« 「高校生レストラン」 第3回 感謝の気持ちを大事にしろ! | トップページ | 新しい記事アップできずにおります。m(__)m »

2011年5月29日 (日)

「おひさま」 第7週 その時代だからこそ

 1週遅れで申し訳ないですが、先々週(第7週)のレビューになります。

 昭和16年4月。 陽子(井上真央チャン)は母校での教師生活をスタートさせます。
 懐かしい夏子先生(伊藤歩サン)との再会もつかの間、教員室では完全戦争教育モードになっている教師たちばかり。 陽子は完全に面食らいます。
 現代と比べれば隔世の感があるのは、まず女性教師の地位の低さ。 お茶出しはもちろん教員室の掃除、宿直の寝床の用意とか、まるで女中並みの隷属のされ方です。
 でもそれが当たり前、の世界。
 あの男はどうだとか上にいるものが気に入らないとか、お菓子を食べながら文句を言ってるどこぞの姉妹がいかにリアリティがないか、これだけで判明します。
 加えて当時は日中戦争から戦時モードに突入しているから特に男尊女卑の度がひどい。
 地方であることもそれに加味している部分がある。
 だからピエール瀧サンが誤って陽子に竹刀を打ちつけてしまったときも、おそらくピエールさんは陽子に謝らないだろうな、というのは感じていました。 かえって怒り出すんじゃないかと。
 でもいちおう最初だけは謝ってましたね。
 たぶんこういうケースはまれだと思います。

 その、ピエール先生が(フランス人みたいだな)海軍体操をうまく出来ないミチオクンを竹刀で叩こうとしたのも時代を感じさせます…って、私が小学生だった昭和50年(1975年)ごろも体罰なんて当たり前でしたけどね。 実際やる先生はまれでしたけど。
 私の感覚から言うと、おそらく私が中学校くらいの時点で校内暴力が問題化するまで、教師の体罰って子供にも親にも結構常識的に受け止められてきた気がします。 生徒たちが暴れ出してから、急激に教師たちの威厳も崩壊していった。
 だから 「おひさま」 の時代背景である昭和16年ごろなどは、女性に対しても子供に対しても、男たちの差別意識というものはもう、何にもまして当たり前だった、そんな気がするんですよ。

 ましてや戦国時代においてをや。

 しかも、教師ともなると、女性でも尊敬される対象。
 家庭訪問をした先から、「うちの子供をどうぞよろしくお願いいたします」 と三つ指ついて頼み込まれる。 モンスターペアレント? いるワケないっしょ!(笑)

 家庭では父親がいちばん偉い、教師も偉い、おまわりさんはこのドラマには出てこないけどおまわりさんも偉い。
 つい3、40年くらい前までは普通にあった 「差別意識」 なのです。

 そして兵隊さんはもっと偉い、そしていちばん偉いのは天皇陛下。
 このドラマでも奉安殿、というのが出てきて大人も子供も全員が敬礼を余儀なくされていましたけど、この小さなお社みたいなところに入っているのは、天皇陛下と皇后陛下の御影。 御影って、写真のことです。 みなさん、昭和天皇ご夫妻の写真に、敬礼することが義務付けられていたんですよ。

 そしてこのドラマではその描写すらありませんが、教育勅語というものを生徒たちは全員強制的に覚えさせられた。 「朕思フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ル処…」 という文句は、昭和10年ごろ以前に生まれた人なら誰でもいまだに暗誦できるのではないでしょうか。 うちの亡くなったばあちゃんも覚えてました。
 要するにこういう漢文調の難しい呪文のような言葉を子供たちに覚えさせることで、道徳を叩き込ませ、そしてそれをつかさどる天皇尊崇への下地を作っていったわけです。 今風に言えばマインドコントロール。 道徳も入ってたから一方的に悪いってわけでもないんでしょうけどね。

 だから陽子のクラスの優等生、圭介クンが軍人だった父親の死に際して涙を流すことを 「ぼくは少国民失格です」 と言ってよしとしないのも、その教育のなせる技、と言っていいでしょう。
 教師の側も自分たちは 「歩兵」 を作ることが 「お国のためだ」 と確信してやまない。

