« 「おひさま」 第1週 まっとうに生きるということ | トップページ | 「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」 第1回 要らない人間、要らない犬 »

2011年4月11日 (月)

「松任谷由実のオールナイトニッポンTV4」 マツコサンとユーミンの相性?

 ニューアルバムが発売されるたびにやってるように思われる、「松任谷由実のオールナイトニッポンTV」。 先週はラジオでも同時多発的に(放送日は異なりますが)「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」 を単発でやってました。

 そのラジオのほうでも多数のゲストを迎えてトークを繰り広げてきたユーミンですが、テレビのゲストと比べれば若干地味。 仕事中で途切れ途切れでしか聞けなかった弱みはありますが、テレビのほうを見て、「この人は実はテレビ向きだよなあ」 と思うことしきりであります。

 ラジオでリスナーからメールを募集していたお題は 「あなたが自分を大人と思った瞬間」。 くしくも毎週この日に 「GOLD」 を担当しているゆずも、同じような新コーナーを作っているんですよ。
 なんかみんな、「自分は大人なのか?」 という強迫観念みたいなものを持っているんでしょうかね。
 かく言う私も、精神年齢は13くらいからずっと変わってませんね(幼すぎ…)。
 モラトリアムなんぞというカッコよさなどとっくに通り越して、ここまで来ると腐ったキンカンのようであります(笑)。

 ニューアルバムでは、そんなモラトリアムから脱却したかに見えるユーミンの落ち着きぶりなのですが、「オールナイトニッポンTV」 にゲスト出演したマツコ・デラックスサンは、まだその途上にいらっしゃるようです。

 その前に軽いジャブ(笑)。

 ユーミン、いきなり 「自分のおへそって見える?」 とストレートな質問(笑)。
 マツコサン 「…かろうじてまだ…でも~、あの状況にあるものをへそと言うのか果たして(笑)あたしはもうそういう状況のへそしか見たことがないから(笑)ほら、へそのごまみたいなこというでしょ?あたしごまに到達するまで結構…(笑)」
 ユーミン 「ま、そんな話はどうでもいいんだけどね」
 マツコサン 「…どうでもいいのっ?」(笑)

 そんなマツコサンにユーミンは 「子孫を残す気ないでしょ?」 とまたズケっとものを聞くのですが、意外にもマツコサンは。

 マツコサン 「う~んあのね、諦めていたというか、ハナから別に、もうこうだから、それはないものだと思ってたんだけど、…いま38なんだけど、やっぱりさあ、あたし女性じゃないから、年齢関係ないんだけど、ちょっと40近くになってくると、『このままでいいんだろうか?』 みたいな」

 そしてさらに、こんなことを言い出すのです。

 マツコサン 「でもー、あたしもしもうちょっと早くに生まれてて、自分がある程度の年齢になって、子供が欲しいなーと思った時に、もし友人として目の前にユーミンがいたら、『ちょっとあたしの子供産んでみる気なあい?』 みたいな」

 ユーミン 「私ねえ、マツコとかねぇ、ミッツとかねぇ、結婚してもいいと思ってるんだよ」

 マツコサン、絶句(笑)。

 マツコサン 「たぶんねえ、日本中のゲイにアンケート取ったらね、『結婚してもいいと思う女ランキング』 取ったらね、間違いなくトップに来ると思う」

 ユーミン 「ホント?うれしいなぁ!同胞、と無理やり巻き込んでもしょうがないけど、ジェンダーを超えた世界では、『結婚』 という概念じたいが違う、と思わない?」

 マツコサン 「これをね、ユーミンに言ったらすごい失礼かもしれないけど、ある程度の年齢にいった女性って、あたしもう、ゲイ、に近くなっていくと思うの」

 このやり取りは面白いなあ、と感じました。

 ユーミンは結構、昔のラジオ番組でも、リスナーの女性からの、恋愛の悩み相談をとても受けていた覚えがあるのですが、昔風の言葉で言うと 「姐御肌」。 ユーミンがここでちょっと触れた 「ジェンダーを超えた世界」 って、ユーミンを言い表わしているとても象徴的な言葉のように思えるのです。

 そこからふたりの話は、世田谷区にそんなジェンダーを超えたコロニーを作らない?(笑)みたいな話になっていって。

 そんなリアリティのない話をしていくふたり、ユーミンは鋭く 「マツコごっこしてるでしょ、今?」 と問いかけます。

 マツコサン 「うん…。 いやもちろんこれがもうリアリティなんだけども、全然取り繕ったりとかしてないんだけど、どっかで、自分の、女装とかいろんなデコレーションでつけたものが、本来なかった状態っていうのが、もはやもう、思い出せなくなっていて、かといってじゃあ今の状態が、ものすごい、ホントに素のままでやってるかって言ったら、目の前にユーミンがいるし」

 自分が世間一般に存在している常識から外れた状態にいるとき、「なにが本来の自分であるのか?」 ということを確固とするのは、とても大変なことなんじゃないか、と感じます。
 でも 「あたしはあたし」 と、そこは開き直るしかない。
 ユーミンもおそらく自分の倫理基準とか常識が世の中とちょっとずつずれていることを、感じていたと思うんですよ。 「結婚に対する概念が違う」、というユーミンの言葉に、それが窺えるのです。

 そんなアイデンティティを模索している間柄だからこそ、ふたりの相性はいいのではないか。

 そんなことを考えたり、したわけです。 

|

« 「おひさま」 第1週 まっとうに生きるということ | トップページ | 「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」 第1回 要らない人間、要らない犬 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

今 動画で荒井由実さんの卒業写真を聞いています。
先ほどまで 守ってあげたい やさしさに包まれたら あの日に帰りたい ひこうき雲 春よこい
生まれた街 スウィート ドリーム 雪だより 入江の午後3時 ハローマイフレンド 中央フリーウェイ ルージュの伝言を聞いていました。ユーミン いいですね。最近の若い女の子 ユーミン知らないのかなぁ?癒し系かなぁ 未来に残したい曲ですね。
音楽同好会(名前検討中 ユーミンを語る会

投稿: 村石太マン | 2011年4月16日 (土) 20時36分

村石太マン様
コメント、ありがとうございます。

花紀行 海を見ていた午後 瞳を閉じて 曇り空 旅立つ秋 翳りゆく部屋 ベルベット・イースター(大好き!) 12月の雨 …

あーなんか、ユーミンブランドからばかりですが(笑)、荒井由実時代のユーミンは、まさに神がかっています。

特に桜の散りゆく今の季節、「花紀行」 は絶対必聴でありますねえ…。 詞がいいんだ、これがまた。 語り合いたいですね、ユーミン!

投稿: リウ | 2011年4月16日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51360863

この記事へのトラックバック一覧です: 「松任谷由実のオールナイトニッポンTV4」 マツコサンとユーミンの相性?:

» 松任谷由実 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
松任谷由実 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 06時38分

« 「おひさま」 第1週 まっとうに生きるということ | トップページ | 「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」 第1回 要らない人間、要らない犬 »