« 「江~姫たちの戦国~」 第8回 ああ、書きにくい… | トップページ | 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 »

2011年3月 6日 (日)

「TAROの塔」 第2回 自らが決めるべきもの

 第2回目の 「TAROの塔」 。
 岡本太郎氏(松尾スズキサン)の激烈な青年時代(濱田岳クン)を描きながら、「太陽の塔」 をめぐる建築家の丹下健三氏(小日向文世サン)との見応えあるせめぎ合いが展開していきます。

 太郎氏の青年時代を演じる濱田岳クン、「金八先生」 に出てました。 給食費滞納の話の男の子。 卒業式の答辞も読んでましたっけ。 火野正平サン似の好青年に成長しました。 好演です。

 その青年時代の太郎氏、両親(田辺誠一サン、寺島しのぶサン)についてパリへと渡航、両親と別れてパリでの生活を開始します。 だいたいハタチくらいだろうから、年代的には1930年代。
 パリはそのうちにナチスドイツに占領される、という状況へと突入していくのですが、その前夜の様子の中で、太郎青年がいかにして自らの芸術を自覚するに至ったのかを、ドラマの作り手は簡潔かつ印象的に見せていくのです。

 そこでは創作において自分らしさと世間の評価、というものに直面した者であれば必ずブチ当たるであろう行き詰まりとジレンマが、重苦しく展開していく。
 パリで自分の描く絵にフランス人たちが冷たい視線を投げかける中、行動を共にしていた日本人画家グループの訳知りふうな諦観に、太郎青年は限りない違和感を抱いていく。

 彼らはパリに住んでいるにもかかわらず、日本食をやめることがない。
 何のためにパリにいるのだ?と疑問を投げかける太郎に、「パリには日本人の居場所などないのだ」 と決めつける画学生たち。 「そのなかに入っていけばいいじゃないか」 と言う太郎に 「君はホントに世間知らずのお坊ちゃんなんだな」 と自分たちの絶望を押しつける。

 彼らにとっても、自分の才能を世間に問うて跳ね返された苦い経験則から太郎に向かって忠告していることは確かなのですが、挫折してから自分がどう立ち直るか、どう自分が立ち向かっていくのかが、実は最も大事なことなのです。 人生と同じだ。
 絵を描くことが好きな人はおしなべて、小さいころから 「お前は絵がうまい」 と褒められて絵を描いてきた。
 けれどもそれだけではどうしても越えられない一線というものがあるのです。
 自らが画家として、どういう位置でいたいのかによって、そのハードルの高さは変わってくるのですが、こと世間の最大多数の人に認めてもらいたい、などと考え出すと、努力だけではどうしようもない壁が、最大限に分厚くなってくる。

 太郎は数年パリで暮らすうちに、パリの人々に認められるための処世術みたいなものを身につけます。
 久々に太郎に会いに来た母親のかの子、寺島しのぶサンはそんな太郎を見て感心してしまうのですが、太郎はそんな処世術が、実はパリジャンに 「変わった日本人」 として認識されているにすぎないということを、誰よりも痛感している。
 本当にやりたいことが定まらず、自分をごまかしながら何とかなるとかの子にうそぶく太郎なのですが、ここで太郎がパリジャンの心をつかむ術を会得していた、ということに、ちょっと私は注目しました。
 つまりこれって、後年日本のメディアに登場する際の太郎のタレントとしての才能の原点になっている気がするんですよ。

 変わったものを人は揶揄しながら、注目したがる。

 沢尻エリカチャンみたいなもんかな? ノン! ノン! 限りなく違うか…(笑)。

 とにかく、厚化粧でますますピエロみたいだと太郎に揶揄されたかの子は、太郎の中途半端さを敏感に察知し、太郎に向かって厳しい言葉を投げかけるのです。

 「2、3年であなたの絵がどうにかなるとでも? 太郎! そんな覚悟では、描きたい絵など見つかるわけないわよ!
 ここで生きる人間になって、ここで生きる苦しみや喜びを抱けなければ、…誰の心も打てやしないわよ!」

