« 「JIN-仁-」(完結編) 第9回 歴史の必然との闘い! | トップページ | 「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」 一夜限り、とは言わず完全復活を! »

2011年6月16日 (木)

「鈴木先生」 第8回 夏休みなんてキライだ…

 ずいぶん遅れてこのドラマを見始めて、毎回々々過激な激白シーンがあるので、今回の展開はちょっと穏やかに感じました。 物語が夏休みに突入するために、生徒も先生もどこか浮かれ気味。 毎回水も漏らさぬ論理を繰り広げる主人公鈴木先生(長谷川博己サン)も中学校の屋上でノンアルコールビールで乾杯、なんだかんだで夏休みも忙しいと恋人の麻美チャン(臼田あさ美サン)に言いながら気分はオフモードであります。

 しかしそのなかで仕事一筋の足子先生(富田靖子サン)のストレスはたまるいっぽう。 教師たちの 「早く帰ろう運動」 も 「帰りたい人はどうぞ」 と意に介する様子がない。 教師も生徒たちも夏だ!祭りだ!アバンチュールぜよ!(あ番組違うか)とばかり夏ひらく青春(百恵チャン)を謳歌しているというのに、彼女に優しくしてくれる岡田先生(山中聡サン)は同僚の先生と付き合っていたためにはかなく恋やぶれ、はた目にはニコニコしてるけど目が笑ってない、目が(笑)。

 足子先生の膨張していくフーセンのごときストレスが、今回の穏やか~なドラマのひとつの導火線となっていることは容易に分かるのですが、もうひとつ鈴木先生ラブの丹沢(馬淵有咲チャン)という生徒の動向が、なんとなく気になる。 今回序盤で彼女との会話のなかで、鈴木先生が 「丹沢」 と意味もないのに彼女の名前を呼ぶことから、このコは話の中心に来そうな気がしてました(また可愛げのないドラマの見かたしてますな)。

 案の定丹沢は今回ラストで、夏祭りに来ていた麻美チャンがつわりのために気分が悪くなったのを鈴木先生が介抱している場面に遭遇してしまい、「道徳だなんだと偉そうなことを言っておきながら自分はなんなんだ」 と完全にまっぷたつのハートマークの残骸を踏みつけながら(笑)「鈴木先生憎し」 の足子先生にすがりついて恨みの涙を流すのであった…オワリ(笑)。

 や、終わんないって(笑)。

 今回笑っちゃう場面が多かったです。 特に富田靖子チャン。
 岡田先生に優しくされてそれまで鉛の足取りだったのがルンルル~ンってなっちゃうし(BGMが 「ヤーッホーホトランランラン」 って爆!)、淡い恋が破れた、というお決まりのパターンをまさにこれぞ王道、という感じで演じるし(笑)、なにしろ顔が笑ってて目が笑ってない、という精神乖離の演技が可笑しくてしょうがない。 「江」 で春日局をやるという噂が立っておりますが、このエキセントリックな芝居を完璧にこなせる演技力を、あのドタバタラブコメ時代劇(辛辣…)で大いに生かさない手はない、と強く感じます。

 さらに喫煙室でくつろぐ先生方を 「恥を知れ 禁煙できない ダメ教師」(笑)という標語で柔らか~く首締めにかかったり(笑)、「フザケンナヨ」 と小声で通り過ぎたり(笑)。
 そんな足子先生の究極の一発が、夏祭りのパトロールに駆り出されて 「すいませんお忙しいのに来ていただいて」 と恐縮する鈴木先生に 「本当は来てほしくなかったんじゃ?」 と軽ーいジャブで鈴木先生を硬直状態にさせておいて(笑)、満面の笑みをたたえながらとても優しく言い放った一言。

 「…アンタなんか、…死ね♡」

 鈴木先生は緊張のあまり泡を吹いて(なかったか…)その場に気絶してしまうのです(あ~マンガだ、マンガ原作だけど…笑)。 笑いました、ココ。

 そして鈴木先生の恋人孕ませ話を暴露しすがりついて泣きじゃくる丹沢を慰めながら、丹沢の背中でニタァ~っ!と笑う足子先生。 鈴木先生、麻美チャンの妊娠を確認しながら 「(なんてこった!夏休み始まって早々にブチかましたのは、このオレだったあっ!)」 花火がど~ん。 爆笑です。

 そのほかにも、小川(土屋太鳳チャン)が 「金魚に、うちに来て下さいって語りかける」 とやたらと金魚がすくえるとか(鈴木先生 「(どんだけ金魚すくってんだ小川!)」)いうのも笑えましたし、なんかこちらも知らないあいだに夏休みモードになってしまう、そんな回だった気がします。

 でもそのなかで、自分が子供のころ夏休みに抱いていた感情も、ちょっと思い出しました。

 ドラマのなかで先生たちが危惧を抱いているように、夏休みになると、群れから放たれた動物のように、いきなり変わってしまう友人がいる。 まあそんなに極端ではないですが、学期中同じクラスのなかで、その箱のなかでおとなしくしていたクラスメイト達が、一様にはしゃいで浮かれだす。
 鈴木先生のA組ではない2年B組の神田マリ(工藤綾乃チャン)は、ことあるごとに裏からみんなを焚きつけるネガティヴ思考の女の子なんですが、彼女が少々倒錯っぽい関係の女友達、入江紗季(松本花菜チャン)に、こう話します。

 「私、夏って嫌い。

 みんなヘラヘラ浮かれてさ、バッカみたい。

 …

 どうにかして、懲らしめられる方法ないかな?

