« 「それでも、生きてゆく」 第6回 逃げること、立ち向かうこと | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第30回 すごいフィクション »

2011年8月13日 (土)

「テンペスト」 第3-4回 孫寧温の方法論

 琉球王朝の財政を傾かせる主因となっていた、聞得大君加那志(きこえおおきみがなし、高岡早紀サン)の存在。 彼女は王宮の王族神で、王様の首里天加那志(しゅりてんがなし、高橋和也サン)の姉でもある。
 女でありながら宦官として王宮に入った孫寧温(仲間由紀恵サン)はその弱みをこの聞得大君に握られて、このドラマの第2回では、完全にその傀儡になり果てていました。

 そこで展開するドラマはまるで韓国時代劇を見ているような感覚で、聞得大君役の高岡サンはもう悪役そのもの。 ここまであからさまな悪役というのも 「水戸黄門」 以来見たことがない、というほどの徹底ぶりでした。
 それにいたぶられる仲間サンもものすごい屈辱感を容赦なく演出していて、それはそれで面白かったのですが、どうもレビューに起こしてしまうと物足りない構成のような気がしました。

 これが韓国時代劇なら聞得大君の悪辣ぶりが20回も30回も続くんでしょうが(イヤもっとか…笑)、このドラマは全10回。 そんなに悠長なことはやっていられません。

 確かに悪役の非道を引っ張って引っ張って、憎悪を最大限にまで膨らませる、という韓国ドラマの方法は見ていてとても引き込まれるのですが、見る側にも一定の高揚感、というものが必要なのです。 韓国ドラマにはそのパワーがある。

 これはファナティックになれるかなりきれぬか、という国民性の違いだ、と私は考えています。

 ドラマというものに一定の距離を置こうとする日本人は、そういう高揚感に包まれる途上で、我に返ってしまう、冷静になってしまう、という習性がある。
 日本人がドラマを構築する上で、悪役の非道ぶりをこれでもか、というほど描写しきれないのは、自分たちが仮想敵を作ることに長けていない現れなのではないか、と私は考えます(現在進行中の韓国や中国に対するネットにおけるあからさまなネガティヴイメージの増幅は、そのいっぽうで日本人が実は仮想敵国を求めている証拠のようにも思えるのですが)。
 そして悪者にも一分の理、というものを求めてしまうのも、全体の利益を総括的に考えてしまう、同国民の国民性のせいではないか、とも思える。

 だからこそ第2回の韓国ドラマ的な流れに対してレビューに起こすほどのパッションがわいてこない、話の組み立ての弱々しさが露呈していた気も、一面ではするのです。

 けれどもこのドラマ、第3回で、傀儡となり下がっていた孫寧温が、聞得大君に対して早くも反旗を翻す。
 私が驚いたのは、その方法論でした。

 寧温は聞得大君がキリシタンである、という驚天動地のでっちあげを行なって、彼女を王宮から追放するんですよ。
 唖然としました。
 ゴーインすぎ(笑)。
 だって相手は、琉球王国の王族神ですよ?
 言わば教祖様が本当はほかの宗教の信者だった、ってことなんですからね。
 これはつまり、方便だ、何かほかに寧温には真意があるに違いない、…そう思いながら見ていたら、まったくその気配がなし、首里天加那志(あ、ただの語呂合わせです…笑)。

 ここでの寧温の真意を探るとすれば、まず寧温は 「自分の信念のためなら、どんな手段を使ってもそれを押し通す」 という印象を、周囲に与えたがっている、ということになりましょうか。

 つまりこのことで聞得大君に対しても、自分に対する反撃の意欲を、壊滅的ほどではないにしろ、寧温は半減させたがっている。 相手は何をしてくるか分からない、という印象を敵に持たせることで、敵方の戦闘意欲を減退させるのです。
 これはこの壮大なでっち上げに加担させた王妃(若村麻由美サン)に対しても同様の圧迫感を与えるということになる。

 もうひとつ、このでっちあげをあまりに荒唐無稽なものにすることで、聞得大君の評定での申し開きを完全に封じ込めた、という側面もあります。
 聞得大君は案の定、評定の場で孫寧温が女であることを大々的にばらすのですが、彼女がキリシタンであるというでっちあげがあまりにも衝撃的なものであるがゆえに、彼女のその暴露が、まったくその場の人たちに耳を貸されない、という効果となって現れる。
 たぶん寧温の本当の目的はそこだったのでしょうが、結果的に周囲への自らの存在感も印象づけることとなった、そんな気がします。

 そしてその寧温が今回目を付けた、財政の問題点。
 それは琉球が、清国から薩摩への、アヘンの輸入の中継となっていることによる問題なのです。

 寧温は王宮の帳簿を閲覧するという越権行為をわざと演出してみせ、その現場にやってきて横槍を入れる人物によって渦中の人物を特定する。
 そして料理場を調べる、という名目を触れまわることで、大勢頭部(おおせとべ、かたせ梨乃サン)の表情の変化を見逃さない。
 捜査が進展する中で、寧温は一緒にそれを探っていた同僚の喜舎場朝薫(塚本高史サン)とともに評定所筆者(要するに高級官僚、というところかな)の職を追われるのですが、それは首里天加那志の策略のひとつでした。
 この首里天加那志、王様としてはすぐれもので、姉の追放にも容赦がなかったうえに今回のこのフェイント攻撃。 なかなか頼もしい。
 それはともかく、評定所筆者を追われる身となった寧温は、あまりすごすごと引き下がらないんですよ。
 自分の首を切った上の連中にも、自分の言いたいことを言わねば気が収まらない、というところを見せるんですよ。

 「教えてください。
 役人は人に何を与えられますか。
 百姓は食べ物を与え、商人は人々の暮らしを豊かにする品々を与えます。
 役人は人に何を与えられますか?