 「二十四の瞳」 の高峰秀子センセイはやはり陽子センセイと同時代の教師でしたが、戦争賛美の当時の風潮に疑問を呈して問題視されます。 それはこの映画封切り時(昭和29年((1954年))、戦後の思想的揺り返しによる価値観逆転の風潮にあったからこそ世の中に受け入れられたのだと思うのですが、「おひさま」 が語られる平成の時代から考えると、このドラマは 「二十四の瞳」 よりもかなりリアリティを持っている気がします。
 陽子先生は竹刀で打たれるミチオクンをかばったりとか、「ものを大事にする」 という当時の国策を戦時教育という側面からではなくそのことでものの作り手に感謝する、という側面から子供たちに教えようとしたり、確かに画一的な戦時教育から逸脱している部分もあるのですが、やはり真珠湾攻撃のときはそのことを手放しで喜んでいるし、戦争教育に加担している、という一面があることは否定ができません。
 ただそのほうが、高峰秀子センセイのように声高に戦争に対して疑問を投げかけるよりも、とても自然な気はするのです。
 涙をこらえても出てきてしまう圭介クンに対し、陽子先生は抱きしめることしかできません。
 けれどもその子の悲しみを受け止めるには、それしか方法がない。
 そしてその時代に教師をしていることの恐ろしさを陽子は実感していくことになる。

 陽子は馴染みのアメ屋の前を通りかかると、「しばらくの間休業いたします」 という張り紙が貼られているのを見つけます。 斉木しげるサンと渡辺えりサン夫婦もいません。
 もぬけの殻のアメ屋。
 真知子(マイコサン)も育子(満島ひかりチャン)もいないその風景は、荒涼とした時代を一瞬で描き尽くしているような気がして、とても寂しく、とても印象的でした。
 そこに現れたのが樋口可奈子サン。 何かを企んでいるようです。

 それにしてもこの時代の、子供たちの屈託のなさ。

 これを現代の子供たちが演じていることに、ちょっと卒倒しそうな衝撃があります。

 すごいよ、これが演技だとしたら。

 牛が生まれたからと言って泣きじゃくるヒロシクン、貧乏だからと家庭訪問のときに蜂の仔が出せないと言って泣いていたハナチャン、そして腕白坊主でバケツをダメにしてしまい、泣きじゃくりながらそれを夜まで直そうとしていたカンタクン。

 みんな純粋すぎて、あまりにも健気で、ワケも分からずヤんなっちゃいます(笑)。
 いや、今どきの子供だってそういう純粋さでは負けてませんけども、なんか周りに毒されるモノが多過ぎる、と言いますか…。

 そんな子供たちが、自分の夢、という課題で陽子先生が 「みんなとおじいちゃんおばあちゃんになっても仲良くしていられたらいいなあ」 と言うのに 「先生、それは無理だと思います、ぼくたちはお国に命を捧げる覚悟だから、そんなに生きてはいないと思います」、と言うんですよ(さっきの圭介クン)。

 「私は、そのときのキラキラした目が忘れられない。

 とってもきれいな目だったわ」

 おばあちゃんになった陽子(若尾文子サン)は、そう回想しながら、自分がしてきた戦争教育に、大きな後悔をしていることを隠しません。

 「私はダメな先生だったわ。

 だって、なにも分かってないのよ、社会のことも、世界のこともなんにも知らずに、ただ、目の前を見ているだけ。

 …ダメな先生だったわね。

 私はねえ、生徒に、きれいな目をした生徒に、生きるためじゃなくて、国のために死ぬための教育をしていたんですもの。

 …」

 冒頭に書いたとおり毎度々々1週遅れになってしまいますが、いつかは追いつかなきゃな、と思っています、「おひさま」 のレビュー。
 特に先週分(第8週)はなんか、ナミダナミダでヤバソーな雰囲気…(笑)。

« 「高校生レストラン」 第3回 感謝の気持ちを大事にしろ! | トップページ | 新しい記事アップできずにおります。m(__)m »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

我が国の序列体制の美しさは、教育勅語の中で語られている。

我が臣民は忠と孝の道をもって万民が心を一つにし、世々にわたってその美をなしていきましたが、これこそわが国体の誉れであり、教育の根源もまたその中にあります。
(我カ臣民克ク忠ニ克孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス: ワがシンミン ヨくチュウに ヨくコウに オクチョウココロをイツにして ヨヨソのビをナせるは コれワがコクタイのセイカにして キョウイクのエンゲン マタジツにココにソンす )


忠:  主君に専心つくそうとするまごころ。
孝:  よく父母に仕える。父母を大切にする。
国体:  主権のありかたにより区別される国家の形態


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

noga様
コメント下さり、ありがとうございます。

教育勅語に代わる我が国の道徳的な支柱が、戦後から70年近く失われているのは、嘆かわしいことであります。 戦後教育が道徳を蔑ろにしてきた結果が、インモラルな現代を形成していることは疑う余地がない。

