« 「JIN-仁-」(完結編) 第1回④ いますべきこととの闘い! | トップページ | スーちゃんのこと »

2011年4月22日 (金)

田中好子サン、スーちゃんが…(そんな…)

嘘だろう…!

 昨夜10時45分頃、ラジオで一報を聞いたときは、まるで悪夢のなかにいるようでした。 思わず口を突いたのがこのひと言。

 …信じられません。

 この衝撃は、言葉では言い表せません。

どうしてなんだよ!

 仕事中にも関わらず、しばらく呆然。

 それ以来、お腹のなかにとても重い鉛が居座ってしまったようです。

 キャンディーズは、私の青春でした。

 もちろん当時は移り気でしたから、いろんなアイドルにうつつを抜かしたものです。

 でも私にとって山口百恵とキャンディーズは、まさに双璧。

 気持ちの整理がつきません。

 私の人生の一部までもが、終わってしまったように感じます。

 すみません。

 ちょっと、書きたいことが山ほどあるのですが、のちほどあらためて書きたいと思います。

 とりあえず、2年前に書いた記事のリンクをつけておきたいと思います。

キャンディーズ解散から31年http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-6f3c.html

|

« 「JIN-仁-」(完結編) 第1回④ いますべきこととの闘い! | トップページ | スーちゃんのこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

驚きましたね。昨夜、0時をまわってからネットで知りました。
闘病中だったことを全く知りませんでした。
それも、20年近くも。
一度は完治したのかもしれませんね。

おせんべいのCMが原日出子さんにチェンジしていたので「あれ?」と思ってましたが…。

仲のいい友人も再発した乳癌と
もう2〜3年戦っているので
本当に気持ちが重くなります。
彼女の場合は副作用の強い西洋医学を拒絶し、ヨガや気功、玄米菜食だけです。
とても前向きです。

自然災害でも思い知らされましたが
当たり前と思ってる日常って
とても儚い貴重なものなんですよね。

スーちゃんは本当に最近まで
テレビで元気そうな姿を拝見してましたので
きちんと生き切った人だと思います。
賞賛します。

投稿: マイティ | 2011年4月22日 (金) 11時26分

マイティ様
コメント下さり、ありがとうございます。

言葉もありません…。
震災をはさんで、坂上二郎サンとスーちゃん。
私の人生の最初の時代を彩った人が相次いで…。

マイティサンのおっしゃるように、私もスーちゃんが20年もの間闘病していたとは、露ほども気付きませんでした。 キャンディーズ時代はメンバー3人のなかでいちばん健康的なイメージだったですから、よもや病気になるなんて、考えもしなかったのです。

個人的なことで大変恐縮ですが、やはり自分のなかの一部が死んだ、気がします。 まともにコメントできなくてごめんなさい。

投稿: リウ | 2011年4月22日 (金) 13時34分

私も昨夜スーちゃんの訃報を知ってびっくりしました。

「嘘でしょう!」とその時は思いましたが、以前、再放送で見た「筆談ホステス」で、ヒロインの母親役をされていて、ずいぶん疲れた感じだなぁ?どうしちゃったんだろ、スーちゃん?
と感じたことを思い出しました。

あの頃、体調が悪化し始めていたのかもしれませんね。それにしても20年も前に発症されていたなんてびっくりでした。病気をかかえながら体当たりの演技で女優業に打ち込まれていたんですね。
病気を抱えていたからこそなのかもしれませんが。

私はスーちゃんとほぼ同じ年齢なので、結構ショックが大きかったです。今度の災害もそうですが、人の死って、日常の延長線上にあるものなのですね。

キャンディーズの中では、私はスーちゃんが一番好きでした。だからセンターから降りた時はどうして?って思ってました。
でもセンターを降りてからも明るくけなげに頑張っているスーちゃんが好きでした。

マイティさんのおっしゃるように、スーちゃんは、きちんと生ききったと思いますが、ガンの早期発見等のキャンペーンを推進されていた方ですので、悔しい思いを持ちつつ逝かれたのではとも思います。

かえすがえすも残念です。年配になってからの彼女の演技も本当に見てみたかったです。

投稿: rabi | 2011年4月22日 (金) 16時09分

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。 返信遅れまして申し訳ありません。

ACのコマーシャルでは仁科亜希子サン母娘が検診の呼びかけをやってますけど、乳がんというのは早期発見すれば治る病気だ、みたいな刷り込みがされていたせいか、最初にスーちゃんの病名を聞いたときは 「なんで乳がんなんかで…」 と思いました。 でも、詳しいところによるとスキルス的な(医学には疎いですが、要するに進行性みたいな感じ、なのかな?)もので、それまで毎年検査も受けて万全だったにもかかわらず、一気に転移が始まったみたいですね。 悔しいです。

スーちゃんの最近の演技では、やはり 「ちゅらさん」 がいちばん印象的でした。 続編もことごとく見ましたし。
でももう、その時点では私のなかでは、もう田中好子サンであって、スーちゃんではなくなっていた。

でもやはり、スーちゃんはスーちゃんなのです。

橋本リウは何パーセントのビートルズと、何パーセントのドラマ好きで出来ている、みたいな性格判断?がありますけど、キャンディーズも私のなかの確実な何パーセントか、であります。
しかもそれが思春期に形成されたものだから、価値の重さとしてはほかと安易に比較ができません。
そのピースが、はじけて消えました。
自分の思春期時代も、そこである程度、永訣を余儀なくされているのです(もちろんキャディーズはまだ2人おります、が)。

「キャンディーズのなかでは誰が好き?」 という選択は、当時の我々には通過儀礼みたいなものでして、私はランちゃんが好きだったにもかかわらず、ひねくれ者だったのでミキちゃんと答えてしまい、「お前は変わり者だ」 と変な目で見られ続けたものです(笑)。

でもホントは、3人そろって、はじめて完全になる、と申しますか、私はキャンディーズというユニットが好きだったのです。 だからあえて言えば、みんな好きでした。

rabi様もスーちゃんと同じ世代とのこと、ホントに、ホントにご自愛ください。

投稿: リウ | 2011年4月23日 (土) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51457022

この記事へのトラックバック一覧です: 田中好子サン、スーちゃんが…(そんな…):

» キャンディーズの覚書 田中好子 [.net.amigo]
結婚の翌年に乳がんを発症したというから、19年間患っていたことになる。 十二指腸潰瘍を患って、2月下旬にラッシュ(←肝臓など多臓器に癌が転移 [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 15時01分

« 「JIN-仁-」(完結編) 第1回④ いますべきこととの闘い! | トップページ | スーちゃんのこと »