« ――に | トップページ | 「外交官 黒田康作」 最終回 真の国益とは何か »

2011年3月15日 (火)

地震の影響、いろいろ出ています

 原発の爆発に伴う放射能の漏出など、不特定多数にわたる健康まで心配されるようになってきた、今回の東北関東大震災の影響。
 計画停電というかつて体験したことのないシフトでも、混乱は増すばかりです。
 東京電力の対応、記者会見の様子など、どうにも要領を得なくてよく分からない。

 でも私は、「想定外」 の事態に対する東京電力という会社自体の耐性がないのだ、という解釈をしています。
 確かに 「しっかりしろよ」 とは思うが、仕方のないことだと諦めるしかない、と思う。
 それだけ今回の地震は未曽有の大災害。
 影響の少なかった立場の人も、総じてそのことを肝に銘じて、一緒に対処していくほかはないのだ、と思うのです。

 ただ 「想定外」。

 「想定外」 の事態に備えるのが、本来のありかたなんじゃないのかな。

 どっかの大臣も何百年に一度の災害に備えてスーパー堤防を作るのはナンセンスだとか事業仕分けでバッサリやってた気がしますが、何百年に一度の大災害が、起こってしまいましたからね。

 門外漢がいい加減な物言いをいたしますが、確かに 「想定外」 の事態に備えて途方もなく高い堤防を作るのは、予算もかかるし景観も損なわれます。
 だいたい今回のような地球最大規模の力学で襲ってくる津波に、どうしたって対応できるものではない気もいたします。
 しかし 「エヴァンゲリオン」 のジオフロントみたいな巨大なバリケードが、出来ないものなんでしょうかね。
 津波が来たらバリケードが港湾地区の前にそびえたつとか。
 …なんか荒唐無稽な話をしている気がしてきた。

 けれどもそれくらいの備えをしないと、人間は海の近くには住めない、という話になってしまいますよね。

 今回のマグニチュード9.0という規模以上に、昔のチリ地震などは9.5とかいう巨大なものだったらしいですが、少なくともその9.5という規模が引き起こす災害に耐えうる設備を作っておかないと、「そんなとこに住んでたのが不運でした、はいおしまい」 という話になってしまうと思うんですよ。

 だけどそんなもんじゃないでしょう。

 今回犠牲となられてしまった少なくとも万単位のかたがたが、「不運でした」 で済まされるはずがない。

 もしスーパー堤防に天文学的な国家予算が必要だ、というのならば、少なくともそんな万単位の人々が助かるような防衛策、というものを、確立しておかねばならないんじゃないでしょうか。

 それとやはり、原子力発電の安全性も、考えておかねばならない喫緊の課題でしょう。
 「想定外」、などと言うが、この設備こそ想定外を想定する必要がある。
 9.5を想定せねばならないのです。
 だいたい、普通の人には、わけが分からないじゃないですか、原子力発電、って。
 そんな危険なものを取り扱っている以上、安全だとか言い切るには、想定以上のことをしなきゃならん、と思うんですよ。
 電気が来なきゃポンプも作動しないとか、なんかすごくマヌケな気がする。 水が入れられないとか、機械構造上の問題をこっちが簡単に考えすぎるのかもしれませんが、手作業で入れらんないの?って思ってしまう。
 だから要するに、ワケの分かんないもの取り扱ってるからこうなるんだよ、みたいに軽ーく結論づけたくなってくる。

 それにしても、今回の地震がいかにすごいのかは、震源から遠かった首都圏(それでもかなり揺れましたが)に住んでいても如実に感じます。
 阪神淡路大震災の時は、こんなことはなかったですね。
 あの時は、同じ日本であんなとてつもない大災害が起こっているのか、というくらい、逼迫した影響がありませんでした。

 今回いちばん感じるのは、モノがことごとくなくなっている、ということ。

 ガソリンスタンドは軒並み休業、スーパーやコンビニには品物がない。
 石油タンクが爆発してましたからね。
 あんなのは、「ウルトラマン」 でしか見たことがなかった気がします。
 石油備蓄を放出する、というニュースが出ていましたから、数日中にはガソリン不足は幾分緩和されるとは思うんですが。
 私の場合、今日は仕事がお休みになってしまいました。
 計画停電で、機能不全に陥ってしまったセクションがあるんですよ。
 だいたい電車も運休する路線が多すぎて、まともに通勤できないですからね。
 こんなにものすごい影響があるなんて、やはり現代日本が直面した、最悪の大災害なんだな、と実感します。