 フランス人は排他的だと決めつける太郎。 かの子は実にはっきり断言します。

 「それはあなたの絵に魅力がないからよ」

 太郎は自分の苦悩を、かの子にぶつけます。 あなたの息子はこんな絵しか描けない! 誰がこんな絵を評価する?
 ぶちまけられた数枚のキャンパス。 そこには、まるでユトリロ風、まるで○○風、実にうまく描けているけれども平凡な作風の絵が悲しそうに描かれている。

 「太郎…。
 あなたには才能がある…。
 それは私かあげたんだから!」

 「あなたから何も貰ってない!
 貰ったのは孤独だけだ!」

 「それを持ってない人間のほうがよっぽど悲劇だわ!」

 孤独を知らない人間に、何が分かるのか!。
 苦悩しない人間に、いったい何が分かるっていうのか!。

 かの子の言葉は、私の胸をも貫きました。
 すごい。
 極限の、母子の激突です。
 さらにかの子は、芸術に携わる者すべてのためであるかのような言葉を、言い放つのです。

 「…太郎…。

 おまえの絵を最初に認めるのは、おまえしかないんだよ。

 人の評価に自分を委ねてはだめ…!

 …太郎…。

 不遇を恐れてはいけないわ…。

 孤独を恐れては、ほんとうにほしいものに手が届かない」

 かの子は太郎に、おまえはやはり絵に専念すべきだ、と諭すのです。

 「はじめからあてのないことをしてるのだから。

 迷うことを恐れず。

 ひたすら手を動かしながら。

 考えることよ。

 …太郎…」

 そんなかの子、太郎とパリの駅で別れるときに、まるで子供のように太郎の手をいつまでも握って離しません。
 自分には母親はいなかった、と後年回想する太郎。
 そう、かの子は太郎にとって母親ではなく、恋人であり、同じ芸術の戦場の中で戦う同志であったのです。
 後年、秘書であった平野敏子(常盤貴子サン)が、太郎の著作を書くゴーストライターなのでは?とした疑問に、一体化しているのだからそんな指摘に意味はない、と一笑に付す場面がありましたが、夫一平の書いたものを自分の物として考えるかの子と、まるで同じ血が通っているかのような演出がされていました。 秀逸であります。

 そして太郎はパリの教会で、ピカソの絵に衝撃を受け、自分の絵がいかなるものであるべきかを、自ら決定するのです。
 ふらふらと教会の中に入っていく太郎。
 まったく同じアングルで、まるではじかれたように、教会から出てくる太郎。
 この描写にはシビレました。

 そんななか、かの子は、執筆中に仰向けにもんどり返り、亡くなります。

 パリでその知らせを受け取り、ショックのあまり橋から川へと身を投げてしまう、太郎。
 川底から浮き上がっていく太郎の様は、まるで新たな生命の誕生の比喩のような感覚を覚えました。
 折しも太郎に影響を与えていたナチスドイツへの反対組織指導者であったジョルジュ・バタイユが、「生命とは暗闇から生まれ暗闇に帰る」 と指摘していたことのイメージの連鎖でもある。
 太郎が水底から見た、パリの街の灯。
 「江」 のスタッフの人、ちょっと見習って下さいまし(笑)。

 「白いバラより赤いバラ」、とパリで歌われていたシャンソンに自らの情熱を語り表現していたかの子。
 太郎の幼い日に、赤い絵の具を自らの顔に塗ったくっていたかの子。
 太郎も同じように、自らの顔面に赤い絵の具を塗ったくっていきます。
 まるで母親への、レクイエムのように。
 一平はかの子の棺に、赤い花びらを敷き詰めていきます。
 それはちょっと現実離れした風景でしたが、この回を統合的に締めくくる、重要なシーンでもあった気がするのです。 深いです。

 そしていっぽう。

 独特な内面性を有しながらも何食わぬ顔をしている丹下健三氏。
 その水面下でものすごい対抗意識を燃やす人物を、小日向文世サンは見事なまでに演じ切っておられました。 えらいハマリ役な気がする。

 万博のメイン会場の天井をぶち抜き、そこに太陽の塔という、「ベラボーな」 代物を立てようとするプランを持ちこむ岡本太郎氏。
 安全設計上の問題みたいな 「建前」 を一応振りかざしておいて、そんな岡本氏の 「挑戦状」 を受けて立とう、と頭の中を激しく回転させる丹下氏。
 黒電話で互いに連絡を取り合い、とても穏やかなやり取りを互いに交わしながら、建築家と芸術家が互いを食おうとする、見えない火花が交差していく…、この構図がとてつもない。 壮年編も青年時代編に、全く引けを取りません。

