« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第5回 永遠の一部たるべきもの | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第7回 信仰の本質とは、どこにあるのか »

2011年3月20日 (日)

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第6回 神の意志はあるか

 モードから市場開催の権利を承認してもらうためフィリップは100ポンドをアリエナから借りていたのですが、モードが劣勢になることでそれがフイになってしまう。 そこに今回のウィリアムの襲撃による商品消失。 アリエナはリチャードのバックアップが出来なくなり、絶望に打ちひしがれます。 手下を雇ったり必要経費がなんだかんだとかかって、騎士でいられるのもそんなにたやすいことではないようであります。

 そんなアリエナの絶望を見ていたアルフレッド。
 父親のトムのあとを継ぐ、とフィリップに持ちかけます。
 彼が考えていたのは、トムからソデにされていた、大聖堂天井を石材で弓状にする構造の建築方法。

 これは、トムが 「無理だという言葉は捨てろ」 と教訓していたことの逆効果の意味合いを持っています。

 無理だということに果敢に挑戦することと、無謀なことをやるのとは違う。
 フィリップはアルフレッドの意見に耳を傾けます。
 これが今回後半の悲劇へと、つながっていくことになる。

 フィリップから棟梁として認められたアルフレッドは、アリエナに求婚します。
 経済的な絶望のなかにいたアリエナは、ジャックへの思いを断ち切れないながらも、それを受け入れる。 修道僧としてこの地にとどまっていたジャックはそのことに激高して暴れ、地下牢に閉じ込められます。

 いっぽうモードの敗北が確定しても、ウェイルランとリーガンの目論みは破綻することなく着々と進行中。 カンタベリー大司教を亡きものにしようと、息子のウィリアムの結婚をお膳立てして、カンタベリー大司教を呼び寄せる手はずを整えます。
 ちょっとこれは意外でした。
 なぜならリーガンは息子のウィリアムに対して、近親相姦的な感情を抱いている。
 それなのに息子を誰かに取られることに対してあんまりためらいがないんだなあ、という感じ。
 これは推測ですが、リーガンはそんな息子でさえ、目的のための道具としか考えていないのかもしれません。
 道具だから、倒錯した愛情も向けられる。

 地下牢に閉じ込められたジャックは、母親のエレンに助けられて脱獄。 この牢は、ジャックの父親であったフランス人の男が閉じ込められていた場所でもあったのです。
 そこから抜け出したジャックはアリエナの元へと向かう。

 ジャックとアリエナはその場でベッドを共にするのですが、このときにアリエナは、ジャックの子供を授かってしまったようであります。 でも、弟を爵位につける誓いを破れないアリエナは、ジャックとの仲をあきらめざるを得ない。
 後日アルフレッドと結婚したアリエナは、アルフレッドが不能であったことが原因で彼から不遇な扱いを受けるのですが、そんななかでジャックの子供が出来ていることを悟る。 けれどもそれをアルフレッドに隠し通すことを決意します。

 まあすぐにばれることなんでしょうが、どうなんでしょう。
 当時の服装から言って、お腹が大きくなることをそのまま隠し通せたとも思えます。 それともアルフレッドは、その秘め事を知りつつも鬱々と不満を鬱積していったのでしょうか。 ここらへん、細かい描写がなくてちょっと混乱します。

 リーガンはカンタベリー大司教を呼び出すことに成功、回廊上部から突き落とします。
 うーん、神をも恐れぬ所業…。
 リーガンはその罪におののいたのか、狂気をはらんだ声で、その場で叫び続けます。

 数カ月後。

 いっこうに息子が爵位を与えられないことにいら立ったリーガンは、ウェイルランを脅迫します。

 「私は24年も忍耐強く待ってきたのよ!」

 息子の剣が、ウェイルランの喉元に突き付けられます。

 「地獄で焼かれるぞ」

 地獄に堕ちる、というのは、いずこの時代も世界中どこに行っても、宗教者のおんなじ脅迫文句のようであります(笑)。 けれどもリーガンは眉ひとつ動かさない。

 「バカ言わないで。 息子の罪はあなたが許したでしょ?」

 リーガンは聖職者の言い分など、ただのたわ言としか受け取っていないのです。
 「私を満足させろ」 と言われて股間をさわったり、リーガンは聖職者の暗部の構造を、知悉しているようであります。

