« 冬ドラマ、あんまりぱっとしなさそうですけど… | トップページ | 「てっぱん」 第10週 「臆病」 とのたたかい »

2011年1月 1日 (土)

「正月時代劇 隠密秘帖」 そういうことかい!(笑)

 NHKニュース7を横目で見ていたらいつの間にか正月時代劇が始まって。
 なんとなく軽いノリで、音楽も軽め。 ひとつひとつのエピソードも軽め。
 老中田沼意次が出てきて、それが笹野高史サン。 いかにも田沼、というキャスティングだよなあ、と思いながら見ていました。
 そして主人公らしいのが小人目付の舘ひろしサン。 その息子役に濱田龍臣クン。 「龍馬伝」 で福山サンの幼少時代をやった男の子ですね。
 何の気なしにちらちら見ていたら、田沼の嫡男が殿中で斬られ、死んでしまう。
 その真相を突き止めよ、と大奥の意次擁護派、松坂慶子サンに命じられ、それが下達するに従っていかにもやっつけ仕事的になっていくのですが、最終的にそれを命じられたのが舘ひろしサンと同じ目付仲間(?)の南原清隆サン(ナンチャン)。 テキトーにやっていいよ、みたいな感じで申しつけられたのですが、このふたりが上意に反して緻密な捜査を進めることになるのです。 いつの間にか本腰を入れて見ていました。 ブログのために録画も開始。

 最初のうちあんまり注意して見ていなかったので事情はよく掴めませんでしたが、どうもこの田沼の息子殺害には、神山繁サンのワルモノ一派が米相場の暴落も当て込んだ?悪だくみが絡んでいる模様。
 貸本屋になり済まして吉原潜入をしたり、結構あの手この手で真相に迫っていく舘ひろしサンらなのですが、ワルモノたちの謀略によって結局その真相はもみ消されてしまう。

 濱田龍臣クンは道場の仲間から、父親を卑しい者呼ばわりされるのですが、それを直接父親にぶつけると、父の舘ひろしサンは、いきなり濱田クンの横っ面をバチーン。

 「又十郎(濱田龍臣クンの役名)! ようく聞け!
 この世に卑しい勤めなどはない!
 卑しいのは、邪悪に心を売る輩だ!
 邪悪の理不尽に、屈してはならぬ! 許してもならぬ!
 正義と信じるものを貫くのだ!」

 どうしてこんなムキになって捜査を進めるのか、と訊かれた時、舘サンは自分の倅たちに対する示しがつかないから、みたいなことを言っていました。 つまり舘サンは、しがない昼行燈と思われながら、自分の子に対して父親の信念を叩き込ませたのです。

 けれどもナンチャンは妊娠している女房という弱みを握られて捜査から身を引き、結局ワルモノ一派の差し向けた刺客によって殺されてしまいます。
 そして舘ひろしサンも、女房役の水野真紀サンとか濱田クンではないもうひとりの嫡男と共に、殺されてしまう。

 この場面、いかにも多勢に無勢で、こんな大人数で向かってこられたらいかに手練れの小人目付の舘ひろしサンでも太刀打ちできまい、と思っておったのですが。
 でもこのドラマ全体に流れるなんとなーく軽い雰囲気が、もしかして全員やっつけちゃうのかな、と思わせてしまうんですよ。
 そしたら、屋敷に火をつけられて、濱田龍臣クンの目の前で、舘ひろしサンは敵方の刺客大勢を結局全滅させつつ、自らも深手を負って、死んでしまうのです。
 ここらへんの緊張感は、ちょっと手に汗握りました。
 そして、なんだよ、死んじゃうの、それじゃこの事件の真相は闇に葬られたまま終わり?という状態の中で、見る側はいやいや、そんなことはない、と考えるわけです。
 それは、舘ひろしサンがこの事件の真相を改めて書きしるした忘備録が、その家の奉公人かな?の津川雅彦サンに託されて、お寺に納められているのを知っているからです。

 この津川雅彦サン、下人みたいなまったくのチョイ役で出るには、あまりにビッグ・ネームすぎる。

 津川サンは舘ひろしサンが炎に巻かれて死んでしまったあと、神山繁サンの屋敷に隠密らしい風体でいきなり現れ、神山サンにくぎを刺して風のように去っていく。
 急にクローズアップし出した津川サンの働きによって、意次擁護派の松坂慶子サンと結び付き、事件は解決するか、と思われるのです、が。

 物語はいきなり35年後にタイムスリップ(笑)。

 は?という感じです。 まるでキツネにつままれたよう。

 そして呼び止められて振り返ったのが、なんと舘ひろしサン。
 なんだソリャ?(笑)

 舘サンが、なんか又十郎(濱田龍臣クン)の35年後の姿、らしいのです。

 どういうことだ?

 ここでなんと話が終わってしまう。

 これって、いったい?

 つまり35年後に、父親の無念を晴らそうと、息子の濱田龍臣クンが舘ひろしサンになって事件を解決するから、めでたしめでたし、というわけなのか?
 ずいぶん見る側の想像力に頼り切った終わり方だなあ、と思っていたら、続いて始まったのは、その又十郎が活躍する土曜時代劇の新シリーズの予告。

 …(笑)…そーゆうことかよ…。

 けれどもその35年前の事件が解決したって、その時代にはもう田沼の時代は終わって、松平定信の時代になっているようであり、事件の解決が何の意味も持たない、ということですよね。
 それを何か絡めてくるのか?
 それともそんな邪悪がもみ消されたことで、又十郎にそれなりの正義感が宿った、という、単なる前フリだったのか?
 なんか気になってきた(笑)。

 まんまと壮大な前宣伝に乗せられてしまったようでありますが、これでNHKの土曜時代劇を見ざるを得なくなってきた(爆)。

 あ~あ。 クソッ!(笑)

|

« 冬ドラマ、あんまりぱっとしなさそうですけど… | トップページ | 「てっぱん」 第10週 「臆病」 とのたたかい »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50465277

この記事へのトラックバック一覧です: 「正月時代劇 隠密秘帖」 そういうことかい!(笑):

« 冬ドラマ、あんまりぱっとしなさそうですけど… | トップページ | 「てっぱん」 第10週 「臆病」 とのたたかい »