 岡本氏は訪ねてきた丹下事務所の青年社員に太陽の塔を見せ、「なんですかこれは…?」 という言葉を引き出す。

 「それだよ!
 それでいいんだよ!
 誰もが、『なんだこれは?』 と驚く。
 感動するものでなければならない!」

 「感動はしていません!」

 「でも驚いたじゃないか」

 「驚きましたが…ただ、これは何か、と思って…」

 「これを芸術だと思うかい?」

 「…ぼくには分かりません…」

 「それでいいんだよ。
 『これは芸術だから』 という分かりかたがいちばんいやらしいんだ。
 芸術に頭を下げるなんて、滑稽なことだよ。
 真の芸術は、芸術であっては、ならない」

 「それでは、真の芸術家は、芸術家であってはならないんですか?」

 「当たり前だ!

 真の人間でなければ、ならない」

 憤った先から、いたずらっぽくにっこり笑う、岡本氏。

 「なんだこれは?」 という衝撃については、私も生前の岡本氏がことあるごとにしゃべっていたのを記憶しています。
 常識をぶち壊す力。
 その力に、丹下健三氏は気圧されながらも、それとがっぷり四つに組もうとするのです。
 今日的な視点から見れば、それは実に前衛的なコラボレーション、と言うことが出来るでしょう。
 ただし時代は40年前。
 「未来とはどうあるべきなのか」、という視点が、成熟し切ってしまった現代よりももっとアグレッシヴであった時代に、ひとりの巨大な芸術家とひとりの巨大な建築家が、ぶつかり合っている、というこの構図に、果てしなく見る者を惹きつけてやまぬ力を感じるのです。

 「壊すんじゃない。
 調和だよ。
 君のモダニズムとぼくのベラボーがぶつかり合うことでお互いが生きてくるんだ。
 引き裂かれる力が強ければ強いほど、逆にお互いが、強く輝くんだよ」

 いったんはそれを拒絶した丹下氏、事務所の青年社員が破棄した設計図を漁って、それを仕上げるように彼に言い渡すのです。

 「私が、ゴミ箱を漁るのは、君たちが棄てたものの中に、大いなる可能性が埋まっているかもしれないからだ。
 …それに気付けなくなるようであれば、私自身に可能性がない、ということだ」

 この貪欲さ。
 アヴァンギャルド、というのは常識的な世間に対する挑戦なのですが、少なくとも当時の世の中には、それを何とか理解しようとする気概があった。
 何でも自由に発想することが出来るように思える現代のほうが、柔軟性においては当時よりも全く不自由である。
 そんなことを強く感じながら、丹下氏と岡本氏の 「食うか食われるか」 の電話のやり取りを見ていました。
 ドラマとしてもかなり深遠な 「人間」 を描くことに成功しています。

 大河ドラマにこのドラマの10分の1でも、爪の垢を煎じて飲ませたいくらいであります。

「TARAの塔」 に関するこのブログほかの記事

第1回 尋常ならざるもの
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/taro-1-d164.html

« 「江~姫たちの戦国~」 第8回 ああ、書きにくい… | トップページ | 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

ああいう家庭に産まれたことが運命だったんでしょうね。
クラシック音楽家の英才教育はまた別なんですが、
通常は平凡な家庭への幼稚な反発で
芸術を目指したりするもんスw


太郎氏、母の影響だけでなく
人種差別やナチズム、戦争に触れたことで
人間の根源的なパワーやシャーマニズムなどに傾倒していくでしょうか。
本質的な驚きや感動を追求するのは正しい道ですね。
まさに求道者。

マイティ様
コメント、ありがとうございます。 返信が遅れまして大変失礼いたしました。

親がエキセントリックだと、子供は醒めた人間になってしまうよーな気もするのですが…(笑)。 たとえて言えばさんまサンの娘のIMALUチャンみたいに。 「あんたバカぁ?」 なんて。 太郎氏の場合はかの子氏がすごすぎたんでしょうか。

