« 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 | トップページ | 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる »

2011年3月11日 (金)

坂上二郎サン、偉大なるフツー人

 坂上二郎サンの訃報を聞いて。
 不思議なほどショックがありませんでした。
 とてもお具合が悪そうでしたし、近頃ほとんどテレビでお見かけしなかったもので。
 ネットには 「誰ソレ?」 などと書き込みをして大きな非難を浴びている人もいたみたいですが、平成の世に育ってきた若者にとっては、確かに馴染みの薄い人でありましょう。
 私もこの訃報を耳にしたとき、「昭和の時代」 がまた遠くなった感覚にとらわれました。
 つまり二郎サンは、「昭和」 というアイコンのなかに収まってしまっている。

 これがドリフの場合になると、今でもくどいくらい彼らの昔の番組はスペシャル企画で繰り返し放送されます。 そのことでドリフは、「平成」 のアイコンに移行することに、奇跡的に成功している。 彼らを知らない若い世代は、あまりいないように感じます。 いかりや長介サンが 「踊る大捜査線」 で印象的な演技をされたのも一役買っている。

 けれどもコント55号の昔の番組は、まったくと言っていいほど取り上げられることがない。
 今の若い世代にとっては、欽ちゃんこと萩本欽一サンが茨城ゴールデンゴールズの監督(もうお辞めになりましたが)で、さほど切れのよくないギャグを飛ばしている、程度の認識しかないように思われます。
 そして当の二郎サンは、「飛びます飛びます」 のギャグだけで知られているような感覚。
 若い人が 「誰ソレ?」 と言いたくなるのも、悔しいが分かる気がするのです。

 テレビ人たちはドリフだけでなく、クレイジーキャッツやてんぷくトリオ、コント55号もやすきよ(西川きよし・横山やすし)もツービートも明石家さんまサンも、テレビで1年に最低1回は彼らの昔の番組の特番を組むべきだ、と感じます。 それが彼らにテレビ界が大いに世話になってきたことへの恩義・礼儀でもあるし、さらに言えば若い世代に彼らのことを伝えていくのは、文化的伝承という意味からもおおいに重要である気さえする。
 コストだってかかるまいに。 お手軽な予算で彼らの足跡を再構成して再放送するだけの話なんですから。 現在の笑いに慣らされた若い世代がどう感じるか、私には興味がある。 ひいき目に見ている可能性も大きいが、少なくとも私は現在のお笑いなんかよりも、はるかに破壊力があったと思うのです。
 スラップスティックで、アナーキー。
 若い世代には、高度経済成長下のお笑いを積極的に追体験して、カルチャーショックを受けてもらいたいものであります。

 話は脱線しました。

 そんなスラップスティックでアナーキーなギャグの一翼を担っていたのがコント55号の萩本欽一サンと坂上二郎サンだったわけですが、私は坂上サン、ガキの頃はあんまりその面白さに気付きませんでした。

 と言うのも、コントにおけるこの人の反応はとてもまともな人の反応そのもので、「飛びます飛びます」 というのもどこが面白いのか分からなかったし、まるっきりフツーの人が、天才的な欽ちゃんの狂気の世界に翻弄されているだけ、といった印象が強かったのです。

 それだけ当時の萩本欽一というコメディアンは、常人の理解を超えたフィールドを闊歩し、クレイジーの孤高を保っていた。
 だからこそこのふたりのコンビは欽ちゃんがますますその活躍範囲を広げ、二郎サンは俳優として生きるしかなくなっていた、そう思えたのです。

 けれども後年になるに従って、その認識は大きく変化しました。
 萩本欽一というコメディアンがいちばんノって見えたのは、ほかならぬ坂上二郎サンを相手にしたときだけだったのです。

 これは 「どこまでやるの?!」 の真屋順子サンにしても同様。
 欽ちゃんは、フツーの人の常識を根本から揺るがしてその狼狽ぶりを引き出すことにおいて、突出した才能があったのです。

 ここでフツーの人が何か狙ったりするとかえって逆効果。
 欽ちゃんの時代の衰退は、「コメディアンというものは自らの身を削って笑いに変えていくために賞味期限が短い」 ということの証左でもある気がいたしますが、二郎サンや真屋順子サン以上のフツーのパートナーを見つけることが出来なかったことが主因なのではないか、そう私は考えているのです。
 欽ちゃんが必要以上に大物になってしまって、それを畏怖するタレントたちが欽ちゃんと絡むと、どうしても欽ちゃんの 「狂気」 が尊大なもののように思われてしまう。 なんかとてもエラソーに思われてしまうんですよ。 そこらへんの構造的な原因が潜んでいる気がします。

