« 「江~姫たちの戦国~」 第37回 疑心暗鬼の果てに… | トップページ | 「ドン★キホーテ」 最終回まで見て 感想だゴルァァ! »

2011年9月29日 (木)

点鬼簿2011…まだ今年は途中ですが

 ここ最近、杉浦直樹サンとか、滝口順平サンとか、いろんな人の訃報を耳にしながら、ちょっとうっちゃっていた部分があって。
 通り一遍の追悼しかできないことが主な原因ですが、なんとなく一口コメントでもいいので書きたくなってきた。

 で、あらためてどんなかたがたが亡くなったのか、ウィキの 「訃報2011年」 という項目を見てみたのですが、世事に疎いことがあらためて浮き彫りになった、というか、「えっこの人亡くなってたんだ」 というのが次々分かって。

 とりあえず次から次から書いていきたいと存じます。

 中島徹サン。 マンガ家。 3月26日大腸がんで死去。 享年47。
 小学館 「ビッグコミック」 関連で 「玄人(プロ)のひとりごと」 とか、「五月原(セクハラ)課長のつぶやき」 とか、枚数の少ないページでギャグマンガをやってました。 相当笑わせてもらったなあ。 学年的に私のイッコ上だった、というのも驚きでしたが、亡くなられてたんですね…。 最近マンガ雑誌を、とんと読まなくなったもので、存じませんでした。

 出崎統サン。 アニメ監督。 4月17日肺がんで死去。 享年67。
 このかたが亡くなったときは、ちょっと記事にしようかと思ったのですが、私以上にこのかたを論じることのできる諸氏はおられるので書かずじまいでした。
 言わずと知れた 「あしたのジョー2」「ベルサイユのばら」「エースをねらえ!」 などのアニメ監督ですが、今ここにあげた3作品のアニメ版を思い起こすだけでも、「みんな顔が似てた、画風が一緒だった」 というのが分かる気がします。 「出崎顔」 と言ってもいい気がする。
 そのほかにも、この人の作品には出崎色がかなり強くて、ストップモーションとか光の写り込みの多用とか、登場人物のニヒルさが原作よりかなりアップするとか、独特の世界観を持っていた人でしたね。 個人的な好みでいうと、原作に思い入れのある作品については、「う~ん…」 という感じ。 ただ原作の持つ子供っぽさをクリアしていた点は、素直に評価できるように思えます。

 長門裕之サン。 俳優。 5月22日、77歳にて死去。
 このかたが亡くなったときに記事にしようかと思いましたが、気の利いたコメントがなかなか思いつけずリタイア。
 最後は結局奥様の南田洋子サンのあとを追うように、という感じだったですね。 南田サンの病状をテレビで公開したときも、いろいろ言われたけれど、それはそれでよかったんじゃないでしょうかね。 いまはいろんなことを言う人が、多過ぎる気がする。
 私にとっての長門サンは、なんと言っても 「池中玄太」 でしたね。 鬼の編集長、「楠公さん」 役。 「池中玄太」 は、松尾和子サン、三浦洋一サンがすでに鬼籍ですよね。 もうずいぶん昔のドラマになっちゃうんだなあ。
 そうそう、「赤い疑惑」 で友和クンの父親役、相良教授、というのもありました! 近年では 「篤姫」 の、島津の殿さま。 高橋秀樹サン演じる島津斉彬公の父親役だったと記憶してますが。 女を侍らせて、憎々しい演技。
 「ミュージックフェア」 の司会者おふたりが、もうこの世にいないんですね…。

 平田隆夫サン。 ミュージシャン。 6月12日、72歳にて没。
 「ハチのムサシは死んだのさ」 で有名でしたけど、私的には 「悪魔がにくい」 ですかね。 うちに叔父の買ったシングル盤があったんです。 NHKBSの歌番組で、近年も数回見た記憶があるので、ちょっと驚きました。

 中村とうようサン、音楽評論家。 7月21日、79歳。
 ちょっとこの訃報には驚きました。 しかも死因が自殺? 79歳というのも驚きでしたが、将来を悲観するには、天寿を全うされるべきお歳なのではなかったでしょうか。
 このかたの評論というのは、ほとんどまともに読んだためしがないのですが、それは私が興味のないミュージシャンばかり採り上げられていたから(笑)。
 実は私の人生で初めて自発的に買ったLP(アルバム)、ジョージ・ハリスンの 「オール・シングス・モスト・パス」 で、評論を書かれていて。
 この3枚組LPは 「ロック界の金字塔」 という称号が与えられていて、だからだったのか、当時を代表する音楽評論家のかたがたが4人も評論を載せていらっしゃった。
 福田一郎サン、糸居五郎サン(このかたはDJと言ったほうがいいかも)、木崎義二サン、そして中村サン。
 中村サンの書きっぷりは若々しかったけれど、ジョージより年上だった(笑)。
 近年では 「レコードコレクターズ」 で文章を見た記憶がありますが、やっぱり私の興味とは合わなくて読んでなかった。