 それは、道しかありません。

 役人は、人々に道を示すことでしか何かを与えることはできないのです。
 琉球王朝500年の歩みは、そういう役人の道の上に成り立っています!

 この人事が、その道ですか?
 ご自分の歩む道と、胸を張って言えますか?」

 左遷先でふさぎ込む朝薫に対しても、「あきらめたら何も変わらない。 本当の道は、あきらめたときに断たれるんだ」 とまったくめげたところを見せない。
 そして王様の命をあらためて受けた寧温は、徐丁垓(GACKTサン)の証言も得て、阿片密売の黒幕を突きとめていくのです。

 ところで話は変わりますが、ちょっと気になったのは、その寧温の調査中に、薩摩の役人朝倉雅博(谷原章介サン)がアヘンのことを 「腫瘍の痛みを鎮静化し、不眠も頭痛も治す万能薬として売られている」 と話していた部分。
 その常習性中毒性に関しては当時も周知されていたのでしょうが、やはりその万能薬としての効能のほうを、当時は重用されていた部分もあるのではないか?と感じました。
 日本の戦後でも、たとえば芸能人なんかはヒロポンを打って舞台に出ていたとか、よく聞き及びます。 私が好きなビートルズだって、クスリとは縁が切れない関係でした。
 それがいいとは申しませんが、やはり麻薬の問題性が大きくクローズアップされたのは、歴史的に見て極めて最近だ、と言っていい気がします。
 その視点から寧温のやっていることを俯瞰してみると、極めて狭量な正義でもって、悪く言えば杓子定規みたいな正義感を振りかざしているように、見えてこなくもない。
 寧温の行動がヒーロー(ヒロイン?)チックに見えてくるのも、現代的な視点からこのドラマを見ているからなんだろうな、という気は、したのです。

 黒幕の目星がついた寧温たちは、王様によって王宮に糾明奉行として呼び戻され、大勢頭部をわざと襲わせて大勢頭部の口を割らせます。
 この一連の寧温の行動も、実に有無を言わせぬ強引なやり口。 真実究明のためなら嘘も辞さない、という強引さ、です。

 結果ワルモノたちは全員捕縛。 主導者が 「おのれ寧温、末代まで呪ってやる」 とか言うのですが、「宦官は子孫が出来ませんから」 と一蹴され、「ぐぬぬ…」 となる。 流れが速すぎる気もしますが、やはり見ていて爽快でしたね。

 ここで注目だったのは、この大勢頭部役のかたせ梨乃サンが、裏金はすべて下働きの女官たちに配っていた、というくだり。
 第4回では彼女が若い女の子が里帰りするときにお金を持たせてあげていた、というシーンをドラマ中にそっと描写していたのですが、それってかたせサンが下働きの女の子たちを自由に操る策略のひとつ?なんて考えてたら、実は本当に、その裏金で面倒を見ていた、ということだったのです。
 盗人にも一分の理、という日本ドラマの方法論が、ここで生きてくる。
 こうすることで、ドラマに数倍の厚みが生まれるのです。

 さらにダメ押しが、大勢頭部が流刑になった場所が、彼女の生まれ故郷だった、という点。
 「ずいぶん甘い裁きだ」 と感想を述べる彼女に、寧温は、それが王妃の助言によるものであったことを告白。
 王妃は暇を申し出る大勢頭部に向かって、「私は記憶力が弱いのでお前のことはもう忘れた」 と言っていた矢先だったので、この話がとても効果的にたたみこまれる感じになる。
 彼女は王妃の慈悲に、涙するのです。

 なかなか見せます、このドラマ。

「テンペスト」 に関する当ブログ記事

第1回 「琉球ドラマ」 というカテゴリー 
http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/07/1-18f9.html
第3-4回 孫寧温の方法論 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/08/3-4-c00d.html
第5回 GACKTサンの演技が見られることの喜び? http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/08/5-gackt-707d.html
最終回まで見て 感想さぁ~ http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2011/10/post-ebca.html

« 「それでも、生きてゆく」 第6回 逃げること、立ち向かうこと | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第30回 すごいフィクション »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「テンペスト」 第3-4回 孫寧温の方法論:

« 「それでも、生きてゆく」 第6回 逃げること、立ち向かうこと | トップページ | 「江~姫たちの戦国~」 第30回 すごいフィクション »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