« 「テンペスト」 第3-4回 孫寧温の方法論 | トップページ | 「第43回 思い出のメロディー」 何事もなかったあの時代 »

2011年8月13日 (土)

「江~姫たちの戦国~」 第30回 すごいフィクション

 江と秀忠の結婚生活 「どっちが勝つか」 みたいな意地の張り合いを終結させる方法として作り手が使ったのが、すごいフィクションでした。
 亡き前夫の秀勝のラブレターと脇差、娘の完から取り上げた(笑)赤い風車を後生大事に持っている江。
 自分では 「あんたなんかに興味なし」 と口では言ってても、夫としてのなんつーか、プライドというのはちょっと憚られるなんかが傷ついて(テキトーだなオレも)いる秀忠なのですが、そこからの話がすごい。

 この意地の張り合い合戦、1年を経過しちゃうんですよ。

 そして物語は1年後にスッ飛び(笑)、ふたりの居場所が火事になる。
 そしたら秀忠が、その江の未練たらたらのアイテムを命がけで火の中をくぐり抜けて取ってくる。
 感動した江は秀忠にこれまでの非礼を詫び、ようやくふたりは夫婦になれました、というお話。

 ただしこの際、江は業火もものともしないヒーローを見るようなキンキラキンの目つきにいきなりなってるわけではなく、相変わらずの往生際の悪さで嫌味を言いまくる。

 そりゃ単純にそのことで江が心を入れ替える、という話はあまりにもイージーだと思うのですが、それ以前にうちが火事になるとか、イージーさを先取りしてしまってるから、見たあとスッキリ、みたいな話に、語り部が持っていけないのです。

 火の中をくぐり抜けたり、巨大なセットを燃やしたり、すごく周辺の頑張りが見えるだけに、その頑張りがとても虚しいものに思えてくる。 どうしてこんな話をこれほどマジメに、取り組まなければならないのか、世のはかなさのほうに目が行ってしまう。

 社会って、仕事って、不条理ですよね。

« 「テンペスト」 第3-4回 孫寧温の方法論 | トップページ | 「第43回 思い出のメロディー」 何事もなかったあの時代 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様、毎日暑いなか、冷静なレビューお疲れさまです。

 未来の将軍様の嫁取りですから、ドラマチックなのは、当然なんでしょう。どこかの国じゃないけど、先生の力の入れようもわかります。1年以上もかけて。「描写するのはそこかい」と言ってはいけないですよね。
 
 先生の大好きな秀忠くんの七変化を楽しみましょう。最後は火事の中、愛する人を助けに行き、大事な物を命がけでとってきてあげる。素敵なヒーロー!ここで、家来は誰も止めないのか、追いかけて若殿を助けなくていいのか、火傷させて、叱られないのか、とか思っちゃいけないんですよね。愛なんだから。

 大河ドラマと1ミリも考えないで、イケメンパラダイスとか、なんとかちゃんの執事とかと同類と思えば優しく見られると思います。

 江ちゃんは全然共感できませんでした。家康に「後継ぎ産め」と言われて、むくれてましたが、女は子供を産む道具ではない。というのは、現代だから言えることです。今のお嫁さんが言われたら腹立たしいでしょうが、初ちゃんの訪問の件もそうだけど、先生の封建社会への反発というのを感じました。なのに、イケメンは大好きなんですよね、先生は。京極家の当主には初ちゃんに側室に子供を産ませたことがばれたので、平謝りさせてるし。イケメンに心から仕えてほしいんでしょうね。お姫さまになりたいのは、江ちゃんや初ちゃんじゃなくて、先生ではないでしょうか。

 今日は迎え火を焚いたのですが、明日もお盆。千姫が生まれて、秀吉が亡くなる回でしたっけ。モチベーションを維持できるか、わからないけど、がんばります。暑いですね。

 

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

史実とかはもうどうでもいいんですが、そんなレベルじゃない、ストーリーのためにはどんな作り話もいとわないんだ、というのが今回見ていて強く感じました。 某局の 「イケメンパラダイス」 などよりよほどイケメンが出てるイケパラだというささ様のご指摘は、かなり当たっています。

正直なところ、このクソ暑いのに火事の話はないだろう、という感じだったのでありますが。

どこが悪いからこうなるのだとか、どうもまっとうな論評まで至らない、という感じでして。

私が気になったのは、瑣末なことなんですが、秀忠がもう一度火のなかに飛び込もうというとき、着物を濡らして飛び込んだ部分。 これって現代のレスキューの方法に準じてる気がしました。

