« 「江~姫たちの戦国~」 第9回 見くびって見ていると、足元をすくわれる | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第6回 神の意志はあるか »

2011年3月20日 (日)

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第5回 永遠の一部たるべきもの

 あまりに猛スピードで展開していくこのドラマ、そのなかで私が感じていた物足りなさを、今回はいくぶん解消できた気がします。
 ワルモノサイドのウェイルラン、リーガン、ウィリアムあたりの描写は執拗なのですが(ただどうして彼らが悪者なのかの説明は希薄)、フィリップやトムの精神的な移ろい、葛藤というものがこれまで見えてこなかった。 そこらへんについてこの回は、ちょっとではありますが切り込んでいました。

 まあ、リーガンたちがどうして悪者なのかの説明がない、というのは、この話がある種残酷な童話みたいなスタンスだからなのかもしれません。 「白雪姫」 のばあさんだって、どうして悪者なのか説明してませんもんね(笑)。

 さてあらすじ。

 前回処刑寸前まで行ったフィリップ、処刑場の教誨にやってきた同じ修道僧の弟に助けられます。
 私がウィキで原作の内容を読んだ限りでは、フィリップの弟はトムが授かった赤子の息子(のちのジョナサン)をさらった豚泥棒と同一人物のように思っていたのですが、もしかするとドラマで設定が変わっているのかもしれません。 原作と微妙に設定が変わっているのはほかにもあって、トムの大きな息子のアルフレッドが妹のマーサに対していじめを行なっていたとかいうことが、ドラマではないですね。

 いっぽうウェイルランとリーガンの悪だくみコンビは、モードとスティーヴンの間で政権掌握が揺れ動く状況に、どっちについても自分たちが生き残れる方策を模索しています。 互いに策略の主導権を握ろうとするウェイルランとリーガン。 「何かを頼むなら私を満足させろ」 と高飛車に出るウェイルランの股間をさわるリーガンに、「そーゆー意味じゃなくって」 という展開には笑いました。 ウェイルランの本当の望みは、大司教カンタベリーを亡きものにしろ、ということ。

 互いに人質を擁するウェイルラン(モード側)とリチャード(スティーヴン側)。
 ウェイルランはリチャードに、スティーヴンの息子を人質として渡せばスティーヴンの身柄は保障する、という交換条件を出します。 そんなの受け入れなられない、というリチャード側に、「モードたちはスティーヴンの息子など見たことがないからへーきへーき」 と因果を含ませるウェイルラン。 リチャードは赤の他人の子供をスティーヴンの息子としてモードへと引き渡します。

 戦いに勝利したモードは女帝気取りで、助かったフィリップのキングスブリッジ市場の再開の要請にこたえ、シャイリングの石切り場の権利をウェイルラン側に与えることを約束しながら、両者に100ポンド要求する。
 このモード、どうもいけ好かないです(笑)。 自分が正当な王位後継者だという自意識が過剰なのでしょう。 スティーヴンも鼻もちならない人物ですが、まだ神への恐れによる葛藤があるだけましな気がする。

 フィリップはモードから要求された100ポンドを、アリエナから借りることとします。 アリエナにとってそれは商売をするうえで結構な負担となったのですが。
 フィリップとともに奇跡的な生還を果たしたジャックと再会するアリエナ、エレン。

 スティーヴンはすぐさま反撃を開始、騙されたことを知って激怒するモードは、リチャードが引き渡した子供を殺しますが後の祭り。 戦局はモードに不利に動いていきます。

 モードに渡した100ポンドが無駄になるかもしれない不安のなかで、フィリップは進まぬ聖堂建設にイライラを募らせます。 そんななか、トムはジャックとアルフレッドに、自分の後継を委ねる。

 「もしこのガラスで聖堂が作れると言ったらどうなる」

 「無理だ」 と一笑に付すアルフレッド。

 「無理か…。 その言葉はけっして使うな」

 自分はこの聖堂が出来るまで生きていない、と断言するトム。 そしてジャックもアルフレッドも、生きてはいないだろうと断言します。
 ふたりの青年はその言葉に驚いた様子でしたが、見ている私も驚きました。
 つまりこの大聖堂は、そんじょそこらの簡単な教会とは違う。
 何世代にも引き継がれていく、世代を超えたモニュメントであるのだ。
 ちょうどガルディが設計した、バルセロナのサグラダ・ファミリア教会みたいなものですか。 あそこまで極端ではないにしろ、ゴシック様式の大教会建設には、相当な年月をかけたものが多かったんでしょうね。