 小松左京サン、7月26日没。 享年80。
 緻密なSFを書くかたでいらっしゃいましたね。 私が思春期を迎えたころ、SF小説ってNHKの少年ドラマシリーズでよく採り上げられていて、眉村卓サンの 「なぞの転校生」 とか、筒井康隆サンの 「時をかける少女」(テレビシリーズでは 「タイムトラベラー」)とかよく読んだものでしたが、小松左京サンのものは、それとは格段にグレードアップした読み物で。 設定の緻密さとか想像力のたくましさに、圧倒され続けました。
 特に 「復活の日」 は、読み倒しましたね。 「日本沈没」 のほうは、読んでないのですが。
 考えれば角川映画とタイアップで、当時はよく小説も読んだものだ。 「映画を見るのが先か、小説を読むのが先か」、なんて言葉に踊らされて(笑)。

 その角川映画 「人間の証明」 で主題歌を歌った、ジョー山中サンも、この世を去りました。 8月7日。 享年64。
 「人間の証明」 もものすごいインパクトでしたけど、私にとってジョー山中サンは、映画版の 「あしたのジョー2」 のエンディングテーマですね。 すごくテンポが遅い曲で、レコードの回転が遅いのかと思った(って言っても分かんない人が、今は多いんでしょうかね…)。 でもそれが却って、かなりの衝撃で。 テンポが遅いのにかぶせて、「あしたのジョー」 の原作での最終ページの、あの印象的な絵が、ゆっくりとゆっくりと、遠ざかっていくんですよ。 逆だったかな。 確かテレビ版と、ズームインするのかズームアウトするのか逆だった気がするんですが。
 そのアニメに携わっていたのが、出崎統サンでした。 アニメ版 「ジョー」 のこの両方の演出は、私も手放しで讃嘆いたします。

 ちょっと前後します。

 前田武彦サン。 司会者。 8月5日没。 享年82。
 「夜のヒットスタジオ」 の印象はあまりなくて、土曜日だったかなあ、夕方あたりからやってた番組の印象が強くて。 なんていったかなあ、番組名。
 いま調べたんですが、ウィキには項目だけで詳細が載ってなかったけれど、「前武のヤングアップ」、という番組だったみたいですね。 テレビ朝日の。 当時はまだNETテレビだったかな?
 「永六輔の土曜ワイド」 でもたびたび出てらっしゃってた気がしたのですが、生前最後のご出演も、この番組だったらしいですね。
 この人のLPも、叔父が持っていたやつがあって(笑)。
 「マエタケのおしゃべりジョッキー」 っていう題名(誰も知らんだろうなー…爆)。 この人がおしゃべりをして、東京キューバン・ボーイズが演奏をする。 うちの叔父には、ビートルズを教えてもらった多大なる恩があるのですが、こーゆーLPも買っていた、というのはなんつーか、…コメントを差し控えさせていただきます(爆)。 いま私が手元に持ってるんですけどね(笑)。 レコードプレイヤーがないからって、プレイヤー持ってる私に預けっきりで(笑)。

 プロ野球審判の平光サンも亡くなってたんですねぇ…。 8月9日、享年73。
 巨人が昔は大好きだったので、たぶん何度も後楽園球場で見たと思います。
 でも審判なんて、球場ではほとんど意識しませんけどね。 でも私の中では 「球審平光」 というのは、ほぼ決まり文句みたいなものでした。

 日吉ミミサン。 歌手。 8月10日。 享年64。
 この人はバラエティ番組に結構出ていた印象があって、ウィキで調べたら 「オレたちひょうきん族」 をはじめとして、「霊感ヤマカン第六感」「底抜け脱線ゲーム」 とかにもお出になっていたみたい。 懐かしいな、これらの番組。
 「男と女のお話」 は定番ですけど、この人の曲で思い入れがあるのは、中島みゆきサンが阿久悠サンと組んだ異色曲、「世迷い言」 ですかね。 「カタリと変わるデジタル時計」 とか、当時あったわあった、というアイテムも出てくる曲ですが、この曲の締めの部分、「世のなかバカなのよ」(上から読んでも下から読んでもこの文句です)って、今でもたまに思うことがある名文句で。

