« 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる | トップページ | ――に »

2011年3月12日 (土)

東北太平洋地震、心よりお見舞い申し上げます。

 初めに、このたびの大地震で被災に遭われたかたがたに、衷心よりお見舞い申し上げます。


 前日、「四十九日のレシピ」 の記事を立ち上げてからたったの5分後。
 長い記事のチェックをしながら、新しいコメントをいただいているのに気づいたので、それに返信しようと考えていた矢先のことです。
 「なんか揺れてるな」 と思って。
 早くやまないかな。
 小さな揺れがあまりに長く続いたので、このまま終息するか、と思ったその瞬間。
 かなり激しい揺れが襲ってきました。

 当方住んでいるのは世田谷なのですが、縦揺れとも横揺れとも違う、四方に分散するめちゃくちゃな揺れだった気がします。 まず目の前のパソコンを手で押さえたのですが、横にある大型ブラウン管テレビの揺れが激しい。 これは重量4、50キロくらいあるシロモノなので、倒れると大ごとです。 パソコンと同時に手で押さえました。
 そんなに片付いているわが部屋ではないのですが、A3のコピー用紙の重たい束が棚から落ちた程度。

 すごい揺れだったのでテレビとラジオを同時につけたのですが、東京がこんなに揺れたのに、テレビでは宮城県のことをやっている。 そっちのほうがすごかったのか…。
 そのうちに津波の映像が放送され始め、お台場で火災が起きている、という映像が流された。
 6メートルなどという津波の予測を聞くと、ちょっと信じ難かったのですが、最初伝わってくるこの映像を見た限りでは、その後の被害の甚大さが予測できない感じでした。 ちょっと見くびっていた、と言わざるを得ません。

 高速が全面通行止め、電車も止まった、というニュースを伝え聞いたので、夜勤に向かう道路(246)の渋滞が予測されます。 見くびっていたことが原因なのですが、30分くらい早く出れば大丈夫だろう、と考えました。

 ところがそれが大きな間違いで。

 246までの道路もほとんど動かず、246もほとんど動かない。

 目の前の多摩川を超えて世田谷を出るまでに、軽く1時間かかってしまいました。

 それからはあっという間に日は暮れて、遅々として進まない道路にイライラしながら、仕事先に電話しようとするのですが、ケータイが全く通じない。
 歩道には、おそらく帰宅すると思われる人々が大勢歩いている。
 そしてところどころ、完全に停電している地域がある。 街灯さえついていないところで、信号だけがついているのが、逆にかなり不気味です。
 マクドナルドも吉野家も閉店。
 結局普段なら1時間程度で着くところへ、4時間半もかかってしまった。

 ところが着いた先も車の遅れのため、仕事自体が始まらない。

 いつもよりも3時間も4時間も遅れて仕事が始まったのですが、当然ヘトヘトです。

 帰りの246上りは混みがちではありましたが渋滞は解消していました。

 帰ってきてテレビで一夜明けた被災地の様子をようやくつぶさに見ることが出来たのですが、かなりひどい。
 当方福島県生まれなので、当然親戚も福島に多いのですが、やっとのことで連絡が取れた限りでは、多少の被害はあるものの、大したことがなくてほっといたしました。

 ただし被害の大きな地域は、根こそぎ町ごと消失した感じで、言葉を失うばかりであります。
 学生時代に三陸沖地震の被災状況を自主学習した経緯もあって、ああいう甚大な津波被害を何度も経てきたのだから、この地域の地震に備える体制というものは現在整っているとばかり考えていたのですが、今回の地震は国内で記録されている限りでは最大級のものであるとのこと。 人間の備えなど話にならないくらいの自然の暴威を感じます。

 いずれにせよ、こんな状態でテレビドラマの感想文など書いている心境にはなれません。 かなり労力を費やした前回の記事も、実に場違いな軽々しいものとなってしまいました。 アップした直後の地震だったとはいえ、状況をわきまえぬ記事になってしまったことは心苦しい限りであります。 お詫び申し上げます。

 あらためて、被災に遭われたかたがたには、心よりのお見舞いを申し上げます。

« 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる | トップページ | ――に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 当方にコメント、ありがとうございます。
 私などはまったくのんびりしたものですが、リウ様は大変でしたね。246が動かないのではイライラなさったでしょう。たとえば青山あたりとかは普通についていたのでしょうか。

 私はドラマ批評は一時休止するほかないかと考えています。少なくとも、テレビで地震速報番組が終わるまではとても書く気になれないです。ところがブログを書いていると因果なもので、地震についての記事を書こうと思いつく浅はかさで、秀吉が経験した慶長地震をとりあげた新書を買ってきて考察しようとおもっています。いやはや自分はどうしようもない奴です。

 うちのブログにも秋田の方がふたりいらゃっしゃるので、とにかく安否の確認をしたいのですが、いまのところまだなにもありません。ブログを休止する方も散見されます。
 人智を超えた出来事に、言葉を扱うものとしての無力さを感じますが、今回の出来事がこれからに大きな影響を心にともしそうな気もしております。とにかく一刻の早い復旧と皆様の無事を、そしてリウ様とこちらの読者様の安心をお祈りいたします。