 このことは、自分がこの世に生きた足跡を残すものであると同時に、自分の魂を永遠のものにする作業のような気がします。

 人間は、永遠に生きることはできません。
 でも、自分がその、永遠の一部になることは、可能なのです。

 そんな世代を超えた建設にかかる年月のなかでは、無理だと思われることもそのうちにできるようになるかもしれない。
 常識を捨てることは、モノづくりに携わる者たちには必要な能力と言っていいのではないでしょうか。
 トムはそのことを教えたのです。

 けれどもトムの期待をよそに、アルフレッドはジャックへの憎悪を募らせ、それは聖堂建築作業をストップさせるほどの大ゲンカに発展。 いさめるトムとのやり取りの中で、ジャックはこの大聖堂建設のきっかけとなった、先の教会の火事が自分の仕業だったことを話してしまいます。 「出ていけ!」 と怒鳴るトム。

 神の御業だとばかり思っていた火事が、実は不純な動機から発生したものだった。
 自分のこれまでの人生について、トムは考えただろうと推察されます。
 自分がこの世に残すべきものが、はかりごとの上に成り立っていた、虚無に満ちたものだったと考えるのは、つらいことです。
 そんなとき、トムに話しかけてきたのが、いったんは捨てた、実は自分の本当の息子であるジョナサン。

 「本当の母さんは死んだ」 と話すジョナサン。

 「知ってる」 と答えるトム。

 「じゃあ父さんが誰か知ってる?」

 言葉に詰まるトム。 「…誰だろう?」

 「神さま。 みんなの父さんでしょ」 ジョナサンは、無邪気に答えます。

 「ああ、そうだな」 と笑うトム。 そこには、本当の父親は自分だと言い出すことのできない苦悩がにじみ出ていました。
 トムはその後、ジョナサンに本当のことを打ち明けようとするのです。
 このトム、ジョナサンに真実を打ち明けようとしたとき、キングスブリッジを襲撃してきたウィリアムによって、殺されてしまう。
 トムはその直前に、熊と犬とのたたかいの見世物で、熊が殺されてしまうのをかわいそうに思ったジョナサンに対し、「勇敢に戦って死ねるのなら熊も本望だ」 と語りかけていました。 その言葉を実践するかのように、トムはウィリアムの前に立ちはだかります。 しかしあっけなく、ウィリアムの剣は、トムを斬り捨てる。
 とどめを刺そうとするウィリアムに、トムはかすかな仕草で、「(どけ)」 と合図をする。
 ウィリアムが後ろを振り向くと、そこには建築途中の大聖堂が。
 自分のこの世での仕事を見守ったトム。
 ウィリアムは、トムの胸を突き刺します。

 トムの魂は、ここで大聖堂とのかかわりに別れを告げ、次の世代にその思いが引き継がれていくことになるのです。 これまでトムの描写に物足りないものを感じていた私にとって、これらのシーンはまさに必要最小限であるけれども満足のいくものでした。

 話は前後しますが、トムによってキングスブリッジを追い出されたジャックは、フィリップに請うて修道士としてこの地にとどまります。
 このときにフィリップは、ジャックの母親エレンから、自らの信じる神とエレンの信じる神との間に横たわっている、「愛」 というものの有無を指摘される。
 ここでフィリップは、自分の信じている神が教会の論理のなかに埋没していることを、自覚していました。
 ここらへんの下りも、物語が深淵に向かう手助けをしていた気がします。

 ダイジェスト的ながらピンポイントを押さえ始めたドラマは、この先さらに人間の暗部に迫っていきます。

 それにしてもこの回は、アリエナもアルフレッドもジャックも、おしり丸出しでありました(いきなり下卑た話でスミマセン…笑)。 相変わらず、子供には見せられない内容であります(笑)。

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 に関する当ブログほかの記事

第1回 圧倒的な徹底ぶり
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/1-237d.html
第2回 骨のあるドラマとはこういうものかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/2-4477.html
第3回 利用される神々http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/3-537a.html
第4回 むせかえる死臭のなかでhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/4-34e0.html
第5回 永遠の一部たるべきものhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/5-a7e7.html
第6回 神の意志はあるかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/6-69bf.html
第7回 信仰の本質とは、どこにあるのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/7-1f00.html
第8回(最終回)前編 神とどう向き合うのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/8-46ec.html
第8回(最終回)後編 神になるのか、神を敬うのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/8-1065.html

« 「江~姫たちの戦国~」 第9回 見くびって見ていると、足元をすくわれる | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第6回 神の意志はあるか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51165443

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第5回 永遠の一部たるべきもの:

« 「江~姫たちの戦国~」 第9回 見くびって見ていると、足元をすくわれる | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第6回 神の意志はあるか »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