« 「江~姫たちの戦国~」 第35回 えいっ!やあっ!たぁ~~っ! | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第11回(最終回) 思いよ、届け »

2011年9月15日 (木)

「ラストマネー~愛の値段~」 第1回 まずは約款を分かりやすくしろ

 NHKのドラマ10、前作 「胡桃の部屋」 最終回のレビューもまだだというのに、新シリーズ 「ラストマネー」 のレビューであります(いいかげんでスミマセン)(なんか需要がないみたいなので、気が向いたら 「胡桃の部屋」 に関しては書こうかなと思います)。

 ドラマ10ではあまり男性が主人公になることが少ないのですが、今回の主役は伊藤英明サン。 生命保険会社に勤めていて、彼の役割は保険金査定人。
 生命保険が適正に支払われるかどうかの査定をしています。

 その性格はとても冷たくて、杓子定規。 笑うことがなく、極度の野菜嫌い。 まずお友達には出来ないタイプの冷徹な人間です。
 そんな彼にもなんか過去に傷がある。
 その傷が、彼を冷徹にしてしまったんだろう、というのは、まあよくあるパターンですが、このドラマの第1回目の主眼は、あくまで 「生命保険に群がる人間の醜さ」。

 ここで提示されるのは、「自動車の転落事故で一家4人(だったかな)が死亡」、というケース。
 同乗していた妻の母親(市毛良枝サン)がひとり、助かっています。

 この場合、保険金(6000万円)の受取人が誰になっているか、というパターンによって違ってくるかと思いますが、たぶんこのパターンは、夫が生命保険をかけていて、妻が受取人だったのでしょう(なんか話がややこしくて瞬時に理解できてないのですが)。
 でも一家全員が死亡、ですから、こうした場合夫の親とか妻の親とか、そっちに保険金が支払われるようなのですが(よく分かんない…笑)、このドラマで初めて知ったのは、「一家全員が"同時に"亡くなった場合、妻方の親にだけ保険金が支払われる」 らしいということ。 知らなかった。 いや、ホントによく分かんないもんで(笑)。 しかしその理屈、よく分かんないな、妻方の親にだけなんて。

 で、したがって夫方の親は黙っちゃいない。

 ここで 「生命保険に群がる人間の醜さ」 を演出するために、この夫方の親(蛍雪次朗サン、木野花サン)を、ドラマではすごく悪く描写するわけです。

 つまり、この両親は息子の結婚に反対で、絶縁状態だった。
 しかも自分とこはお金に困っている。
 で、絶縁した息子をいまさら息子だと主張して息子の保険金を当てにする。

 そこでこの夫方の両親が突っ込みだしたのは、「一家全員同時じゃなく、夫がいちばん最後で生きていたことが証明されれば、こっちにも受け取りの権利が生じるんだろう」 という理屈。

 それは警察では証明できないそうで、その証明を伊藤英明サンが任されるわけです。

 伊藤サンは相棒の査定コンサルタント会社の松重豊サンを引き連れて、事件現場の状況を詳しく探り出します。 そこに随行するのは、同じ生命保険会社の新人社員、中丸雄一クン。 伊藤サンの冷たさにブチブチ文句を言いながら、生命保険とは何たるや、を学んでいく。

 この組み合わせを見て、「なんかサスペンスドラマによくありがちなパターンだよな」 と思うのは私だけでしょうかね。 事件推理ものみたいな感覚なんですよね。

 伊藤サンが着目したのは、事件のただひとりの生き残りである市毛良枝サンの動向だった。 彼女は結局嘘をついていたわけですが、そのことによって結局夫方の業突く張りな両親に、保険金は支払われることとなる(細かい経緯は省略いたします…笑)。

 ここで見ていて感じたのは、話を二転三転させようとして、結局市毛サンがどうしたかったのか、最終的にぼやけてしまったかな、という点。

 市毛サンが事件現場で、火に包まれた妻子を助け出そうとした夫を引き留め、その惨劇を見せないように目隠しをしたその判断は、とっさのことでの混乱もあるのでしょうが、そのことで市毛サン自身の後悔も生み、彼女を苦しめつづけた。
 けれどもそれと、夫が最後まで生きていたことを隠した、という動機とが、うまく合致していかない、というか。