 その欽ちゃんの狂気を受け止めることのできた真屋順子サンも、だんだんと狙っている部分が見えてくるようになり、絡みに面白みがなくなってきたと思うのですが、坂上二郎サンの場合後年に至るまでそれがほとんど感じられなかった。
 これは驚異的です。

 それは欽ちゃんの常軌を逸した突っ込みにも 「エヘヘ、エヘヘ」「イヒヒ、イヒヒ」 と笑ってごまかそうとしてしまう、坂上二郎サンの優しい人間性の本質からきているものが大きかったのではないでしょうか。 だからこそその狼狽ぶりが面白かったし、見ているこちら側が、そのフツーさと狂気が互いに中和されて、とても安心感を覚えるのです。

 そこにはやはり、コメディアンどうしの、一種独特のせめぎ合い、ライバル意識みたいなものもあったのだと思う。 その起爆剤がなければ、二郎サンはこうまで徹底して、コントにおいてフツーの反応をしなかったはずである。
 そしてその最大の才能は、フツーの人が狂気に絡まれると、ここまでフツーじゃなくなってしまう、ということの体現だった気がするのです。

 どうすればお客が最大に自分のことを笑ってくれるのか。
 そのことを考え抜いたうえでコントをしなければ、このコンビの持つ緊張感は、一気に消滅したはずだ、と私は思うのです。
 しぜんと、私はコント55号 「復活」 と銘打った番組を、率先して見るようになりました。
 全盛期ほどではなかったが、やはりこのコンビは、すごかった。
 そう申し上げるほかはないです。

 その全盛期。

 私はドリフやコント55号を見ながら、1週間に2度も3度も腹がよじれていたものでした。
 このことは以前にも書いたのですが、腹がよじれるほど笑う、というのは、半ば拷問に近いものがある(笑)。
 お腹が痛くて痛くて、それでもコントは波状的に続いていくため、15分くらいは笑い転げて地獄のような苦しみを味わうことになるのです。 「死ぬ~~、やめてくれ~~」、であります(笑)。

 そんな拷問のような笑いを提供して下さった坂上二郎サン。

 心より、心より、お礼を申し上げます。

 ショックはありませんでしたが、…悲しいです。 欽ちゃんのコメントには、泣けました。

« 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 | トップページ | 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ほとんどアドリブだったそうですね。
今、あんなコントをできる芸人さんはいないでしょう。
何年も前ですが新宿ルミネでよしもと新喜劇を見たことがあります。それほど笑えませんでした。

ドリフに飽きてきた頃、裏番組で「欽ドン」が始まりましたよね。
そっちのほうが新鮮だったんで、ドリフから浮気しちゃってるような感覚で見てましたw
欽ちゃんが発掘したといえば、前川清さんもそうですね。

よしもと新喜劇がわからないのは関東の人間だからかもしれませんが
寛平チャンのギャグはアースマラソンを見ていても世界に通用するものでしたw
「パンプキーン」とか、めっちゃ大爆笑されてましたもん。

パンプキン…何かに似てるな、と思ったら
「還付金」!!!!
早速返ってまいりましたよー
(↑この駄洒落を言いたかっただけです)

マイティ様
コメント、ありがとうございます。 返信の順番が逆になってしまいました。 地震のお見舞いを優先して考えましたので、何卒ご了承ただきたいと存じます。

「還付金」、そう言えばまだ確定申告、しておりません。 とっととやらなければ、あと2日か…。

よしもと新喜劇、って、私まともに見たことがないんですよ。 関西人の常識をこの年になるまで何も知らない、というのは、ちょっとした文化の隔絶を感じます。

ただ昔から間寛平サンのナンセンスギャグとか 「ひらけ!チューリップ」 とかにはハマっていましたし(思えばマッシュルームカットのお笑い芸人の元祖が寛平サンでした)、チャーリー浜サンも大好き。 自分にはナンセンスを理解する素養はあると思っているんですよ。

「欽ドン」 も 「全員集合」 ととっかえひっかえ見ていた気がします。 30分早く始まるんですよね、「欽ドン」。 まず香坂みゆきチャン、カワイイなーと思いながらそっちを見て、で8時からは 「全員集合」。 チャンネルガチャガチャ、ですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂上二郎サン、偉大なるフツー人:

« 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 | トップページ | 「四十九日のレシピ」 第4回(最終回) あの世から見守る人がいる »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