« 「TAROの塔」 第2回 自らが決めるべきもの | トップページ | 坂上二郎サン、偉大なるフツー人 »

2011年3月 8日 (火)

「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情

 相手にとっていちばんいいことって何なのか。

 今回の 「冬のサクラ」 を見ていて、そんな感情に包まれました。

 自らの命より自らの記憶を選んだ萌奈美(今井美樹サン)。
 そんな彼女、失語症、そして手足の痺れと、病状がさらに深刻さを増していく。
 萌奈美の娘琴音(森迫永衣チャン)はそんな母親にとって、いちばんいいことって何なのだろう?と考えた末、行動に異様なものを感じ始めている父親航一(高嶋政伸サン)のもとで治療をすることではなく、祐(草彅剛クン)がそばにいられるような山形の病院、という環境で最期を迎えさせてあげることを選びます。
 認めたくない気持ちも殺しながら、「祐さんっていい人だね」 と母親に告げる琴音。

 これって娘としてはつらい決断です。
 なぜなら要するに、母親の不倫を認め、さらに言うならば、これまで信頼してきた父親を見限ってしまう行為でもあるからです。

 自分から、父親から、母親を奪い去っていった男に対して、こういう判断をせざるを得ない。
 (話は前後しますが)萌奈美が担ぎ込まれた山形の病院に駆けつけ、「君の気持ちも考えず手術を強行しようとして悪かった、頼むから帰ってきてくれ」 と土下座する父航一に、自らのその決断を話し、琴音は父親と一緒に東京へと帰るのです。
 父親の行動に気持ちは引いているのでしょうが、そんな父親を支えてあげようとする娘の気持ちは、思春期の女の子の成長、とも言えるのですが、その実あまりにも不憫なようにも感じられる。

 そして祐。

 弟の肇(佐藤健クン)から、「まだコクってないの?」 とせっつかれていたんですけど(笑)、今回登場した父親の片岡雄一(篠田三郎サン…すごくいい感じにお年を召しましたねー…もっといろんなドラマで拝見したいです)との出会いの中で、萌奈美に自分の愛してるという気持ちを伝えるのはやめよう、結局萌奈美を苦しめるだけだ、という結論に達するのです。

 いきなり現れた雄一。
 今までにない態度でその父親を、最初は拒絶した祐でしたが、母親が 「雄一さん」 という名前を最後まで口にしていたことを思い出し、母親の仏前に線香を手向けさせてあげるのです。
 これまで分け隔てなく誰にでも優しく接していた(航一には別か)祐が最初、ここまで強い調子で拒絶するのは、いかに自分がこの人のために苦しめられたか、ということを如実に想像させる。
 でもそんな自分の強いこだわりでさえも、母親の気持ちをいちばんに考えるからこそ、思い直し受け入れるのです。

 建設関係で転勤続きのとき、祐の母親百合(吉田日出子サン)と不倫関係に陥り、そのまま転勤で別れてしまった、という経緯を祐に打ち明ける雄一。

 「私にこんなことを言う資格はないが…百合さんは私にとって、かけがえのない人でした。 …ただ…その思いを伝えることはできなかったが…」

 「ご家族がいたからですよね?」
 と訊く祐。

 「うん…。

 でも…心の底から愛しているからこそ、口に出せないこともあるっていうか…。

 言葉にした瞬間に、薄っぺらいものになってしまう気がしてね…」

 そんな自分の実の父親に、母親が最後まであなたの名前だけは覚えていた、と告げる祐。 万感をこめて、祐に礼を言う父親。
 おそらく一晩母親のいた部屋で泊ったのか、母親の仏前にきれいにたたまれた布団の上に、印鑑と預金通帳が置かれているのを、祐は見つけます。
 その金額に、父親も決して楽ではなかったこと、そして自分の息子のことを、いつまでも忘れていなかったことが見てとれる。

 「心の底から愛しているからこそ、口に出せないものがある」。

 何でもかんでも愛情を確かめ合うのが、本当の愛情じゃない、ということを祐は感じたに違いありません。 祐は肇に、自分の思いを伝えないことをケータイで話すのですが、これって肇からせっつかれていたからこそ 「結果報告」 するわけで(笑)。 律儀な兄であります。
 いずれにしても、どんな人たちに対しても最後まで気配りを忘れない。
 地味~だけど、こんなできた人間はおらんですよ、今どき。