 竹脇無我サン。 8月21日。 享年67。
 この人が亡くなったとき、「もしや…」 と思ったのですが、天寿を全うされた形でした。
 それだけ竹脇サンが罹られたうつ病のインパクトが強くて。
 確か 「岸辺のアルバム」 で、八千草薫サンの浮気相手だったと記憶してるんですが。
 二枚目俳優というのは、なかなか生きづらいのかなあ、なんて考えたときもありました。

 そしてその 「岸辺のアルバム」 で、八千草サンに浮気をされてしまうダンナ役だったのが、杉浦直樹サン。
 一時期育毛剤のコマーシャルに出ていらっしゃいましたよね(笑)。 「プッシュプッシュプッシュ」 とか(だったかな?)。 髪の毛がいよいよになって、そのコマーシャルの効果なしと判断されたのか、いつの間にか降板してましたけど、それってこっちの単なる憶測か!(笑)
 杉浦サンがお出になっていた山田太一サンの 「鳥帰る」 という単発テレビドラマが、田中好子サンが亡くなったときに放映されていたんですよ。
 山田太一サンの世界を確実に体現できる、希有な役者サンだとあらためて感じていました。
 9月21日没。 享年79歳。

 また前後いたします。

 滝口順平サン。 声優。 8月29日、80歳にて没。
 「ぶらり途中下車の旅」 やドクロベエを筆頭として、もう数え切れないほどの出演作がある滝口サンであります。
 いま、これほどの個性のある声優さんって、誰かいるでしょうかね?
 昔の声優さんは、本当に個性のある声をしたかたが、おおぜいいらっしゃってた。
 私は、それは声優さんたちが出演される番組に、人間以外のものが多かったためなのではないか、と推測しています。
 そして特別に声色を使わなくとも、容易に判別できるだけの確固とした個性が、それぞれのかたに備わっていた。
 いま、そんな声優さんたちは、もう相当の高齢のかたばかりです。
 つまり 「個性のある声優」 さんはもうこの先、先細っていくばかりなのです。
 人間に個性がなくなり、世の中にパワーがなくなっていく。
 そんな因果関係を、滝口サンの訃報に際して私は強く感じました。

 大場啓二サン、私の住んでる世田谷区のもと区長サン(世田谷以外ではあまり有名じゃないか…)。 9月1日死去。 ものごころついたときから 「世田谷区長と言えば大場」 でしたからねー。 世田谷区民としては、特別な感慨があります。

 五十嵐喜芳サン。 声楽家。 「コメットさん」(大場久美子版) のお父さん役だった人です。
 なぜこの人のことを採り上げるか、というと、高校の頃、この人の公演か何かを、レクリエーションか何かで高校単位で見に行ったことがあって。
 当時の我々は、こうしたお仕着せの行事にとても投げやりな部分があって、この人が舞台に登場するなり 「コメットさーん」 だの野次を飛ばしまくり、五十嵐サンが歌っているのにいつまでも私語がやまないだの、もう失礼の極致をしまくりまして。
 私は表面上優等生でしたから(ハハ…)、そんな鑑賞態度にものすごく腹が立ったのですが、当然この鑑賞態度はその後高校あげての大反省会へと発展いたしまして。 全員が反省文を書かされました(高校生にもなってこんなことは、末代までの恥であります)。

 その節は大変失礼をいたしました。 心よりのご冥福をお祈り申し上げます。

 マータイサンも、亡くなってしまいましたね。 9月25日。 享年71。
 「モッタイナイ」 はなんか、毎日新聞が元ネタらしくて、件の新聞は一時期、やたらとこの言葉を喧伝してました。

 気付けば、どんどんと 「そして誰もいなくなった」 状態。 「パネルクイズ」 も児玉清サンがやってないし、原田芳雄サンの新作は見ることが出来ないし。

 それにしても亡くなられるかたがたの、年齢もさまざまなのですが、私の両親もその年齢に差し掛かっていることは、ちょっと私に暗い影を投げかけます。 まだかくしゃくとしてますけどね。 人間、いつどうなるかは分からない。
 かく言う私もそうですけどね。
 このところ、仕事がきついと、立ち直りがなかなかできない。
 意味不明の頭痛に襲われたりすると脳の病気とか、変に胃が痛いと癌とか、気になる歳になってまいりました。
 でもまあ、前だけ向いて、生きてくしかないですよね。

 追記 なお、単独記事で言及したかたがたの訃報については、割愛いたしました。

« 「江~姫たちの戦国~」 第37回 疑心暗鬼の果てに… | トップページ | 「ドン★キホーテ」 最終回まで見て 感想だゴルァァ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52862689

この記事へのトラックバック一覧です: 点鬼簿2011…まだ今年は途中ですが:

« 「江~姫たちの戦国~」 第37回 疑心暗鬼の果てに… | トップページ | 「ドン★キホーテ」 最終回まで見て 感想だゴルァァ! »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