« 「江~姫たちの戦国~」 第11回 茶々の 「発想の転換」 | トップページ | 「おひさま」 第1回 情緒に訴える形のドラマ »

2011年4月 3日 (日)

「タモリ倶楽部」 空耳アワード2011 前編だけのレビューですが…

 テレビ界におけるひとつの財産、とも言っていい 「タモリ倶楽部」 の「空耳アワー」。 その年間ナンバーワンを決める 「空耳アワード」 の季節がまたやってまいりました。
 今回はソラミミストの安斎肇サンが進行役で張り切り過ぎて少々ウザい(笑)うえに、マキシマムザホルモンという男女ふたりがまたリアクション大げさでウザい(笑)。 漫才師だとばかり思っていたのですが(失礼)ハードコアのバンドとのこと。 なんか、確か今週の国内音楽チャートの1位をとってましたよ、オドロキ。
 その他のメンバーは例年の如く、松たか子サン、マーティ・フリードマンサン、近田春夫サン、NIGOサン。 このところサプライズゲストがいないかな~。

 最近の 「空耳」 を見ていて思うのは、「なんか無理やりが多い」、ということ。 今回のエントリーでもしょっぱなの 「ブラック・ミュージック部門」 マイケルの 「ビリー・ジーン」 で 「all day although in around」 を 「ここです 女風呂 家の裏」 ってちょっと無理っぽい(笑)。 でも女性が旅館に来たら風呂場に案内されて、フツーの家の中を通り抜けて行って、家の裏に女風呂があった、というビデオのシチュエーションで笑わせる。 昔 「鶴光のオールナイト」 でやってた空耳の元祖的コーナーで個人的に感じていた 「無理やり感」 なんですが、「無理やり」 を嗤うことの粋、というものもあることは確かなのです。

 「ヘイ・ママ」 ブラック・アイド・ピーズは足で歩幅を図って1キロ歩いて 「1キロちてーん」(笑)。 手間かかってます。

 「恋のハプニング」 チャカ・カーン、ふたりの医師がひとりの患者を交互に浣腸して 「あっちーから突っ込んで~、こっちから突っ込んで~」(笑)。 「恋のハプニング」 という題名も可笑しい、と松たか子サン。 安斎サン 「チャカ・カーンで松さんが発言するとは」(笑)
 これが大賞だ、と思ったんですけどねー。

 「ステイン・アライヴ」 ビー・ジーズ、ブラック・ミュージックじゃないだろーとテレビに突っ込んで見ていたら、マーティサンが同じ指摘をしてて笑いました。 ディスコに行こうと友達を誘いまくってたけどひとり風邪気味で、「井上徹は寝ておけ」(笑)。

 「クレイジー」 ニーヨ、ノリノリのラッパー風の男が無線機を前にして 「ハムサイコー」(笑)。

 「フライン・ハイ」 マーヴィン・ゲイ、ドミノ倒し世界一に挑戦中、次々倒れていくいろんな飲み物の紙パック、紅茶のパックで止まってしまい 「牛乳、豆乳、あ~紅茶で」(笑)。

 「ロック部門」。

 「アイ・ドント・ワント・トゥ・レット・ユー・ゴー」 ウィーザー、年配の男性が耳かきをしていてふとそのにおいをかいでしかめっ面し 「耳垢チョー臭い」(笑)。

 「ディス・ギフト」 マッドハニー、ストリートファイト中の男が頭突きしたら血がピュー、「わ~硬ぇスゲ~」(笑)。

 「ドント・ドリーム、イッツ・オーヴァー」 クラウデッド・ハウス、医者に拒絶され、宅配業者に拒絶され、埠頭で船員に訊く亀甲縛りの男性、「縄とれまっか?」(笑)。

 ここで有名人からの投稿コーナー。
 くるりの岸田繁サン、「イン・マイ・タイム・オブ・ライフ」 レッド・ツェッペリン、行列の出来ている自分の店に出前から戻ってきたすし屋の店員、ひとりひとりに声かけながら 「お待ちーで、お待ちーで、お待ちーで、お待ちーで、お待ちーで、お待ちーで、お待ち!あっ!おっ!ハマチ!厚かった!」。 これ、結構すごいレベルだと思います。

