« 「JIN-仁-」(完結編) 第4回 自分の血との闘い! | トップページ | 「リバウンド」 第3回 魔法の小さな鉄色カプセル »

2011年5月12日 (木)

日本を覆っている見えない闇

 上原美優サンが亡くなったそうですね。 未確認なんですが、どうも自殺だと。
 彼女は 「貧乏ネタ」 を売り物にしているタレントさんで、私の場合特に 「さんま御殿」 とか 「から騒ぎ」 にゲストで来ていたときをよく覚えています。 「このコ意外と恋愛のネタ持ってる、から騒ぎのメンバーよりもよほど面白いんじゃないか?」 と思った記憶がある(そのときの記事はこちらhttp://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2009/11/post-03df.html)。
 最近はバラエティもとんと見なくなったので 「貧乏キャラ」 からどう脱却しようとしていたのか存じませんが、ビンボー以外の大きな可能性があったことは言える気がします。
 憶測で大変申し訳ないのですが、恋愛でものすごい精神的なダメージがあったのかな…。
 私の場合も上原サンと同じ24歳あたりで大失恋をして、冗談ではなく死にたいと考えた時期がありますので。
 精神的に参っているところに、ここ数日のどんより雨模様でしょ。 天気も彼女の鬱状態に拍車をかけたんじゃないのかな。 ニュースで小耳にはさんだブログの内容とかを聞くと、そんな気がします。
 でも、憶測ばかりでものを言ってはいけないですね。

 しかし人生は、晴れたり曇ったり土砂降りだったりです。
 いい時もあれば悪い時もある。
 生きてりゃ何とかなります。
 面白いことに、生きてりゃそのうち何とかなるんですよ。 まずここまでひどいことはないだろう、とうちのめされても、何かしら面白いことはその先に待っている。

 同時に神奈川県の茶葉から規定値以上の放射能が、というニュースが。
 東京とかを飛び越して、というのは考えにくいですよね。
 規定値、というものにどれだけの危険が潜んでいるのかは分かりませんが、特に壊れた原発のある東日本全域に関しては、蓄積されていくものって、計り知れないんじゃないかって思えてくる。
 政府にしたってその危険性がどれほどのものであるか、まったく把握できてない感じですしね。
 よく彼らは 「未曾有の大災害」 とか言う。
 「未曾有」 が免罪符にでもなってる感じだ。
 民主党政権にとっては、「今まで自民党主導で行なわれていた政治によって原発が推し進められてきたっていうのに、なんでオレたちがその尻拭いをしなきゃいかんのだ」 という感じなんでしょうけど。
 東電の社長とかも 「なんでよりによってオレが社長のときにこんなことになるんだ」 みたいな感じ。
 いずれにしたって責任感が、まるで上の空なんですよ。
 出会いがしらの事故としか考えてない。

 ここ数日降っている雨も、台風がもたらした雲によるものだから原発とは関係がないのかもしれませんが、どんだけ放射能が含まれてんだろうなーなどと、ぼんやりと考えたりします。 チェルノブイリの時なんか、ガキどもはそんな噂話を好んでしていたものです。 頭ハゲるぞーとか。
 それと同じ目に見えない恐怖が、今の日本を覆っている。

 テレビでよく知っているタレントさんの自殺、なんていうのも、結構見えない精神的なダメージを、知らない間に国民は受けていくものです。
 私の場合はキャンディーズのスーちゃんでしたが、彼女の場合病魔のせいですから彼女に責任はないとはいえ、やはりそのニュースを受け止めるこちら側としては、かなりまいりました。 大震災からこちら、こんなニュースばかりですからね。

 やはり私たちひとりひとりが、今は精神的に支え合っていかなければならないんだ、そう感じます。
 ひとりが折れてしまったら、ほかの複数の人の気持ちまで、折れてしまう。
 しっかりと生き続けていくことも、ほかの人々に対する自分の責任だと思うんですよ。
 どんな人間だって、完璧に世間から孤立した、たったひとりの人間じゃないんですから。

« 「JIN-仁-」(完結編) 第4回 自分の血との闘い! | トップページ | 「リバウンド」 第3回 魔法の小さな鉄色カプセル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

上原さんは津波の映像を見ても涙していたそうですから、
お母さんを亡くしたことなど複合的にダメージはあったんでしょうね。
あまりにも人から必要とされたいという気持ちが強かったのだと思います。
ちょっこしボランティアにでも参加してくれば気持ちも変わったかもしれませんね。
もったいない。

俳優の田中実さんのこともありましたが
ほんとにもったいないですなぁ
『温泉へ行こう!』どうするの。

震災後の先月、友人が出産してまして(笑)
連休前後は出産祝いの産着を縫っていました。
明るいニュースです。
難儀な時代に産まれおちてしまったワケですが、これからのニッポンを頼むよ!と。

今頃メルトダウンを認める…。
もう二カ月放射性物質ダダ漏れですが
東京・神奈川の下水汚泥からも放射能汚染が見つかってますよ。
このまま続くとマジで子供たちへの健康被害は大きいと思います。

マイティ様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

政府にもこれがいかほどの問題なのか、具体的に分かってないんでしょうね。
おそらく放射能の人体に及ぼす影響が判明するのは、実際にそうなっちゃった人が現れてからなんだと私は確信しています。 遅すぎますけど、こういうのは後手後手に決まっとる、というのが私の考えです。 甲状腺機能への影響とか、血液の異常とか。
いたずらに危機感をあおるのも考えものですが、必要以上に 「安心です安全です」 と根拠のないなだめすかしというのも無効であります。 問題が起こったときに、「大丈夫だ」 と言った連中の責任はどうすればいいというんでしょう?

