« 「それでも、生きてゆく」 第10回 届く思い、届かぬ願い | トップページ | 「ラストマネー~愛の値段~」 第1回 まずは約款を分かりやすくしろ »

2011年9月12日 (月)

「江~姫たちの戦国~」 第35回 えいっ!やあっ!たぁ~~っ!

 秀忠が戦に駆り出されて、「いつも戦のたびにお城は静かになる」 という感慨にふける、江と乳母。

 ところがその静寂を破って、おおばの局さんが女衆を引き連れてお城を練り歩きます。 「えいっ!やあっ!たぁ~~っ!」 となぎなたを振り回しながら自衛訓練兼火の用心。 マッチ一本火事のもと。

 「すごいのう…」
 「すごいです」
 そしてタイトルバック。

 大タメイキ(笑)。 また今回も下らん話が始まるのか、と思ったのですが、今回の話のメインは、京極高次と初、そして秀忠と真田。 話が江を離れると途端に引き締まってくる、「『江』 の法則」 がまた証明された格好です。

 ただしまあ、見ていてグダグダなのはもう戻りようがなくて。 あれよあれよという間に関ヶ原。 まるで天下分け目の一戦、という緊迫感がない。 名だたる戦国武将が、ことごとく字幕扱いだから、話のスケール感が、まったく伝わってこないのです。 こんなに軽ーい関ヶ原を見るのは初めてだ。

 そのなかで最もクローズアップされるのが、その関ヶ原に遅参する、秀忠の心の動き。

 いっぽうでクローズアップされていた、京極高次の豊臣か徳川か、という葛藤のほうがサマになっていたため、この秀忠の葛藤というものが、とてもチープに思えてくるのですが、そのチープ感を下支えしているのが、秀忠が回想する、江の言い分なのです。

 いわく、「総大将など、あなた様に務まるのですか」。

 「自分は戦に向いてない」、とした秀忠の思い込みに、この 「下げまん」 女房のしたり顔の指摘が手かせ足かせとなって、戦場での秀忠の判断能力を著しく失墜させる、という構図を、このドラマは採用するのです。

 すげえな。

 話の矢面に立たなくとも、じゅうぶんに男の生きざまに悪影響を及ぼす。
 なんて女だ(笑)。

 関ヶ原遅参の大きな原因となった真田攻め。
 そこで多くの自軍の兵士が犠牲となり、自らの判断が大きく人の命を左右することに、秀忠はおののきます。
 ここらへんの描写は、戦慣れしていない人間がいきなり総大将になった戸惑いを、じゅうぶんに描写していると感じました。
 ただそこに江の訳知りの指摘が関与しているのかと思うと、ちょっと情けなくなってくる(笑)。

 判断の取り間違いで大きく出遅れた秀忠。
 馬上でうつらうつらして、落馬してしまいます。
 そして、完全に出遅れた、と悟った秀忠は、地面にへたりこんだまま、自虐的に笑ってしまうのです。

 ここ。

 奇しくもこれと似たような場面を、今放送中の傑作ドラマ 「それでも、生きてゆく」 で見たばかりだったので、その自虐的な笑いの悲壮感の、あまりの雲泥の差には、ちょっと複雑な気持ちになりました。

 つまり、ここで秀忠は、どうして完全に出遅れた、と悟ってしまったのか、という説明が、完全に抜けている。
 だからフツーに見ていると、「なんだ簡単にあきらめるもんだなあ」 と見えてしまうのです。
 このドラマは万事がこの調子。
 京極高次の決意に従う初の演技は、今回見ものだったのですが、感動的な演技をしていると感じるいっぽうで、やはりずいぶん最近真面目だよなあこの人、という印象がついてまわってしまう。 それまでな~ンも考えてないお姫さまとして、作り手が描きすぎたせいです。

 そしてこの回のラストを締めくくるのは、冒頭の 「えいっ!やあっ!たぁ~~っ!」 を、江も乳母も一緒にやっているシーン。
 統一感を持たせたつもりなんでしょうが、「ああ江って、戦争反対とか言ってる癖に、結局な~ンもしてないのね」、という感想を、見る側が抱いてしまいやすくなるのです。 平和だなあ…。 えいっ! やあっ! たぁぁ~~っ! 脚本斬りっ!

