« ランちゃんの弔辞 | トップページ | 「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」 この 「捨て曲」 の楽しさ »

2011年4月27日 (水)

「アスコーマーチ!~県立明日香工業高校行進曲~」第1回 「こんなところ」 に来たくなかった

 「大切なことはすべて君が教えてくれた」 で戸田恵梨香チャンの恋人を横取りしてしまうという敵役を演じた武井咲(えみ)チャンの主演ドラマ、「アスコーマーチ!」。

 「大切なこと…」 は開始1分でリタイアしたので肝心の咲チャンが演じているところを全く見ていないのですが、このコ、ラジオのニッポン放送で日曜夜、「ラジオ空想科学研究所」 のパーソナリティ(福田沙紀チャンからバトンタッチ)で出演中なのを仕事中によく聞いておりまして。 耳が悪いせいで 「たけいゆみ」 とばかり思っていたので、「大切なこと…」 に出演中、と聞いて 「たけいえみ」 と一字違いか…などと大カンチガイをしていました。 字も咲と書いて 「えみ」 と読ませるし。 結構名前からご本人に辿り着くのがシチメンド臭いタイプなんですな。
 そんなこんなで彼女に対する興味が、ちょっと膨らんでいたところだったのです。

 その咲チャンを初めてテレビでじっくり見ましたが、中越典子サンの目鼻立ちをはっきりした感じ、かな。 ドラマでは基本的にアップで髪を束ねているので、前髪を垂らしたところもじっくり見てみたい感じがします(数回ドラマでも見せておりましたが)。
 演技力に関しては、特に可もなく不可もなく、という感じかな。 でもこの先、大化けしそうな可能性は感じる。

 それはそうとして、今回どうしてこのようなドラマを見ようかと思ったのか、ですが、咲チャンへの興味がトップでもありますが、なんか 「工業高校」 舞台って面白そう、と思ったことが原因。

 志望校に落ちておじいちゃん(笹野高史サン)の勧めもあり工業高校へ入学した直(咲チャン)、99.9%男子のなかでもまれていくストーリーですが、表面上の展開はとてもオーソドックス。
 要するに落ちこぼれ組が跋扈している感じで、直はこども店長よろしく、「わしはこんなところに来とうなかった」 状態。 何かっていうと周りの工具やら油やらをぶっ散らばす不注意娘ぶりなのですが、それを片付ける際にある男の子のはんだごてを廃棄ゴミのカゴに一緒に入れてしまいます。
 その男の子、玉木誠(賀来賢人クン)の家は貧しいネジ工場で、そのはんだごては彼がおやじさん(長谷川初範サン)から譲り受けたもの。
 なんだかんだあって直は、彼のはんだごてを廃棄物置き場から探し出す、というのが第1回の主たるストーリーでした。

 ここからも分かるように、すっごく予定調和の(笑)どうってことはないドラマなのですが、私がこうしたドラマでものすごく共感するのは、「自分は本当はこんなところに来たくなかったんだ」 という言い訳をしている登場人物なのです。
 それってまるで、自分のようだから。

 そしてそんな鬱々とした気持ちを抱き続けている主人公の直に対して、やはりドラマでは、「自分はこの道で生きていきたいからここにいる」 という対称的人物として、この誠という男の子を配している。

 こういう人物配置って、結構ツボです、私の場合。

 世の中は、究極的にやる気のある人間とそうでない人間のふたつに分かれています。
 そしてその間に、「やる気はないけどやらざるを得ない人間」「仕方なくやっている人間」 が混在している。

 テレビドラマの場合、たいてい大部分の人々がやる気のある人間であり、物事の目的に向かって物語は進行していく。
 けれども現実問題として、「やる気のない人間」 がさまざまな団体行動の足を引っ張り、さらにその中間層にある人間が、組織の性格を決定づけていく。

 でも、どのような人間であれ、自分のやっていることに誇りを抱くまでになるには、かなりの努力が必要となる気がします。

 工業高校というのは、自分が落ちこぼれだと卑下した瞬間から、単なる腰掛けになる。
 けれども目的を持って入ってくる者にとっては、輝かしいファーストステージなのです。
 彼らは普通高校よりもかなりずば抜けた就職率を誇っている。
 それは彼らの即戦力としてのスキルが、高い需要があることの表れでもあるのです。
 それって、何の目的もなくただみんなが行ってるから高校に行く、という普通の生徒たちよりも、数倍も価値がある、ということ。
 彼らには、その大いなるチャンスが、目の前に与えられているのです。

 このドラマ第1回目では直の友人たちの男友達が、「目的もなく親の金で遊んでいる人種」 のステレオタイプ的な存在として登場します。
 ドラマとしては非常にベタな展開。
 けれどもそんな 「ボンボン」 みたいな究極的な形でなくとも(ポッポチャンは国民にとって悲劇なことにこのタイプでしたが)、自分がひとかどの給料をもらって社会的な立場も確立している、という自負を持っている人たちが、こうした 「町工場」 で働く人たちや、下働きの人たち、下請けの人たちに対して畏敬の念を抱くケースは、あまりない。
 もちろん卑下、なんて考えていなくとも、どこかで 「かわいそうだな」 とか考えている。

 でも自分の仕事に誇りを持っている人間は、どんな下働きの人間であろうと、讃えられるものだと私は思うのです。
 「誇り」 を持っていない人間は、どんなに下働きだろうが、どんなに偉かろうが、みんな一緒。

 直は第1回で、そのことにちょっとずつ気付き始めたようです。
 人は、どんなところでも、それに一生懸命になっている人がいる、ということを自覚しなければならない。
 たとえ自分が来たくなかった、という場所でも。
 それが成長、というものです。
 「やる気のない人間など、この世には必要がない」、ということは、人生早い段階から学ぶ必要があると感じます。

 話としては前述のとおりかなりありがちですが、直の同級のほかの男の子たちも含めて、動向が気になります。 毎回レビュー、というわけにはいかない気もしますが、ちょっと注目していきたいと思っています。

|

« ランちゃんの弔辞 | トップページ | 「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」 この 「捨て曲」 の楽しさ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51508015

この記事へのトラックバック一覧です: 「アスコーマーチ!~県立明日香工業高校行進曲~」第1回 「こんなところ」 に来たくなかった:

« ランちゃんの弔辞 | トップページ | 「ベイビー・ユーアー・ア・リッチマン」 この 「捨て曲」 の楽しさ »