 今回、数日にわたってテレビもラジオもネットもこの話題ばかり。
 知らない間に、気分がふさぎ込みがちになっていた気がします。 心のなかの一部が、津波とともに押し流されて消失してしまった感じで。
 軽いストレス障害なのかもしれません。
 街でげらげら笑っている人を見たりすると、「不謹慎だ」 とか思ったりして。
 けれどもこんな時こそ、明るく前向きにならなきゃいかんような気がします。
 一日一日を一生懸命生きることが、自分にできる精一杯のことだと思うのです。
 とりあえず、いちばん簡単に出来ること。
 節電ですかね。

« ――に | トップページ | 「外交官 黒田康作」 最終回 真の国益とは何か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無力感に襲われていますが、「また、再建しましょう!」と笑顔で言われたご高齢の方の映像を見て、励まされました。YouTubeにアップされています。ご紹介まででした。

リウさまこんばんは。いつも拝読させていただいております。
気になりましたので一点だけ。スーパー堤防の件ですが、確か記憶しているところでは、200年に一度の確率のものに、の続きとして、完成まで400年かかる…云々が無謀な計画として指摘されていたものだったと記憶しております。
リウさまのコメントをきっかけに、『四十九日のレシピ』の一回目の再放送から逃さず観ることができました。書き込みしようかと迷っていたところでしたので、ここで感謝申し上げます。今はあの最終回の頃のような平和な日々が、一日でも早く戻ってくることを願うばかりです。

??様
コメント、ありがとうございます。
人生の先輩のほうが元気なんですね。
自分たちも負けずに元気を出して、世の中をリードするくらいの気概がないといけませんね。

ルシャ様
いつも拙ブログにご訪問いただいているとのこと、ありがとうございます。

建設に400年もかかるんじゃ 「無駄」 ですかね…。 そんな400年もかかる剛性のものを作らないとこんな巨大津波に対応できないのかな。 ジオフロントなんて、やっぱりマンガだ…。

だからこそ、こんな万人単位の犠牲者を出さない方策を考えなければいけない、というところに拙記事の重点があったのですが、文章力不足で誤解を生じてしまったようであります。

「四十九日のレシピ」 が、平和な時代のいちばん最後のひと時だった、ということのないように、平穏な時がふたたび戻るといいですよね。

また静岡でも地震がありましたし、こう大型地震が立て続けに起こると、どうなっちゃうのかと思いますが…、いやいや、頑張ってまいりましょう!

計画停電3日間、経験しましたが、一般家庭の感想としては、3時間くらいなんともないさです。我が家は停電すると水道も止まり、オール電化なので、煮炊きもできません。でも大丈夫です。赤ちゃんや病気の方、介護を要する方のいるご家庭は3時間でも大変だと思いますが、被災地のことを思えば、がんばって協力するしかないでしょう。ガソリンや卵や牛乳がこちらでも手にはいりにくかったりしますが、ちょっと我慢すればなんとかなるんじゃないでしょうか。東電には、原発を安全な状態に早く落ち着かせてほしいです。買いだめに走る社会不安も原発問題がないと鎮静化しやすいですから。いろいろ政府や東電に言いたいことはありますが、今はできることをして、復興の手伝いができるように少しでも協力していきたいです。いつでも文句は言えますから。想定外で最悪の大災害ですが、ここから想定外で最高の復活をしましょう。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

私の場合はパソコン起動中もしくはブログ作成中に停電にならないように気をつけてます。 ポシャったらシャレにならないですから。

暖房も完全にシャットアウトして、寒い部屋で毛布にくるまりながらパソコンを打っております。

あーだこーだ文句を言うのは簡単ですよね。 批評をするのも簡単だし、他人をクサすのなんか、自分の悪い部分を振り返るより、ずっと簡単なのです。

でも今は粛々と、自分にできることをすることが最善なのだと思います。
逆に、何もしないことがいいこともある、という話も、ラジオか何かで聞いた気がします。 なるほどな、という感じ。 なにもしなけりゃ、余計な自分自身のエネルギー使いませんし、だからこそ他から取り込むエネルギーの必要もなくなる。