 浮かれてる、バカどもをさ」

 ここまで極端ではありませんが、縛りつけとかないと勝手気ままに青春を謳歌しまくってしまう友人がいることに、ちょっと私もあんまりいい感情を持っていませんでした。 「自由だ、何をやっても許される」 という開放感をそのまま受け入れてしまうことに、少々抵抗があったのです、自分の場合も。 だから青春を謳歌できる友人たちを、どこか醒めた目で見ていた。 かえって自由という時間と空間を与えられたことが、不安だった。 それに慣れっこになってしまったときに、2学期が始まるんですからね。 こういう生活のペースの変化って、あまり好きじゃないんですよ、私(まあ連休からまた仕事、というのも未だに嫌ですけどね)。

 私の場合水泳もあんまり得意じゃなくって(体育の科目として)、その点でも夏は嫌いだったなあ。 小1のとき溺れかけて、あの塩素臭のきつい水を鼻でしこたま飲んでしまったのがトラウマで。 学校のプールって、特に塩素臭かったなあ。 アレが大嫌いで。 今ってどうなんでしょうね。 私が小学生くらいのときは、公害のピーク時でしたからね。 今は改善されてんだろうなあ。

 しかしこういう、夏休みに対するネガティヴな感情を描いている学校ドラマって、なんか記憶にないですね(私の記憶も最近あやふやですが…笑)。 おそらく神田と同じような感情を夏に抱いているであろう足子先生、次回どのような逆襲を仕掛けてくるんでしょうか。

« 「JIN-仁-」(完結編) 第9回 歴史の必然との闘い! | トップページ | 「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」 一夜限り、とは言わず完全復活を! »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

笑いましたね。
自分にとって夏休みは「宿題」の記憶ばかりです。

(なんてこった!夏休み始まって早々にブチかましたのは、このオレだったあっ!)
今時、早熟な子どもたちが多い中、
実際自分はSEXしちゃっても、先生は別。
って思ってる子多いんですかね。

スズセンheart01な丹沢ちゃんはそれとして
麻美ちゃんのあの状態をみて、みんな妊娠が思い浮かぶなんて、時代はちがうね。

と、まあ今回は話の本筋とは違うところばかり、気になってしまいました。

みり様
コメント下さり、ありがとうございます。

宿題、もそうでしたね~。 中学くらいになるとそのペースというものが把握できてくるのですが、小学校時代は最後の3日間くらいは地獄で(爆)。 泣きべそかきながら自由課題の工作をオカンに手伝ってもらったりしてましたsad

「うっ…」 で口を押さえるのは、もはや妊娠を表す代表的なジェスチャーかと…(笑)。

つけない主義でいたしてしまうのはその人と添い遂げる覚悟がなければならない、と生徒たちに話してましたから、鈴木先生にはそれなりの覚悟もおありになったのでしょうが(笑)「オレは麻美さんと添い遂げる覚悟ができた。だからいたした」といちいち生徒たちに報告するわけにも参りませんしね(爆)。

私が気になったのは、鈴木先生の妄想に出てくる黄色いビキニの女性は果たしてあさみサン本人だったのか?…って、やはり私もオトコです(笑)。

足子先生、めんどくさーい!
…でも、自分が正しい!と信じていて、周囲にも強要しがちなマジメな人っていますよね。
そういうのが息苦しいから、男性教師陣は喫煙室や屋上で羽根をのばしているのだけど
そこにまで貼り紙もって来るとは…w

「死ね」とまでクチにしてしまって、今後、ぐっさんのように爆発して壊れるのか?
たぶん麻美さんの妊娠を武器に、鈴木先生をメッチャ攻撃してくるんでしょうね。

暑さにやられて具合悪くなることだって多いのに(ワタシも大人になってからしょっちゅうです。低血圧なもんで、血管が広がる夏は脳に血がいきとどきません。)
麻美さん、本当に妊娠してましたね。
さーさーさー、ホントに責任とれるのか、
鈴木先生!

マイティ様
返信が大変遅れてしまいました。 申し訳ございません。 コメント下さり、ありがとうございます。

妊娠以外にも低血圧で暑さに参ってしまうことがあるんですね! ご自愛くださいませ。 私は暑いのは嫌いです(みんな同じか…笑)。 気温を克服する方法がないからキライ(笑)。 冬はいくら寒くても、厚着とかすれば防げますし。 てゆーか日本の夏は暑すぎ! マレーシアとかより暑いんですよ! これをなんとかしてくれたら、菅政権だろーが金政権だろーが大いに支持いたしますですよhappy02

ぐっさんが壊れたときも、こんな前触れだったんですか? 富田靖子チャン、顔の表情と言ってることが完全にバラッバラで(笑)、スッゴイ演技が楽しそうだったcatface。 丹沢を抱きしめながら、ニマ~っ!って笑って、「あの調子乗ってる男をひねりつぶす日が来た」 って顔をしてましたもんね(笑)。

それにしてもこのドラマ、たぶんあと2回くらい?なのに、話がどうやって終わるのか、ちょっと見当がつかないワタシです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/51959417

この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴木先生」 第8回 夏休みなんてキライだ…:

« 「JIN-仁-」(完結編) 第9回 歴史の必然との闘い! | トップページ | 「いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン」 一夜限り、とは言わず完全復活を! »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