« 「リバウンド」 第5回 泣かないって決めたけど、泣きたいときもある | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第19回 餅で落ちた茶々… »

2011年5月27日 (金)

「鈴木先生」 第5回 新参者ですが感想をひとつ…

 コメントを下さるかたのお勧めもあって見てみたテレビ東京月10ドラマ、「鈴木先生」。
 いきなり前知識全くなく第5回から見たというのはかなりのハンデに感じました。
 まず話の方向性が分からない。
 コメディなのか、シリアスものなのか。
 長谷川博己サン演じる鈴木先生の演技に、笑っていいのかシェイクスピアのオオゲサ劇を見たらいいのか。 長谷川サンの前作 「セカンドバージン」 でのイメージがあるために、なかなか彼がコメディをやってるように、見えてこないんですよ。
 開始10分である一定の結論に。
 「たぶん 『ケイゾク』 系のシュールドラマだ」。

 となるとかなり私には苦手な分野なのですが(爆)、ただこれまでのテレ東月10に漂っていたチープ感、というのはだいぶ、というかほとんど払拭されていて。

 私はこれまでテレ東のドラマを見ていて、いくら出演者や脚本が良くても、なんとなくチープ感が漂ってるなー、ということを感じていました。 それって演出のせいなのかなー、と。 製作費だってほかの民放に比べればないだろうし。
 
 ところがこのドラマ、確かに夕焼けのライティングとかチープ感はあることはあるのですが、それもコメディらしさを打ち出すための一環と思えば納得がいく。
 そのライティングといえば、このドラマ、なんか、やたら画面が暗いんですが、それがかえって映画的な雰囲気を醸し出して、独特の空間を演出している気がするのです。
 作り手の、ドラマの質感に対するこだわりが見えるんですよ。
 クレジットでも、今までの月10はどうだったか記憶にないのですが、最後の 「演出」 が 「監督」、になっている、ということからも作り手の自負が感じられます。 予算がなくても作り手のポリシーがはっきりしていれば、ここまでのものはできる、という感じです。

 ただシュールコメディ、とひとくくりにするにはためらいがある。
 鈴木先生の内面、生徒たちの思春期的発想など、かなりリアリティを感じるんですよ。

 今回鈴木先生は、生徒役の小川蘇美(そみ、土屋太鳳(たお)チャン)が自分に気があるのかないのかをめぐってかなりシュールに悩みまくるのですが(笑)、自分も中学生くらいのときは、気になる女の子の自分に対する一挙一動にあらんかぎりの妄想と憶測を駆使して(爆)そのコの真意を探ったものであります。 分かる分かる、という感じ。 訊きゃいいのに(爆)。 手っ取り早いっスよね、そのコと仲良くなるほうが。
 どうして積極的になれないのか、というと、自尊心が強すぎるせいなんですよね~、やっぱり。
 相手のほうから言い寄ってくれることを期待している。
 始まらんスよ、恋愛なんて、自分から積極的にいかなければ。
 だいたい相手は自分のことなんか、別に気にしちゃいないんですから。
 仲良くなっていくことで、好意なんかも生まれてくるもんなんだ。

 …かなり熱くなっておりますが、中学時代の自分にコンコンと言って聞かせたくて仕方ないもんで(爆)。
 くそー、あっちからかなりはっきりとしたアプローチを受けていたってのに(ククク悔…錯覚?…笑)。

 それはともかく(笑)もうひとつリアリティを感じたのは、蘇美を演じる土屋太鳳チャンが自分のことを、フツーにしているだけなのにヤケに白い目で見られる、だから他人の 「ここがいいな」 と思った部分を取り入れてきた、と告白する部分。
 私も中学時代、別にフツーにしているだけなのに 「あいつは態度が悪い」「ヤキ入れてやる」 みたいに先輩のトッポイ連中から目をつけられたことがあって。
 だからそんな彼女の内面の葛藤が、自分にはとても懐かしかった。

 このドラマのシュールさの大きな一翼を担っていると思われるのは、同僚の先生役の富田靖子チャン(どうも 「アイコ十六歳」 のときのイメージが抜けなくって困ります…笑)。 いかにも狭量の杓子定規の教師役で。 新任体育教師のセンセイもなんかよく分かんない性格(笑)。 鈴木先生と男同志抱き合うシーンでは笑ってしまいましたが、当方この時点でもまだ 「笑っていいのかなココ?」 という、「鈴木先生」 初心者の思考パターンのままでして…(笑)。

 「セカンドバージン」 の鈴木行がこの役をやっていると考えるとちょっと混乱いたしますが(笑)、この 「セカンドバージン」 と言い 「鈴木先生」 と言い、長谷川博己サンの仕事の選び方、出演ドラマの選び方には、ちょっと侮れないものを感じております。