 いずれにしても江が出てくるシーン以外は、結構見ごたえがあった気がします。
 どうしてこうも作り手から虐げられるんでしょうね、上野樹里チャン…。

« 「それでも、生きてゆく」 第10回 届く思い、届かぬ願い | トップページ | 「ラストマネー~愛の値段~」 第1回 まずは約款を分かりやすくしろ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

「戸締り用心、火の用心」っていつ言い出すのかドキドキしました・・・。
そしてあんなに長い薙刀は、せめて庭で振り回してほしい。
お初の戦場姿とセリフが今までと中の人が違うんじゃないか、というくらい凛々しく美しかっただけに、最後のえいやあ!が白々しかったです。
秀忠の諦念の笑いと洋貴の笑い。私は昨日の昼間に第10話を観終わったばかりだったので、あまりの違いに「あ、向井さん銀歯だ・・・」とか思ってしまいました。

 江ちゃんのシーンがない方が、良かったと私も思うけど、それだと狂言回しにもならないし。樹理ちゃん気の毒です。

 良かったところは、初ちゃん、一番オトコマエでした。お菓子姫とは思えない。水川さんの声は難点があるけど、初は凛々しかったです。龍子さんのおよよ演技のアシストもあって。京極家としては、あれでも頑張ってます。

 秀忠の遅刻が「幻の関ヶ原」なんですね。秀忠くん不甲斐なさ全開、向井くんにここまで、ダメ武将をやらせるとは。先生はSなのかしら?

 秀忠の武者修行の関ヶ原のはずが、間に合わない。でもこの家康さん、秀忠が遅れるのは想定しているのかと私は思ってました。戦が得意な二男より、戦が不向きな秀忠を大将に据えたのだから、そういうリスクもタヌキさんは計算済みかと思ってました。でも違うみたいですね。秀忠が武将としては不出来なので、家康存命中に豊臣を潰す作戦にこれから突き進むとか。向井くんの奮闘、秀忠のもがき、あがきが虚しくって、ニヒルに偉そうな事を言っていても、実力が伴わないと何もできない。草食男子への先生からのゲキがとんでいるようでした。

 残念だったのは、江ちゃんのシーン。冒頭の侍女さんとのおまぬけシーンはもう恒例だから、スルーして、家康に秀忠に「無理をさせないで」と頼むのは、初ちゃんのように、夫を信じられないものかと思ってしまいました。おおば様が写経中の江ちゃんを訪ねてきたシーンの馬鹿馬鹿しさ。このドラマの常とはいえ、ドラマがとってもお安くなっている気がします。なぎなた練習も「その時妻は」なんでしょうけど、戦争の悲惨さとの乖離がはげしくって、秀忠のがんばりも遠い世界にしてしまったと思います。これが、江ちゃんのクオリティだからしょうがないのでしょうね。この数回では、まあまあ面白かったです。

 


さり様
コメント下さり、ありがとうございます。

向井クン、銀歯でしたか。 偶然とはいえ比較してしまうことには、ちょっと躊躇してしまいましたが。 でも役者が違う、というのじゃなくて、ホンが違う、ということでこれだけ雲泥の差が出来てしまう、ということですので…。

結局写経とかなぎなた訓練とか、江が何の力にもなっていないことが浮き彫りになるだけで。

すごい疎外感の演出です。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

おおばの局が結局道化役になっていることに不満の橋本です(笑)。 「化け物~!」 とか、加賀サンをなんだと思ってらっしゃるのでしょう、あの脚本家は(亡くなったら後味悪いとか言いながら、結構好き勝手書いてます…笑)。 自分の役者の好みで上げたり下げたりしている気がしてならない。

だから今回の向井クンに関しても、私は結構秀忠の苦悩をリキ入れて描いてるな、エコヒイキだ、と思いながら見てました。 戦場初心者の未熟さを、とてもよく描いていたと思いますよ。
まさにささ様ご指摘の通りネット引きこもりヒッキーとか草食系男子に向けたメッセージ全開、という感じでした。
京極高次も、この脚本家斉藤工のファンだな、と思いながら見てた(笑)。 カッコよすぎる。
それのバックアップで初も、カイコから蛾、ではなく蝶にまでと見まごう程の変身ぶりで。

