« 「JIN-仁-」(完結編) 第11回(最終回) 奇跡との闘い! | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第24回 ガキは すっこんでろ »

2011年7月 1日 (金)

「鈴木先生」 第10回(最終回) 大人と子供の境界線

 鈴木先生(長谷川博己サン)ができちゃった結婚をすることに対して開かれた2A生徒たちの糾弾裁判。 前回からの続きです。 そしてこの裁判がこのドラマのメインメニューとして最終回に配されたことになります。

 とはいえ、1週間というクールダウンの期間を強いられた見る側としては、あらためて考えると 「どーしてこのよーなことをかくもマジメに討論しなければならないのだ?」 という気にさせられる。

 このことのハンデを作り手は回り道して既に考えていた気がします。
 つまり言い出しっぺの丹沢(馬淵有咲チャン)が、「私はもう、どうでもいい」 と言い出すのです。
 丹沢はこの裁判が、実は自分の鈴木先生への恋心が裏切られた、という 「私憤」 によって開廷されたことを、自覚している。
 感情の暴走するままに裁判などという大仰なものをクラス全員に強いてしまったことは、自分の私憤が白日の下にさらされる、という 「恥ずかしさ」、を伴う作業です。
 けれども竹地(藤原薫クン)が丹沢に同情することで、裁判は続行される。 竹地がいちばん 「恥」 というものに直面していたからこそ、かれの言葉は丹沢に受け入れられるのです。

 生徒たちは議論が続く中で、「もういいんじゃないのか」 という自問自答に苦しめられるのですが、小川蘇美(土屋太鳳チャン)の 「今、お腹を開いて血が出ている状態。 ここでやめたら病気は治らない」 という理屈によって、議論は続いていきます。

 そして、このような、一見どーでもいいと思えるようなことを、生徒たちはマジメに議論していくことになるのですが、それを 「どーでもいい」 と思ってしまうことこそが、大きな問題となる場合がある、ということを、物語の語り手はさりげなく問題提起してくるのです。

 議論が白熱するなかで、吉井(下山葵クン)という、ちょっとさえない男の子が発言をするのですが、彼が意見を言うことは、とても珍しいらしい。 ほかの男子どもはそのことをからかおうとし、まともに取り合わずに嘲笑しようとする。

 私はこの場面を見ていて、物事に対して真剣に向き合うかそれをどうでもいいことだと受け流すか、前者を大事にするのが子供であり、後者の方向に流されていってしまうのが大人なんじゃないのかな?ってふと思ったのです。

 いずれにしても、あることを考えることにおいて、「メンド臭え」 と考えてしまうことは、大人にも子供にも共通している傾向です。
 ただ子供は、そう考える機会が少ない。
 でも生きていると、「メンドクセエ」 と、考えることを回避してしまう経験が、静かに降り積もっていくのです。
 そして人は、いろんな考えなければならないことを回避しながら、大人になっていく。

 今回の議題について、「出来ちゃった結婚なんか今どきいっぱいいるだろう、なんでいちいち問題にしなけりゃいけないんだ」 という思考は、思考停止状態のひとつです。

 「思考停止」。

 この裁判を別の教室からモニター監視しながら、現地にいる入江(松本花奈チャン)を遠隔操作していた謹慎中の足子先生(富田靖子サン)が、収束しようとしていた裁判をまた引っ掻き回そうとして、入江に言わせたセリフであります。

 けれども鈴木先生のしでかしたことをなあなあで済ませてしまおう、とするのも思考停止であれば、避妊はどうしてもしなければならない、という結論をごり押ししようとするのも、思考停止なのであります。

 議論において、てこでも動かない結論を持って臨むのは、同じく思考停止といえる。

 「朝まで生テレビ」 などを見ていて私は、政治家や評論家たちが、いかに議論下手なのかをとても痛感することが多いのですが、その原因は、彼らが結論しか話そうとしないところにある、と考えています。

 確かに彼らは、支持者たちの代弁者としてその場に座っている、という立場、というものがある。

 けれども互いに自分たちだけの言い分を通してほかの意見などまるで耳を貸さないのであれば、そこはただ単に意見の表明の場なだけであって、議論などする必要など、これっぽっちもないのです。