でもそんなの、もうどうでもいいんですが。

結局江が折れた理由も、「分かりません」 ですしね。 分かんない分かんないって、それを推測するのにも疲れました。

最終的なキャストが先ごろ、発表されましたよね。 春日局はうわさ通り富田靖子チャンで、またまた年齢的なバランス配慮は全くなし。 春日局までやるっていう根性があったのか、そっちに驚いてしまいました。

 この暑いのに火事の話じゃね。ほんと暑いです。秀忠がレスキューの方法を知ってる?そんな事考えもしませんでした。向井くんお仕事とはいえ大変だなとしか。役者さんは真摯に演技に取り組んでいますが報われているのでしょうか?

 やっぱり春日局は富田さんですか。後継ぎ問題やるんでしょうか?大阪の陣から江ちゃんが死ぬまで3回ですから、どうなるんでしょうね。「淀殿達を殺せ」って大阪の陣で命令するのは秀忠らしくって、先生はそうしたために、お話しをまた創作しなければならなくなったそうです。ご自分でそうしたくせに大変だったとブログに書いてらっしゃいました。フィクションもいいですが、ドラマとして、これ以上破綻しないようにした方がいいと思います。きっと家光も忠長もイケメンでしょう。なにせ大河じゃなくてパラダイスですから。

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

役者さんは与えられたことに対して、職務をきちんと遂行しようとしていましたよね。
ただ昔の役者カタギというものを知っているせいか、「もっと『こんなホンじゃ出来ねえ』とかスタッフとかとぶつかれよ」と思うことしきり。 勝新サンを引き合いに出すのはさすがに酷ですが(笑)。 役者稼業もみんな仕事がないんですかね。

春日局は確か、秀忠と同い年、つまり江より7歳年下だったとどこかで読んだ覚えがありますが、無視しまくりのキャスティングですね(爆)。 話がムリクリだからキャスティングもムリクリ、負のスパイラルを滑落している感じがします。

この暑いのに見てらんないドラマになってきました。 見ていてもっとスカッとしたい。 江の渋面見てるだけでもいやんなってきました。 早く涼しくならないかな~。

リウ様、こんばんは。

毎度のことですが、今回の話には唖然としましたね。秀忠が江を助けに行った時、近くにあった秀勝の形見やら何やらもヒョイッと一緒に掴んでくれば済むことなのに、わざわざもう一度火の中に飛び込むって・・・そのほうがドラマチックだから?って思っちゃいました。それとも、その時は「燃えてしまえ~」って思ったけど、「やっぱりダメだ!江の大事なものなんだから!」って思い直して飛び込んだのかしら・・・いや、そんなはずはない、こいつ(脚本家)ぜってえドラマチックにするために、わざわざやってんだ!な~んて考えてしまいました。

まるで、歩いて五分のところにでも住んでるの?と言いたくなる初が、何かっちゃあチマチマと江のところにやって来るのもイラッとします。だったら観るなという話なんですが・・・どうして観てしまうのでしょうね。

希代加様
コメント下さり、ありがとうございます。

秀忠の一瞬の気の迷いと、わざわざもう一度火のなかに飛び込むというのは、どこかに 「フン、どうなってもいいや」 という自殺願望みたいなものが秀忠にあるせいだと私は感じました。 ともかく。

これまでは私も、(1)悪いところの原因を分析するのが面白い(2)いいところもたまにあるからいいとこ探しが面白い(3)あまりにひどいのでこの先よくなるのでは?という期待で見てしまう、この3点でこのドラマを見続け、そしてレビューも書きたくなる、という好循環をたどってまいりましたが、さすがに今回は、「もうなんかアホらしくなってきた」 という感じでした。

予告で火事になるところは見てしまっていたので、「いつ火事になるのか」 という期待、とも言えぬ期待でドラマを見てしまう始末で、もう途中から 「早く火事になれよ」 と思ってしまう。

結局 「こんな火事なんか本当に起きたのか?」 という思いがぬぐい去りがたく、最後の素直になりきれない江の秀忠への反応に対しても、「こんなところで妙にリアリティをでっちあげようとするなよ」 という目で見てしまう。