 ウェイルランは脅されながら、キングスブリッジの大聖堂中心部の、弓状の天井が閉じたことを祝う席でウィリアムの爵位を報告する、と約束します。

 そしてその当日。

 大司教に昇格したウェイルランが、ウィリアムの爵位を発表します。
 鳴り響く拍手と、打ち鳴らされる床。
 その振動が、石で組み立てられた、弓状の天井を、徐々に崩していくのです。

 そして大音響とともに、その祝いの場を直撃していく巨大な石たち。

 この場面、ちょっと津波を連想させて、恐怖が倍増しました。
 善き者も悪き者も、その場にいたすべての者たちが、その惨劇に言葉を失います。
 79人もの人々が、この事故で死ぬことになるのです。

 この石の崩落によって、その場に居合わせていたカスバートの妹ケイトも、死んでしまう。
 彼女は悔い改め、娼婦となり下がっていた身を恥じ、兄を頼って来ていたのです。

 血だらけになって息絶えた妹を抱えながら、カスバートは神に向かってこう責め立てます。

 「イエス様、なぜです?

 慈悲を求めた妹への答えが、これですか!

 私は命を捧げたのに!

 なぜ妹を殺したんです!

 なぜケイトを…」

 直近、大災害に直面したからでしょうか、このカスバートの言葉は、私の胸をえぐりました。

 この事故には、確かに複合的な要因が積み重なっている。
 言わば、人災のひとつであります。

 けれども、もし神や仏が意志によって救いたもう者を選んでいるのならば、こんな無差別な事故など、起こすはずがない。

 要するに、神に意志なんて、ないんじゃないか。

 そりゃ、思い返してみれば、思い当たるフシなんか、人間誰にだってあります。
 みんな後ろ暗いところを、何かしら抱えているのです。
 だからそのバチがあたったのだ、という理屈は、いくらだってつけられる。

 しかし、そこに神の選別意志など、私は正直感じることができません。
 悪い者はいくらだって生きているじゃないですか。
 死んだあと地獄に行くにしたって、生きている間はのうのうと生きているじゃないですか。

 私はもし超越的な存在があるとすれば、それはどんな試練にも耐えようとする、人間自身の意志なのだ、と感じます。
 神が宿るとすれば、そこだ。

 この事故のショックか、アリエナはその場でジャックの子供を産んでしまいます。
 衝撃を受けるアルフレッド。
 自分がこの事故の責任の一端を担っている、という罪の意識など吹っ飛んで、憤怒だけが彼を支配する。
 彼はアリエナを、家から叩き出すのです。

 ウェイルランはこの一件によって大司教のポストを撤回され、フィリップは一介の修道士に降格。 大聖堂の建設も中止。 キングスブリッジの院長には、フィリップが聖アドルファスの遺骨をねつ造していた事実を暴露したレミジウスに。 ウェイルランと結託している、ワルモノです。

 家を叩き出されたアリエナは、生まれたばかりの赤子を抱きながら、父親のことを調べるためにフランスへと向かったジャックを、追いかけることになるのです。

「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 に関する当ブログほかの記事

第1回 圧倒的な徹底ぶり
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/1-237d.html
第2回 骨のあるドラマとはこういうものかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/2-4477.html
第3回 利用される神々http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/3-537a.html
第4回 むせかえる死臭のなかでhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/4-34e0.html
第5回 永遠の一部たるべきものhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/5-a7e7.html
第6回 神の意志はあるかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/6-69bf.html
第7回 信仰の本質とは、どこにあるのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/7-1f00.html
第8回(最終回)前編 神とどう向き合うのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/8-46ec.html
第8回(最終回)後編 神になるのか、神を敬うのかhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/8-1065.html

|

« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第5回 永遠の一部たるべきもの | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第7回 信仰の本質とは、どこにあるのか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51169056

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第6回 神の意志はあるか:

« 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第5回 永遠の一部たるべきもの | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第7回 信仰の本質とは、どこにあるのか »