« 「美しい隣人」 第7回 主体と客体の遊離 | トップページ | マクドナルドが40周年 »

2011年2月25日 (金)

「四十九日のレシピ」 第2回 そうか、もう、いないのか…

 「オッカ。 もう一度話せるのなら、訊きたいことがあります。

 あなたは、幸せでしたか?」

 百合子(和久井映見サン)の生みの母であった万里子(笛木優子サン)が、百合子の弟になるはずだった子をお腹に宿していたとき、ヒールグッズのようにお腹をそれでさすっていた、白い石。
 その石を握りしめたまま、出戻りしてきた実家の2階の窓から外を眺め、3週間前に亡くなったばかりの継母、オッカ(風吹ジュンサン)を想う、百合子。
 そこにいきなり現れる、小麦色の陽気な青年。
 えっ? ここは2階…。

 「百合子ーーっ!」

 百合子は、いきなり抱きしめられます。

 「キャーーーッ!」

 思わずその青年を突き飛ばしてしまう百合子。
 青年は頭から(?)、落ちていきます…(チーン…笑)。

 しみじみモードからいきなりギャグタッチになる。 第1回目の逆を行くパターン。 してやられました。
 青年の名前はパウロ・ジ・アラウジョ・ドス・サントス。 日系ブラジル人、らしい。
 イモ(徳永えりチャン)が四十九日の宴会のために力仕事担当で助っ人を頼んだとのこと。
 「イケメンだし、いいでしょ、ユリッチ!」
 サントスにウィンクされて黒ネコのジジ君(「魔女の宅急便」)みたいにヒクッ!となってしまう百合子(笑)。
 まあオッカの知り合いだったら…ということで、良平(伊東四朗サン)もOKサインを出してしまうのです。
 実にあり得ない展開なのに、強引に見る側に飲み込ませてしまう。
 それなのに、どうしてこう、押しつけがましくないのか、ちょっと解析が出来てません。

 良平によってサントスの覚えにくい名前は 「ハルミ」 と命名されるのですが、その 「ハルミ」 という名前は、先ほどの万里子が身ごもっていた子供の名前だったようです。
 その回想シーンと現在の状況から、万里子はおそらくその子の出産でこの世を去り、その子も亡くなっているだろう、ということが推測されます。
 必要以上の説明をしない、つまり重要部分の説明ゼリフが一切ない。
 そんな粋な部分が、このドラマの大きな魅力となっているのですが。

 この回はハルミのサンバモードに触発されたように、良平も百合子も、なんか明るい雰囲気。 良平はオッカのレシピを見ながらはたきをかけて、「オーレ!」。 百合子はハルミにそそのかされて、試着室で 「これ似合う?」 状態。

 この父娘、根は暗いものがあると思うんですよ。 第1回の記事でも書きましたが、ふたりとも体温が低い、ごく普通の庶民。
 だからそんなふたりのギャグっぽいシーンは、実はなんとなく無理やりかな、という気もしながら見ていたんです。 ドラマを見る立場としては、ちょっと興醒めの危険性も感じさせる。

 でも、それは違ってた。

 ネクラなふたりだからこそ、はしゃぐシーンにはそこはかとないシラ~っとした空気がわずかながら漂います。
 けれども、ドラマを見終わってから思い返すと、それはオッカを亡くした悲しみを振り切るための、父娘のちょっとした反動だった、という気がしてくるのです。
 確かにネクラだからこそ、ちょっとふざけてみたい、という願望も、その底辺にはあるんでしょうけど。

 イモが持ってきた、オッカが壮大な構想で書いたと思われる 「自分史」 の分厚い原稿。
 期待に胸ふくらませて良平も百合子もそのページをめくるのですが、自分が生まれたことと良平と結婚したことのふたつしか書いてない(笑)。
 大いに失望した一同。 「しっかり書かんか」 とオッカの遺影に語りかける良平。 この間合い、伊東サンのコメディアンとしてのうまさを感じました。

 そんなことから、四十九日の宴会にオッカの一生を書いて展示しよう、という話になる。

 ところがオッカの歴史を語るのに、写真もなにもあまりにないことで、その企画は挫折しかけるのです。
 オッカの歴史の最後、「平成22年」 の項。
 「熱田乙美 没」
 と書きかけて、マジックペンの手が止まってしまう良平。
 結局 「没」 の字の 「又」 の部分だけが、書かれることなく放っておかれることになります。
 妻の死を認めることのできない気持ち。
 このシーンは見る側に、棘のように心に引っかかります。
 ここだけでもウルウルものなのですが。

