« 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!① | トップページ | 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!③ »

2011年6月22日 (水)

「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!②

 ちょっとこのところ疲労困憊気味で記事のアップもままならないのですが、長~い目で見守って下さいまし。 結論から申しますが、今回のレビューも、最後までたどり着けませんでした…(まっっったく…笑)。



 前回記事では龍馬を斬った東の行動について考察を加えました。 今回はその部分以外の物語を追いながら、感想を書いていきたいと思います。

 それにしても、龍馬を失った喪失感というものは確かにあるのですが、そのことがこの物語を終わらす大きなきっかけになっているのは注目すべきです。
 だからこの回を見終わってしばらくあった喪失感というのが、日を追うごとに 「期待感」 に変わってきている。 ただ前回のラストを見たときも 「早く続きが見たい!」 と強く思ったものですが、そういった期待感とも違う。 「どうして東はそんなことするの?なんでなの?」 という感じではなく、「どうやってこのドラマの作り手はこの話をまとめるのだろう」 という期待感なのです。

 龍馬の額を斬った東は逃走。 南方は咲に 「佐分利さん(桐谷健太サン)を起こしてきて下さい!」 と頼むのですが、咲は腰が抜けたまま。 無理もありません、目の前で実の兄が龍馬を殺そうとし、別の人間が龍馬を斬ってしまい、南方は龍馬の返り血を顔面いっぱいに浴びているのですから。
 「咲さんっっ!!」 南方の渾身の叫び。 咲は、我に返って佐分利を呼びに行きます。
 龍馬の意識を確かめる南方に、龍馬は弱々しく答える。

 「…南方仁がおれば…坂本龍馬は…死なん…

 …ほうじゃろ?…」

 龍馬の血で真っ赤になった目から血の涙を流しながら、南方は力強く答えるのです。

 「…はい…! …助けます…!

 …オレが…この手で…!」

 ここのシーンを今見返したのですが、あらためて泣けてきます。
 最初に見たときは、「自分はこのときのために未来から送り込まれたのだ」 という南方の独白を聞きながら、龍馬は助かる、このドラマでは助かる…!と感じて特に泣けはしなかったのですが。

 考えてみれば南方がここで 「自分はこのために未来から来たのだ」 と考えるのは、ちょっと逆のような気もする。
 南方はこれまで、歴史の神という見えない存在に対して、無力感を覚えながらも絶えず抗ってきました。
 だから 「ここで全力を尽くすことが、その神の意向を根本から破ることだ」 と考えるのが自然なような気もする。
 しかし南方は逆説的に 「実は自分はこのためにここに来たのではないか」 と考えてしまうのです。
 それは南方の願望によるところが大きい。
 坂本龍馬を暗殺から救うことをそのまま神の意向であると変換してしまうことで、すべてを納得させてしまおうという、不安の裏返しから来ている思考だと、私は考えるのです。
 そして南方は、「自分は龍馬を助けるために未来から来た」 と思い込むことで、自らを鼓舞し、それを大きな自信へとつなげている。

 それからここで南方がそう思い込む裏には、自分をたびたび襲っていた激しい頭痛の原因を、彼がおぼろげながら理解し始めてきたことも大きい気がします。

 ネタばらしを先にしてしまいますが、この頭痛は神の怒りでもなんでもなかった。

 南方の脳に、癌ができていたためなのです(前回レビューでの右脳左脳の話は、お忘れください…笑)。

 それにしちゃ龍馬に暗殺のことを話そうとするたびに激痛が走る非常に頭のいい癌細胞なよーな気もするのですが(笑)、とにかくこれは神の意向なのだと南方が感じなくなったことで、自分が何のためにこの時代に送り込まれたのかを南方なりに納得することが(その時点では)出来たのだと思うのです。
 南方がここで佐分利を呼んだのは、手術中にその神の怒りが爆発することを恐れているためではない。 確かに佐分利を連れて江戸を出立したときには、神の意向が怖かったんだと思うのですが。 ここで佐分利を呼んでいるのは、手術中に自分の脳の癌が暴れることを危惧してのことだと思います。
 そして南方は、全力でこの使命を全うしようとする。
 坂本龍馬という歴史上最高の人間的魅力を持った男を、全力で治そうと自らを奮い立たせるのです。

 そして龍馬。
 「南方仁がおればわしは死なん」 という言葉は、第1部から繰り返され、そのたびに龍馬が確信を深めてきた言葉です。
 龍馬は南方の決意を聞くと、すべてを安心しきったように満面で笑い、そして意識を失っていく。
 このふたりの間に流れる、全力の信頼感。
 龍馬が結局助からなかった、という結末を見てからこのシーンを見返すと、涙が止まらない。

 ちょっと待ってください。

 まだ始まってから3分でありんす(爆)。

 もうすでに、疲れました(オイオイ…)。 この続きはまた次回にいたしとう存じます…。

 早いとこ書かないと、最終回がやってきてしまう…(爆っ!)。

 皆様、コメントを差し控えてくださって、ありがとうございます(ゼエゼエ…)。

|

« 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!① | トップページ | 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!③ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52003884

この記事へのトラックバック一覧です: 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!②:

« 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!① | トップページ | 「JIN-仁-」(完結編) 第10回 闘い続けることの闘い!③ »