« 「タモリ倶楽部」 空耳アワード2011 前編だけのレビューですが… | トップページ | 原発関連、分かんないのに意見いたします »

2011年4月 4日 (月)

「おひさま」 第1回 情緒に訴える形のドラマ

 朝ドラ50年の節目的な作品、「おひさま」。
 ただし大河ドラマも50作目であんなですから(あんなって…)過大な期待は禁物かと。
 半年にわたるこのドラマの最初のシーンを見てそんなことを思いました。
 テンパりすぎているフツーの一主婦の斉藤由貴サンが、「そうだ、吾輩は安曇野行こう」 と買い物もそこそこに小型車を駆って長野県安曇野へ。 ソバ畑に見とれて脱輪。 ふと立ち寄った 「何でも屋」 の若尾文子サンからそばをふるまわれ、若尾文子サンの昔話が始まる、という導入部分。
 「でも長いわよ~」…って、そりゃ長いでしょうね、半年あるんですから(笑)。
 その本編までに向かう部分で、「居心地の悪さ」 を感じてしまう。

 そして物語は一気に、昭和7年(1932年)へ。

 母親である原田知世サンの病気療養のために、この安曇野へと越してきた一家。
 その風景は、オート三輪とリヤカーの違いこそあれ、「となりのトトロ」 の導入部分みたいな感覚です。 日本人の原風景のような田舎の風景が、そこには広がっています。
 ただし母親の原田知世サンの命は、そう長くない。

 そんな母親は、このドラマの主人公となる娘に向かって、「お前の名前、陽子の陽は、太陽の陽。 おひさまのようにみんなを明るくしていきなさい」 と、遺言の覚悟が込められた話をするのです。 娘は母親がもうすぐ死ぬなんてことを、夢にも思っていません。

 「おひさまはねえ、誰の力も借りないで、自分の力だけで輝いているでしょ?

 そして、みんなを、世界を明るく照らすことが出来るのよ。

 だからね、陽子。

 どんなにつらいことがあっても、…笑うの。

 笑うのを忘れないで」

 陽子は早速、家族に向かって 「あたしがいるから大丈夫。 なにしろあたしは、太陽の陽子ですから」 と得意になって話すのです。

 それは 「どんなにつらいことがあっても笑って生きていく」、ということがどれほど難しいことであるか全く理解していない子供の、軽い気持ちの 「安全宣言」 の域を出ていません。
 けれどもそんな陽子を見守る父母のまなざしは、どこまでも温かい。

 このくだりを見ていて、このドラマはさまざまな伏線や布石を駆使するような、ドラマオタクをうならせる作りではないな、と感じました。
 安曇野のあまりにも懐かしい自然も相俟って、このドラマは見る側の情緒に、ひたすら訴えかけるドラマなんだろうな、と感じました。
 仕掛けがあるとすれば、それはこのヒロインが駆け抜けた時代。
 戦争や経済成長を経てきた昭和の時代そのものが、ドラマの大きなエッセンスになっていくんでしょう。

 まあまだ始まって15分。 この先分かりませんけどね。

 ところでこのドラマ、テーマ曲の流れる時間が、とても短い。 普通月曜日だとなおさらスタッフロールとかがあって長引くはずなんですが。
 けれどもそれは、意図的に短くしたらしいです。
 なんか個人的に、大昔のドラマを見ている感覚に襲われました。
 大昔のドラマって、テーマ曲が短くて印象的なのが多かったですよね。

 ちょっとした不安な部分も残しながらですが、朝ドラ毎回恒例、出来うる限りしばらくの間付き合っていきたいと思います。

 ところで今日の 「スタジオパークからこんにちは」 には、その父親役の寺脇康文サンもご出演していました。 司会進行も、NHKを退職してフリーになった住吉美紀アナから、「ニュース9」 担当だった青山祐子アナにバトンタッチ。 青山アナ、カミカミでしたけど(笑)。

 寺脇サン、井上真央チャンから 「チチ、チチ」 と呼ばれているらしい(笑)。 父親ですから 「チチ」(笑)。 悟空の嫁さんじゃありません(笑)。 VTR出演した真央チャン、やっぱり 「チチ~」 と寺脇さんを呼んでました。 寺脇サンによれば、真央チャンには役者になるために生まれてきた、みたいなオーラがあるみたいです(具体的に、なんて言ってたかな?)。

 真央チャンの出番はまだ先みたいですが、楽しみですね。

|

« 「タモリ倶楽部」 空耳アワード2011 前編だけのレビューですが… | トップページ | 原発関連、分かんないのに意見いたします »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

