« 「江~姫たちの戦国~」 第27回 修復不能… | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第3回 箱のなかに閉じ込めた思い »

2011年7月24日 (日)

アナログ放送終了を看取りました

 地上アナログ放送が、国が定めた大上段の予定通り先ほど、終了いたしました。

 その58年にわたる歴史のいちばん最後に見ようと思ったのは、保守的要因もありますけどやはりNHK。 「そのとき、みんなテレビを見ていた」 というアナログ終了告知番組です。

 とても厳密に言いますと、番組としては、その第1部終了のあとに流された、「気象情報」。

 もっと厳密に言いますと、午前11時59分から1分間流された、「おはよう日本」 の鈴木奈穂子アナが 「長いあいだご覧下さりましてありがとうございました」 と 単独で語りかける告知。 人間で(笑)NHKのいちばん最後に登場したのは、鈴木奈穂子アナウンサーだったのでした。

 お辞儀をする鈴木アナが映し出されて12時を回るころ、どーもくん(テレビ型の風貌でギザギザのキバが印象的な茶色いぬいぐるみです)が出てきて 「長いあいだご覧いただきましてありがとうございました」(文面はうろ覚え)との文字が添えられ、その画像がものの5秒くらい出たと思ったら、ブルーバックの画面にアナログ終了のおしらせと地デジのお問い合わせ先の告知画面に。 この画面も24時を回った時点でなくなるそうであります。
 つまりNHKアナログ放送の最後に登場したのは、どーもくん、ということになります(笑)。
 この1分間番組の視聴率、ある意味で楽しみ(んー、この短い告知が1番組としてカウントされるのかどうか…)。

 また厳密に言い換えますと、東北地方の一部地域ではまだアナログ放送も継続中、というわけですが、とりあえずこれで、自分が長い間見てきたアナログ放送というものは、自宅では見ることができなくなったわけであります。
 個人的にはHDDのW録画、というのも、このアナログ放送に頼っていたために、今後はW録画できなくなりました。 新しい録画機材を買ったほうがいいかも。

 いずれにしましても、地デジに変わったところでやってる番組は一緒なわけで、過度な期待をすると幻滅するのですが(笑)、しかし暴動、結局起こりませんでしたね、期待してたんだけど(ウソです)。

 イヤ、文句は腐るほど目にしましたよ。 国の横暴ですからね。
 でも日本人が、暴動を起こすなんてのは、まーずあり得ない、ということが今回すごくよく分かりました(笑)。 出でよ平成の大塩平八郎(あおってどうする)。

 実際の話、特に首都圏ではUHFアンテナ、というものの需要がなかったわけで、それを取り付けることのコストを考えると、地デジチューナー5000円程度、という出費でだけではなかったのですが、結局みんなしぶしぶ従ってしまいましたね。 うちはマンションなので、共同アンテナでUHFを使うとなると許容量を超えてしまうとかで、管理組合でものすごい額の出費を余儀なくされましたよ。 それが管理費にダイレクトに跳ね返ってくる。 たまったもんじゃありません。

 日本で暴動が起こる基準って何なのかな~、と考えている今日この頃であります(笑)。 原発関連の補償を国民負担にするくらいじゃ、暴動なんか起きっこないのかな(笑)。

« 「江~姫たちの戦国~」 第27回 修復不能… | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第3回 箱のなかに閉じ込めた思い »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様、こんにちは。
アナログの最後をNHKでご覧になったのですね。
私はフジの27時間TVで見ました。
ナンの感動もなく・・・。
私は日テレの24時間TVがくキライで、あのいかにもチャリティを国民に押しつける作り方がどうにも我慢出来ません。
なので、今回のフジのように、やるなら最初から最後までバカバカしさを貫く方が潔いと思い、土曜の夜中も見てました。
SMAPが(仲居くんですが)あそこまでやるか?というぐらいの熱湯風呂や、身体をはったコーナーもあり、今回はもう一皮むけたアイドルの姿を見たような気がします。
メインは99なんでしょうが、SMAPに押されてましたね。

