« 「谷村新司 まぁるい日曜日」 ジェットコースター、その話題は… | トップページ | 「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」 懐かしい深夜放送の匂いがする »

2011年2月 2日 (水)

「美しい隣人」 第4回 「あたりまえ」 の崩壊

 自分の人生に対して、人はこれでいいと思いながら生きています。
 そのいっぽうで、他人からの反応を見ながら、「もしかして、自分はこれでいいと思っているけれど、本当にいいんだろうか?」 と不安になるときがあります。
 自分の場合はそれに、「オレはこのままじゃいけない」 という気持ちがあるために、容易にその不安が膨張したりする。
 「美しい隣人」 第4回で沙希(仲間由紀恵サン)は、絵里子(檀れいサン)のそんなアイデンティティを崩壊させようと、初めて直接けしかけてくるのです。

 「もしかして絵里子さん、嫌いなんじゃない?」

 「え?」

 「真由美さん(三浦理恵子サン)のこともお母様(草笛光子サン)のことも、…本当は、嫌いなんじゃない?」

 檀れいサンの場合、私以上に完璧なので、初めはまともに、それにとりあおうともしません。 却ってそんなことを言い出す仲間サンに、ちょっと警戒モードになる。

 これはきわめて正常な反応であります。

 今回仲間サンは檀れいサンとの会話のなかで、義母に対するネガティヴ発言を引き出そうとするのですが、檀れいサンの反応は至ってまとも。 「入院中ってこともあるけど、気難しいとこもあるかなぁ。 …でもそれって当然よね、診断なかなかつかなかったし、不安だったと思うの」。
 他人と付き合っていくのに、多少の軋轢は覚悟の上です。 檀れいサンはそれをあたりまえと思っているし、ほとんどの人は他人に対して、一方的にいい部分ばかりを見ていない。 悪い部分の批評眼というものも、必ず持ち合わせています。
 それが人付き合いをしていくうえで、とても 「あたりまえ」 のことなのです。

 「ショック?」

 「そりゃそうよ」

 「ホントのことだから?」

 「ちょっと待って」

 「今まで自覚してなかっただけ。
 深層心理、ってやつ。
 …
 罪悪感、感じる?」

 「罪悪感っていうか、…嫌ってるはずがない」

 そんな檀れいサンに、仲間サンは義理の母とかご近所のママ友だからとかいうことがなければ、付き合いたくない人たちなんじゃないか、とたたみかけるのです。

 確かに付き合っていかねばならない人たち、に囲まれながら、誰もが生きています。
 けれどもそこから生まれるネガティヴなものを含めた感情が、人としての生業なんじゃないでしょうか。
 沙希はそのことをこっちに置きながら話をしている。
 そして自分は絵里子のことが本当に好きだという、ありもしない仮面をかぶりながら、話をしている。

 「こうなったら、自覚したほうがいいと思う」

 「自覚って、そういうふうに思ったら付き合えないじゃない」

 「いいえ、付き合うの。
 大人でしょ?」

 「…演技する、ってこと?」

 「そうとも言う」

 沙希も演技しながら付き合うだろうというのですが、自分はそんな義理で付き合う人がいない、と告白します。 絵里子は沙希のめくるめく話に、頭が混乱してくる。

 「嫌いな人がいるって、認める?」

 「認めたくないけど…

 …

 そんな気もしてきた」

 健常な精神状態ならば、檀れいサンは一笑に付すこともできるのでしょうが、三浦恵理子サンや草笛サンとの(仲間サンによって仕掛けられた)軋轢に少しばかり参っているため、仲間サンの誘導尋問の世界に引きずり込まれているのです。

 「それに私、全然自由じゃないってことも」

 「自由が幸せとは限らないじゃない」

 「え?」

 「みんな分かってないのに、束縛が嫌だなんて。

 …

 束縛の多い生活って、幸せなのよ…。

 …

 羨ましい、…絵里子さんが」

 自由が多いからこそ、余計なことを考える。
 仲間サンが陥っているのは、溺れ死んだ息子のことだけを考えながら生きている生活です。
 離婚の申し出をしてきた高知東生サンとの会話のなかで、彼女はその生活が、「今まででいちばん幸せ」 と話をしていました。
 でも実は、彼女はそう思おうとしているだけなのではないでしょうか。
 自由であるからこそ、息子がいたときの束縛の多かった昔を思い出してばかりになってしまう。
 そしてそれを埋めるために、絵里子の息子駿クンに、すり替えられた幻を追い求めてしまう。
 今回スイミングで駿クンのいじめ役として登場したヒロクン、沙希はこの子に死んだ息子隼人と似ているものを感じていたようなのですが、沙希はこの子を脅迫してスイミングをやめさせ、駿クンを手なずけていくのです。
 ニセモノの愛情によって、自分が今、いちばん幸せである、と錯覚したがっているように思えます。

