« 「四十九日のレシピ」 第2回 そうか、もう、いないのか… | トップページ | 「TAROの塔」 第1回 尋常ならざるもの »

2011年2月26日 (土)

マクドナルドが40周年

 マクドナルドが40周年とかで、ビッグマックを200円で売ってたりしてます(3月3日まで)。

 私がマクドナルドのハンバーガーを生まれて初めて食べたのは、近所の二子玉川にマックのお店が出来た、たぶん昭和50年、51年くらいのことだったと記憶しています(どっちだったかなー。 たぶん51年)。 つまり1976年。 35年前(ふ~)。 親がハンバーガーとマックシェイクを買ってきました。

 当時のマクドナルド二子玉川店は現在の改札に近い場所よりももっと玉川高島屋寄り、富士銀行(現在のみずほ銀行)の間向かい側でした(つい最近までそこだった気がしますが、もう移動してから何年もたつ気もする)。

 生まれて初めて食べたハンバーガーの味は、「なんじゃコレ? うまい!」。

 今じゃハンバーガーなど最もシンプルで値段も100円、うまくもなんともない気さえします。
 あの当時のほうが数倍、おいしかったんじゃないでしょうか? ことハンバーガーに限って言えば、ずいぶん味が落ちた気がするんですよ。
 単純に気のせいですかね?

 まずバンズ、というものを食べた最初だった気がしますし、なにしろ本当にびっくりしたのは、今にして思えば、あのピクルス。 食べたことない味だったなあ。 何かの木の実のスライスだとばかり思っておりました。 キュウリの酢漬け、ですよね。

 パン、と言えばそれまで、あんドーナツだとかチョココロネ(コロネ?ただのチョコパンだった気もする)みたいな菓子パンしか食べたことのなかった(あとは卵サンドイッチとか)ガキンチョが、あのピクルスの酸っぱさと牛肉パテの絡み合いを食べたのですから、これはまさに驚天動地の世界、と言いますか。

 それと衝撃的だったのが、マックシェイク。

 それまでアイスというものは固いものだと決まっていたのに、ソフトクリームみたいにやらかくて。 けどソフトクリームみたいになめらかじゃない。 変に独特のざらざらした食感。
 やはりそれまで食べてきたどんなアイスとも違う味がして。
 しかもそれを、ストローで吸って、半分飲むみたいな感覚で食すんですよ。 そんなアイスの食事方法なんて、それまでしたことがなかった。
 あまりにうまくてクラクラしました。 量はハンパじゃなかったですけどね(いまみたいにSサイズとかなかったから)。
 当時は、今と比べると格段にシェイクのドロドロは固かった気がします。
 吸うのがキツくて(笑)。 口の中の感覚がなくなってしまった記憶があります。

 それにしても、ハンバーガーにしてもそうですけど、フィレオフィッシュとか、当時のほうが格段にうまかった気がするんですよねー。 シェイクもあの独特の味がなくなってしまった気がするし。

 舌が肥えただけなんでしょうかね。

|

« 「四十九日のレシピ」 第2回 そうか、もう、いないのか… | トップページ | 「TAROの塔」 第1回 尋常ならざるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50974704

この記事へのトラックバック一覧です: マクドナルドが40周年:

« 「四十九日のレシピ」 第2回 そうか、もう、いないのか… | トップページ | 「TAROの塔」 第1回 尋常ならざるもの »