暴動ですが、多分日本では起こらないんでしょうね。
たまに、東京でもデモとかあるみたいですが、報道規制されてるのか、こんな地方にはまず伝わらないし・・・。
先日、娘が「日本じゃテロって起こらないね~。過去には地下鉄サリンぐらいだね~。日本人って大人しいのかどうなのか・・・」とつぶやいていました。
原発にしても、国民投票でもすればいいのにと私は思います。

話があちこち飛んでしまいました、すみません(汗)

chie様
コメント下さり、ありがとうございます。

日テレの24時間テレビは、チャリティのために製作費(出演者へのギャラも含め)をかけることの愚が言われておりますが、実際はどうなんでしょうね。 私には実情は分かりません。 寄付金のほうが制作費より上回るのであれば、それはそれで意味があるとは思うんですが。

昔はマラソンなんかも、感動して見ていたものですが、今は何のために?という気持ちのほうがまさってしまう。 たぶんこのマラソンの意味は、その人が頑張ってるから、寄付をしに行こう、という視聴者への喚起のためなんだと思うのですが、それを無意味だと片付けてしまうのも、なんとなく冷たいような気もします。 送り手の勝手なあおりに視聴者側の耐性ができた、ということでもあるんだとは思うんですが。

フジテレビの27時間テレビも、私はホントにさんまサンと中居クンのところ以外見たことがないのですが、馬鹿騒ぎするのはテレビの特権だと考えるようになりました。 きちんと見たことがないのに論評をするのは卑怯ですけどね。

テレビって、低俗な部分もあっていいと思う。 

私がガキの頃に見ていたドリフやコント55号なんかも、今にして思えばだいぶ低俗だったと思いますよ。 昔は稽古を積んでその低俗さを見せて、今はアドリブとか偶然性の笑いで低俗に見せている、という違い。 どちらの低俗がより高級か、という議論は、なんか気持ちに余裕がない人の強迫観念みたいに思えます。 下らない、と顔をしかめて批判するのって、自分がガキの頃に見ていた大人と一緒かなあ、なんて。

個人的にはどっちが好きか嫌いか、というわけでもないのですが(どっちも見ないので)、日テレとフジのこの番組は、両方ともテレビという媒体の光と影の部分を余すところなく見せている気がします。

あと、まあ、地下鉄サリン事件は狂人に乗せられた愚行、であってテロとも呼べないと私は考えています。 日本人は確かに昔、日米安保反対のため大勢で国会を取り囲んだ、という事実もあったんですけどね。 大山鳴動してネズミ一匹、みたいな感じでしたけど。 消費税も3%くらいじゃ選挙で大敗くらいはさせられたでしょうけど、いつの間にか既成事実みたいになっている。 20%くらいになれば国家が転覆するくらいの大騒動になるかもしれませんが。 陰でブチブチ文句は言うけど、まあ生活が困るわけじゃないから、結局しぶしぶ従ってるだけ、というのが日本人の本質なんだと思います。

すっごく長い返信になってしまってゴメンナサイ。 地デジとかアナログとかと全然別のことを書いとります(笑)。

私はうっかり「アッコにおまかせ」でアナログ放送とサヨナラしました。
それまではしょこたんや池上さんの出てたNHKを見ていたんですよ。

うふふ。実は件のコールセンターでバイトしとりますっ
もうすぐ終わります。

7/1に左下にカウントダウン表示が出現したときに続き、
24日は超〜〜「わんこソバ」状態。
全国で19万件受信だとか。
チューナーが品薄になってしまって大混乱です。

あんだけ告知してたのに、知らなかったわけねーだろー!
でもマジでデジタル化を理解できてない婆ちゃんも存在するんです…。
デジタルテレビ買ったのにアナログボタン押したまま、ブルーバックの放送を見てた人とかw

10日以上じっくり研修を受けた上で相談にのっておりますが
所詮「無免許医者」と同じ(爆)
かろうじて自分で地デジ化を経験していたんで初期設定の説明なんかはできますが…

私自身、国会で決まったとはいえ
一方的にテレビの買い換えを迫られるのは不服でしたよ
でも、デジタル録画ってラク〜♪

左下のカウントダウンについては
「NHKの受信料払ってるんだから停波まではきれいなアナログ画面をみせろ」ってご意見を承りました。
マジでその通りだと思いました。
でも立場上、同意は叫べなかったのですが。

