« 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 | トップページ | 「任侠ヘルパーSP」 むなしさの先を見据えること »

2011年1月 9日 (日)

「江~姫たちの戦国」 第1回 繰り返される物語の中で

 「篤姫」 で幕末を生きた女性を描いた脚本家、田渕久美子サンが今度は戦国時代に生きた女たちを描く、「江」。

 お市の方(鈴木保奈美サン)の娘たち、浅井三姉妹が主役、とあって、物語的にはこの上なくオーソドックスな、戦国時代の三人の主役、信長(豊川悦司サン)秀吉(岸谷五朗サン)家康(北大路欣也サン)が絡みまくった話となるは必定(いきなり時代劇言葉…笑)。

 第1回目は江(のだめ…じゃなかった、えーと、上野樹里チャン)が生まれるまでの話なので、浅井長政(時任三郎サン)とお市の、大河史上幾度となく繰り返されてきた悲恋が展開します。 初心者には新鮮でしょうが、こちとら無意味に年だけ重ねてきたわけでもないので(爆)「ああ~またか…」 のウンザリ気味の話に終始。

 つまりですね、「信長KING OF ZIPANGU」 と 「秀吉」 と 「徳川家康」 が単純にくっついた、というだけじゃなく、「おんな太閤記」「葵 徳川三代」 だけでもなく、地方の戦国武将を扱った大河でも、キリのないくらいに繰り返されてきた話なのです。
 これがずうっと、ずう~~っと続くのかと思うと、なんとも切ない気持になってくる。

 信長が仕掛けた政略結婚で浅井に嫁いできたお市の方が、浅井長政の愛情にほだされて兄を裏切ってしまう。
 秀吉はお市の方に恋心を抱いている。
 柴田勝家(大地康雄サン)は相変わらず超天然パーマで(これっていつから定着したんでしょーか?…笑)、足利義昭(和泉元彌サン)はおじゃる丸バカ殿バージョンで(あらら…爆)、明智光秀(市村正親サン)は比叡山焼き討ちで苦渋の表情を浮かべ…。

 ああ~、オーソドックスすぎる…。

 (史実がどこまで尊重されるか、ではなく)ドラマ構築においてどのような脚本家独自のオリジナリティが見い出せるか、に私の興味は集中したのですが、その前にどうしても気になるのが、ドラマに久々の出演となる、鈴木保奈美サンの演技。
 この鈴木サン演じるお市の方、ナレーションもなさるようであります。
 ということは、「武田信玄」 の信玄の母親や、「ゲゲゲの女房」 のおばばのように、亡くなってからもナレーションを続ける、というパターンになりそうです。
 そこまでNHKが鈴木サンの演技に全幅の信頼を寄せているのか、と思うと、ちょっと危なっかしいものを感じます。 鈴木保奈美サンって、そんなに大物だったっけなー、という感じが、失礼ながらどうしても付きまとうのです。

 じっさい鈴木サン、最初のうちの演技は相当固さが取れない感じだったのですが、それで浅井に嫁ぐ前のかたくななお市の心情をうまく表現できてしまった、という思わぬ効果を生んだようであります。
 それでもこのお市、賛否両論がわき出るかもしれないです。 第1回クライマックス、浅井長政との別れのシーンでは実に演技もこなれてきて、さすがだなと思わせたのですが、長ーい女優業ブランクのあとの大河ドラマ序盤主役級、というのは、実に責任の重い立場だと感じるのです。 しかもナレーションは最終回まで続くんでしょう。 大変です。

 そしてそんな鈴木サンの、女優としての新たなるスタートの前に立ちふさがってしまったのが、なんと子役の茶々。 …そう、「Mother」 で継美チャンを演じたあの超天才子役、芦田愛菜チャンであります(笑)。
 この茶々が、信長の浅井攻めの最中に身ごもった子ども(江)を流そうとする市を、涙ながらに止めるのです。
 ここで完璧に、鈴木サンの苦労は芦田愛菜チャンに飲み込まれてしまった(あ~あ…笑)。
 でもまあ、愛菜チャンもあの年で(確か5、6歳)時代劇言葉、というのは、さすがにしゃべりにくそうに思いましたけど。
 それに、「泣かせ」 の演技が、現代的なような感じに思えたんですよね。 うまいなあ、とは思いましたけど、ちょっと継美チャンの時よりは引いて見てしまった気がします。