 つまり、市毛サンのダンナであるでんでんサンは、そりゃ向こうの両親が自分勝手で都合がよくて業突く張りだから、そのことに腹を立てている。 でんでんサンがウソをつくんなら、とてもよーく分かるんですが。

 でも市毛サンを見ていると、相手の業突く張りなふたりにそこまで腹を立てているようにも思えないし、ドラマはどんどん種明かしで進行していくし、結局事件現場での彼女自身の後悔ばかりがクローズアップされて、結果的に視点がぼけてしまったように思えたのです(個人的な感想ですのであしからず)。

 で、でんでんサンはこの血も涙も情もない話につくづく嫌気がさし、「そんなもの要らねえよ!そんなに欲しけりゃ全額くれてやる!」 と、保険金受け取りを拒絶(カッコイイ…)。

 中丸クンはこの顛末に、至極納得がいかない。
 中丸クンは見ている私たちの気持ちの、いわば代弁者でした。

 「なんでですか? オレには分かりません! 最初からほっとけばよかったじゃないですか! そうすれば金子さん(でんでんサンと市毛サン)に全部払われたのに。 なのに金子さんにウソまでついて本当のことをしゃべらして、これでよかったんですか? オレには全然分かりません。
 保険は、亡くなった人が愛する人に残す最後のプレゼントじゃないんですか?」

 あんな業突く張りの両親に全額払われるのは確かにおかしい。
 結局向こうの両親は、最後になんとも自分たちが情けないような顔してましたけど、内心はほっとしてますよ。 心の底では、「バンザーイバンザーイ」 なんじゃないですかね?

 ドラマ的な誇張はあったかと思うのですが、見ていてつくづく、人間の醜さが嫌になりました。
 そして杓子定規に情のかけらもなく、真実だけを追求し続ける伊藤サンの姿勢にも。

 彼自身の冷たい心には、これからドラマ上では転換がはかられていくのでしょうが、私が見ていて嫌になるのは、たぶん伊藤サン本人に対してじゃない。
 実際の生命保険会社が本質的に持っているように思われるんですよ、伊藤サンと同じ冷徹さを。 そこが嫌になるんです。

 ドラマの冒頭では、生命保険会社のロビーに映し出された、その会社のCMが流されていました。
 いかにも生保のCMにありそうな、人の情に訴えたCM。
 けれども実際やってることって、「この条件が満たされてないからお支払いできません」 とか、いちいち細かい条件を引っ張り出して来て支払いを渋ろうとすること。 そりゃ良心的な生保のかたがたはたくさんいらっしゃいますが、私がこれまで生きてきたなかでも、若干見られるんですよ、契約条項を盾に取った 「払い渋り」 の実態が。
 その人の健康状態チェックでも、結構いい加減に契約のときは進行していくのに、いざ死亡して支払い、となるとああだこうだって、じゃ口頭だけじゃなくて、もっと厳しく健康チェックせいっての、と思うこともある。

 ドラマ冒頭で、確か契約締結から2年?だかたたないと、自殺した人に保険金は支払われない、という条項を引っ張り出して来て、伊藤サンは保険金の支払いを拒絶していました。 あと2週間ばかり足りなかったからって。
 そりゃ分るんですけどね。
 けれどもどうにかできるよーな気もする。
 不正を働く、っていうレベルまでしなくとも。
 だから中丸クンのようなシロート目線の 「情」 重視の姿勢のほうが正しい、と思われてしまうんですよ。 まあ結局商売ですからね、生保も。

 ただ私が思う、生命保険のウサン臭さの中心にあるのが、あの分かりにくい約款。
 細かいこといろいろ書いてありますけど、あれをまともに読もう、という人って、皆無なんじゃないか、と。
 いちいち複雑にしなきゃならない理由って、なんなんですかね?
 死んだらもらえる、でいいよーな気がしますが(そんな単純すぎてもイカンか…笑)。
 アレを生保の側も、まともに読ませようとしてないし、契約するほうも、まともに読もうとしていない。
 伊藤サンは頑張ってるけど、実はそっちのほうがよっぽど大問題じゃないのかな?