 さてまた舞台のようなセリフ回しで登場した良平の姉、珠子(水谷八重子サン)。
 百合子に歯に衣着せぬ小言をまたまた言いまくります。
 この、「舞台のようなセリフ回し」、というのが、憎々しさをさらに引き立てるエッセンスになっている。 実にうまい。
 そんな珠子、良平とオッカの馴れ初めに力を貸した、と自慢げに話すのです。
 そこで珠子の口から、良平がオッカとの再婚話に乗り気ではなかったことが語られ、良平が当時、亡くなった妻の万里子のことをいつまでも忘れられなかった、という強い愛情を、ここで強烈に見る側に印象づけさせる。
 だからこそいま、亡くなったオッカに対しても、同じ気持ちを良平は抱くだろう、という、いわば布石の役割です。

 「旦那は葬儀の日に涙も流さない。
 娘は娘で四十九日の前に出戻って帰ってくる。
 これじゃあ乙美さん、浮かばれないよ」

 そんな珠子の小言が心に深く突き刺さった父娘。

 あの白い石を持ったまま川辺にたたずむ百合子のもとに、良平がやってきます。

 「小学校に上がってからも、これを握ってないと眠れなかった。
 …すぐそばにオッカがいたのにね。

 オッカはそんな私を見て、どう思ったんだろう?」

 「乙美はいつもここに来て、花束流して、手を合わせてたよ。
 川はあの世とこの世の境目だと言って。
 お前の成長をそうやって、万里子に報告していた、らしい…」

 ここでオッカがそれをしているシーンが流されます。
 川の向こうには、身ごもったままの万里子の姿。
 母親というものが分からない、と人知れず悩んでいた、オッカ。

 「真っ白だったね、オッカの年表。

 …子供を産まなかった女の人の人生は、生んだ人より余白が多いのかな?

 そんなことないよね?

 オッカは幸せだったんだよね?」

 それに答えない父。
 不幸なわけない。
 そう答えられない悲しさ。

 悲しい沈黙が、流れていきます。

 そして川を眺める、万里子とオッカ、そして百合子のショット。
 これは、百合子の心象風景なのでしょうか?

 百合子が自分に会いに来た夫(宅間孝行サン)にきっぱりと別れを告げたその晩。
 良平が乙美との思い出の品であるシンデレラの絵を百合子に見せます。

 ここから良平の回想です。

 33年前、珠子の言いつけで夏祭りの夜、乙美の豚まんじゅうの屋台に呼ばれた良平。
 相変わらず伊東サンの扮装ぶりには笑えるのですが。
 珠子の手前もあってか良平はその豚まんを実においしそうにほおばります。
 子供の百合子も、一緒にほおばる。

 しばらくして、良平の家にやってきた乙美。
 自分との見合い話を良平が断った理由を訊きたかったらしいのですが。
 そんな自分に嫌気がさしたのか、シンデレラの絵を娘さんに、とだけ差し出して、その場を後にしようとします。 なぜか気になって、それを追いかける良平。

 乙美はあのお祭りの日、どうやら良平に食べさせるために(?)肉まんの屋台を出したようなのですが、夏祭りに肉まんなんておかしかった、と反省します。 「あとの祭りだ」 と食えないギャグをぼそっと言う良平(笑)。

 「珠子さんからお見合いの話をいただいたとき、天にも昇る心地がしました。 『あ~、豚まんの君だ!』 って」

 豚という言葉に気分を害する良平。 慌てて謝る乙美。

 「あの、ポニーテールの可愛いお嬢さん。
 自分が子供が産めなくても、母親になれたら、どんなにうれしいだろうって。

 こんな私ですけど、夢があるんです。

 私がこしらえたものを、おいしそーうに食べてくれる人。
 そんな人と家族になれたら、私は一生、幸せなんです。

 熱田さんはあのとき、私が作った豚まんを、『おいしい』 って言って食べてくれました。
 その記憶だけで、一生幸せで、一生信じて、ついていけるって」

 夜のバス停。
 停留所に座る良平と乙美。
 ボンネットバスが、向こうからやってきます。

 なんだかネコバス(「となりのトトロ」)でも出てきそうな雰囲気で、ハッとしました。

 さっきのハルミのウィンクに百合子がヒクッ!となったときも、「なんかオソノさんのウィンクにヒクッとなったジジみたいだ」 と感じたのですが、これって宮崎アニメのオマージュなのかな?なんて。

 とにかくバスが来て、乗り込んでいく乙美を見送りながらそのシンデレラの絵のなかに、「ふろく」 と書かれたシンデレラの着せ替えの切り抜き絵を見た瞬間、良平は電流が走ったように決断するのです。

 「今度娘と動物園行かないか?」

 閉まるバスの扉。
 振り返る乙美。
 走り出すバスを、良平は追いかけます。

 「だから、動物園だ!