 ところがこの、幼い茶々が結果的に江の産まれてくるのを手助けした、という物語の構築の仕方が、ようやく私が感じた田渕サンのオリジナリティだったのです。

 この茶々と江のふたり、ドラマの中でも説明がなされていましたが、いずれ豊臣方と徳川方に別れてしまう、という運命をたどります。
 そのことを考えたとき、この貸し借り関係は、後々興味深い展開を示すカギとなるのではないか、そんなふうに思えるのです。

 そしてもうひとつのオリジナリティ。

 それは、浅井が滅ぼされ、信長のもとに連れ戻された市たち母娘が悔し涙にくれているとき、ひとり赤子の江だけが笑っている、というシーン。
 浅井長政は、この赤子を、「希望」 だと位置づけていました。
 かような絶望的な瞬間に、この赤子だけが、笑っている――。
 ちょっこし 「ゲゲゲの女房」 の 「笑って暮らしとるよ」 というセリフが脳裏をよぎりました。

 このあまりにも何度も繰り返され手垢にまみれた物語の中で、茶々とその関係を特別なものに位置づけ、そして主人公の存在を 「希望」 と象徴させた作り手の手腕に、今後一縷の 「希望」 を、それこそ持って見ていこうかな、と思いました。

 次回予告ではこの江、信長を慕う娘に成長するようであります。 これも個人的には今まであまり見たことのないパターンかな。
 第1回目はプレストーリーの域を出ないものでしたが、どんな新しい解釈を見せてくれるのか、少しばかりそれに期待したいと思います。

|

« 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 | トップページ | 「任侠ヘルパーSP」 むなしさの先を見据えること »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

またも、この時間にスミマセン。
どうも、このタイミングになってしまうようで。。。。

オリジナルというのかどうか、市と長政の子、万福丸を完全に無視していませんでした?
市の今後の性格付けでは重要な部分ですが、江には全く無関係なので「なかったこと」にしたのでしょうか?

万福丸の死あってこその「希望」とかの位置づけでもいいんじゃなかろうか>男勝り

投稿: みり | 2011年1月10日 (月) 01時18分

みり様
コメント、ありがとうございます。

ここ数年の大河ドラマに顕著な傾向だと思うのですが、思い切り重要人物を無視してかかる、そんなパターンが横行しているように見受けられます。

万福丸万寿丸の完全無視は、おそらく田渕サンの主眼がそこにないからだと思うんですよ。 話の複雑化を回避する意図ならばがっかりしますけどね。
何をこの人は訴えたくて万福丸たちを切り捨ててるんでしょうね。 私はそっちの意図のほうに興味があります。 (史実がどこまで尊重されるか、ではなく)と私が記事中で書いたのも、そんな気持ちからです。

まあ、始まったばかりですので、早計に評価を下さず様子見、というスタンスでも、あるんですけどね。 3年の籠城をあっとゆー間とか、歴史を飛ばしまくってますよね(爆)。 たぶん言いたいことはこの先にたくさんあるんじゃないでしょうか。

投稿: リウ | 2011年1月10日 (月) 02時49分

リウ様

またまた、こちらにもお邪魔しま〜す。

>ここで完璧に、鈴木サンの苦労は芦田愛菜チャンに飲み込まれてしまった(あ~あ…笑)。
確かに!私もつよぉ〜く感じましたよ。「鈴木保奈美、負けてる」って。芦田愛菜チャンおそろし〜ですね。

お市の役は、中谷美紀さん、松雪泰子さん、鈴木京香さんあたりがよかったかな〜。

お茶々の役は菅野美穂さんにやってもらいたかったですね〜。

初回で時間拡大されてましたが、やはり、歴史の流れをなぞるという回で、何を省き、何を盛り込むかということで苦労されたのかもしれませんね。ただ、それにしても、なんとなく違和感(万福丸たちの事を抜きにしても・・・)を感じてしまった回でした。
どうしてなんでしょうね?