アンテナについては集合住宅なら大家がなんとかしてくれるもの、という認識でしたが
入居者の負担も増えるんですね…
一軒家の人は台風のたびに電気屋を呼んでアンテナを調整(もちろん有料)してもらう必要があるかも。そちらも大変です。

今回、バイトしてみて
東京タワーから電波が届いて当たり前という恵まれた環境で、ずっとヌクヌク生きてきた自分は、相当恵まれているのだなーと思い知りました。

そして若者はほとんどテレビを見てないけど
お年寄りはテレビにぞっこんなんだな、ということも理解いたしました。

「もう電話に出たくねえええ」と何度も思いましたが、なにごとも経験です。

マイティ様
コメント下さり、ありがとうございます。

「アナログテレビのご臨終」 という歴史的意味のある瞬間に(オーゲサ…でもないです、あながち)、どのチャンネルに最後は合わせようか、考えた末にやはりここはNHKだろう、ということで日曜の午前中2時間をテレビを見ることに費やしました。

最後の1分間、鈴木アナのあいさつが流れるあいだ、さすがにあのうるさかった警告の文字がすっかり消え、ちょっと厳粛な気分になりました。

画面がストップした時点でザッピングはしたんですが、「アッコにおまかせ!」 と 「27時間テレビ」 だけだったかな、ナマ実況みたいのしてたのは。

それにしても…。

ひゃ~、コールセンターでバイトしてらしたんですか! 御苦労さまでございます。

私がもしジイサマだったら、「終わるのは分かっとった、じゃがうちのことじゃないだろうと思っとったんじゃ!」 とねじ込みます(笑)。 「『あと○○日』なんてデカデカと画面に、うるさいとは思っとったが、ひょっとしてアレがそうだったんか!」 とか(笑)。

それとやはり、マイティサンのコメントを読んでいて思いましたが、新しいの買っても、操作ができん(笑)。 初期設定なんて、説明書に懇切丁寧に書いてあるつもりでも、どこか上の空(笑)。 メーカーの説明の仕方に、心がこもってない(笑)。 最近じゃテレビが説明書に代わって率先して説明してくれるけど、やっぱり分からないことが多い(笑)。 お年寄りなんか特にですよね。

マンションの場合はアンテナにかかる電波量が全世帯ともなるとすごくなるらしく、とても従来のUHFで単純に受信できるわけではない、らしいです(インターネットのケーブルにかかる負荷も同じとのことです)(だからマンションの住人がこぞってネットを使えば処理量が落ちて遅くなる)。 結局、アンテナ工事に60万くらいかかったのかな~(スミマセン、もう覚えてない)。 最初その額を聞いたときは、信じられませんでした。

確かにデジタル録画は、楽ですよね。 番組表が画面に出てきたときは、私も感動いたしました。 「いまどきのテレビは、番組表がついとるのか!」 みたいな。 テレビ局のロゴもついていて、そのロゴが変われば番組表のロゴも変わる(NHKBSのロゴがBSプレミアムのロゴに変わったときは、さすがに感動しました)。 Gコード予約なんて、もう意識の彼方にスッ飛びました(このGコードも、今回でご臨終でしたね…)。 Gコード、ドラクエの 「ふっかつのじゅもん」 みたいで楽しかったですけど(んなワケない…笑)。 …で思い出しましたが、「勇者ヨシヒコと魔王の城」 だったかな?ご覧になってますか? 深夜テレビにも精通していらっしゃるマイティ様ならチェックしていると思うのですが、私が今いちばん見たいドラマです(「タモリ倶楽部」 と時間帯が重なって予約録画できない…)。

話があられもない方向に飛んでしまいましたが(笑)、コールセンターのお仕事、あと少しとのこと、陰ながら応援しております。

「勇者ヨシヒコと魔王の城」 見てますよ
あまりのくだらなさに、もう次回はやめようと思った初回。
それが、クセになってくる。
コントだと思えばいいんです。


コルセンはですねえ
(昨日までに22万件の問い合わせだそうw)
別に総務省に賛同してるわけでもないのに
客に対して自分の気持ちとは関係なく接しなければならないのがつらいですw

直接行って面倒を見てあげなければ地デジ化は無理であろう耳の遠いお爺ちゃん、
「余計なことしやがって、ばかやろおおお」という酔っぱらい、
「総務省に物申す(キリッ)」という団塊の世代の人も…いろいろいて大変です。