« 「リバウンド」 第5回 泣かないって決めたけど、泣きたいときもある | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第19回 餅で落ちた茶々… »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 「鈴木先生」2話目から見ています。今までの学園物、教師物とはちょと違ったなかなか見ごたえのあるドラマだと思っています。どんどん嵌って来ています。(笑)

 生徒だけでなく先生の非常に人間的な部分が描かれていて、こんな事までいいの?と言う事も今までありましたよ。特に3話、山口智充さん演じる山崎先生が壊れるお話は凄かったです。 見るチャンスがあれば是非今までの回も見てリウさまの感想が聞きたいです。

 「セカンド~」で長谷川さんに注目して次のドラマがこれです!! 俳優として勇気がいったのではないでしょうか?でもこの長谷川さん、これからも楽しみのような気がしています。

リウ様

かなりのハンデ、です。お疲れ様です。

まず、体育の先生は前回までぐっさん(山口智充さん)だったところ、ちょっと心のバランスを崩して
退職した、後任が今回の体育の先生な訳です。

そして、鈴木先生はここまでも鈴木先生に現れる「小川の妄想」に振り回されて、恋人であるアサミちゃんに
「生徒の妄想に夢中になって」みたいなことを言われて
ふられかけている状態なとき。

鈴木先生の心の一人葛藤はコメディで受け取ってます。
大笑いしてます。
でも、すごく当たり前なんですよ。
ひとりの男性的ココロと先生という自制とお手本みたいな心構えのやりとり。そこが新鮮な部分です。
中学生の描き方も、かなりリアル。そう。こうおもうよね〜という描き方。
だからそこも大人から見るとカワイイというか、笑えるというか。

そして、リウ様も感じていらっしゃる
光の廻し方。独特ですよね。
ほんとうの教室はもっと明るいのだけれど
わざと人工的な光にしておきながら
単方向の1灯照明っぽいリアルさが物語にうまくマッチしているように思います。

実は奥行き感のある面白いドラマと思っています。

リウ様、体力と時間がおありなら、ぜひ1話から
「鈴木先生」御覧下さい。1話については拒否反応を示す方があるようですが、もしそうでもめげずに2話も見てくださいませ。私は1話からどっぷりはまっております。韓流ドラマ、ヨン様ブームには全くついて行けませんでしたが、その方々の気持ちが理解できました。「鈴木先生」中毒になっています。テレビ東京は見られないので、インターネットで見ています。

ゆみ様
コメント下さり、ありがとうございます。

ぐっさんが出ていたんですかぁ~。 第5回ではそんなこと微塵も感じなかったですが…。 教師を辞めちゃうなんてもったいないなぁ。

で、ちょっと番組HPをのぞいてみました。 どうもやはり最初から見ないと凄さが分からないみたいですね。 なんか特別番組が今日あるみたいなのでそれでいくらかフォローしようかな、と…。
でも全部見たほうがいい気もしますけどね。

番組HPには公式攻略本まで出ているとのこと、テレ東がこの番組にかける意気込みが伝わってきます。

みり様
コメント下さり、ありがとうございます。

番組HPでこれまでのストーリーをフォローしたのですが、やはりかなりの認識の欠落でドラマを全部堪能していなかったことに気付きました。
まず鈴木先生の本命が蘇美じゃなくって麻美チャンだったということ。 蘇美を自分のクラスを完璧にするための要因ととらえていたこと。 さらに麻美チャンが鈴木先生の妄想を感じ取れてしまう能力があるということ。

この認識があるとないとでは、第5回の感想も大きく変わってくるよなあ、とあらためて感じました。
そしてやはり、ぐっさんの辞めた経緯というのも、物語に大きな影響を及ぼしていますよね。

体力的には最初から全部見るのはさすがにキッツイ感じがします(笑)。 参ったなしかし。 前作 「最上の名医」 もだんだんと見なくなってしまったのですが、「鈴木先生」 もそんな感じなんだろうって考えてしまったんですよ。 テレ東月10は、フジの月9をいまや完全に凌駕しておりますね。

ライティングの暗さはちょっと意外でした。 暗いから、役者たちの表情がいまいち(イマイチなんて言うなぁ~~~っ…番組違うか…笑)分からないんですが、だからこそ人の心が読み取れない独特の不安を、見る側に掻き立てている気がするのです。

トリコ様
コメント下さり、ありがとうございます。

インターネットで見る方法ってあるんですか! 私はかなりパソコンに疎いのでよく分かりませんが。 オンデマンド、という方法もあるようなのですが、NHKは受信料を払っているし、それ以外にもどうも 「テレビってタダでしょ」 みたいな感覚が抜けなくて、利用したことがありません。
いずれにしろ、凄い世の中になったものです。

韓流にハマるみたいに、トリコ様も長谷川博己サンにハマっていらっしゃるんでしょうか? 私のこの記事にも、「長谷川博己」 の検索ワードで訪ねていらっしゃる方が多くて、その人気のほどがとてもよく分かりますよ!