 国会が同じように、議論の場としてまったく機能していないのも、この点によるものである。
 大人たちは思考停止した精神状態のまま、世の中はこういうものだ、それが世間の常識だ、それが法律だ、それがルールというものだ、だから黙って従え、と、子供たちにも押しつけてくる。

 そんな大人たちに、子供たちは限りない不信感を募らせていくわけです。

 しかし子供たち、きみたちも実は、「メンドクセエ」 という思考回路によって物事をあいまいなままで看過しようとし、大人になっていくものなのである。

 「鈴木先生」 の最終回で行なわれたディベートは、実はそのせめぎ合いのさなかに漂っています。

 どうでもいいだろ、と思われた事項のなかで、生徒たちは、当のできちゃった結婚をした自分たちの親の数ケースを見ていくことによって、出来ちゃった結婚にもいろんな事情があることを悟っていきます。
 つまり、子供の立場から見ていっしょくたにひっくるめて汚い、と思われたケースでも、個々の問題としてとらえなければならない場合がある、ということに生徒たちは気づいていくのです。

 でもそれは、足子先生と一緒にこれを見ていた神田マリ(工藤綾乃チャン)がいうように、「自分たちの損得で無理に納得してしまおうとする」 ということと、実際紙一重の問題なのです。

 そしてもうひとつ、このドラマをフツーのドラマとは違う、エキセントリックな方向に一気に押し広げたのが、数人の男子生徒と関係を持って、結局竹地とも関係を持っていた河辺(小野花梨チャン)。

 彼女は議論が展開していくなかで、コンドームをつけてセックスするのはとても罪悪感とか嫌な気分がするんだ、そんなモヤモヤをナマですると忘れられるほど気持ちがいいんだ!という、…ほとんど恥じらいというものを宇宙の彼方にブッ飛ばしたような(爆)「あり得ない」 過激な中学生ぶりを発揮して、裁判の場を大混乱に陥れるのです(スゲェ…絶句…笑)(親がよく出演承諾したなコレ)。

 これには鈴木先生も当事者(笑)の竹地も大ショック(爆)。
 隠しておかなければならないことは、いかな中学生でもわきまえていますから、河辺の激白は女友達によって覆い隠されようとするのですが、ドラマ的に、ここまで議論を推し進めないと、問題の最深部にまで到達しないまま、安易な妥協点を物語は選ばざるを得なくなってしまう。

 河辺は子供を育てるのが経済的に大変だなどと考えたりするから金持ちのオジサンと援交したりするんだ、病気なんかこわくない、それで死んでも愛しているからかまわない、自分がその赤ちゃんで病気をもらっても自分だったら許す、そんなことを問題にするほうが間違っている、自分にはそこまでの覚悟があるんだ、という持論を爆発させます。

 この、ナマでするのがいいか悪いか、という議論は(ホントすげえなコレ…笑)、避妊教育の是非の根幹に関わってくる問題であります。

 「避妊をしましょう」 というのは、「セックスするのが許されている」 という状態。
 ここで大きく力を持ってくるのが、竹地がかつて鈴木先生から教わった、「許される」 ということの持つ意味です。

 竹地はそこから、両方が並立する余地があるのではないのか?という問題提起をぶつけて、この混乱の場を乗り越えようとするのです。

 「たとえば、ぼくたちには、つけてするという選択が許されている。
 『つけてしなさい』 でも、『つけてするべきだ』 でもなく、『それが許されている』 という考え方。
 それなら、かちあうことなく、分かり合えます」

 鈴木先生はここを議論の収束ポイントととっさに判断し、個々の考えを一方的に間違っている、とする議論の態度を、生徒たちに問い直していくのです。

 「現代は、多様性の時代と言われている。

 だが、果たしてそうだろうか?

 確かに、さまざまな価値観を自由に選択することが許されてはいる。
 しかしその結果、ひとりひとりが、自分に都合のいい意見に閉じこもり、他人の異なった意見に耳を貸さない。

 個々の胸の中は結局、偏った考えに凝り固まって、貧しくなっているんじゃないだろうか?

 ひとりひとりがたくさんの価値観を胸に抱き、面倒で苦しくても、向き合い、葛藤し、まわりの価値観との共有を一生懸命探れば、ぼくらには別の道が開けてくるはずなんだ」

 頭を柔らかくしろ、ということだと思うんですよ。
 中学生あたりなら、それができる。
 大人になってしまうと、結構凝り固まった考えを修正することは困難を伴います。

 出来ない、と思いこんでしまうこと。

 最初から無理だから、などと思っていては、なにも開けていきません。

 子供には、真実を見極めよう、という意欲が生命のうちからあふれ出ている。

 大人になると、なぜこうも、決めつけたがってしまうんでしょうかね?