オープニングの斉藤由貴さんのテンションに呆れましたw
2話にでてきた主人公のクラスメイトの女の子が
「スクール!」の問題児・原さん役のコで、
おおっ!と思わされました。
健気な芝居もできるんじゃんw

景色がきれいだし、安曇野ブームが来るのかな〜。

ゲゲゲは「何もしようとしない主人公」で成功しましたが(がむしゃらなヒロインのドラマにみんな疲れていたんですね)
ここにきて、日本全体が上を向いてがんばらないといけない世相になり
「おひさま」が照らしてくれるのはいいタイミングかもしれません。
真央チャンがんばれ!
彼女、TBS昼ドラでランドセル背負ってるときから見てるからなぁw

投稿: マイティ | 2011年4月 5日 (火) 13時02分

マイティ様
コメント、ありがとうございます。

岡田惠和サンの描く人物には、私はどことなく 「わざとらしい」 ものをそこはかとなく感じているのですが、斉藤由貴サンも若尾文子サンも、冒頭からそれが全開でしたwobbly。 ま、本編が良きゃい~か、って思ってますけど。

「スクール!」 のあのこまっしゃくれたガキですかぁ~っ!…って、そこまで不快感を抱かせていたんだから演技力はすごいんでしょうね。

安達祐実チャンにしてもそうですが、小さいころから知ってる子、というのは、なんかこっちが親目線になってしまう感じがしますよね。 外見上の変化が著しくて眩暈がするときもありますが、内面的な印象って、大人子供の落ち着き方、というのはありますけど、さほど変わらない。 三つ子の魂百まで、とはよく言ったものです。

投稿: リウ | 2011年4月 5日 (火) 14時34分

ご報告。久しぶりに和裁教室へ行きまして、確認いたしました。
やはり若尾さんの着物は手がけていたそうです。
第一話はマンション全体のテレビが映らない状態だったんで(公共部分のブレーカーが落ちてた)ワンセグで見て、小さくてよく見えてないんですが
あのお着物は…車買えるんじゃね?ってくらいの上物らしいです。
さすが若尾さん。

投稿: マイティ | 2011年4月 6日 (水) 23時43分

マイティ様
コメント連投、ありがとうございます。

ひえ、そんなものを着ていたら、私だったら 「これだけで牛丼何万杯…」 とか考えてしまいます。 「質に入れよう、質に…」(笑)。

計画停電、ではなかったんですね(笑)。 世田谷は23区なので今日にいたるまで停電の憂き目には遭っていないのですが、23区でもやってるとこはやってるみたいだし。 もしドラマ放送中にそんなことをやられたら、もう間違いなく爆死であります。

投稿: リウ | 2011年4月 7日 (木) 10時45分

>これだけで牛丼何万杯…

ワタシもかなり貧しいので、そう思うはずなんですが
反物をつくってる職人さんの手間や技を考えると「数百万して当然」と思ってしまう不思議。
いつどんな魔力に引き寄せられてカードで買い物してしまうか、自分が信用ならないのでw
呉服屋さんには近づかないようにしています。

他の役者さんの衣装は、使い回されてる衣装や調達してきた時代モノ古着のサイズ直しがほとんどですから
若尾さんは別格なのです。shine

投稿: マイティ | 2011年4月 7日 (木) 11時54分

あ、ちなみにワタシの住んでる区も計画停電はないのですが

なんと冷蔵庫が逝きまして…予行演習ができましたよトホホ
急な出費。働けど働けど…(号泣)

投稿: マイティ | 2011年4月 7日 (木) 11時58分

マイティ様
またのコメント、ありがとうございます。

そういえばなにも車一台、でなくとも、着物というのはとても高価ですよね。 それってやはり、それだけの手間がかかっているんですね! そりゃそうか…。
私が子供だったころは、丹前、っていうのかな?着流しっていうのかな?和装をしているオジサンが結構いました。 「かっこいいなー、自分も大人になったらああいう格好がしたい」 と思ったものですが、いざオトナになってみると、結構高いんですよね、アレ。 ユニクロ仕様、みたいな普段着しか着ないのでとても買えません…。

家電とか家の装備の故障とかって、余裕のない時に限ってなんか連続するんですよネ(笑)。 弱り目にたたり目って、ビンボー人には結構つらいです。 ご同情申し上げます…。

投稿: リウ | 2011年4月 7日 (木) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51299922

この記事へのトラックバック一覧です: 「おひさま」 第1回 情緒に訴える形のドラマ:

« 「タモリ倶楽部」 空耳アワード2011 前編だけのレビューですが… | トップページ | 原発関連、分かんないのに意見いたします »