« 「美しい隣人」 第4回 「あたりまえ」 の崩壊 | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第4回 自らを由とする生き方 »

2011年2月 3日 (木)

「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」 懐かしい深夜放送の匂いがする

 ニッポン放送をキー局に全国ネットを展開している平日月金午後10時からの 「オールナイトニッポンGOLD」。
 去年まで毎週木曜日を担当していた所ジョージサンが降板し、果たしてだれがあとにくるのだろう?と思っていたら、新年早々一発目が泉谷しげるサン。 ゲッ、この人でやるというのは、編集とかとても大変なんじゃなかろうか?と心配していたら、それは一回限りのことで、次の週から大竹しのぶサンが新レギュラーとして登場したのでした。

 これには泉谷しげるサンよりもびっくり。
 この人、話題がもつのかなあ?という感じだったのですが。

 2回目以降はリスナーからのメールなどを大量に紹介している感じで、とりあえずその杞憂はなくなりました。
 ただ私の想像していた以上に、この人はしゃべりたがり。
 もっといろんなことをしゃべりたくてたまらない、というふうなのです。
 これはちょっと、意外でした。

 大竹しのぶサンのしゃべりは、かなりはにかみながらも、天然のボケも入りながらなので、くすくす笑ってしまうようなところがあります。 癒される、という表現は最近使われすぎなのであまり使いたくないのですが、カテゴリー的にはまさにその感覚です。

 番組の進行的には、先に書いたように大量のリスナーからのメールを当てにしている感じで、所々にしのぶサンの選んだ曲がかかります。 洋楽が多いのですが、レディ・ガガとかリンキン・パークとか、最近の洋楽もおしなべて聴いている感じですね、大竹サンは。 ときには、その洋楽の訳詞を朗読したりする。 曲に対する理解度が深まって、これはいい企画ですね。

 この 「歌詞の朗読」、というものは、この番組の大きな特長であります。 さすがに女優さんだけあって、彼女の朗読には聴き入ってしまう。
 特に私が感銘を受けたのは、さだまさしサンの 「防人の歌」 の朗読。
 これはさだサンが昔やっていた長崎のチャリティコンサートでも大竹しのぶサンがゲスト出演して朗読したものだったらしいのですが、発売当時は右寄りだとか左寄りだとか、ヘンな部分で物議を醸しだしすぎて、ちゃんと聴かれることがなかったように個人的には思っていた曲であります。
 大竹サンの朗読によってこの歌は、曲に透徹している万物の事象に対する深い洞察と、真摯な姿勢が、よりストレートに感じられるようになっていました。 白眉。

 この番組をトータルで聴いていて感じるのは、そんなあまりにもオーソドックスすぎる手作り感覚が、まるで昔の深夜のラジオ番組を聞いているように錯覚させてしまうところです。

 これには彼女のはにかんだようなしゃべりかたも一枚かんでいる(同じニッポン放送で日曜夜の番組をやっている長澤まさみチャンとしゃべりかたが似ている、などという指摘もリスナーから受けていましたが、確かにそんな気もします)。
 リスナー(少なくとも私)は彼女のピロートークのようなまったりとしたしゃべりかたに、まるで隠れ家に帰ってきたような感覚を受けるのです。 内緒話を聞いているような感覚もある。 仲間うち感覚、なのです。
 そこに、昔よくやっていたラジオ番組のような懐かしさが、さらに 「癒し」 に後追いをかける。 「オールナイトニッポン」 の2部(午前3時から5時まで)のノリなんですよ。

 個人的にはハマっております。 大竹しのぶサンのまったりがイライラする、というかたでなければ(笑)お勧めしたいと存じます。

« 「美しい隣人」 第4回 「あたりまえ」 の崩壊 | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第4回 自らを由とする生き方 »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

riu様

ここのところ、渋いセレクトですね。
オールナイトは聞いておりませんが、吉岡ちゃんのあとは
大宮エリーさんということは知っていました。
とうとう、大竹しのぶさんですか。