 それが、自分がメンド臭い、と思って捨ててきた思考の果てにある 「決めつけ」 だから、余計にタチが悪い。

 いずれにしてもここぞとばかりに持論を展開する鈴木先生に、「あざとい…」 と感じたのも事実ですが(爆)、河辺の引き起こした混乱がなかったら、ドラマはここまで見る側に納得のできる結論を、導き出せなかったでしょうね。

 生徒たちは結論をすぐそこで出さず、処分保留のまま鈴木先生は裁判から釈放されます(なんじゃソレ)。
 結論を出さないまでも、ある程度それですっきりした気分になれた、生徒たちによって。

 足子先生は人事不省に陥り(笑)、窓を開けて 「鈴木のぶぁかやろおおお~~~っ!!」 と雄たけび(あ、雌たけびか)をあげ、車で自宅まで送り届けられます。
 神田マリは、「なんで自分は2Aじゃないの…」 と寂しげな笑みを浮かべる。
 酢豚の件とか小川蘇美の件とか、よく分からない部分もあったのですが、明日からBSジャパンのほうで再放送が開始するので、一応それを追ってみたいと考えております。

 マイティサン、このドラマを御紹介いただき、ありがとうございました。 あらためてお礼申し上げます。

« 「JIN-仁-」(完結編) 第11回(最終回) 奇跡との闘い! | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第24回 ガキは すっこんでろ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 「鈴木先生」今までに無い学園ドラマ(?)でした。気を抜いて見られないような中身の濃い見ごたえのある面白い作品で、テレビ東京もなかなかやるなあ、と言うのが正直な感想です。

 酢豚のお話も面白いです、是非再放送ご覧になってください。

 「JIN」も終わってしまって気が抜けた猛暑の日々です。(笑)

ゆみ様
コメント下さり、ありがとうございます。

7月から始まる夏ドラマは、なにが面白いんでしょうね? 相変わらず嗅覚が鈍いので教えていただければなぁ~と虫のいいことを考えております。

個人的には 「Mother」「チェイス」 の坂元裕二サン脚本の 「それでも、生きてゆく」、NHKBSの新選組の後番組、「テンペスト」 なんかを注目していますが。

いよいよ再放送が今日から、ん~、レビューは、書くのかな?

リウ様

今日からBSジャパンで再放送とのお知らせ有り難うございます。
やっと視聴することができそうです。

私は富山在住なのですが、TV東京が入らず、「モリノアサガオ」も再放送で見ました。

楽しみにしてま〜す。

「それでも、生きてゆく」ー私も注目してます。「ブルドクター」も江角さんがかっこよさそうなので見るかも?です。

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

富山にお住まいなんですか! いいところですよねぇ。 確か 「すみやすさ」 日本一の県だったかと…。

「ブルドクター」 江角マキコサンですか。 なんか久しぶりな気がします。 石原さとみチャンはつかサンの洗礼を受けてどう変わっているのか、ちょっと見たい気がします。

さて、これからちょっと、「鈴木先生」 第1回の視聴に入ります。

どもどもw
見応えのあった裁判でした。
今クール、一番集中して見たのがこのドラマでした。

このドラマ、何がツボだったかというと
「恥」をさらしてるところなんですよね
人間の汚い部分、恥ずかしい部分をちゃんと描いていた。

ただひとり、河辺さんの存在は恐ろしいですが…。

私たちが中学生の頃だったら
親の前で性的な話はできませんでしたから
そこら辺のギャップも楽しんでいたかもしれません。
(年頃のお子さんを持つ友人には恐ろしい話を聞かされておりましたが…w)

鈴木先生の存在によって、ぐっさんも足子先生もあそこまで壊れたのですから
鈴木先生もやっかいな存在なんですよねえ。

神田さんは、鈴木先生が小川さんをゲットしたいがために、クラス編制ではじかれたんですね。
それが理由だったなんてカワイイですけど、世の中にアンチになるきっかけなんて、そんなものかもしれません。
最後に喫煙室で鈴木先生が見せた涙は、後悔の涙なんでしょうね。

足子先生はあの学校に復帰するんでしょうかね!?