 このドラマが単なるサスペンスホラーになっていかないのは、仲間サン演じる沙希の復讐劇のなかに、彼女自身の葛藤がきちんと描かれているせいなのではないでしょうか。
 もちろんその全貌はなかなか正体を現しません。
 それは一面では、退屈に思えるときもある。 展開のスピードが、もどかしくなる時もあります。
 けれどもこんな、悲しい演技をし続ける仲間サンの行く末がどうなっていくのか、私個人の興味は膨らんでいるのです。

「美しい隣人」 に関する当ブログほかの記事

第1回 勝手な先読み、という恐怖増幅の方法
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/1-f59a.html
第2回 鏡の中と現実の浮遊感http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/2-50e1.html
第3回 隔離された 「傷つく構造」 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/3-31ec.html

|

« 「谷村新司 まぁるい日曜日」 ジェットコースター、その話題は… | トップページ | 「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」 懐かしい深夜放送の匂いがする »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

和裁の仕事(衣装じゃないです)を請けていて、残業して見逃してしまいました。
ヒロくんがスイミングをやめたところから見ましたw

マイヤーさん(偽名?)は絵里子の夫も友人も子供も全てを奪いたいのが本心のようですが
その理由がナゼなのか、気になりますね

投稿: マイティ | 2011年2月 2日 (水) 19時43分

ますます怖さが増してきたような気がします。沙希の手の込んだやり口がヒートアップしてますね。
ヒロくんは前回から今回だけの役回りだったのでしょうか?
リオもキーパーソンになってきそうですね。

絵里子(檀れいサン)の家庭を徹底的に破壊するまで復讐は終わらない感じですが、これは沙希の性格によるところが大きいのでしょうか?

絵里子に対して沙希が行っている深層心理への刷り込みが、どういった影響を及ぼしていくのかも興味が湧いてきますね。

絵里子の周りの人間を全部、自分の側に引き寄せている沙希。今後は、どういう展開をしていくのでしょう?

とにかく仲間さんが、難しい役を頑張ってトライされているのに惹き付けられますね。

投稿: rabi | 2011年2月 2日 (水) 23時40分

マイティ様
コメント連投、ありがとうございます。 残業、お疲れ様です。

ヒロクンは駿クンをいじめるためだけに出てきた子供だったんでしょうかね。 なんかヒロクンは駿クンをいの一番にターゲットにしていた気がするんですが。 中途半端に隼人クンに似ていた気もしますし。 ふつう、死んだ子に似ている、なんていうと、脅迫なんかしようと思わない気がするんです。 仲間サンの反応も、ちょっと謎でした。

でもなんか、必要以上に私自身が疑心暗鬼になっている気は、するんですが…。

投稿: リウ | 2011年2月 3日 (木) 11時55分

rabi様
コメント連投、ありがとうございます。

マイティ様への返信にも書いてしまいましたが、ヒロクンの役割がこれだけだった、ということに、私もちょっと肩透かしを食らっている気分です。

持っていたコップを叩きつけて粉々にしたり(もちろん手は血だらけ)、沙希には異常なほどの破壊衝動が備わっているようですよね。 店の人は飛んで来ないのかと思いましたけど、あんなブチ切れぶりを見たら怖くて近寄れないかも…(笑)。

いったい沙希は、死んだ息子の弔い合戦でこんなことをしているのか、どこまで絵里子の家庭を崩壊させたがっているのか、なかなか見えてきませんね。 仲間サンは、「MR.BRAIN」 での殺人鬼役があまりにもインパクトがあったので、今回はそれをさらにバージョンアップしている気がします。

投稿: リウ | 2011年2月 3日 (木) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50756353

この記事へのトラックバック一覧です: 「美しい隣人」 第4回 「あたりまえ」 の崩壊:

« 「谷村新司 まぁるい日曜日」 ジェットコースター、その話題は… | トップページ | 「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」 懐かしい深夜放送の匂いがする »