 美容師の佐伯チズサンの投稿で、「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」 マイケル・ジャクソン、どっかをのぞいていたのが 「福山雅治」。 VTRにご本人登場してました。 ましゃのやりそーなことだ(笑)。 松たか子サン 「大河が終わって解き放たれたんですね」(笑)。

 そしてゲストのマキシマムザホルモンダイスケはんの投稿で 「ディス・タイム・ユー・アー・…(省略)」 アーソニスツ・ゲット・オール・ザ・ガールズ、リアクションタレントオーディションで水をぶっかけられるダイスケはん、「ダイスケはんはシャワーだ!ジャー!バスタオル取ろうか?ギャー!」(笑)。 ハードコアのデスメタなのでどうとでも取れると言っちゃナンですが(笑)。

 空耳役者さんコーナーで 「ビトゥウィーン・ザ・ハマー」 ジューダス・プリースト、「道にはぐれたヤンキー!」(笑)。 「ワトゥーン65」 レイ・バレード、ゴムヘビの露店を開いているアンチャンが可愛い蛇のイラスト入りのTシャツを着てたのをお客さんに指摘されて 「ヘビ可愛いやろ?ヘビ、あっこれ?うはははは、可愛いやろ」(笑)。 これも大賞近かった気がするなー。

 赤川二郎サンの本のイラストなどを手掛けたというイラストレーターの人も空耳の役者サンで、このほど本格的に役者に転向、などというニュースも驚いた、と言うより 「もったいない…」 という感じだったですが、その人が出た空耳がビリー・ジョエルの 「アップタウンガール」 Perfumeみたいな女の子3人ユニットのひとりがいなくなってマネージャーがその子の扮装で出てきて 「おっちゃんが~、血迷ったんか~」(笑)。 これも可笑しかったな~。 「ファック・ザ・システム」 システム・オブ・ア・ダウン、ひとケタ台続出のテストの点数にブチ切れた教師がテスト返却のときに答案用紙をばらまいて 「はーいみんなバカです!はーいみんなバカです!」(笑)。 これも笑いました。

 「ビッグネーム部門」。

 「今宵は君と」 ジェフ・ベック・グループ。 デブ型とやせ型がシーソーに乗って見事に釣り合わず、「おまーえあっち行けぇ~!」(笑)。

 「フラッシュのテーマ」 クイーン。 毎日○○行為をしていた男、金曜日のネタはパソコン(「金曜日、パソコン!」…スミマセン下ネタで…笑)。

 「コールド・モーメンツ」 ポール・ウェラー、小便小僧、風にあおられて 「小便リターン」(笑)。 スミマセン、下ネタ多くて…。

 「旧友」 サイモン&ガーファンクル、遠景から交差点にパンして 「坊さんの乱闘」(笑)。 タモリサン 「宗派間の闘争なんだろうねぇ…」(笑)。 「タイトルが 『旧友』 ということは、仲良かったんだろうね」 などと話しておりましたが、このタイトルってちょっと誤訳気味でして…(笑)。 「年老いた友人どうし」、みたいな意味かなあ。

 前編だけをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。 なんか書きくたびれたのでもうやめます(根性ないな…笑)。 後半書く気力ないです。 ご要望がもしございましたら、後半も頑張って書きたいなと存じます。

|

« 「江~姫たちの戦国~」 第11回 茶々の 「発想の転換」 | トップページ | 「おひさま」 第1回 情緒に訴える形のドラマ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51289894

この記事へのトラックバック一覧です: 「タモリ倶楽部」 空耳アワード2011 前編だけのレビューですが…:

» タモリ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 [Nowpie (なうぴー) お笑い芸人]
タモリ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 05時31分

« 「江~姫たちの戦国~」 第11回 茶々の 「発想の転換」 | トップページ | 「おひさま」 第1回 情緒に訴える形のドラマ »