出遅れましたw
この枠の前々作『モリのアサガオ』なんかでは
牢獄のセットが安っぽかったりしてましたが
鈴木先生のザラッとした質感の画面は映画っぽくて好きです。

スタンダードな教師とはちがって、鈴木メゾット(?)で問題を解決していくようなのですが
本人も生身の人間ですし
教師同士の妬みやヤッカミもある。
人間ドラマとして面白いです。
いわゆるシリアスなドラマともちょっと違いますね。

グッさんは、生徒からキモイといわれ
いろんなところで鈴木先生に差をつけられて
「お前ばっかりうまいこと世渡りしやがって」と妬んでいたんです。
(客観的にはかなり視界が狭くなっていたと思われます)
で、ノイローゼ→炸裂大暴れ→退職。
すごい芝居でしたよ。

長谷川さん、鈴木行に続き、鈴木さん役ですっ!

マイティ様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

ああ~っそう言や同じスズキだったあ~っ!(爆)

テレ東のドラマがチープ、というのはですねー、ギバチャンと西田敏行サンがやった 「シューシャイン・ボーイ」 ですっごく感じたことでして…(笑)。 いったんそのイメージがこびりついてしまうと、回復が難しいです。 「鈴木先生」 はでも、吹っ飛びました、こびりついた汚れが(あ~スッキリ…)。

いやー先週土曜日の 「復習スペシャル」 で見ましたよ、ぐっさんとあと生徒の男の子がキレたところ。 なんか自分にも同じ経験があるような気がして思い返したのですが、どぉ~にも思い出せない。 思うにこれって、人間の本質的な欲求なんじゃないかって。 建前なんか全部ぶっとばして本音を白日の下にさらすっていうのは。

あ、それと、お気を悪くしないで笑ってお読みいただきたいのですが、メゾットじゃなくって、メソッドですかね。 なんかメゾットのほうがリゾットみたいでおいしそーですが(ハハ…)。

なんと〜
ググったら、メソード、メソッド(method)を
メゾットと書いている人の多いこと!
特に美容、ヨガ系。
意味は同じく「方法」。
ワタシも勘違いしてましたよおおおお

グっさんたちのキレ芸をごらんになったのですね。
良かったです。
月曜からアレを見てグッタリしてたわけです。すごい緊迫感ですから。
グっさん、たしかにずっとキモかったんでw
当初からやたらと鈴木先生を妬んでるし、
これは何かある…と思ってたら、キレた(爆)。

マイティ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

メソッドって、響きがカッコイイですよね。 個人的には哲学を連想してしまうんですが。 間違ってる人、結構いらっしゃるんですね~

あのキレた男の子が第5話では欠席していたみたいで、第6話でまた出てきたのかな? とっとと見たいのですが…。 ああ~見てないドラマが、たまっていくぅぅ…。

にしても、ぐっさんも途中で退場なんて、もったいない気がするなあ。


 博己、これで終わるよ..... 合掌・・・

てこな様
コメント三連投下さり、ありがとうございます。

ん…ちゃんとドラマを見ていないせいか、ちょっとイミフです。 出来ればこの短いコメントの解説もいただけたら、と思います…。

 乱暴なコメントで、ゴメン。

 私、『鈴木T』、一回見て食傷ッー・・・
 気持ち悪くて、見ておれんかったァ・・・

 長谷川博己は、セカンドで、それなりに期待してたけど。。。もういいなぁ。

 セカンドにたって、鈴木京香の美しさに惹かれて観ただけだし。

 でも、脚本家、大石静は、おもしろい。

 芋づる式に、エッセイ『駿河台の家』? だったかな? ゴメン、タイトルはっきり覚えていません。 図書館で借りで読んだが、彼女、出自も育ちも、面白いのね。

てこな様
疑問にお答えくださり、ありがとうございます。

長谷川博己サンは、結構両生類的な感じですからね(失礼)。 「セカンドバージン」 の時といい、この人は自分の魅力をちゃんと把握していて、ドラマを厳選している気がします。 「鈴木先生」 はとても長谷川サンらしい作品だなって感じます。

「セカンドバージン」 は今度映画化されるとか。 ラストが鈴木行、あまりにもカワイソ…という展開だったので、それが変わるという映画版も、ちょっと見てみたい気も(もういーかも…笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴木先生」 第5回 新参者ですが感想をひとつ…:

« 「リバウンド」 第5回 泣かないって決めたけど、泣きたいときもある | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第19回 餅で落ちた茶々… »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