パラボラアンテナ無いんで〜BS見られません。うらやまし〜。

マイティ様
コメント下さり、ありがとうございます。 あらためてこのドラマをご紹介くださったこと、重ねてお礼申し上げます。

このドラマが恥を描いている、というのは、欠かさずご覧になっていたマイティサンののめり込みようがとてもよく分かる評価ですネ! ぐっさんも竹地も再放送ではこれから壊れる予定ですが(笑)、みんな恥かいて生きてるんですね、このドラマ。

「鈴木先生が厄介な存在」、というのも、実にのめり込んでいるからこそ見えてくる部分だと思います。

第1回から見てあらためてレビューを書こうとしたんですが、結末を見てから未見だった第1回からの感想を書くのって、なんかどうなのかな?(つまりネタバレ、というこのブログの本質から言って、「これが重要なポイント」などと指摘するのは、結構ルール違反なような気がしてくるので…)などと考え、二の足を踏んでおります(面倒な性格です…笑)。

その象徴的なシーンが、第1回目のまさしく冒頭の、「新学年クラス編成での意図的な生徒の取り合い」 シーン。

神田マリのラストでの 「どうして私はAじゃないの?」 というセリフの原因が、物語のいっちばん最初で展開しているんですよね。

そしてぐっさんも、これから壊れることが分かりながらこちらは見ている。 彼の鈴木先生に対する鬱憤が膨らみつつあるのが、はやこの冒頭から展開しているんですよ。

そしてこのドラマ、ホントに第1回目の最初から、岬という男の子が小4の女の子といたしてしまう、という衝撃的な中学生の性の実態をさらけ出しまくってます。
つまりオーラス2回の鈴木裁判へのお膳立てが、すでにこの時点で整っているんですよ。

要するに第1回目から、このドラマは全体的なディティールを考え抜いたうえに展開してる。

や、ずいぶん長い返信になってしまいました。 ゴメンナサイ。

BS見られないのは残念ですが、未公開シーン満載のDVDボックス、というのも、レンタルでもいいから見たくなってきている、ワタシなのです。

リウさま
通常、セルDVDにしか未公開シーンとかの特典、ついてないですよ…
ドラマなんかきっとそう。テレビ局はオマケで釣って売りたいんですもん。

映画にはたまにサービスでついてますけどね。

ついしん 

そうそう、いきなり1話から10才女子と…
というヘヴィな内容なのに、
次あたりに「酢豚、どうする?」という毛色の違うテーマが。
そこでも単なる多数決に逃げずに、鈴木先生の持論が展開されます。

マイティ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

なるほど…。 レンタルでは特典映像など見ること出来ないんですネ。 テレビ局もあざとい…(とーぜんか)。

と同時に、レンタルなどほとんど利用しないことがばれてしまいました。 NHKの受信料は払っておりますが、基本的にやはりテレビ番組はタダ、という感覚って、なかなか抜けないものです。 ビンボーしてるから特にですな(自虐笑…)。

酢豚の件も結局最終回の鈴木ロジックの一助になってましたしね。 ラストですべてが濃密に絡み合っているんですネ。 第1回では足子先生の 「変な多数決」 が、やっぱり心に引っかかっています。

やっぱりレビュー、しようかな~(いい加減な言動なのであまり期待しないでくんなまし…笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鈴木先生」 第10回(最終回) 大人と子供の境界線:

» 幸せになろうよ&鈴木先生&グッドライフ最終回感想 [NelsonTouchBlog]
■幸せになろうよ最終回 なんかすげー最終回、というか主人公・香取慎吾の告白。。会社の中に勝手に入り込んで、「幸せにするなんてもう言わない、幸せになりたいんです!」って。。もう自分は見てて、黒木メイサがOKだしてふたり抱き合ったとき、思わず白い目で(笑)拍手しちゃいましたよ。ドラマでも会社の人達が祝福して拍手してたけどさ。 なんでOKしちゃったんでしょうねえ。ここに来る前に、気持ちが焦っていて高校生の自転車ひったっくって激走してきた、たんなるかっぱらいですけど。窃盗罪で捕まればいいのに(...... [続きを読む]

« 「JIN-仁-」(完結編) 第11回(最終回) 奇跡との闘い! | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第24回 ガキは すっこんでろ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