まっ、そのときには政権も交代してるからへーきだ、と考えてるんでしょーけど。

大震災後からこっち、震災以外のいろんなダメージが、日本を襲っている気がします。 今回のことでも、若い世代の人たちはとてもショックだったと思います。
でも要は、ダメージを受けたときに、「これは自分のことを試す試練、修行なのだ」、とそのネガティヴファクターの正体を見破ることなんだと思うのです。

この時期に生まれた子、そしてこれから生まれようとする子。

その子らは、大人たちを笑顔にさせ、そして震災後の日本を作っていく舵取りを任された、使命ある子たちなんだろうな…、そう感じるのです。

先が見えない暮らしって確かにしんどいです。今まで当たり前に享受してきたことが、そうでもなかったりして。想定外のことが続きますが、神様にはこれも予定どおりなのかもと思うようにしています。神は人間が耐えられない試練はお与えにならないそうです。キリスト教では。JINでも言ってますね。どこかに逃げ道が用意されてるのかなと。原発事故も明らかにできないことがまだいろいろありそうです。日本の経済発展の陰で、目をむけないできた、原発の安全性というものと向かい合う時が最悪の状態で来たということでしょう。若い頃原発反対のデモに参加したことがありますが、世間は冷たかったです。これからの子供たちに安全な社会を渡してあげたいですね。タレントさんの自殺は心痛むものです。彼女の故郷の種子島は遠いです。一度鹿児島に出て、それから東京です。簡単には帰れない場所で、彼女もすごい覚悟で東京で生きていたと思うので、自殺を選んだのはきっとどうしようもない苦しみがあったのでしょう。10代の子供を持つ親としては、彼女のお父さんがお気の毒で、彼女のご冥福をお祈りするしかないです。震災後、疲れがでてきました。でも高校生になった娘は、生まれた年に阪神大震災とオウムの事件があって、幼稚園の遠足では雹が降ってきて、中学校の入学式は春の大雨で、卒業前に地震にあい、中学の卒業式は大震災の影響で、体育館の天井の一部が壊れて式場が変更になったりしたけど、それでも乗り切って高校生になれたのはついてる。すごいよね。と申しています。何が凄いのか全く根拠がないのですが、日々の暮らしができていることをよしとして、先が見えなくても生きていくしかないです。守りたい者がいますから。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

原発というのは、究極的に言えばなくすべきだと考えます。 少なくとも今回、地震大国の日本に耐性のある原発というものは存在していない、ということが露呈したんじゃないでしょうか。 どうせ作るなら、「想定外」 などという甘っちょろい考えは撤廃すべきです。 震度10でも耐え、しかも原発だけではなく周辺施設も完全に耐震性にし、しかも自家発電装置も万全であり、大前提として津波の心配がない、…そんなのって出来るの? ムリじゃないのかな~。

いずれにしたって50くらいの原発すべてに、今までよりもかなりキツイ耐震基準を設けて耐震工事を進めることが、現実的にはまず最初にやらねばならないことでしょうね(浜岡原発停止も大事ですが)。
でも代替エネルギーのめどがつくのであれば、別に原子力なんか、欲しくない。 即解体ですよ、こんな危険なもん。

こんな見えない闇のなかに日本がすっぽり覆い尽くされてしまうなんて、考えてもみませんでした。 「神は乗り越えられる試練しか与えない」、ですか。 私はそのドラマのその部分、「ちょっとそれは違う」 と思いながら見てます(笑)。
死んでいった人たちは、じゃあ乗り越えられたのか?ということなんですよ。
結局人間、死ぬ時ゃ死ぬ。 それは信心のあるなしに関わらず、です。 今回のように地域・街ごと消失、なんてことになると、もしそれが神の思し召しならば、見境なさすぎですよ、神って。

もし 「乗り越えられる試練」 がある、とすれば、それはいきていればこそ、です。

ささ様の娘さんのように、何事も前向きにとらえようという気概のある人は、すごいです。 こうした複合的な不幸ばかり、毎日ニュースで見せられるとさすがにやはり相当気が滅入りますよ。 そこからちゃんと自分を見つめ、前に歩いていこうという発想を持っている人は、何事にも強いです。

願わくは、生き延びた人々が皆、そんな前向きな発想を持てますように。

守るべき人がいる、ということは、それだけでも大きな財産だと私は思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51649958

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を覆っている見えない闇:

« 「JIN-仁-」(完結編) 第4回 自分の血との闘い! | トップページ | 「リバウンド」 第3回 魔法の小さな鉄色カプセル »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