マイティサンの場合は親への幼稚な反発なんですか? そこまで反発力がないと、芸術の道に進もうという勇気は、なかなかわいてくるものではないのかもしれません。

私は岡本かの子氏にしても太郎氏にしても、芸術に対する絶大な信頼が存在している気がしますね。 男子(女子)一生の仕事とするに足る何かを感じていたからこそ、その道に邁進することが出来た。

私も高校時代は、芸術が世の中を変える、みたいな信頼が存在していた気がします。

>マイティサンの場合は親への幼稚な反発なんですか? そこまで反発力がないと、芸術の道に進もうという勇気は、なかなかわいてくるものではないのかもしれません。

いや〜なんというか
勇気もなにも…ミーハーなもんで。
カタカナ職業への憧れでしょうかね
「クリエイティブな仕事、かっこいい!」みたいな。(頭わるすぎ)
広告ギョーカイは景気良かったし。


はぁぁ ここまで落ちぶれるとは…w
デザイナーなんかいなくても人は死にませんからw
それでも心をこめて制作いたします。

マイティ様
再コメント、ありがとうございます。

ああ、デザイン関係だったんですか~。 自分の場合は油絵で食っていくなんてとてもとても…と考えていたので、とてつもない勇気が要るなんて勘違いしてしまいました。 デザイナーのかたとはやはり違うのかな~。 あの頃はバブル全盛期で、広告業界なんか花形でしたもんね~。 私もあこがれました~。 とんねるずと浅野温子サンがドラマなんかやってましたよね、見ませんでしたけど(笑)。

でも最近の世の中って、何でもかんでもコストカットがまかり通って、華やかさとか面白みがない気がするんですよ。 無用の用、と言いますかね…。 クリエイティヴデザイナーというのは、世の中を潤してくれる存在なんじゃないか、って思います。 陰ながら応援しております。

ファインアートのほうに進まれた人たちは、景気のいい頃もアルバイトをしてた人が多いと思いますよ。
油絵や日本画の人たちには受験予備校の講師がもっともポピュラーな仕事。
あと、友人数人は中学高校の美術教師です。
小樽でガラス工房やってる先輩もいます。

広告華やかかりし頃、サントリーのビールのPR誌があまりにも遊びがあって素晴らしく
「スポンサーの金でこんな楽しい仕事ができるなんて!」と思ってしまったのです…

60代の先駆者には「産まれてくるのが遅かったわねえ。70〜80年代は最高だったわ」と言われます(涙)

いやもう金の計算ばっかりしてて
クリエイティブのクの字も…。いかんですな!

マイティ様
またのコメント、ありがとうございます。 美術畑のかたとこうしてやり取りが出来る、というのは私にとって新鮮な喜びです。

なにしろ私ときたら、高校時代の美術部は先にも書いたように卓球クラブみたいな感じ(笑)。
それよりなにより、「ビートルズ好き」繋がりだった、という奇跡的な側面があったのです。 みんな美術命、じゃなかった。 どうも自分は、絵のすごくうまい連中と切磋琢磨する、という感覚が嫌だったんでしょうね。

大学に入って美術のサークルに入ろうとしたのですが、もう見るからに美術オタクの集団みたいな感じでやめました。 連中はまさに今回のこのドラマの中で出てきたパリの日本人画学生、みたいな感じ。 だから太郎の嫌悪感にもすっごく共感したんですが。

ですから美大に進んだ人とこうして語り合っているのが、とても不思議な感覚なのです。 今までの人生で、ちょっと避けていた部分もあるのかもしれません。 自分が進めなかった道に進んだ人たち、という羨望の感覚かな。

けれども美術の教師、なんて進路を聞くと、やはり自分にはそんな人生もあったんじゃないかな、って思ってしまいます。 まあ、今やっている仕事が、自分ぽくないという感覚からくるものですが。

とりとめもなく、長々と自分の話ばかりしてしまいました。 どうも自分の中に押さえこんでいるものが大き過ぎるようであります(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「TAROの塔」 第2回 自らが決めるべきもの:

« 「江~姫たちの戦国~」 第8回 ああ、書きにくい… | トップページ | 「冬のサクラ」 第8回 本当の愛情 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