« 「冬のサクラ」 第4回 自分の納得する生きかたを | トップページ | 「美しい隣人」 第5回 傷つける言葉 »

2011年2月 9日 (水)

仕事の 「貴賎」、って存在している

 久々にテレビ以外の話です。

 仕事をしていると、エラソーな人によく遭います。

 その人はどんだけ自分がエライのか知りませんけど、たぶん自分の仕事のほうが上級だと思っているのでしょう。
 下請の人間など、自分たちの意のままに切ったり頼んだりできる、と思っている。
 仕事に貴賎などない、などとよく言いますけど、この国じゃ確実に存在していますね。

 仕事によって他人を見下す人間を、私は逆に蔑みたいと思います。 下らない人間だなあ、と思います。

 すべての人が、支えたり支えられたりして、生きているのです。 自分は、誇りを持ってこの仕事をしようと頑張っています。

 ブログという場があるので鬱憤を晴らさせてもらってますけど、誤解を恐れずあえて書かせていただきます。 もちろん大部分のかたがたは、そんな偏った意識などないと但し書きさせていただいたうえでの発言です。

 …

 「下働きの人間は、あんたらの奴隷じゃない!」

|

« 「冬のサクラ」 第4回 自分の納得する生きかたを | トップページ | 「美しい隣人」 第5回 傷つける言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうだー!下請けを大事にしろー!
簡単に仕事消滅させやがってー!
便利に使いやがってー!

4月まで本業が動かないのでアルバイターですっ
(ここ数週間、バイトにありつくまでに地獄を見ました)

本業のほう、同業者から「今、仕事できる?」って電話はありますが、
(夕べもあったんですが、どうせ連休に働いてほしいからでしょっ)
どうせ数万円の仕事で待ち時間ばかり多いのが見えていて、
しかも入金されるまでのタイムラグが長いので
ガッチリフルタイムバイトで稼いだほうが、自分の生活を守れるのですーー
(連休は雪の中、バイトの研修へ通勤です)

こんな、綱渡りをしてないで
長期的に考えなくちゃと思うのですが
なんせこの不景気…。
バイトも年齢だけで落とされますしねえ
(若いコも大学生も参戦してるわけで)


バブル期に所属してた会社でも、外注業社に対して偉そうな社長を心底軽蔑してました。
私だけは丁寧に接しようと心がけておりましたよ。

投稿: マイティ | 2011年2月10日 (木) 12時24分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。 この記事に賛同いただけるかたをお待ち申し上げておりました(爆)。

格差がある、というのは、これはどうしようもない事実ですよね。
でも、大多数の人たちはきちんと下請けの人間にも接していただきますけど、なかにはコイツ、差別主義者だ、なんて思う人間も、確率的には低いとはいえ、かなりの数存在している、と強く強く感じるのです。

いかなる場合でも、こいつは○○だから、という目で、そんなフィルターで他人を識別する人間を、私は(表面上はお愛想を言いながらも…笑)心底軽蔑します。

このところご苦労されたんですね、ご同情申し上げます。 ホント、いきなり職を探したって、簡単に見つからないですもんねー。
だから、人でなしとも付き合っていかなきゃならんのですよねー。
仕事を盾に取られて泣きを見ている人たちって、多いんじゃないでしょうかpout

私も、「こんなんじゃバイトの時給のほうがよほどましだ」、みたいな仕事の話ばかりで、いい加減やんなるときもありますが、この年になるとそのバイトすら容易にありつけないんですね。

菅直人ーっ、なんとかしろ~っ!

伊達直人のほうが頼りになる今日この頃…。

投稿: リウ | 2011年2月10日 (木) 12時52分

冬のサクラの高嶋弟さんが草彅クンに万札投げつけてましたが
まさにあれって差別ですよね

「あなたがいらないならアタシが」と
拾いたいくらいでしたが…crying

投稿: マイティ | 2011年2月10日 (木) 16時40分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

私も部外者だったら、拾って、アイロンできちんと伸ばしてから使います(爆)。
でもあの場合、草彅クンの立場だったら意地でも受け取らんでしょうね…。 屈辱ですよ、コ○キじゃねえんだ!というプライドのほうが先立ってしまうでしょう。

そんなとき、金を突き返す自分に酔ってしまうことでしょう(爆)。

投稿: リウ | 2011年2月10日 (木) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/50819675

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の 「貴賎」、って存在している:

« 「冬のサクラ」 第4回 自分の納得する生きかたを | トップページ | 「美しい隣人」 第5回 傷つける言葉 »