それでもまだ、(3)のような期待がぬぐえないんですから、困ったものです。

これまで、文句をぶーぶーたれながらも、もしかしていつか良くなるのではなかろうかとごく淡い期待を抱きながら見てきたのですが、
今回は見た後、深いため息が出ました・・・。
文句も出ないというか、なんだ、こりゃ。というかなんというか。
前にも書いたかもしれませんが、江とか初に武家の娘とか良家のお姫様という品の良さとか覚悟が見えてこなくて、イマドキの女の子が江戸っぽい衣装とセットでぎゃあぎゃあ言ってるように見えてしまうのが致命的に思います。
それでも、今週も見てしまうのかな。

 あの火事ですが、伏見で、慶長伏見大というのが1596年にあったそうで、それを当初からませようとしたものらしいです。秀吉の伏見城の天守閣がくずれたらしいですから。侍女さんの不注意でおきた火事になったのは時節柄のためなのではないでしょうか。私は、是非テロップで「良い子の皆さんは真似しないでください。火事の時は安全な場所に避難しましょう。」とことわってほしかったです。良い子達はつまらないから見てないでしょうけど。意地悪書いちゃった!

 初ちゃんはコントかのろけを言いにくる可哀想なキャラのままだし、この頃は草刈さんが、侍女のかわりにつまらないギャグ担当だし、日曜8時に見るのはきついです。でも、まだ見ているんですよ。この回は「どれくらいひどいのか」と覚悟を決めて見ていましたし、今日の分もあのおちゃらけ秀吉の最後かも(タイトル詐欺がよくありますから)と、はじめ全く興味のなかった秀吉ですが、岸谷さん御苦労さまと言いたいので見ることになるでしょう。岸谷さんは秀勝の役だった人の舞台を演出しているそうです。「レッドクリフ」です。皆さん、次の仕事にさっさときりかえてがんばってほしいものです。


 

さり様
コメント下さり、ありがとうございます。

お江、という人の人生って何なんだろう、ということは感じます。 3回も政略結婚させられて、すっかり世をすねてしかめっ面ばかりしていて(まあ2度目の結婚のときはニコニコしてた)、これからだって姉とも壮絶に別れなければならないし、息子の乳母とは対立するし。 このままじゃ、一生ブチブチ文句たれながら死んでいくんでしょうね。

初にしても、イケメン武将と結婚したけど浮気されてブチブチ文句たれに妹のところに来るだけとか、私がこれまで大河で見てきた 「ネゴシエイター」(茶々と江のパイプ役)の片鱗すら見せない。

まるで現代の女子高生とかがいきなり戦国時代に連れてかれた話のような気がします。

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

その実際にあった大火事と結び付けるのならば、大震災ということに遠慮することなく、大々的に結びつけてもらいたかったですよね。 少なくとも 「JIN」 では恐れず蛤御門の変をぶつけていましたし(あのドラマと比べること自体が間違っていますが)。 見る側に見くびられているから、この火事もまた作り話なんだろうと思われてしまうような気がします。

「完とはもう会わぬ」 などと悲壮感を演出しておいて、秀勝の遺品や完のおもちゃにご執心なのですから、「もう一回脚本の基礎からやり直しなさい」、という感じであります。

草刈サンは 「美の壺」 キャラでやってるのかな?とか(笑)。 キャラ構築が安易なんですよね。

そうだ、タイトル詐欺は常習犯ですからね。 今週死ぬときまったわけじゃないですよね。 「江…」 とか、また秀吉も、今わの際につぶやくんでしょうね(期待を裏切ってくれることを望みます)。

 ごめんなさい。慶長伏見大地震です。火事じゃなくて。地震だったので、震災に遠慮したみたいです。でもjinと比べちゃ、jinが迷惑ですよ。きっと。「坂の上の雲」とならいいでしょうけど。

 「完とはもう会わぬ」で、自分は完ちゃんの思い出の風車を持ってきているんですから、どれだけ、自分が可愛い人なのかと思ってしまいます。秀勝の遺品の刀だって、完ちゃんに残せよと思ってしまいます。豊臣の子だから、置いて行かれたのに。出来当たりばったりなんですよ、このお話。積み重ねがないから、未だに江ちゃんが魅力的にならないです。諦めてますけど。 

 視聴者が諦めたり覚悟して見なきゃいけない大河がかつてあっただろうかですよ。じゃ、見なければいいですけど、何故見ているのでしょう。

 脚本に文句言える役者さんは、ほとんどいません。ジャニーズのキムタクさんくらいでしょう。噂ですが。ひどい脚本と言われた「天地人」もいろいろ言われてたけど、それなりに終わったので、これもどうにかなるのかなと思ったりします。(「天地人」はちびっこ店長の頃と、戦場でスポットライトで、泣いてたのと、最終回しか見てません。)「龍馬伝」の脚本もひどいと言われて批難されたけど、今年に比べたらまともだと思います。秀吉は本当に今日死ぬのか、もう少ししたら見ます。どうして、今年は見る暇があるのでしょう。


