« 「スクール ! !」 第1回 強引な吸引力のあるドラマ | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第3回 何が許せて、何が許せないのか »

2011年1月24日 (月)

「冬のサクラ」 第2回 「逢いに行こう」、「なんのために?」

 記憶も戻って成城での優雅な暮らしに戻った萌奈美(今井美樹サン)。 第2回ではその萌奈美に、祐(草彅剛クン)が山形から逢いに行きます。
 物語は、「なぜ祐がわざわざ東京まで行かなければならないのか」、をくどいくらいに追っていた気がします。 なぜなら、それこそがやはり視聴者の知りたいところだという認識が作り手にもあるから、でしょう。 それくらい今回の祐の行動は、フツーに考えると不自然なのです。

 これはですね。
 こうでもしなきゃ恋愛ドラマとゆーものは成立しない、というごもっともな理由もございますが(笑)、いくら不実な恋でも常識や理屈ではいけないと分かっていても、自分の気持ちを押さえられない、というのが、恋なのだ!と結論いたします(異論は認めません…爆)。

 冗談はさておき(じょーだんかよ!)、山崎樹範サン演じる駐在さんに 「電話で済むだろ」 と言われ、「電話で済むことじゃないよ…大変なことだし、ちゃんと会って話したほうがいいと思ったんだ」 と切り出したのが、まず最初の祐のいいわけ。

 駐在さんのとりなしで萌奈美と電話で話す祐なのですが、萌奈美は夫(高嶋政伸サン)の手前もあってそっけなく電話を切ってしまう。 祐は、萌奈美が記憶をなくしていた普段の生活に、強い息苦しさを感じていたことを思い返すのです。
 つまり祐は、萌奈美が普段の生活から鳥のように逃げだしたくて山形に来たと思っている。

 第1回では萌奈美の手を握っていましたよね、祐は。
 要するに自分も気付かないうちにもう恋しちゃってる、ということなんですけど、それを、自分の母親や弟にしたように、他人の面倒を親身になって見てやらねば気が済まない自分の性格のせいにしている部分もある。

 祐が東京に行くことに難色を示す駐在さんもマトモな神経なのですが(笑)、輪をかけてマトモな反応を示すのが、弟の肇(佐藤健クン)。 やってきた兄に、「ストーカーじゃあるまいし」「勘違いすんなよ」。
 まるで肇は、視聴者の大いなる代弁者のようであります。
 肇は今回後半、事情を知りながらも、「だったらなおさら兄ちゃんの出る幕じゃねえよ、旦那いんだから」 と忠告をする。
 まったくその通りなのです。
 さらに、電話をかけてきた萌奈美のことを気にする祐に 「そんなもんは(萌奈美の)一時の気の迷いだ」 と言い切り、「10時の長距離バスに乗って帰る」 と思わせぶりなことを萌奈美に言ってしまう兄に 「うぬぼれんなって」「逢いに来たからどうすんだ?いい年して冷静になれよ」 とズバズバ言いまくる。
 この佐藤健クンのセリフはみな、このドラマを冷めた目で見ている人たちの強力な代弁をしている。

 けれども 「冷静になれ」 という弟の忠告に、祐はこう切り返すのです。

 「なれるかよ。

 バカなこと言ったって、自分だって思ってるよ。
 だけど…だけど俺は…、俺はただ…。

 …分かってるよ。

 来ないほうがいいってことくらい…。

 来なければ、彼女は俺なんかいなくても大丈夫って、そう思えるから。

 …彼女は大丈夫だってことだから…」

 「俺はただ…」 のセリフのあと、祐は何を言いたかったんでしょうね。
 「彼女が気になって仕方ないんだ」、ってことでしょうか。
 呑み込んだセリフの代わりに、「来なきゃあきらめる」、という態度を示す。
 それは、祐が自分のこれまでの人生に戻る、ということと同義です。
 祐の人生を考えた場合(オーゲサだなあ…)、彼はいつも諦念にとり憑かれながら生きてきたのです。 男を作っちゃいなくなってしまう母親、弟の面倒、そして認知症になってしまった母親の介護。 彼はそうした周囲のひどい環境に、ある諦めを抱くことで、人生を生きてきた。 東京まで萌奈美に逢いに来たのは、母親の介護という足かせがなくなったことからくる要因も多分に考えられますが、祐なりの、諦め続けてきた自分の人生を転換しようとする所業だったのだ、私はそう考えます。 その感情の奥低には、萌奈美を救いたい、というオブラートに包まれた、萌奈美への恋心があることは、論を待ちませんが。

