の兄の霊魂に向けて、律は語りかけるのです。
 この心境、かなり共感しました。
 もうこの時点で私、かなり泣いてます。

 「兄さん戻ってきてくだされ…!

 そこに死神がおいでか?

 ならうちのところに連れてきて…。

 うちが懲らしめてやるけん。

 兄さんは、うちが守ってあげるんじゃけん。

 兄さん…兄さん…!

 誰がいじめとるん?

 兄さんをいじめる奴は、うちが許さんけん…」

 子供の頃、いじめっ子から兄を守った記憶が、フラッシュバックします。
 号泣して兄にすがりつく、律。
 こちらも滂沱の涙でした。

 ここで 「戻ってきてくだされ」「死神がおいでか」 と語りかける律の言葉は、方言も多少はあるかと思いますが、実に明治の言葉、と言っていいでしょう。
 私ははからずも野口英世の母シカが英世に送った手紙 「はやくかえってきてくたされ」(ママ)を思い出してしまったのですが、この言葉には一種の、言霊が潜んでいるような気がする。

 私を揺り動かすのは、明治も現代も変わらない、亡くなった人に対する衝動的な感情です。
 「死神がそこにいるのか?」 などというのは、悲しみのあまりに見てしまう、一種の幻覚のようなものです。
 そのあまりの悲しみを、ここでの律のセリフは余すところなく表現している。

 いずれにせよ1時間半の長丁場は、すべてこの瞬間のためにあった、と言っていいような物語の集束の仕方でした。
 …やっぱり、長かったっスよ、1時間半(笑)。

「坂の上の雲」 に関する当ブログほかの記事

第1回 いや、ガイじゃのう!
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/1-46c5.html
第2回 列強に植民地化されなかった日本とはhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/2-3ded.html
第3回 親というものは、ありがたいものですhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/3-9188.html
第4回 戦争の真実を見つめようとしない人々http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/4-4583.html
第5回 今度は、一年後ですか… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/5-16b5.html
第6回 人を思いやる心http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/12/6-7032.html

« 「坂の上の雲」 第6回 人を思いやる心 | トップページ | 「流れ星」 第9回 グラス・タワーの緊張感 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 復帰おめでとうございます。私が火事をおこしたようでもうしわけないです。正直申しまして、前回のコメントとは意に反し、少しお休みしていただいてリフレッシュしていただけるのもいいと思っておりました。(袋叩きは覚悟して書いてます)

 コメントを寄せない間、いろいろ熟慮した結果、おもってもみないことでしたが、先月末からひっそりとアメブロでブログをはじめました。

 リーンのアルチザン批評(旧名、リーンのげいじゅつ日記)http://ameblo.jp/leanryotatsu

 こちらが通常に戻りましたので、そっとご案内しておきます。ブログをかくたびリウ様の苦労をおもいます。自分のブログに神経を注いでいますのでなかなかコメントをお寄せできません。よろしければこちらにお寄りいただくもよし、コメントもよし、無視もよしです。辛い記事もありますので見てもらうのは怖いですが……。

 こちらのチェックは毎日させていただきます。ではでは。

 最後に、このコメントは削除してくださってかまいません。内容と関係ありませんから。
 

リーン様
コメント、ありがとうございます。

今回の件は遅かれ早かれ判明することでしたので、それをリーン様からご指摘いただいたことは大変幸運だったと、却って感謝しております。 これが見も知らぬ人から 「やーい間違えてやんの」 とか指摘されたら…と考えますと。 感謝に堪えません。

リーン様のブログ、近いうちによらせていただきます。 当方もかなりブログばかりに時間が割かれている状況なのできちんとした形でコメントを差し上げるのはいつのことか分かりませんが、感じたままをコメントする日を楽しみにしております。

このコメントは削除いたしません。 皆様もよろしければリーン様のブログにお立ち寄りください。 ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「坂の上の雲」 第7回 (ふたたび)痛みを忘れる方法:

« 「坂の上の雲」 第6回 人を思いやる心 | トップページ | 「流れ星」 第9回 グラス・タワーの緊張感 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