>この人、話題がもつのかなあ?という感じだったのですが。
この記事のタイトルだけ読んだときに、同じ事瞬間に思いました。
へぇ〜、一回聞いてみても良いかも。

ラジオはもっぱらFMなのですが
土、日のFMはちっともおもしろくないので
ちょくちょくAMをラジコで聴いています。
ラジコになって、とてもパーソナルなメディアになってますよね。
深夜も勤労大人が多いことが判ったと言うことでしょうか。

みり様
コメント、ありがとうございます。 かなり長い返信になってしまいました。 大変失礼いたします。

このところ、皆様の意に沿わぬようなセレクトになっている気もするのですが(たとえば 「江」 をプッシュしたり 「黒田康作」 のレビューを休んだり)、「己の意のままに生きよ」 というトヨエツ信長大明神さまの教えの如く(笑)書き進めております。 そんなわがままをフォローしていただき、感謝に堪えません。

きよえチャンの後釜はなんか別の人なんですがcoldsweats01、大宮エリーサンのオールナイトは、確か月曜城田優クンのあとだったかなー。 まあかなりの深夜帯なのでどうでもいいと言えばどうでもいい話ですが(笑)、大竹しのぶサンのオールナイトは22時から23時45分、という聴きやすい時間帯ですので、「黒田康作」 とバッティングいたしますが、終わったあとにでもお聞きいただければ記事を書いた甲斐もございます。

特に昨日の放送では、ちょっと泣けました。 仕事しながらなのでなにに泣けたかもう忘れてしまったのですが(笑)、一男一女をもつ母親としての大竹サンの気持ちとか、そんなところだったかな、と思い返しています。

それにしても大竹サンの歌詞の朗読、磨きがかかってきた感じです。

昨日はET-KINGというヒップポップバンドの 「愛しい人へ」、だったかな、「お前といるとムッチャ楽しいねん」 という言葉、どこかで聞いたような…?みたいな感想を話していて、ああさんまさんだな、とピンと来て、思わず笑っちゃったんですけど、その朗読はまるで一人芝居。 思わず仕事を忘れて聞きこんでしまいました。

記事本文にも書いたのですが、聞く人を選ぶ放送だと思います。 でも、よろしかったら、お勧めいたします。

いつも大竹さんのオールナイト日本ゴールド聞いています。いつも楽しみに聞いています。

リウさま

あ、オールナイトちがってましたか。スミマセン、coldsweats01てへっ。
いい加減情報に加えて、いい加減想像で書き込んでしまいました。おはずかし。

つい最近も、友人とラジオ話で盛り上がっていたのですが、朗読を上演している友人もいるので、またこの番組で盛り上がれそうです。おいしい切り口をありがとうございます。

リウ様のこのブログ楽しみにしている人もたくさんいると思いますが、さすがに、今クールは評価すること自体が難しいと思いますので、気の向いたときに好きなだけというのがよろしいかと思います。
前クールのボリュームの反動ではないですが
文章書くのもいやになる時って、わたしはしょっちゅうありますから。

ののか様
コメント、ありがとうございます。 まだ4回くらいの放送なのに、既にヘビーリスナーでいらっしゃるようですネ。 私も、です(笑)。

みり様
再コメント、ありがとうございます。

先の記事に 「一身上の都合」、などとぼかしたことを書いてしまったのですが、どうにも先週お休みした4日間は、記事を書こうというテンションが上がりませんでした。

先々月3日間謹慎したとき以上に休んでしまって、実にいい加減だなオレも、と感じながら(ただ先ごろの謹慎は、「流れ星」 など、書きたくて仕方なかった分、エライ苦しかったです…笑)。

「黒田康作」「スクール ! !」 は引き続き見ているのですが、どうも感想を書くまでのテンションに至りません。 「LADY」 は見るのをやめましたcoldsweats01
このところどうもつんのめりながら書いている感じで、みり様ご指摘の如く、前クール豊作の反動だと感じています。

朗読を上演されているお友達、ですか! いや、それでしたらきっとご参考になると思われます、大竹しのぶサンの歌詞の朗読は。
なにしろその曲の新たな一面をとても気付かせてくれるような朗読なのです。
毎回感心しています。
ぜひともお薦めくださいませ…。