 そんな兄に、弟はもし彼女が来たらどうするんだ、と問いかけ、何を言っても無駄か、とひとりごちます。

 「…けど俺は反対だ。

 もうなんか背負いこんで、苦しむ兄ちゃんは見たくない」

 この兄弟の絆は、実に素晴らしい。

 ところが10時の長距離バスで旅立とうとする祐のもとに、萌奈美は駆けつけてしまうのです。 結局間に合いませんでしたけど。

 日常生活に戻った萌奈美は、夫航一の異様な圧迫感(笑)にさらされ続けます。
 航一は病院ではかなりの人格者で、いつもニコニコ患者さんにはとても優しい。
 家庭でも愛想がいいのですが、なにかっつーとバタン!ガシャン!(爆)、そして優しいお言葉(なんなんだコレ?…笑)。
 しかも自分は理恵という愛人(白羽ゆりサン)(しかも萌奈美の良き友人)を囲ってるくせに、妻に対する独占欲がハチャメチャに強い(笑)。 今回萌奈美が山形に行ったこともとっくに知っていた模様で、何が山形で起こっていたかも逐一報告されていた感じ。 脳外科医ですから、萌奈美の病状もとっくに知っているようでしたしね(第1回目で、山形で死んでりゃとか、その調査員?が軽口叩いてましたよね)。 あ~もう、モルモット的愛情ですか~。

 で、祐が東京まで来た表向き上の要件、萌奈美の脳に影がある、再検査の必要がある、という事実も、結局弟の恋人加藤ローサチャンのとりなしで萌奈美は祐から直接知らされるに至ったのですが、そのショックを打ち明ける相手がいない。

 夫は手術が立て込んでてとか言いながら萌奈美に会おうとせず、わざわざ萌奈美に分かるように素通りしてタクシーに乗り込む。 ありゃわざと見せてますよ。 確信犯です。
 しかもマイカーの座席におそらく理恵のものと思われるピアスを片方仕込んでますし(それって理恵がやったんでしょうかね)。 私の頭の中には、ユーミンの歌が反芻してました(♪ブロークンハー…笑)(このジョークが分からない人は、松任谷由実 「真珠のピアス」 でご検索ください)。 こういう理解不能な仕打ちをしてくる夫に、萌奈美もブチ切れて片方だけのピアスを部屋の片隅に投げ捨てる。 理恵に電話しても(萌奈美は理恵が夫の愛人であることに気付いていないですね)留守電だし。 萌奈美には、腹を割って話せる相手が、誰もいないのです。

 それにしても萌奈美が苦悩する、この豪奢な成城のお宅。
 実に無機質な感覚で、前回の山形の風景や家の中とは、全く趣が違う。
 今回この萌奈美の苦悩が見る側に大きな共感をもって受け入れられるのは、この正反対な山形と東京の風景の強いコントラストによるものだ、そう私には思えるのです。

 そして結局、自らのかたく閉ざした心は、「10時の長距離バス」 という祐から渡された鍵によって、一気に噴出してしまう。

 前述したとおり、結局萌奈美はそのバスに間に合いませんでした。 祐に逢うことが叶わなかったことを悟って、ひとり笑ってしまう萌奈美、「流れ星」 の竹野内サンみたいでしたねー。
 ところがそれを物陰から弟の肇が見ていた。 弟は、萌奈美の思いを、知ってしまうのです。

 それにしても、今回ゲスト出演した、チェ・ジウサン。

 いったいなんだったんだぁ~~っ?(笑)

「冬のサクラ」 に関する当ブログほかの記事

第1回 …大丈夫…
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/1-1d6a.html

« 「スクール ! !」 第1回 強引な吸引力のあるドラマ | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第3回 何が許せて、何が許せないのか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 「冬のサクラ」における佐藤健くんは自然でいいですね。 話す言葉も非常に常識的なのだけれど、その中にお兄ちゃんに対する愛情が感じられます。 先シーズンの「Q10」でもいい感じの俳優さんだなと思いました。 

 いけないと思っても会いたいのが恋ですよね。 リウさんが仰る通り、母親の介護の必要がもう無くなった祐だからなおさら東京まで来ると言う行動をとらせたこともあるでしょうね。

 それにしても高嶋さんのような夫とどうして長いこと生活していけるのかなあ? 普通の感覚ならどうかなってしまいます。 体調が悪いことにさえ感心を示さない最低な夫です! 

