« 「江~姫たちの戦国~」 第31回 秀吉に翻弄されまくりだった江の人生 | トップページ | 「胡桃の部屋」 第4回 愛情の足し算、孤独の引き算 »

2011年8月15日 (月)

「華和家の四姉妹」 第6回まで見て、このドラマに対する私の見解

 「華和家の四姉妹」 について書いた、当ブログ第1回目の記事へのアクセスがあまりに多いので、ちょっとその後まともな記事を1回しか書いていないことも併せて、このドラマに対する私の見解を書きたくなってまいりました。 ただし批判になってしまいます。 その点をご了承のうえ、お読みくださいませ。

 このドラマを見ていて不思議なのは、宮崎美子サン演じる、華和家の母親が亡くなった影、というものがとても希薄である、ということです。 昨日の第6回放送分ではようやく主演の観月ありさチャンが、天国の母親にケータイをかけて号泣する、という場面を挿入して、やっと家族の悲しみを垣間見ることが出来たのですが、いずれにしても四姉妹の会話の端々に母親の話が出るにせよ、彼女たちがやってることは母親がいてもいなくても全く変わらない、というペース。 男とのすったもんだが収まらない。

 そして最大の疑問は、華和家の父親である遠藤憲一サンが行方をくらましてしまって、ここ数回全く出てこない、ということ。 どうなってんのかな?

 それと見ていてとてもイライラするのは、男どもが全員ロクでもないキャラなこと。 自分勝手すぎる。

 都合のいい展開とかあり得ない偶然とか、そんなものも相俟っているのですが、オトコの自分から見てもこういう男というのは何せ許せない。 女(三女)と同棲までしておきながら、その女の姉(次女)に恋したり、仕事の重要事をほっぽってもと妻(次女)の密会現場に急行したり、浮気ばかりしているカノジョを信じまくっているうえに酔って別の女(四女)にキスしてきたことをチャラにしてくれとか。 打ちひしがれている四女に眠り薬を仕込んでレイプしようとしている犯罪者までいましたよね。 お前らなんなんだ?女の気持ちをもっと考えろ、と言いたくなる。 世の中って、こんな男多いんですか? いや、モテル男の生態は分からんので…(笑)。

 いっぽうこのドラマの主演である観月ありさチャンも、四姉妹の中ではいちばんドライで判断能力に優れているかのような描写がなされていますが、彼女のやり方だって100%正しい、というわけではけっしてない。 子供をほっぽって妹の同棲相手と一晩何もなかったにせよ一緒にいるとか、自分で疑われるようなことをしておいて、相手が信じてくれるのを期待しているというのは、間違っている。

 そのほかの三姉妹に関しても、けっしてほめられたもんじゃないのですが、ありさチャンを含めてこの四姉妹全員のそれらの行動が、母親が亡くなって間もないのに、やまない、というのがいちばん見ていて不思議なのです。 自重とかしないのかな? 母が亡くなったばかりなので…とか。

 それともこんな事態を引き起こした父親に対する復讐で、皆さんお盛んなのでしょうか?

 私には、よく分かりませんです。

|

« 「江~姫たちの戦国~」 第31回 秀吉に翻弄されまくりだった江の人生 | トップページ | 「胡桃の部屋」 第4回 愛情の足し算、孤独の引き算 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんというか、とっちらかってきてしまいましたね・・・結婚とか恋愛に対していい加減でテキトーな登場人物が多すぎです。(出てこなくなってしまったお父さんも、浮気されていきなり離婚を切り出したお母さんも含め)
原作を読んでないのでどこまでが脚色かわからないですが、奔放でドライで魔性だけど実は弱いところもある女性(東京ラブストーリーの赤名リカ、竹美)と異常にウェットな女性(関口さとみ、今回の社長秘書、桜子)、何考えてるか分からない男性(三上、正ちゃん)、うじうじ系の男性(カンチ、竹美の元夫)、と柴門ふみさんの漫画の登場人物によくあるパターンに思えて、それがまた古臭いなぁ(バブリーでトレンディ?)、と思いながら見てます。彼女の漫画は登場人物が実はバリエーションが多くないように思うのですが、読んでみると終わり方が気になってページがすすんでしまう、でも読み終わったあとに何かザラっとしたものが残るだけで感動があるかというと、ちょっと微妙・・・というものが多いと個人的には思ってます。
今はとっちらかってて何だかなぁ、という感じですが、それでもこの先どう決着するのか、気になってしまうのが柴門パワーなのかもしれません。

投稿: さり | 2011年8月19日 (金) 18時59分

さり様
コメント下さり、ありがとうございます。

私も昔ビッグコミックを通読していたとき、半分レギュラーみたいだった柴門ふみサンのマンガはいくつか読んだことがあります。

柴門ふみサンのマンガに出てくる人たちって、結構フツーの人から見ればどうしようもなく思える人たちばかりなような気もするのですが、柴門サンは登場人物たちに、ある種の諦観をもって接しているようなところがあるのではないか?などと考えたことがあります。

つまり、それが人間なんだよ、どうしようもない、という感じ。

ここではけっして、柴門サンは自分の作るマンガのキャラたちに、心から共感しているわけではない、と思えるのがミソで。
とても冷徹な目で人間観察をしている結果、という感じかな。

だからマンガのラストでは柴門サンの思想が出てくるような感じになる。 それで、最後まで読んで柴門ふみの恋愛論を知りたくなってくる、という感覚でしょうかね。 こういうドラマはあまり見続けることがないのですが、ここまで見てしまっているというのも、それと同じ欲求が自分のなかにあるからなのかもしれないです。

投稿: リウ | 2011年8月20日 (土) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52479526

この記事へのトラックバック一覧です: 「華和家の四姉妹」 第6回まで見て、このドラマに対する私の見解:

» 華和家の四姉妹 6 [生命の意味論]
【送料無料】TBS系 日曜劇場「華和家の四姉妹」オリジナル・サウンドトラック/TVサントラ..... 華和家の四姉妹(2)..... 夏ドラマ全滅!前田敦子も「大コケの視聴率1ケタ半ば」 lrm;2011#24180;8#26376;15#26085;lrm; ... 系火曜よる10時)の12・5%、「ドン・キホーテ」(日本テレビ系土曜よる9時)の12・4%、さらに「絶対零度」(フジ系火曜よる9時)、「陽はまた昇る」(テレビ朝日系木曜よる9時)... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 19時59分

« 「江~姫たちの戦国~」 第31回 秀吉に翻弄されまくりだった江の人生 | トップページ | 「胡桃の部屋」 第4回 愛情の足し算、孤独の引き算 »