« 「恋のから騒ぎ」 最終回 最後は泣けた… | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第8回(最終回) 前編 神とどう向き合うのか »

2011年3月28日 (月)

「金八ファイナル」 まだ見てません…

 シリーズ開始当初、同じ3年B組であったことから特別の思い入れもあった、「金八先生」 のファイナルドラマですが、4時間もあるんですか…。 正直通して見るには体力要りそうです。 まだ録画したものを見ておりません。 週末にでも見ますかね。

 このドラマはシリーズを欠かさず見続けました。 だんだん内容が過激になっていって、ドラッグとか引きこもり(あの時点ではずいぶん先取りしていた内容だったと思います)とか、心臓がキリキリもまれるような思いをしたことを覚えています。

 ただその傾向をおかしいとは思わなかった。
 なぜならこのドラマは、「中学生の妊娠」 という衝撃的な内容からスタートし、「校内暴力」 問題を正面から取り扱っていたからです。 「妊娠」 は当時からしても荒唐無稽の感じが強くしたものですが、「校内暴力」 はまさに自分もその時代に生きてましたから、もうドラマを1回見終わるたびにしんどくてしんどくて。

 まあ、確かにシリーズを通してその問題ばかりやっていたわけじゃないですけどね。
 ドラッグのシリーズは、ほとんどがその主人公、風間俊介クン中心で動いていた気はします。

 それにしてもこんな歴史のあるドラマがスペシャル1回でオワリ、というのは甚だ残念でなりません。 「取ってつけた感」 がとても大きい。 1クールだけでもやってもよかったんじゃないでしょうか。 4時間というのは、オッサンにはちょっとキツイ放送時間ですよ。

 「金八先生」 に関しては、2年ほど前に当ブログでも記事にいたしました。 現在と文体も違ってて面食らうかたも多いでしょうが、ご興味があるかたはどうぞ。

中島みゆき 「世情」 と金八先生http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/03/post-f9ab.html

|

« 「恋のから騒ぎ」 最終回 最後は泣けた… | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第8回(最終回) 前編 神とどう向き合うのか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

最後のほうだけ見ましたが
そこに三原順子議員もいらっしゃいましたw
「顔はやめなよ、ボディにしな」と言ってたのに…出世しましたねw

三原さんやたのきんトリオが出演した初回シリーズから、シブガキ隊、故ヒロくんの出演されてるあたり(シンパチ先生とか)は観てましたね。
あと、上戸彩ちゃんの性同一性障害あたりも少し観てました。

武田鉄矢さんが「腐ったミカンだった加藤勝は30年経過してキンカンになってました」と言ったのに大爆笑しましたw
ツルっとつややかなお顔になられて…happy02

投稿: マイティ | 2011年4月 3日 (日) 14時46分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

週末に見ようか、などと思っておりましたが、いまだ見ておりません。 4時間はキツイ、ということもありますが、やはり自分にとって大事な思い出が終わってしまうのが怖い、といった心理も働いているようであります。

ほかのシリーズ、「新八」「仙八」「貫八」 まであったかな~。 「仙八先生」 までは見てました。 さとう宗幸サンが先生で。 いま宮城県は大変なことになっておりますが。

加藤優クンは相当早い段階から頭、いっちゃってました(笑)。 チラッと番宣見ましたが、「キンカン」 は言い得て妙でした(笑)。

投稿: リウ | 2011年4月 3日 (日) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51239242

この記事へのトラックバック一覧です: 「金八ファイナル」 まだ見てません…:

« 「恋のから騒ぎ」 最終回 最後は泣けた… | トップページ | 「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」 第8回(最終回) 前編 神とどう向き合うのか »