« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第2回 骨があるドラマとはこういうものか | トップページ | 「冬のサクラ」 第5回 冷たく乾いた罠 »

2011年2月15日 (火)

東京地方の積雪、その顛末

 東京では久しぶりの積雪。
 夕方、夜勤に向かう車を走らせながら、降っていた雨にみぞれが混じってんなあと思っていたら、あれよあれよという間に大粒の雪になっていく。
 まずいなあ…と思っていると、ますますその勢いが加速して、まるで吹雪いているような状態に。 ワイパーでかき分けられていく雪の層が、見る間に大きな塊になっていきます。
 246はそのせいか、いつもよりもかなりの渋滞気味で、到着時刻も結構ぎりぎりになってしまいました。 雪が降ると東京の人間は、速度を出すことを極端に避けようとするんですよね。

 いったん小康状態になったものの、仕事中も雪はやむことがなく、幹線道路にさえ積雪が認められるまでに。 こりゃますますシャレにならなくなってきた…と、いつもなら鼻で笑いながら思うのですが、結構深刻さを増していくのです。
 なにしろチェーンなんかあるはずもなく、スタッドレスタイヤだって履いているわけでもない。
 車はちょっとでもアクセルを強く踏めば空回り気味なのがはっきりと認識でき、お尻を振っている感じになる。 ちょっとでもブレーキを強く踏めば、タイヤがロック気味になる。
 道行く車は必然的に、2~30キロ台で走らざるを得なくなってくるのです。

 先週の金曜夜から土曜日にかけても同じ雪でしたが、結局はそう大したこともなかった。 けれど車通りは極端に減ったんですね。 おそらく3連休で 「大雪」、などという予報が数日前から気象予報で喧伝されていたため、誰もが車で外出するのをやめたんじゃないかと。

 ところが昨日は、これほどまでの大雪にもかかわらず、車通りがとても多い。
 チャレンジャーだなーみんな、などと思ってしまいましたが(笑)、私が当日朝にニュースで見た予報では雨でしたし、内陸では雪になる、くらいの予報でしかありませんでしたので、たぶんそれで外に出てしまっていた車が多かったんじゃないでしょうか。

 雪の勢いは衰えることなく、ちょっとした上り坂では立ち往生する車が続出。
 雪の多い地方のかたからすれば失笑ものの現象が続発します。
 なんか、「事故」 の看板を掲げた警察の車両を、2度ほど見かけました。

 そのうちに雪は、雨混じりへとなっていくのですが、車の走行中、途端に気になる、ゴリゴリという音。
 すわ、タイヤでもパンクしたか、と思ったのですが、その原因はすぐに判明。
 みなさんチェーンを装着しているんですよ。
 それで道路が削れてる(そう感じました)。

 帰りの246ではほぼ小雨になっていたので、その異音がさらに激しくなり、道路はズタズタでガタガタの状態です。 246、こんなんで今日以降、ちゃんと走行できるんだろうか(後記 不思議なほどもと通りでした、翌日は。 つまりチェーンの形状に道路の表面上の雪が踏み固められていた、ということだったんでしょうか)。

 で、荏田を過ぎたあたりからいきなりの大渋滞。
 事故渋滞だと、発生直後は完全に止まってしまうというパターンなのですが、そうでもないのでなんの渋滞だろう?救急車も通ったからやっぱり事故かな?などと思っていたら、なんとそれは、チェーンを外す車があっちこっちにところ構わず駐車しているために起こっていた渋滞だったのです。
 こんなところでそんなことしてんな!と思ったのですが、確かにチェーン脱着のスペースなんて246にはありません。 仕方がない。
 やっとのことで渋滞を抜けるとやはり、対向車線にもちょうど上り坂のてっぺん付近で立ち往生しているトラックが数台。 見ると対向車線のほうが余程、雪が積もったままです。 チェーンを巻いていたのか、それともただ単ににっちもさっちもいかなくなったのか。 完全に道を塞いでいる格好でしたね。

 神奈川の246はちょっとした山をいくつも越えるような感覚の、高低差が比較的ある道路であります。 こういうところで積雪が多すぎるとこうなってしまうんですね。
 幹線道路だから積雪もなくて結構楽だろう、と思っていたのですが、甘かった…。

 雪国と、常時カラカラ地方の雪に対する抵抗力はかくも落差が激しいのですが、心配なのは今日以降、この雪が残って凍結してしまうこと。 そっちのほうが怖かったりする(後記 不思議なほど残っている雪がなくて、こちらも一安心)。

 いずれにせよ何事もなくてよかったです。 今日のところは。

|

« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第2回 骨があるドラマとはこういうものか | トップページ | 「冬のサクラ」 第5回 冷たく乾いた罠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50877722

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地方の積雪、その顛末:

« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第2回 骨があるドラマとはこういうものか | トップページ | 「冬のサクラ」 第5回 冷たく乾いた罠 »