今後の展開を期待して見ていきたいと思ってます。

投稿: rabi | 2011年1月10日 (月) 22時46分

rabi様
コメント、ありがとうございます。

「Mother」 のときはこのコの泣きの演技に号泣しまくって顔が変形してしまったほどなのですが(ウソcoldsweats01)、なんだかコマーシャルとか、いろんな場面で見るようになって、このコの演技のクセが見抜けるようになってきたよーな気が…。 我ながらやなヤツですねshock。 それでもじゅうぶん鈴木保奈美サンを食ってました(末恐ろしや)。

お市の孤高な気高い感じは鈴木保奈美サンのキャラに合っているような気もするのですが、rabi様ご推薦のかたがたのような、もっとドスの効いた人でもいいような気はしますね。

第1回は 「江が生まれるまでの事情一挙公開ダイジェスト版!」、みたいな感覚で視聴しました(爆)。 「篤姫」 と比べるとかなり見劣りします。 あっちの話は馴染みがなかったからかもしれません。

投稿: リウ | 2011年1月11日 (火) 05時59分

橋本さん、お久しぶりです。
お忘れだと思いますが。アキラです。

橋本さんの影響を受けて僕も細々とですが、ドラマを観るようになりました。
NHK限定ですけど(笑)

去年は龍馬伝と坂の上の雲(これは正確に言えば今年の年末完走ですね)完走しました。なので「江」も勢いつけて観たんですが、早くも挫折しそうです。
すみません。僕は子役の女の子がちょっと無理でした。
たぶん女の子のせいじゃなくて話の設定のせいなんだろうけど、気持ちが冷めてしまって。。
あとは画面が塗り絵のように平坦で心に残るものが無かったです。
何でですかね。。いま人気のある脚本家さんなんですよね?
役者の皆さんの演技も良いし、配役も良いのに。目に焼き付くようなシーンが何もありませんでした。

なので橋本さんの感想を拝見して、面白くなってきたら再開しようと思います!勝手言って失礼ですよね。
一年間の長丁場、がんばってくださいね!

投稿: アキラ | 2011年1月12日 (水) 23時45分

連投すみません。アキラです。

いま帰宅したところなんですが、書き忘れたことを思い出したので・・・追伸です。

初回は視聴者を驚かせる展開だらけでしたが(史実的にも、エピソード的にも)これって制作サイドが寄こしてきた踏み絵かな?と思います。
「賛否両論で結構。
この回を気に入ったなら観続けてよろしい。
気入らなきゃ止めなさい」と言われたのかなと。
なので敢えて挑発的なテーマの押し出しをしてきたのかなと。

それが何でモヤモヤするのか?と言えば・・・
僕には製作者サイドの傲慢さに見えてしまったからだと思います。

すみません。蛇足で。。
おやすみなさい!

投稿: アキラ | 2011年1月13日 (木) 02時24分

アキラ様
お久しぶりです。 「龍馬伝」 にいらっしゃってましたネ。 コメント、ありがとうございます。

「江」 の第1回は、思い返せば思い返すほど、ダメさ加減ばかりが思い出されてくる、不思議なドラマであります(笑)。

史実がどうとか、私はもはや大河ドラマには何の期待もしていないので、とにかくこの繰り返され続けてきた信長秀吉家康の話の中に、何か田渕サンの主張が織り込まれているのかな~、という興味だけで見ました。

結果から申し上げると、鈴木保奈美サンが気になったのと、芦田愛菜チャンの演技が鈴木サンを食っちゃったけど、去年の 「Mother」 よりは感情移入できなかったな、ということのみでした。

第1回の話を総合的に考えてみると、「江が生まれるまで」 を駆け足でやっただけ、という感触ばかりが残ってしまう。 ドラマ的にもなんか薄っぺらだったな~、という感じだし。

で、私の考えとしては、このまんまじゃダメダメだよなー、…です。

第1回、ということで、興味津々なところだけを書きましたが、今後もこんな感じだったら、レビューも書かなくなるかもしれません。

はぁぁ~…。

なんか不安のほうが大きいです。

「篤姫」 がよかったのは、結局宮尾登美子サンの原作があったから、だったのかもしれません。

今回田渕サンの力だけでこの時代を描き切る、というのは、難しいのかもしれません。

投稿: リウ | 2011年1月13日 (木) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50538906

この記事へのトラックバック一覧です: 「江~姫たちの戦国」 第1回 繰り返される物語の中で:

« 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 | トップページ | 「任侠ヘルパーSP」 むなしさの先を見据えること »