 幸い私が付き合ってる生保の人は良心的ですがね。

 まあこのように、伊藤サンみたいに重箱の隅つつくようなことをして、不正でも見つかればそりゃ手柄ですが、今回の市毛サンみたいなケースでも杓子定規で任務を遂行していく伊藤サンの姿勢には、ちょっと共感できません。

 その伊藤サンのかたくなな心を溶かすきっかけになるのでは、と思わせるのは、先輩の田中哲司サン。 いきなりドラマのいちばん最初で自殺してしまったのですが、だから田中サンの出てくるシーンはすべて過去軸の話になっています。
 彼が言い寄っていた女が、高島礼子サン。 色気ムンムンです、相変わらず。
 その彼女、田中哲司サンに、「私と付き合いたいんなら保険に入ってよ」 と物騒なことを言ってました。
 彼の死が伊藤サンに今後どのように絡んでいくか、まあ別にあまり興味がないんですが(はっきり書くなあ…)。
 伊藤サンの相棒、松重豊サンは、なかなかとぼけた味わいで好きですね。 「ドン★キホーテ」 にしてもそうなのですが、この人はご自分の立ち位置が、とてもよく把握できるかたのような気がします。 この人中心のドラマのほうが見たい気がする(なんじゃそりゃ)。

 何にせよ、見ていてちょっと、人の醜さ、生保の冷たさに嫌になってしまうドラマです(良心的な生保のかたを非難するものではありませんので、くれぐれもご了承ください)。

« 「江~姫たちの戦国~」 第35回 えいっ!やあっ!たぁ~~っ! | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第11回(最終回) 思いよ、届け »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

このドラマは見ていないのですが、伊藤くんの名前が出てきたので、ひとこと。
彼、「高校生レストラン」でいい味出していましたね。
「ふつうの人」を表現できるようになったというか。
これからが楽しみだと思っているんですが。

松重さんは、どのドラマでも存在感がありますね。

惜しむらくは、日本の芸能界では、いい俳優を育てる脚本家、演出家、企画が少ないということ。
最近、若手の俳優さんたちが映画に出ていますが、テレビではできないスケールの大きさや、個性の強い作品で、自分を磨いてほしいです。

約款て本当にわかりにくいですよね・・・。けれども、病気や死亡原因や治療内容は本当に多岐にわたるもので、あれもこれもと詰め込むと、ああいう細かさになってしまうのかな、と。
いわゆる「保険の公平性」というのが、世の中的には払い渋りに受け取られているところも多いと思います。(冒頭の免責期間については、たった2週間、されど2週間なのです。前例を作ったら、悪意のある契約にも対応しなくてはいけない)決め事をシンプルにするとどうなるかというと、抜け道を利用した悪用がはばかるわけで。(このあたり、今後高島礼子さん演じる女性と田中さんの演じる男性が絡んでくるのでしょう)
契約者や受取人が善人か悪人か(やや語弊がありますが)、良心があるか悪意をもっての契約か、が契約する際には問われないという点がリウ様の感じる無慈悲さに繋がっているのかもしれません。

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

伊藤サン、「高校生レストラン」 では、あまりにフツーすぎて、何だか物足りなさを感じてましたcoldsweats01。 ひねりがなさすぎて(笑)。 でもそれをマーシー様のように 「普通の人が表現できるようになった」 という視点から見ることが出来たら、私もこのドラマにもうちょっとのめり込めたかもしれません。

松重サンの演技で特に印象に残っているのは、「不毛地帯」 でしたね。 演出家の意図を分かってらっしゃるなー、という印象がすごくありました(怪人そのもので…笑)。

テレ東みたいなところで、松重サン主役の企画もののドラマをやったら、さぞかしハマるだろうなー、という気はしています。 テレ東のドラマは、有名どころに頼らないいいドラマを作ろうとする真摯な姿勢を感じるのです。
この調子でいけばの話ですが、テレ東ドラマは末恐ろしい存在になる気が強くしますね。

さり様
コメント下さり、ありがとうございます。

世の中私が考えている以上に、保険金をなんとかだまし取ろうというワルイヒトが多いんですね。

契約内容については、がん保険とか、骨折するとまた別の保障があるとか、なんかもうややこしくて(笑)。 疾病症状を細分化することで保障を行きわたらせようという意図なのか、複雑化させてワケ分かんなくさせて自分の優位に話を進めようという意図なのか、と考えた場合、どうしても後者なんじゃないの?って思ってしまう。 だったら病気で入院、いくら以上は保障します・死んだらどんな病気でもこの額は払います、としたほうが、単純で分かりやすい気がするんですけどね。