読書をする絶好の機会かもしれません。

大変お久しぶりですbearing
地震の影響は、東北出身のから騒ぎメンバー(恋からギャル)に多くの影響をもたらしており、とりわけ、気仙沼出身のメンバーについては、本人(現在は京都に在住)を含め、実家の状況が気がかりですweep
そして、地震当日に放送予定だった最終回は、今週金曜(25日)夜の放送が正式に決まり、ひとまずこれで一つのピリオドが打たれますdespair
ここ数年、視聴者が首をかしげるようなMVP選出が立て続けになされてきた経緯もありますので、最初で最後の卒業生ゲストが出演する事による真っ当(妥当)な選出が行われた事を期待しましょうrock
それではまたpaper

ぽん様
「恋から」 関連の記事を書かないとぽん様にはめったにお目にかかれないのですがcoldsweats01、「恋から」 が終わってしまうとますます疎遠になってしまう気がいたします。

本編最後の放送も、レビューしようと思ったんですが、やはり何となく書く気がせず…。 最後の説教部屋も今期あまり印象に残っていないコで、王道(池袋チャンや長老あたり)を持ってこないあたり、「恋から」 らしいなーとは思ってました。
最終回も大震災で結局放送されなかったとしたら、またそれはそれで 「恋から」 らしい最後、のような気もしたんですが。
25日当日は 「タモリ倶楽部」 の 「空耳アワード」 と放送時間が重なってしまって、録画するのも大変であります。

今回地震の直接の被害を受けた恋からメンバーは、いなかったんでしょうかね。 気がかりです。 去年の民謡チャンは福島でも確か会津のほうだったから大丈夫だとは思うのですが。

最後のMVPは池袋チャンが大本命だと思いますが、そううまくいかないのがこの番組、ですよネ(笑)。

リウ様、お返事ありがとうございます。
冒頭に申し上げておきますが、私は個人的にドラマ関係の造詣が浅い(ほとんど皆無)為、もとよりコメントする機会が少ない事をお許し下さい(その為、自分の掲示板(村)を設置しています)coldsweats01
今回の震災に関して私が知る(聞いた)限りでは、直接に大きな被害を受けた番組メンバーは居ない(たまたま帰省中だった16期卒業生・クラシックちゃんも無事だった)ものの、気仙沼出身(現在、京都在住)の13期卒業生・茂木さんの実家(御家族)の状況が気がかりでなりませんbearing
ですから、今後も可能な範囲で情報収集にあたるのはもちろん、今回(最終回)放送をもって番組が終了しようとも、またいつの日か必ずや復活する事を信じて、掲示板をこのまま続けて行きますので、引き続きよろしくお願い致しますscissors

ぽん様
再コメ、ありがとうございます。

ホント 「ドラマ専用ブログ」 と化してますからね、最近の当ブログcoldsweats01。 以前はバラエティの記事も結構アップしていたんですが…。

メンバーの安否情報ももちろんですが、メンバーの御家族にまでご心配の目を向けられていることに、限りないぽん様の 「恋から」 愛を感じます。 掲示板も閉鎖せず続行されるとのこと、番組スタッフにもさんまサンにも、お知らせしたいほどの 「恋から」 愛だと感じます。 旧メンバーのかたがたとは交流があるみたいですし、僭越ですが、ぽん様にとっては、まるでこの番組自体が家族的なつながりのなかにあったんじゃないでしょうか。

番組終了は時代の流れからいたしかたないことなのかもしれませんが、個人的にもさんまサンがフガフガのおじいさんになるまでやってほしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51127887

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の影響、いろいろ出ています:

» エヴァンゲリオン情報局 最速ヱヴァ情報 evacollection は、エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)の関連グッズの紹介や、全国のエヴァ情報を最速でお届けします(≧_≦)/ [エヴァンゲリオン情報局 最速ヱヴァ情報 evacollection]
エヴァンゲリオン情報局 最速ヱヴァ情報 evacollection は、エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)の関連グッズの紹介や、全国のエヴァ情報を最速でお届けします(≧_≦)/ [続きを読む]

« ――に | トップページ | 「外交官 黒田康作」 最終回 真の国益とは何か »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