 祐は萌奈美に、自分の育った場所を見てほしい、と持ちかけます。
 自らの熱を押してでも、その外出を看護婦さんに希望する萌奈美。

 「どうしてもやりたいことがあるんです。

 だから行きたいんです。

 少しでも、体が動くうちに」

 病状がかなりの深刻さを伴っているからこそ、生きているうちに、相手の言葉を理解できるうちに、やってしまわなければならないことがある。
 翌日萌奈美は、祐に雪の中のリスの巣を見せてもらったり、雪をかぶってしまう祐に大笑いしたり、祐との穏やかなひと時を過ごします。
 ここで小さなプラネタリウムに忍び込んだふたりは、駐在の次郎ちゃん(山崎樹範サン)が、好きだった幼馴染みの千尋(遊井亮子サン)への願掛けで落書きしたふたりの名前が、織姫と彦星に 「逆」 に彫られているのを見て笑います。

 この千尋。

 このドラマではホントに、ほんのわずかしか登場しないのですが、冬に咲くサクラを育てている千尋は、今でも時々祐と顔を合わせています。
 そのときに祐に見せる表情は、千尋が祐に気があることを実に分かりやすく表現している。
 ところが今回のこのシーンで、祐は友人の次郎ちゃんが千尋に恋していたことを知っていた、ということが判明しました。
 つまり次郎ちゃんの気持ちを考えた祐は千尋の気持ちに応えてあげることが出来なかった、という経過が、ここから推測されるのです。

 相手のこと(この場合は次郎ちゃん)を考えすぎる祐の性格の一端も、ここから浮かび上がるのですが、そのことで少なからず傷ついている人(千尋)もいる、ということをここでは読み説くことができる。
 深い構造になっています。

 雪の中に立つ一本桜のもとを再び訪れたふたり。

 「春はまだ先ですね…」

 「でも必ず来ます。
 花を咲かせるときは必ず来る」

 「そうですね…」

 その日まで生きていられるかどうか…という悲しみが、萌奈美を包み込みます。
 そんな萌奈美に、祐はこう話します。

 「萌奈美さん。
 約束しましたよね。

 一緒に、またこの桜を見ようって。

 春になったら、また来ましょう。

 満開の桜を、一緒に見ましょう」

 悲しみを乗り越えて、「はい」 とうなずく萌奈美。

 萌奈美は祐に、半分不自由になった手を使って、肉じゃがを作ります。
 祐から止められながらもそれを押し通し、鬼気迫るような手つきでピーラーや包丁を使う萌奈美。
 「どうしてもやりたいこと」 というのは、実はこのことだったのです。

 かつてこのドラマの最初の部分で、記憶が戻った萌奈美は非常にあわただしく祐のもとを去って行きました。
 そのときに祐と約束して果たせなかったのが、祐の好きな肉じゃがを作ってあげることだったのです。

 「すみません、時間かかっちゃって…」

 「覚えていてくれたんですね」

 「はい。 あのとき作れなかったから」

 「いただきます…」

 ジャガイモをひとつほおばる祐。

 「どうですか…?」

 泣きそうになりながら、言葉を探し続ける祐。

 「う、…うまいです…」

 相好を崩す萌奈美。
 「よかった…!」

 ただ肉じゃがを食べるシーンなんですけど、泣けました。

 「考えたんです。

 私は、祐さんのために何が出来るんだろうって。
 いろいろ考えたんですけど、これくらいしか思いつかなくって…。

 それが、私の人生人生だったんだなあって、…思いました。
 ささやかでしたけど…悪くなかった。

 最後の最後には、祐さんにも、…出会えた。

 これが、私の、祐さんへの、精一杯の気持ちです」

 胸に迫ってくる思いに気圧されそうになりながら、祐は 「…ありがとう…俺、忘れません」 としか言うことが出来ないのです。

 相手のことを、平凡だけれどここまで思ってくれる萌奈美の気持ち。
 相手のために何が自分はできるのか。
 相手にとって、いちばんいいことって何なのか。
 祐はこのときに、もしかすると今回ラストにつながる決断へと至ったのかもしれません。

 祐が千尋のもとに啓翁桜を取りに行っていたそのとき、航一が萌奈美の前に現れます。
 航一は自分が萌奈美を愛していることをそのままずばりと切り出します。
 祐が相手のことを思って胸にしまいこんでいる言葉を、航一は自分の気持ちを優先しているがゆえに、ズバリとその気持ちを伝えるのがいいことだと思い込んでいる。

 「君は僕が君と向き合わないと言ったね。
 でも僕は君に何不自由ない生活を与えてきたじゃないか。
 ちゃんと愛してきたじゃないか!
 ほかにどうしろって言うんだ!
 君にも僕を愛してほしかった。
 僕だけのために生きてほしかった。
 それの何がいけない?
 夫婦なんだ。 当たり前だろ?
 あの男が現れる前までは、なんにもなかったじゃないか!」

 倒錯してます(笑)。 萌奈美は当然反駁します。

 「私は、自分の本当の気持ちに、フタをしてしまっていたの。
 …開ける勇気がなかったの!