 ほら、パンダを見ないか、パンダ!…いや…パンダはいないけども!

 お~~い、聞こえるか!?

 動物園だ! 動物園!

 返事待ってるぞーっ!」

 あまりにおかしくて見ていて笑っちゃったのですが、なんかじわじわと、ウルウルしてしまうのです。


 そんな良平の思い出話にしんみりしてしまう、百合子とイモ。

 「母さんが幸せだったかどうか、俺には分からん…。

 だが、子供を産まなかったからと言って、母さんの人生が真っ白だったなんてことが、あるか?

 …そんなことはない。

 そんなことは絶対ないぞ、百合子。

 父さんは、そう思う」

 これは子供が産めなくて体外受精までした百合子にとっても、とても身につまされる父親の言葉なのです。

 その直後、百合子はイモから、駅のホームに置き去りにされていたミカンが入った紙袋を手渡されます。
 夫との先ほどの別れの話、百合子は駅のホームにたたずむ夫を遠巻きに見ながら、ケータイで話し合ったのですが、その現場をイモが見ていたのです(イモ、ストーカーチック…笑)。 そしてその紙袋のミカンは、結婚当初から百合子と夫が育ててきたミカンの木になったもの。 ようやく甘いミカンが出来た、という夫の報告だったのでしょうか。 このふたり、よりを戻す可能性が限りなく大きい気がします。

 同じころ。

 「又」 の字だけ書けなかった 「没」 の字を、良平が書いています。

 そこに落ちる、一粒の涙。

 「私の作ったものを、おいしそうに食べてくれる人となら、一生私は幸せだ」 と話していた、乙美。
 夏祭りの日に豚まんじゅうなんて一生懸命作ってしまう、おっちょこちょいの乙美。
 シンデレラの絵や白い石で、乙美の在りし日の姿がまた、走馬灯のように思い出されたんだと思うのです。

 「そっか…。

 死んじまったか…。

 そうかー…」

 その場に突っ伏して、号泣してしまう良平。
 葬儀の時も泣けなかったのは、この日のための涙だったのでしょう。
 泣けました。
 かなりひどく、泣けました。
 あ~書きながら、また泣いてます(笑)。
 …ずいぶん久しぶりだなー、この状態。

 突っ伏したまま寝込んでしまった良平。
 よそいき姿の百合子に起こされます。
 オッカとの大事な品を取りに行こうと、東京へいったん戻ることにしたのです。

 「おい、上着は持ったか? 夜は冷えるからな!」

 ぶっきらぼうな父の言葉。
 娘を気遣いながら、そんな不機嫌な調子でしか言えない家族の屈折した思いが、また一瞬で表現される。

 このドラマ、全4回ということは、これでもう半分ですか~。

 こういう良質のドラマは、もうちょっと長くやってほしいものです。

「四十九日のレシピ」 に関する当ブログほかの記事

第1回 川へ行きなさいhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/1-4162.html

« 「美しい隣人」 第7回 主体と客体の遊離 | トップページ | マクドナルドが40周年 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウさん、こんにちは。

もう「美しい隣人」がどっかに行っちゃうほど、このドラマにハマってしまいました。
実はTVを地デジに変えてから、予算の関係で録画を諦めたのです。
なので、どちらかしか見られず、結局こっちになってしまいました。
今回は、たまたま中2の娘も一緒に見てたので、1回目の説明をしながらでした。
ユリッチが変身するシーンでは、娘が「あ、このオバちゃんホントはキレイじゃん」と(笑)。
お父さんが、号泣するシーンでは娘も一緒に泣いていました。
「ママ、このドラマ面白いわ、次も見る」って。
反抗期真っ盛りの娘ですが、「ママが先に死んだら、パパはどうするかな?」って言ったり、親子の会話のきっかけの一つとなりました。
あと2回で終わるんですか?
来週は、浮気相手が暴れるとかの予告があったのですが、いっそのこと、子供をユリッチが引き取って育てるとか・・・。
どうなるんでしょう?楽しみです。

chie様
コメント、ありがとうございます。 14時25分、ということは、私がこの記事をアップしてからすぐにコメントを下さったんですね。 返信が大変遅れました。 大変申し訳ありません。 このところ仕事がたてこんでまして、疲労の極みなもんで…(言い訳だ)。