リウ様の。。元気の素『聖恵チャン』が去ってしまった後、心配しておりましたが、癒しの素『大竹さん』が浮上!!!よかったです^^*

『大竹さん』の訳詞の朗読、私も聞いてみたくなりました。。。本当に癒されたいこの頃なんです!(昔々ラジオ日本の全米TOP40という番組で湯川れい子さんが訳詞を朗読なさってたのが好きでしたから。。)

今クールはドラマは本当にテンション下がるばかりで、ドラマの所為ばかりではないのですが心身共に疲れ気味です。

「美しい隣人」も「冬のサクラ」も人を貶めたりするドロドロした内容に心が痛くて見る気が起こらずに録画したのを放っていますし、LADYをはじめとする刑事モノはほぼ手放しました。

ただ全く期待していなかった「デカワンコ」が私には今クール一番楽しんでみれるコメディドラマとなっています。。
私的に、このドラマを見るまでは可愛いと思えなかった多部未華子ちゃんが。。(多部ちゃんごめんなさいm(__)m)
回を重ねる毎に超~可愛い!(爆)なんて思えるし「太陽にほえろ」のテーマ曲とパロディもただなんとなく楽しい。。ただそれだけのドラマ。。なんですが。。面白くて笑えます。
他のドラマには無いほのかな暖かさが私の救いとなってくれるようです。^^;

『大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD』に深夜放送の懐かしさと癒しを求めて聞いてみたいと思います!


ペコ様
コメント、ありがとうございます。

「デカワンコ」、多部チャンのゴスロリの服装を見た時点でアウト、でした(笑)。 「怪物くん」 にしてもそうなのですが、日テレのこの時間帯のものは、第一印象で決めてしまってはいけないところがあるようですネ。

やはりドラマというものは最初から見ないと、トータルで作り手が何を訴えようとしているのか、理解度が急激に落ちる気がするので、途中参加というのは結構気が引けます(「ギルティ」 は例外でした…笑)。 ずいぶん評判のいい 「相棒」 も結局それで見てないのですが、刑事モノは敬遠する傾向がそもそもございますので、自分の場合…。

「美しい隣人」 は、主演おふたりの好み、という部分も大きいですよね。 特にヤフー 「みんなの感想」 を見ていて感じるのは、檀れいサンに対する嫌悪感(「黒田康作」 の草刈民代サンへの風当たりも強い。 まあうまい演技とは思いませんが、そんなにクサすほどでも…とは思います)。
私は 「美しい隣人」 は、復讐鬼仲間サンの悲しみというものに着目しながら見ています。 謎が深まっていくのも面白いし。

「冬のサクラ」 の高嶋政伸サンは、あれはもうギャグ、みたいな感覚で見てます(笑)。 人知れずネチネチやられるより、ストレートで分かりやすくていい、というか(笑)。 極端だから、却って笑える気がするのです(さすがに冬彦さんレベルになると完全たるギャグになってしまいますが…)。

いずれにしてもいいドラマがないと体調にまで影響してしまう、というペコ様のお気持ちは、なんとなく分かる気がいたします。 私もモヤモヤしておりますので。 お互い、乗り切ってまいりましょう!happy01

しのぶちゃん

こんにちは 初めまして

いつも聞いてますよ

まったり お喋りに癒されたり 元気もらったり

またメールします


心と体 労って頑張って下さいね

けいこ様
こちらこそはじめまして。 コメント下さり、ありがとうございます。

ラジオ界もどうも景気が悪くて、ギャラが高そうな大竹サンの番組がなくなってしまわぬよう、番組改編期に戦々恐々としながら、私もあい変わらず楽しく聞いております。

このところメールアドレスの紹介が大爆笑ものですねhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50765260

この記事へのトラックバック一覧です: 「大竹しのぶのオールナイトニッポンGOLD」 懐かしい深夜放送の匂いがする:

« 「美しい隣人」 第4回 「あたりまえ」 の崩壊 | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第4回 自らを由とする生き方 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