« 「クリスマスの約束2010」 いまを全力で生きていくこと | トップページ | 勝手に決めるベストドラマ2010…パート1 »

2010年12月26日 (日)

「仮面ライダーオーズ」 メダル争奪戦が持つ可能性の面白さ

 平成仮面ライダーシリーズの最新作 「オーズ」 はまたまた新ライダーの登場で話が複雑になりつつあります。

 今回このシリーズの悪役であるグリードと、主役オーズの誕生の真相が明らかにされたのですが、相変わらずちょっと聞いただけでは分かんない理屈のオンパレードで(爆)。 テレビドラマの解説を主に行なっている当ブログの筆者でも半分くらいしか理解できないのですから、これを一見ですべて理解できてしまう人は、かなりの能力の持ち主だと称賛いたします。
 ドラマを見直せば分かるんでしょうけど、オッサンになるとそこらへんの設定って、もうどーでもよくなる、と申しますか(爆)。

 要するに10何枚かのメダルを集めることでグリードは完全になるらしいのですが、ドクターマキという人物と、グリードの中のおひとりがその先にあるものが何なのか、知りたがっている。
 そのドクターマキを雇っている宇梶剛士サンが、欲望によって増殖するメダルと、コアメダルというものを収集しながら 「欲望による世界の再生」 をもくろんでいるのですが、ドクターマキは全く逆で、「欲望による世界の破滅」 を見たいと考えている。 今回のそのふたりの対比の仕方は、なんか子供番組にもかかわらず見ごたえがありました。

 この番組を見ていて感じるカタルシスは、獲得したメダルによって変身形態が変わっていくオーズにあることは確かです。
 敵方グリードのコアメダルを手に入れることで敵の能力を自分のものにしたり、コンボと言って同じ色のメダルを3枚利用することによって能力以上のパワーを発揮したり、この快感はすごい。
 そしてこのところ集まるいっぽうだったメダルをオーズが次々奪われていくことによって生じるジリジリ感が、またこのメタル争奪戦をかなり面白いものにしている気がします。

 さらに4人いるグリードの中で繰り広げられる、味方同士の分裂。

 そのなかのひとりが、メズールという女なのですが、コイツの人間形態なのが、未来穂香チャンというカワイイ女の子。
 この子が自分のコアメダルを仲間に奪われて苦しそうによろよろ歩いていく姿は、結構来るものがあります(何が来るんだ、何が…笑)。
 その子が仲間にとどめを刺されそうになるところをオーズが助けるのですが、ここでちょっと妄想してしまいました。
 メズール、オーズ側につかないかな~、なんて。

 このメダル争奪戦を繰り広げる者たちにかなり共通しているのが、もともと悪い奴が自分の利益のために仲間を作っている、ということに尽きます。
 主人公の男の子(火野映司…渡部秀クン)にオーズの変身キットを渡したアンクというグリードのひとりも、もともとは自分の完全復活のためにオーズを利用している。
 宇梶剛士サンも自分では良かれと思ってやってるんでしょうけど、結局自分の欲望を満たすためでしょう。
 「ドラゴンボール」 で、もともと敵方なのに、さらなる強大な相手に勝つためにかつて敵だったものと手を組む、という構図が繰り広げられていたものですが、「オーズ」 ではそのからくりをさらに進化させている。
 要するに、火野映司クン以外はみんな、悪だくみのために相手を利用しているのです。
 この仕組みは、実に興味をそそられる、と言っていいでしょう。

 そのからくりから行くと、メズールがオーズの側につく、という可能性も、捨て切れない。
 人物相関図や話の展開が劇的に変化していく可能性を、無限に秘めている設定だ、と言っていいのではないでしょうか。 でも、そんな劇的な変化なんか、料理しきれないんだろうなー。 結局また元のサヤに戻った感じがしますけど。

 まあ実のところ、こんなかわいい女の子がオーズの側について欲しい、という、ヤラシイ願望なんですけどね(爆)。

 それともメズール、…死んじゃったのかな?

|

« 「クリスマスの約束2010」 いまを全力で生きていくこと | トップページ | 勝手に決めるベストドラマ2010…パート1 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50404596

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーオーズ」 メダル争奪戦が持つ可能性の面白さ:

« 「クリスマスの約束2010」 いまを全力で生きていくこと | トップページ | 勝手に決めるベストドラマ2010…パート1 »