« 「赤い指」 親を思う子、子を思う親 | トップページ | 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 »

2011年1月 7日 (金)

途中まで見て、「フェイク」 放っぽってます

 ちょっこしコメント返信にも書かせていただいたのですが、NHKの火曜夜10時のドラマ10最新作、「フェイク」、第1回目の途中まで見て、そのまんま放っぽってます。
 ここ数日やたら忙しくてブログを書いているヒマさえない、というのもあるのですが、どうも続きを見たい、という気にならない。
 財前直見サンのキャラとファッションが中途半端で気になるのと(受けを狙ってるのかなんか、よく分からん)、南野陽子サンの髪形が気になるのと(しょーがネェだろッ!…爆)、京都弁?が合ってるのかどうか気になってしまうのと、出てくる美術品が本物なのか、美術品をめぐる話がどこまでフィクションなのか気になってしまう、というのと(なまじ美術に造詣があるもんだから)(でも日本の美術には、からきし弱いんですけど)で、ドラマ以外のほうに神経が行ってしまう。

 ドラマをちゃんと見ていないであれこれ書くのは、えらくルール違反のような気がするんで、ここらへんでやめときます…。 土日を使ってちゃんと見なおしてみようかな。 でもなんか、見続ける気力がない。 ドラマの吸引力がない、ということなのかな。

 で、このままではこのブログ自体が3連休になってしまい、前の月に3日間謹慎したのと同じになってしまうため(爆)、無理やり記事を書いとります。 甚だ簡単ではございますが、本日はこの辺で終わりにさせていただきとう存じます。 以上です。 わーたなべ、あ、いやいや…(スミマセン)。

|

« 「赤い指」 親を思う子、子を思う親 | トップページ | 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

今、「LADY」見てま〜す。結構、面白そうです。

「フェイク」も最後まで見ました。が、確かに吸引力に欠けますね。犯人探しが主体ともいえず、かといって美術品がメインなのか?
財前直見さんは、まあまあいい味?だしてるとは思いますが、ずっと見続けるほどのドラマかというと???でした。

投稿: rabi | 2011年1月 7日 (金) 21時30分

rabi様
コメント、ありがとうございます。

「LADY」、面白そうですか! 録画しているので、ひと眠りしたら見ようかと思います。

それにしても、なんか捕物的なドラマが多いような気がします。 手を変え品を変えやってる気がしますけど。

「フェイク」 は、何がしたいのかがいまいち明確になっていない、という気がしています。 ドラマ10は傑作続きだったので、箸休め的な作品なのかな?

投稿: リウ | 2011年1月 8日 (土) 06時46分

リウ様

NHKのドラマ10は優秀な作品が多かったので、期待しすぎたのかもしれません。スタッフとか変わっちゃったのかも?と思うくらい拍子抜けといった感じですね。

私も美術関連は好きですが、伊藤若冲を扱えばいいというものでもないでしょうし、かといって筋立てもどうなんだか??

今期のクールは、リウ様のおっしゃるように刑事物が多いような気がします。テーマというかジャンルというか、似かよっている内容だと、視聴者としては、見ようというモチベーションは下がりますね。秋のクールは良いものが多く、内容も多岐にわたっていて面白くて良かったですね(その分、リウ様は大変だったと思いますけど)。

「LADY」は役者さんもかなりのレベルの方をそろえ(ギャラが大変そう)、力入れてるって感じでした。初回はスペシャルで時間も長かったせいか、面白かったです。

投稿: rabi | 2011年1月 8日 (土) 10時18分

リウ様、

見たくないなら、放っぽっちゃっていいんじゃないでしょうか?(笑)

私は今作「フェイク」についてはテレ朝の2時間ドラマみたいで見ても見なくても。。どうってことのないドラマですが。。(個人的にはキャストの財前さんと南野ちゃんが入れ替わったらもう少し面白かった気がしますけど)

前作「セカンドバージン」は、リウ様が楽しく御覧になられたようですが、私にとっては実に虫が好かない(なんでNHKでこんな不倫ドラマを制作するんだ?って感じで)観たくないドラマでしたので完全無視でした(苦笑)

「てっぱん」もリウ様の書評を拝読して再チャレンジしたのですが、即リタイアーしました(^^;)

無理するとストレスになりかねませんから、僭越ながら申し上げさせて頂きますが、リウ様のお眼鏡にかなったドラマの書評をお書きになられることがよいのではないかと思います。^^

もし、お気を悪くさせてしまったら、心からお詫び申し上げます。m(_ _)m

投稿: ペコ | 2011年1月 8日 (土) 13時13分

rabi様
再コメ、ありがとうございます。

「LADY」 見ました! ちょっと長かったかな~。 竹中直人サンがすぐ殺されてしまったのは、なんとも残念。 …あ、これからレビューを書こうかな、と思います。

「フェイク」、「LADY」 の前にあらためて最初から最後まで見たのですが、やっぱり記事に書く気が湧いてまいりません。 私も、あんまり人が殺されるドラマ、というのは、見ようと思わないんですが、…「LADY」 も一緒ですよネ(自語相違しまくってますcoldsweats01)。

また警察ものか…というウンザリ感は、確かにあります。 現実のニュースでも人が殺されまくっているのに、またドラマでも殺しかよ…ってのは…、「殺人はいけない」 という作り手の気持ちも分かるんですけどね。

「LADY」 は作り手のそんな気持ちが前面に出ていたドラマだと思います。 あ、スミマセン、これから記事にいたしとう存じます。

投稿: リウ | 2011年1月 8日 (土) 16時59分

ペコ様
コメント、ありがとうございます。

あ、いえいえ、忌憚のないご意見は歓迎です。

実のところ私も今クールは、無理してドラマを探しているような感覚が抜けなくて…。 秀作ラッシュだったクールがあると、次のクールに過剰な期待をしてしまう、という表れだ、と感じています。
ペコ様にはそこのところを鋭く見抜かれたようですcoldsweats01

「セカンドバージン」 は、ラストがアレでしたけど(?)、不倫→嫉妬→復讐という図式が、結構私の野次馬根性を刺激した部分がありました。 要するにのめり込んで見ていたわけではなく、他人の不幸は蜜の味、という下卑た興味だった、…とイイワケしておきますcoldsweats01

「てっぱん」、なんか評判が悪いですよねー。 私はその要因は、元気過ぎるヒロイン、およびほかの登場人物へのシンクロ感が薄いことによるものだと感じています。 それは、毎日こま切れで見ると余計に共感できなくなってしまう、そんな点に原因がある気がします。 私は1週間分続けて見ているのですが、その週のうちに登場人物たちの不可解な行動について、ちゃんと説明がなされている気がします。
でも、少なくともこれは第10週まで見ての感想です。
あまりに毎週最終回みたいなテンションなので、その次はおまけに過ぎなくなってしまうのではないか、…という不安が常にあって、なかなか見進めることができません。

ずいぶんダラダラと言い訳がましい返信になってしまいましたがcoldsweats01、ペコ様のおっしゃる通り、「自分の見たいドラマだけを見、書きたいものだけを書く」 という姿勢は、大切にしたいと思います。 ご助言いただき、ありがとうございます!

投稿: リウ | 2011年1月 8日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50516158

この記事へのトラックバック一覧です: 途中まで見て、「フェイク」 放っぽってます:

« 「赤い指」 親を思う子、子を思う親 | トップページ | 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」 第1回 親が子に背負わす十字架 »