砂嵐になる瞬間(25日0時ジャスト)には
職場で拍手がおこりました。

マイティ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

やっぱりご覧でしたか! いや~、私はドラクエにはハマったクチなので、それを実写でやったらどれだけ滑稽か?みたいなこのドラマ、見たくて仕方ないんですよ。

しかし四六時中、でもないかもしれませんが、コールセンターの人たちって、文句にさらされているわけですよね。 自分だったら頭おかしくなっちゃいそうですけど。 すごいですよ、マイティサン。 総務省長官が対応すべきだ、とか(笑)。

結局コールセンターに文句言うしか、ないんですもんね。 文句で政府が倒れる日なんて、随分遠い未来に思えます。

いまテレビでアナログつけても、「受信できません」 の警告画面にもならず、まっ黒けです、私のテレビでは。

なんかさびしいです。

あ、クレームばかりではないのですよ
あくまでも受信相談窓口ですから。
技術的なことでツッコまれるのが一番怖いですかねw
もちろん専門の技術担当スタッフがおりますが。
それでも電気屋かメーカーに電話してもらったほうが話が早いんですわ(爆)


「チューナーって屋根につけるの?」とか
シュールな問い合わせもあり、面白いですよw

>結局コールセンターに文句言うしか、ないんですもんね
一応、政策についてのご意見は、ご希望なら総務省の担当窓口にお繋ぎできるんですよ


以前、教育関係のコルセンで働いたときは
ほとんどが感情的なクレームばかりで
職場のスタッフにも責められるし
バイトの無い日も毎日ブルーなので辞めましたw
安い時給でバカバカしい〜♪

あ、そういえば
かつてはテレビを解体したり
屋根にのぼってアンテナ調整をしてた父(工業系です)が
最近は取説を私に見せて
「説明してくれ」と言いますなあ

マイティ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

ヤなことばっかりでもないんですね~。 そりゃそうか。 私がもしコールセンターのマイティサンに電話をかけたら、「地デジの電波って、届かない地域も結構あるそうなんですが(特に自分の故郷である福島の山ん中とか)そういう場合はアンテナとかどうすればいいんですか?」 って訊くかな~。 マイティサンのご返答をお待ちしております(あ、いや、もうたぶんウンザリしてるでしょうから、自分で調べますです、ハイ…笑)。

私のご意見は、おそらく総務省の担当窓口おつなぎ、だと思います(爆)。 「ヤイヤイヤイてめえら!ビンボー人を苦しめるたぁ何事だ!」 みたいな(笑)。

いずれにしても不特定多数の、時には悪意丸出しの人としゃべり続けなければならないのですから、やっぱり大変ですよ~。 お疲れ様でございます。

お父上様も、日進月歩の技術にはついていけないのかな~。 って自分、もうすでに、そうですから!(残念…地デジ斬り)。 Ipodとかミュージックダウンロードとか、さっぱり分かりませんです。

電波の届かない地域はCATVにご加入ください。
それしか思いつきません

マイティ様
ご返答下さり、恐れ入ります。

CATVということは、有料ですよね。 はぁぁ…政府も無策だ…。

暫定的な処置で
BS難視対策というのもありまして
東京の放送を見ていただくんですが…

http://www.asahi.com/digital/av/TKY201107270736.html

福島での記事が朝日新聞に。

マイティ様
コメント下さり、ありがとうございます。

私の田舎も、アナログ時代でも山の上のほうにアンテナ設置したりして、それでも結構電波が悪かったことを思い出します。 しょっちゅう電気屋さんに調整してもらってた。 デジタルって映りが悪いと、アナログの映りが悪いのよりもハチャメチャな画面になりますからね。 まだチリチリがあったほうが見やすいんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ放送終了を看取りました:

» 地デジ移行。さよなら、Gコード。 [.net.amigo]
昨日の読売の1面記事 おことわり テレビがデジタル放送に完全移行するのに伴い きょう23日でテレビ番組表のGコード掲載を終了します。 23日 [続きを読む]

« 「江~姫たちの戦国~」 第27回 修復不能… | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第3回 箱のなかに閉じ込めた思い »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