 

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

「坂の上の雲」 とでもとても、釣り合いません。 「天地人」 も何もかもぶっちぎっている感じがします。 「龍馬伝」 とも比較してほしくないレベルです

ただ、「火事があった」→「秀忠が江を助けた」→「秀忠が江の前夫と娘のお気に入りの品を業火から救った」→「江が折れた」 という図式のあまりの陳腐さに、ちょっと前回までのダメさ加減とは異質の何か、イャ~なものを感じてしまったんですよ。

それは振り返れば、茶々と秀吉との仲を純粋な恋愛ドラマにしてしまったことと、ベクトルとしては同じ創作だったのかもしれません。 けれどもあのときは脚本家の 「茶々と秀吉は純愛」 という強い意志を感じた。 だから呆れながらもまだ、見せる力にあふれていた気がするのです。

今回は、いかにもとってつけたみたいな理由が、火事だというのがちょっと…。

その、火事なんて滅多に起きないだろう、ということも考慮に入れたと思われるのが、その出来事を、意地の貼り合戦を開始してから1年後に設定する、という乱暴さで解決しようとしている部分。

つまり江と秀忠の1年間を、意地の張り合い合戦でものの見事にスッ飛ばした、ということが、なんか見ていて、すごく嫌なのです(いまさら見ていて不快とか言うなよ、という感じですが、この不快感は今回の話で初めて感じました)。

普通いくら嫌な夫でも、背中を向けて1年以上も寝ていたら、気が変になってしまいそうな気がします。 毎日がドロドロですよ。 顔にすぐ出ると思う。 家康だっていい加減に気づくでしょう。 話が乱暴すぎるんですよ。

まあ、もうここまで乗りかかった船ですので、史上最悪の大河ドラマがどういう結末を迎えるのか、という興味だけで見てまいりますが、失望の度合いによってレビューも短くなり、ついには書かなくなってしまうこともありそうです。 その際はご了承ください。

今日は盆休みでお休みなので、久々にリアルタイムで見ようと思います。 気分次第ですぐさまレビューするかもしれません。

長文のレスになってしまいました。 失礼いたします。

 坂の上と比べてもと言ったのは、jinの方でして、空前絶後の出来の江ちゃんはイケパラ相手でも危ういのではないでしょうか。毒だわ。

 私は「愛しき人よ」の回は、呆れてて、恋愛模様で全くときめかなかったです。恋愛と言えるのか?1年以上も背を向ける寝所の様子を何回も写すくだらなさ。演出も工夫できないかと思います。旦那様は17歳ですから、深い愛を望むべくもないけど、愛を育む回を盛り上げるなら、火事でのヒーローに恋するなんて陳腐な回にしてほしくなかったです。テンペストの予告を見ていると、「大河ドラマ」って江ちゃんが始まる前にでてくるのを、恥ずかしいからやめてほしくなります。

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

まあ 「イケパラ」 は見ていないので滅多なことは申せませんが、この回はどうにもやりきれませんでした、私も。

ただ、今BSで 「秀吉の死」 を見たのですが、今回はなかなかの出来でした。 タイトル詐欺じゃなかったし。 これからレビューに起こそうと思います。 江が中心でないと話が持ち直すというのはやはりなのですが、でもそれまでの江の秀吉への確執もコンパクトに説明され尽くしていて、江も脇役としては光るんだなあ、とあらためて感じました(なんか可愛くないことを書いておりますが)。

その後 「テンペスト」 もリアルタイムで見たのですが、GACKTサンはやはり凄い演技力。 ただ話がなんだか飛び飛びなような感じで、「話のまとまり」 という点では、今回の 「江」 のほうが勝っていた、そんな気がします。

こんばんは。樹里ちゃんと富田さんは同じ事務所ですからね

タイガドラマ様
コメント下さり、ありがとうございます。
事務所の力関係で配役が決まるとすれば、なんかそれだけでいやんやっちゃいますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江~姫たちの戦国~」 第30回 すごいフィクション:

« 「テンペスト」 第3-4回 孫寧温の方法論 | トップページ | 「第43回 思い出のメロディー」 何事もなかったあの時代 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