« 「リバウンド」 第2回 なにが言いたいんだ、このドラマ? | トップページ | 「マインド・ゲームス」 の自虐性 »

2011年5月 5日 (木)

閑話休題(連休が、終わります…)

 2日前の閑話休題で 「たまったドラマを見倒してレビューを書き倒して…」 みたいなことを書きましたが、どうも暇になるとやる気が失せる、というパターンに陥ったまま、私にとっての連休が、あと数時間で終わります(これから夜勤なもので)。

 確かにHDDにたまったものは見倒したのですが、別に普段からレビューを書くまでに至らない番組ばかりで。
 そのうち 「よみがえる大河ドラマ デジタルリマスター版」 もやはり途中まで。 緒形拳サンが弁慶の仁王立ちをする 「源義経」 はなかなかおもしろかったのですが、幕末を描いた 「三姉妹」 は歴史上の人物が大挙して登場するのに頭がついていかず、やはり途中でリタイア。 「竜馬がゆく」 は北大路欣也サンの龍馬と水谷良江サンの乙女が注目だったのですが、演出を担当した鬼才・和田勉サンの演出方法なのか、登場人物がまるで早口言葉のようにセリフをまくしたて、何を言ってるのかほとんど分からず(笑)。 「樅の木は残った」 も総集編のため異常に長くて見る気がせず。 この 「樅の木」、放送当日は私が去年書いたテレ朝の田村正和版の記事にアクセスが集中。 いかに原田甲斐や伊達騒動についての関心が高いのかを如実に示しているなあ、と思っていたのですが、4時間以上の話に付き合えませんでした、結局。

 したがって 「金八ファイナル」 の長丁場にも食指が伸びず、「TAROの塔」 にとどめをさすことも叶わず、昨日リアルタイムで見た 「リバウンド」 でようやく記事を書く気になり、1時間かからずに書きあげてしまったのですが、時間を置いて読み返したら論旨がかなり過激で。

 別に批判的なことを書こうとしたわけではないのですが、読みようによってはけなしているようにも思える。 ここで弁明いたしますが、別に他意は全くありません。 太っている人をけなしているわけでもないし、ドラマの作り手をけなしているわけでもありません。 しかしながら過激な部分は書き直しを迫られました。

 今回HDDのたまったものを見倒したことで、HDDの容量がかなり回復いたしました。 それくらいでしたでしょうか、私の連休の成果は。
 結局何もできなかった虚しさにさいなまれております。
 かえって毎日仕事しながらの執筆のほうが、文章も引き締まるものなのかな~なんて、考えております。

 連休なんて要らないから、6月に旗日を作ってほしいものであります。 月に2回くらいは欲しいです。 週休2日が常態化しているかたには、どうでもいいお話なんでしょうけどね。

|

« 「リバウンド」 第2回 なにが言いたいんだ、このドラマ? | トップページ | 「マインド・ゲームス」 の自虐性 »

テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

6月に祝日。賛成です。私は6月生まれで、ずっと6月って何もないのが、不満です。どうして、憲法は6月に作ってくれなかったのか。どうして夏至にも墓参りに行かないのとか。天皇誕生日も無理だし。世の中ままならないです。レビューがんばってください。

投稿: ささ | 2011年5月 7日 (土) 12時17分

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

そうですか、6月生まれでいらっしゃいますか。 6月って梅雨時で結構出勤とか骨が折れる時期だというのに、祝日がないのは結構キツイですよ~coldsweats01。 7月の 「海の日」 とかも中途半端ですしね…。

投稿: リウ | 2011年5月 7日 (土) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51584722

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題(連休が、終わります…):

« 「リバウンド」 第2回 なにが言いたいんだ、このドラマ? | トップページ | 「マインド・ゲームス」 の自虐性 »