その結果、またまた江はどーでもいい役まわり。

カワイソーすぎる。

なんか恨みでもあるのかな。 マジでそう感じます。

あと、幻の関ケ原って、やっぱりなんか、戦場自体がマボロシチックでしたね。

なぜなら 「これって過去の大河からヨッコしてきたの?」 と思えるほどの乖離ぶり。 家康の本陣とか、まるで別の場所、という感覚なんですよ。

過去の大河では、兵士たちのモブカットのなかに武将大将が紛れ込んで一体化していた。

どおーも、いかんです。

そういえば、写経もしてましたね。
江ちゃんが可哀想なのは、写経も薙刀のお稽古も、どれも暇つぶしにしか見えないという点でしょうか。秀忠の帰還を祈ってるようにも、お家を守ろうとしているようにもなぜだか見えてこないのが、切ないです。
脚本ひとつでここまで物語の深みに差が出るというのを、このところヒシヒシと感じています。
向井さんはゲゲゲ前からの好きな俳優の一人なので、今回はとても残念です。

さり様
再コメント下さり、ありがとうございます。

「写経…そうじゃ、写経じゃ!」 って、「そうだ、京都行こう」 みたいな感覚ですからね(爆)。 軽すぎるんですよ。

「えいや~た~」 もおままごとみたいだし。

自虐の笑いのところでははからずも比較対象が出てしまいましたが、向井クンの演技はなかなかだと私は感じましたです。 「江以外は」、みんなそこそこイケてた回だった…いや、「江と乳母と、おおばの局と、龍子と…」(笑)。

それにしても向井クンを 「ゲゲゲ」 以前から注目されていたとは…。 向井クン、「のだめ」 にも出ていた、とウィキで知って、あらためて保存していたDVDを見返してしまってた私でございます。

 加賀さんは結構、楽しんでいらっしゃるように見えます。というか、プロというべきでしょうか。でも化け物はひどい。是非、おおば様が後継ぎを正室の江ちゃんにしつこく望む理由が知りたいです。今川の人らしいですが。築山の事を思ってだったら、ちょっと先生を見直すんですが、ちがうでしょうね。

 先生が向井くんの半分でも江ちゃんを愛しく思ってくれたら、江ちゃんがお邪魔虫でしかないという風にはならないと思います。主役なので、どうしても絡まないといけないので、家康との話し合いがあったのでしょうが、旦那のさげまんになるなんて。心配しているにしても、もっと違うセリフがあるでしょうと思ってしまいます。

 戦闘シーンはやっぱり使い回しなんですか?お金がかかるので、わざわざ撮らないのでしょうね。
 清盛のロケをすっごく派手にやったそうなので、江ちゃんじゃあんなものでしょうね。向井くんが馬に乗っていただけでも良しとするしかないでしょう。来週は三成退場かしら?誰がどんな覚悟をするのか見当つきませんが、多分主役は秀忠くん?
樹理ちゃんは、しなやかに演技ができると思っていたので、今の状況は気の毒です。見せ場とか出演時間とかじゃなくて、江に魅力がない事が一番可哀想です。先生、江ちゃんも愛してください。
 

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

おおば様の跡継ぎ欲しがる理由って、田渕女史はな~ンも考えてない感じがしますけど。 おのこおのこって、家光が生まれたときの感動を演出したいんじゃないでしょーか(私もいーかげんに考えております…笑)。

思えば上野樹里チャンに対する脚本家の苛烈ないじめは、その初登場時の実年齢が7歳だったときから始まってましたね。 いくらなんでも24歳の娘を7歳だなんて、今年の大河ドラマの迷走の原点、と呼べるような気がする(確か1回か2回からでしたかね…?)。

その軽ーくて斬新な歴史の解釈の仕方で、私も当初このドラマを買っていたんですが。
「斬新」 は見る間に 「あり得ない」 になり、「あり得ない」 はその先の 「呆れてものも言えない」 に発展していく(爆)。

まあ、ものは言ってますけど(これが結構楽しかったりする…笑)。

なんか使い回しの匂いがぷんぷんいたしますね、合戦シーン。

つまりその戦場のなかで誰も有名どころが登場しない。 顔の判別の出来ない雑兵たちがモブシーンを受け持っているけど、どのドラマだろうと使えそうな感じです。 教育テレビ(あ、Eテレか)の歴史の番組でも使えますよ、肖像権がないから。

ホント、こんな軽ーい関ケ原って、ん~、やろうと思えばできるんですね(すごい皮肉…)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江~姫たちの戦国~」 第35回 えいっ!やあっ!たぁ~~っ!:

« 「それでも、生きてゆく」 第10回 届く思い、届かぬ願い | トップページ | 「ラストマネー~愛の値段~」 第1回 まずは約款を分かりやすくしろ »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