2週間の件に関しては、やはり故意かそうでないかの見極めによって、ファジーな判断があってもいいのではないのかな?と思ったんですが。 特例なんて全部認めていたら、それこそ抑止が効かなくなってしまいますからね。

まあ、私の周りにたまたま、保険金トラブルの事例が多かった、といただけのことかもしれませんが。
やはりそんなトラブルでは、契約者のほうが法律を盾に取られて泣き寝入りをしてしまうケースを多々見かけたものです。

いずれにしても大金が動くと、人の心っていやがおうにもかき乱されていくものですよね。

ビンボーでよかった…かな~coldsweats01

2話目から見始めましたw
主人公の伊藤クンには、自分也のものさしがあるようで、それは遺族からの泣き落としでも会社の上層部からの脅しでも揺るがない。
なかなかイイ話になってました。

中丸クンが疑問に思うことは
素人の我々が思うことと同じなんですよねー。
ただ、あんな後輩が職場にいたらめんどくさいですなw

私は保険会社の個人年金に加入しとるんですが
知人の紹介で加入したんで、担当者に一度も会ったことないまま払い続けてましたが
ついに「ご挨拶にうかがいます」とな。
チョ〜〜〜〜〜めんどくさい。
電話の印象では、絵に描いたような
ゴリ押し保険のオバチャン。
苦手なんですよ

マイティ様
1週間のご無沙汰でした…って、なんかマイティサン、最近この曜日にばかりいらっしゃる気がするんですが…coldsweats01。 ようこそここへ、クッククック、です(最近あいさつのパターンを変えておりますのでお気になさらずに)。

まだ2話目は見ておりませんが、1話目を見た限りでは、契約とは言えよう分からん理屈だから夫方の両親がガタガタ言い出すんだろう、という感じで見ておりました。 伊藤サンの業務以前の問題として。

私の良心的な保険屋サンも、チョーごり押しタイプですよ(爆)。 底抜けに明るくて、美人(は、よけーか)。 そーゆーのに乗せられて次々向こうの都合のいい保険に乗りかえられていく私なのであります(タメイキannoy)。
ま、話してて面白いのでいいんですが(なんだソレ)。

中丸クン。
フツーその会社の社員になると、こういう業務的に根源的な疑問にはフタをしてしまうのが常なんですけどね(爆)。

ブログを拝見しました。
奥深い考察をされていらっしゃると思いました。
私は、ただ表面的なことを面白く見ているだけだなあと思いました。
また勉強させていただきたいと思います。
どうもありがとうございました。

ラストマネー見てます 様

コメント下さり、ありがとうございます。
ごめんなさい、ラストマネー、見てませんwobbly。 一度台風で時間がずれてしまった回があって、わが録画機器はそんな時間変更にも対応してくれるはずなのに、そのときに限って対応してくれなくて。 それ以来見ていないのです。

こんないい加減な私ですが、もしよろしければ御贔屓にしていただけたら、その喜びにまさるものはありません…。

何かスゴく感じが悪い…

子供を誘拐まがいな事して、何で捕まらないかんのかな…(-_-#)

この佐々倉件に関しては、見てて腹立って腹立って…

如月が働き先に行って、やれ保険金殺人だ、3人殺したとか…
ありえへんやろ~

挙げ句のはてに、誘拐…
殴られる原因は自分やし…

佐々倉親子をバラバラにして、子供を一人にして…
あ~納得いかん(-_-#)

確かに、横村さんの場合は確かに殺人と言うか、誘導してるけど…

他の2人は、楽しい人生を送れたのやから、何があかんのやろか…

佐々倉を殺したのは間違いなく、向島や!!!

かりめろ様
コメント下さり、ありがとうございます。

ウワ、かりめろ様のコメント、まるでワケが分かんないんですが、そんな納得のいかない展開になっちゃったんですか? 先のコメントにも書いたとおり、私このドラマ、予約録画が失敗した時点から、拝見していないもので…。

こうなるとがぜん見たくなってまいりました(なんやソレ)。 集中再放送、してくれないかなぁ? そんなのを見てるヒマがおんどれにあるのか? と詰問されてしまいそうですが…bearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52735111

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラストマネー~愛の値段~」 第1回 まずは約款を分かりやすくしろ:

« 「江~姫たちの戦国~」 第35回 えいっ!やあっ!たぁ~~っ! | トップページ | 「それでも、生きてゆく」 第11回(最終回) 思いよ、届け »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