 話はかわりますが、 以前から我が家の近くにガラス工房があるのです。 お教室もあって何時も生徒さんが作品を作っています。夏は暑くて本当に大変そうだなとも思っていました。 昨日通りかかってふと見ると 「冬のサクラ」の大きなポスターが2枚ほど貼ってあるので、「ドラマで草なぎさんがガラス職人だから教室の宣伝かしら?」と思ったら、「当工房で撮影協力しています」と言う張り紙が。 この工房でロケしている様です。何となく雪国の工房と思っていたので、「へー!」と思ってしまいました。運がよければ 草なぎさんに会えるかしら?何時もは表の扉が大きく開いているのですが 、ドラマを見るといつも閉まっているので無理ですね。竹野内さんならちょくちょく覗きに行っちゃいそうです。(笑)

>第1回目で、山形で死んでりゃとか

あ〜それって家出して思い詰めて自殺…とかじゃなくて病気だって知っていたんですね?
酷いなあ
(二回とも冒頭部分を数分見逃していますw)

あの航一の執着は一体なんでしょうね
自分に服従させることが快感なんでしょうか。


>祐なりの、諦め続けてきた自分の人生を転換しようとする所業

それもそうだし、
「人に頼られて、人を助けてナンボ」という生き方が染み付いているんでしょうね。

萌奈美が「残り少ない人生なら好きなように生きよう」と腹をくくれば、祐と過ごすこともできそうですが
そこは航一がメチャメチャ妨害するでしょう。(韓流ドラマっぽい!)
弟の研修医もヤバくなりそう。

チョコっと出演したチェ・ジウ、藤田朋子に似てましたねw
何なんだ?冬ソナのオマージュ?

ゆみ様
コメント、ありがとうございます。

佐藤健クンが演じる肇は、自由奔放に育ってきたがゆえに、却って恋愛の常識をわきまえている、というのが興味深いです。
対して草彅クン演じる祐は、恋愛に免疫がないがゆえに、歯止めが効かない。 あんまり恋愛をしたことのない人は、恋愛下手になるものです(何を知ったよーなことを…笑)。

高嶋サンのようなパートナーがいたら、寿命が縮まり続けます(爆)。 そのクセ嫉妬深いし。 今のところは彼の精神構造は、理解不能です(笑)。 まるで機械みたい。 …って、映画ではありえるパターン、と言いますか…(夫がアンドロイドだった、とか…爆)。

山形でガラス工房は撮影しているわけではなかったんですね! ドラマって、ひょんなところでロケをやってたり、するもんですよねー。

そう言えばうちのご近所の自動車整備工場も、「北の国から」 で純(吉岡秀隆クン)が上京して殴打事件を起こしてしまったときの舞台になっていました。 それを見たときは、ただただ唖然(笑)。

草彅クンにも、ひょっとして会えるかもしれないですね。 なんかひとごとながら、ワクワクしてきます(単純だな~)。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。 このコメント、書いてる間に爆睡してしまいました(笑)。 結果的に返信が遅れてしまって申し訳ありません。

マイティサンから言われて、そうとも言えるなぁ~と思い直してます、いまcoldsweats01。 第1回目でなんて言ってたかな~、ちょっと録画したやつ消しちゃったので、ちょっと再分析が出来ません。 「あのまま山形で死んでいれば…」 というのは、ひょっとするとひったくりの犯人は、実は航一から依頼されて、萌奈美を突き飛ばすだなんだして、殺そうとしていたのか?という推理も成り立ってくる気がしてきました。

いずれにしても何を考えとるのか、まったく分かりませんね、航一は。 分かるのは、浮気をしながら萌奈美に対する独占欲の権化になっている点のみ。 今後もっと理解不能になっていくと、面白いんですけど(それって悪趣味だ…)。

「人に頼られ、助けてナンボ」、ですか、なるほどー。
「大丈夫」、と言える相手を探してるよーな性癖も見受けられるけど(笑)、「人を助けたい」、という気持ちが強い人、なんでしょうね。

弟肇と航一が職場一緒、というのは、ドロドロの予感ですよねー、やっぱりcoldsweats01

そうそう! マイティサンも、そうお感じでしたか! 実は私も、「冬ソナ」 を最初に見たときから、チェ・ジウサンって藤田朋子サンに似ている、とずーっと思っていたのです! 同じように思っていた人がいて、自分の見る目に自信が持てました(オーゲサ…)catface

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50675035

この記事へのトラックバック一覧です: 「冬のサクラ」 第2回 「逢いに行こう」、「なんのために?」:

« 「スクール ! !」 第1回 強引な吸引力のあるドラマ | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第3回 何が許せて、何が許せないのか »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