リーン様
コメント下さり、ありがとうございます。

青山のほうはよく分かりませんが、高速・電車が止まった、ということが大きかった気がいたします。 間接的な影響、と言うべきでしょうか。

徒歩で帰宅しようとする人の多さには驚きました。 根性あるなー、という感じ。 7時間歩いた、というかたもいたらしいですが。 246では、途中でへたり込んでいる人もいました。

被害の甚大さが明らかになっていくごとに、構造的な原因や対策について、私は考えてしまいますね。 津波被害の歴史がありながら、常識以上の想定をし、防災をどうして行政はできなかったのか。 それともあまりにも今回の地震がひどすぎたのか。

原発の溶融、という聞き慣れない事態に関しても、我々がいかに訳の分からないものに頼って電力を得ているのか、という構造的な問題に目がいってしまいます。

連絡手段については、このインターネットはとても有用な気がいたしますが、電気が通じなければ意味がない。 ピッチ(PHS)がサクサクかかる、という話を得意先の人がしていましたが、今どきピッチなんて誰も持ってないし…。

リーン様のブログにもコメントいたしましたが、長野のほうも震源地に近いです。 なにとぞご自愛ください。

 おっしゃるとおりです。地震・津波対策、原子力に頼る発電の問題(マイクロシーベルトという単位ははじめて聞きました)など、問題があぶりだされてくるとおもいます。私としては、短期間で今回の関連本を読んで書評をすることでいろいろ考えてみたいとおもいます。
 そういえば『冬のサクラ』は東北地方が舞台ですから、とてもドラマ批評をする心境になれません。やれるだけ時事問題を“ガラパゴス”してみます。
 うちは長野・新潟県境から離れているので、午前3時59分の地震よりあとのものは体感震度はありません。しかし、あちらは信越線の線路の土がえぐれてレールが浮いた状態になっていますので爪あとが残りました。ここにいても他人事の気分ではいられないです。

昨日たまたま休日で家にいたのが幸運でした。(本日は朝から普通に仕事でした)
近所の人たちと声をかけあい、なかなかハートウォーミングな時間を過ごしました。

東京の西側から東側へお勤めしてるような人は電車が止まっていたので
昨夜の2時半頃「やっと家につきました」というメールをくれてました(私は寝てましたが)。

都市は交通網がヤられるし
原発はいよいよヤバそうだし
宮城や岩手の津波被害は悲惨だし
8〜9時間ニュースを見ていたに間にとても恐ろしい状況になってしまっているのですね

今の政府で大丈夫なんだろうか〜。

今回の揺れは産まれてはじめて経験するもので、それなりに衝撃でしたが
目の前を建物が流されていったり、大きな火災がおきたり、家族を失ったり
そんな思いをしているわけではないので、まだまだ認識が甘いです。
なにか被害の大きな地域に協力できることがあればいいのですが。

>8〜9時間ニュースを見ていたに間に
8〜9時間ニュースを見ていない間に のまちがいです

リーン様
「冬のサクラ」 も含めて、ここ数日はレギュラーの番組が復活する可能性が、ほとんど感じられませんね。 それほど被害が、ひどすぎます。 知れば知るほど戦慄いたします。

津波に流されていく車、新車も多いです。 おそらく去年のエコカー減税で買ったばかりの車でしょう。 そしていとも簡単に倒壊し流されていく家のひとつひとつに、それぞれの人の生活、思い出(アルバムや記録媒体)、あらゆる知識(本やパソコン)が確実にあったのだと考えると、胸が押し潰される感覚にとらわれます。
ただの家が流されているのではない。
住み慣れた風景も含めてそこにあったすべてが、流されている。

言葉を失うばかりであります。

マイティ様
ホントに、ちょっと寝ている間にますます状況のひどさが増していきますね。 特に視聴者提供の津波の映像は、固定カメラやテレビ局のカメラではとてもフォローできない深刻さに満ちています。 海岸で2、300人の遺体が見つかった、などと聞き及びますと、これでも被害の全容を伝えていない側面があるのかもしれません。

私は見ています限り、菅サンはちゃんとやっているように思えます。 少なくとも阪神淡路大震災の時よりは…。 ただこの未曽有の災害を機に予算を成立させる、というのは違うような気もいたしますが(確かに国会で国費の無駄遣いのごとき与野党の議論をするのよりもいいのかもしれませんけど)。

緊急地震速報、というのがまた、頻発しているのが緊張感をあおりますね。 当たり外れはあるみたいですが、かなりの精度のような気もいたします。 新潟や長野でも誘発されたように地震が起こる、というのを見ておりますと、何か日本が、途方もない広範囲でプレートごとポッキリ折れてしまっている気がしてなりません。

私もこのたびの地震では、いつまでも押し潰されたような心臓の動悸に襲われました。 地震でこういう感覚になってしまうものなんですね。 貧者の一灯をささげるか、祈るほかはないのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北太平洋地震、心よりお見舞い申し上げます。:

« 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる | トップページ | ――に »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