そんな疲労困憊の身にもじわーっと沁み込んでくるようなこのドラマ、あと2回だなんて短かすぎます。 今クールのほかのドラマをすべて凌駕してしまった、というのに…。
でも、確かに 「美しい隣人」 よりも私も好きですが、「美しい隣人」 もこのところヒートアップしてますよ。 どうして良質のドラマが同じ時間帯でかちあってるんでしょう。 両方見られないのはとても残念な気がいたします。

中2の娘さんも泣いておいででしたか。 伊東サンが号泣するシーンでは、私も 「Mother」 以来の大号泣でした。 この記事の文章がそれを伝えきれてなくて、なんか悔しい。

「ホントはきれいじゃん」、って、そう言えば和久井サンが髪を少女のようにするのを見たのは、私も久しぶりでした。 ハッとしましたね。 「ちりとてちん」 とか 「不毛地帯」 とかの、良妻賢母のイメージが強いんですよ、最近の和久井サンって。

「もし家族の誰かが死んだら…」 って考えることって、実は家族の一員として家族のありがたみなんかを感じる、いちばんのきっかけとなる気がします。 大丈夫です、いくら今が反抗期でも、娘さんはきっとしっかり成長されると私は思いますよ!

このドラマを見ながら、私も家族のありがたみを、痛いほど実感しているのですから。

イモちゃんが小さいオッカみたいで
彼女(とハルミ)が舞い込んでこなかったら
父と娘は、それはそれは暗い毎日をぶっきらぼうな会話で過ごしていたことでしょう。

いろんなコたちの面倒をみてきたオッカのことを水谷八重子さんが「酔狂な人」と言ったのが、妙に説得力があります。

私はオッカのことを絵本作家かイラストレーターなんだと思っていたけれど(あまりにも上手いので。ま、プロが描いてますがw)
純粋に主婦業がしたい人だったんですね

すでにこの世にいない人が残された人たちにすごい影響を与える。
オッカの人物像と人生を描くとともに
妻を亡くしてしまった夫と、
結婚生活がダメになった百合子が
挫折から再生していくお話でもあるんですね。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。 20時25分に投稿いただいた、ということは、大河ドラマの時間ですよネ(笑)。 脱落しましたか(笑)。

イモがオッカの代わり…、なるほどです。
「あなたの夫はきちんとあなたのことを考えている」、ということをしっかり百合子に伝えたい…、そんなイモの心は、オッカの心のようでもありますね。

四十九日が過ぎればイモも熱田家とお別れするんでしょうけど、そのときを勝手に想像すると、寂しくてたまらなくなります。
まるでホントにイモが、「死んだ人が四十九日まではその家にいる」、ということを現身で体現しているような気、さえしてきます。

陽気なブラジル青年ハルミも良平にとっては、死んだはずの息子の身代わりであり、彼とのひとときは、まるで死者との対話をしているかのごとき、「異人とのひととき」、なのかもしれません。

たぶん父娘とも、ドラマが終わるころには精神的にも立ち直って、また明日を生きていこう、という姿勢に変わっていくのだろうと思います。

そのときのことを考えると、やはり寂しい。

死者との本当の別れ、というものに直面したくないから、そう感じるんでしょうね。

リウ様

陽気なブラジル人、じゃないかも。
彼もおっかに助けられたひとで、
自分の名前を変えてしまおうとする人なので。
彼にも、悲しい思い出があってもおかしくないかもです。

だのに、陽気に振る舞って。。。。でまた泣かされるんですよ。(泣かされることにうれし泣き!)

みり様
コメント、ありがとうございます。 出勤前なので取り急ぎ返信いたします。

ハルミが陽気なブラジル人じゃない、とは全く思いもよらなかったです。 そう言えば、名前だってパウロ、でいいわけですもんね(もしくはサントス)。
良平の昔話のときはすやすや寝入っていたハルミでしたが、まるで子供みたいでした。 彼に悲しい過去があるとすると、私もウルウルになってしまいます!

リウ様
た、大河は…
音だけ聞いてましたよ!
柴田利家と家族になったのは気がついてますよ!

柴田勝家の間違いでしたよ

マイティ様
音だけ、ですか…(笑)。 まあ音だけでも理解できそーですけど、今年の大河は。 大河をまじめにご覧になっているかたには、却って腹が立たなくていいかもしれないです、その視聴方法。

ドラマでは前田勝家だろうが柴田利家だろうがどーでもいい感じですけどね、もっと言えば(かなり辛辣…)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「四十九日のレシピ」 第2回 そうか、もう、いないのか…:

« 「美しい隣人」 第7回 主体と客体の遊離 | トップページ | マクドナルドが40周年 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