 その勇気を、

 …その勇気を、祐さんにもらったんです」

 思いつめた航一。
 メスを片手に、萌奈美を殺そうとするのです。

 そこに飛び込んできた祐。 もみ合いの末、航一を力いっぱいぶん殴る。

 「いい加減にしろよ!
 萌奈美さんは限られた命を、必死に生きようとしてるんだ!
 何で分かってあげないんだよ!」

 「お前に何が分かる ! ! !
 僕は…僕は萌奈美を愛してるんだ!」

 「だったら!
 最後ぐらい!
 萌奈美さんの思う通りに生きさせてあげて下さい!

 あなたが、本当に萌奈美さんを愛してるんなら!」

 呆然とする航一。
 申し訳なさそうに頭を下げる、萌奈美。

 人を愛するということは、自分の感情を押しつけることじゃない。 相手にとっていちばんいいことを考えることだ。
 相手を思う気持ちとは、相手を束縛し独占しようとすることとは違う。
 このドラマの真のテーマが、見えた気がしました。

 突っ伏して悔しがる航一。
 今回の航一は、病院内で愛人の存在を大っぴらにしてしまったりとか、それをなじる母親(江波杏子サン)に食ってかかるとか、どうも社会的地位の存続も危ぶまれるほどの自我崩壊に至っている印象がありましたが、この祐の言葉は、どこまで航一の胸に届いたのでしょうか。

 航一が帰るのを見送ったあと(どこまでも律儀な男です…笑)、祐は部屋で萌奈美が倒れているのを発見。
 病院に運び込まれた萌奈美、心拍数は低下、生命の危機的状況に陥ります。
 このまま帰らぬ人になってしまうかのごとき描写。

 もしそうだとすると、萌奈美の人生最後の記憶は、航一と祐の修羅場、ということになってしまう。
 祐は萌奈美にとってそれがいちばんいいことなのか、考えたんじゃないかな、って思うんですよ。
 そして祐の心をあらたに侵食し始めたのは、記憶がどうなってもいい、萌奈美に生きていてもらいたい、という感情。
 愛する人の死に直面したとき、自分が今まで理性的に保っていた建前が、崩れてしまう瞬間がある。
 この祐の葛藤は、見ていて緊張しました。 祐は航一に、萌奈美の命を助けてもらえるかどうか、頼んでみると肇に言い出すのです。

 萌奈美はひょっとすると、自らの記憶をなくしながら、生きてしまうのかもしれない…、そんな展開になってきました。
 航一が本当の愛情に気付くことが出来るのかも含めて、ますます目が離せなくなってきました。

「冬のサクラ」 に関する当ブログほかの記事

第1回 …大丈夫…
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/1-1d6a.html
第2回 「逢いに行こう」、「なんのために?」 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/2-96f6.html
第3回 折れた翼で飛び続けることhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/01/3-cff9.html
第4回 自分の納得する生き方をhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/4-5b32.html
第5回 冷たく乾いた罠http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/5-906b.html
第6回 …間違ってないよ… http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/6-7950.html
第7回 翼があることを信じてhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/03/7-8d77.html

« 「TAROの塔」 第2回 自らが決めるべきもの | トップページ | 坂上二郎サン、偉大なるフツー人 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

院長は「否定されたくない」という気持ちが強い人なんですね
医者の家に生まれ、相当抑圧された人生を送ってきたのかも。

>萌奈美はひょっとすると、自らの記憶をなくしながら、生きてしまうのかもしれない…、

そうかもしれません。
すっかり記憶がなくなったとしても
娘さんが「山形に桜を見に行こう」と誘い出して、また祐と初対面として出会う
…っていうのも美しい展開だと思いますけど、どうでしょう。

マイティ様
コメント連投、ありがとうございます。 先の返信のあと力尽きました(笑)。 時間差の返信失礼いたします。

航一サンは改心する可能性を残しているな、と見ていて感じました。 メスを手にしたときは 「萌奈美を殺してぼくも死ぬ」 かと思いましたが(笑)。

となると萌奈美も生きていていいような感じがするんですよ。 姑さんの理解も得られた気がするし。

するとマイティサンのお考えの展開が、すっごく余韻の残るものなんじゃないかな、って。 読んでて思わずウルウル…いやまだ早いか(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情:

« 「TAROの塔」 第2回 自らが決めるべきもの | トップページ | 坂上二郎サン、偉大なるフツー人 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