ただし、道徳教育を天皇に頼らなければならない、というのも、それはそれで情けないことである、と私は考えます。 親と子や、主従関係に重点を置こうとすると、目上の者を尊ぶ 「孝」 の精神が養われるが、それは 「盲従」 という悪しき方向へ向かう危険性が常に生じてくる。

noga様の書かれたような善き部分のみを取り入れ実践していくことこそが、もっとも肝要なことなのではないでしょうか。

リウ様

この時代のフツーを普通に描こうとする姿勢が
崩れていなくて安心しました。
こういう部分を「善し悪し」でなく何かの形で残していくことが大きな試みですね。

その為に斉藤由貴さんがいるのかもしれません。

今の受け手におもねろうとすると当然体罰なし、差別なし、男女平等などまったく違う世界になってしまうのでね。

斉藤由貴さんの世代は親が戦中派で
戦前〜戦中を幾分親を通じて知り得ており
また、今の時代のただ中にもいて
「昔とはちがうのよね、どっちも理解できるわ」の最後の世代ですよね。(昭和の最後の世代?)

いまの世相におもねることなく
人が生きるという世界を描いていって欲しいですね。
悔いも喜びもみんな過去にかかえているんだよね。

みり様
コメント連投下さり、ありがとうございます。

私たちはみんな、過去の歴史の上に生きているから、男女差別も体罰も戦争教育もダメだという歴史の教訓を当然のように享受してますけど、そんな歴史がまだない過去の時代の人にとって、男女平等体罰なし平和がイチバンなんて、実現不可能としか思えないんじゃないかな~。

ただやっぱり、そういう社会のほうがいいよなーというように、その過去の時代の人たちにとっても、未来に向けた願いであることは確かな気がしてなりません。

よりよい未来に向かう、闘いなんですよね、「現在」っていうのはいつの時代でも。

いま46歳の私と斉藤サンはほぼ同年代ですが、まだ 「戦争を知らない子供たち」 とか 「ビルマの竪琴」 とか戦争を直に感じる機会に恵まれていた世代のように思います。
ただ私ら以降になるとそれこそ、「戦争を知らない子供たちのそのまた子供たち」 であって、「そのまた子供のそのまた子供」 世代に突入している(笑)。

私は戦争を取り扱った近年のドラマとか映画とか作品を見ていて、私が少年時代に触れてきた同系統の作品と比べると、とてもリアリティが希薄になっている気がしてならないんですよ。 おそらくそれは、「追い詰められた人間がどうなるのか」「死体をゴミとしか思えない精神状態とはどういうものなのか」 を体感している作り手がいないからだと思う。 ただお国のために死ぬことの悲壮感ばかりが強調され、お涙頂戴になり下がっている。

あ~なんか、話が冗漫になってきたので打ち切らせていただきます。 長くて重い返信になってしまい、誠に申し訳ないです

すんません、軽いコメントをひとつ。

ピエールとダンカンが
チンタラ遊んでばかりなのが許せませんっ!

次の週からはお待ちかねの高良クンが出てますんで嬉しいです。
素朴な蕎麦屋の息子にはおよそ似つかわしくないルッスクですが、なかなかの好演。


お恥ずかしい話ですが、オトナになるまで戦争の話などはあまり聞きたくなかったです。
ここ5〜6年くらい、急に博物館・祈念館めぐりや靖国参りをするようになってしまいました。
映画は観てませんが、竹野内クン主演の戦争映画の絡みで、
ニュース番組にて竹野内クンがおじいさん(帰還兵)の手をにぎり、泣きながら
「日本のために戦ってくれてありがとうございますっ」と。
熱い。もらい泣き。

マイティ様
連投に次ぐ連投下さり、ありがとうございます。

ピエール先生とダンカン先生はたぶん、将棋をしながら戦争協力しているつもりなのでしょう(爆)。 自分たちも戦争だ!みたいな。 そう考えると、ただ将棋で遊んでいたいだけの気分を戦争に結び付けて正当化しようとしている部分も見えてきます(おっといきなり話が真面目に…)。

蕎麦屋の息子はイケメンであってはならないですね(偏見だー)。 ただ陽子チャンの男性を見る目というのは初恋のキミでもちょっと個人的にはハテナマークだったので(笑)高良クンというのはいいのかも。

私が少年のころから触れてきた太平洋戦争にかんするさまざまなメディアの作品は、やはり戦後の思想的揺り返しによる否定的な考えに染まったものが多かった気がします。
おそらくそれも、「戦争はもうこりごりだ」 という気分がその作品を作り上げているから、私にとってはかなりのリアリティをもたらしてくれる作品でした。
ただ 「日本のために戦ってくれてありがとう」 という考え方にも一理あるのは事実。 でもまあ、なんかそれが安易に戦争を必要悪とみなす論調に流れていってしまう危険性ってものは、常に感じているのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おひさま」 第7週 その時代だからこそ:

« 「高校生レストラン」 第3回 感謝の気持ちを大事にしろ! | トップページ | 新しい記事アップできずにおります。m(__)m »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