« 「江~姫たちの戦国~」 第33回 素材の面白さを殺すもの | トップページ | 「ザ・ヒットメーカー~アイドル伝説 作詞家 千家和也」 ここではないどこか »

2011年9月 4日 (日)

「仮面ライダーフォーゼ」 ブッ飛びまくり…(笑)

 自分でも見るテレビの幅の広さに卒倒しそうになってしまいますが、「平成仮面ライダー」 の新シリーズについてであります。

 最初にこの新ライダーの変身フォームを見たときの失望といったらなかったんですが(爆)。
 トンガリ頭っていうのがヒーロー的にまずあり得ない(笑)。
 あれはロケットを模したものなんでしょうね。
 でも却ってそこから、カッコイイ、という概念を根底から覆そうとしている作り手の気構え、というのも垣間見えるのです。

 振り返ってみれば自分が物心ついたときから見ているヒーローものって、「カッコイイ」 というのは基本だったのですが、今にして考えれば、「ジャイアントロボ」 も 「ウルトラマン」 も 「マグマ大使」 も 「マジンガーZ」 も 「仮面ライダー」 さえも、カッコイイという概念から遠く離れている気がする。

 本当に自分が 「このキャラはカッコイイなあ」 と思ったのは、ウルトラマンシリーズではウルトラマンタロウが最初だったし、仮面ライダーではアマゾンが最初だった。
 ロボットものでも 「ゲッターロボ」 は合体ものとして刺激的でしたけど、フォルムとしてはイマイチな感じがしたし、マジンガーZの発展形であるグレートマジンガーも、マジンガーZが少々カッコよくなった程度、という印象でしかなかった。 フォルムがイカしてる(イカとはカンケーありません)と思った最初は、「ライディーン」(昭和51、2年ごろのもの)でしたね。

 ただフォルムがカッコイイシリーズものって、たいていは話がグダグダで(笑)。 つまんないんですよ話が。

 おっとオッサンの昔話は止まりません(笑)。

 今回のフォーゼですが、まあメタモルフォーゼのフォーゼと、仮面ライダー40年のフォーゼロとを兼ねたネーミングなんでしょうが、話の設定が学園モノ、ということもブッ飛びます。
 この学園の制服が、またブッ飛んでいて(笑)、街なかでこれを着てたら絶対コスプレとカンチガイされるよーなチープな作り(爆)。
 そして主人公がジョジョの奇妙な冒険にでも出てきそーなリーゼント頭のトッポイにーちゃん(ああ…笑)。
 そのにーちゃんがただひとり学ランなのですが、その学ラン、上着の丈がヤケに短い(なんなんだ…笑)。
 彼がこの学園に転向するなり、学園全員と友達になる!というでっかい目標を掲げている(はっはっは…)。
 けれども最初に出会ったやつがチョーいけ好かなくて、そしたらそいつが、悪と戦うトランスフォーマー(頭がクラクラしてきた…笑)。
 トランスフォーマーのほうが絶対に仮面ライダーより強そーなのですが(爆)、どうもそのトランスフォーマー野郎が隠し持っている変身ベルトが、「仮面ライダーフォーゼ」 になる変身ベルトらしい。
 それをとっぽいにーちゃんが奪い取って仮面ライダーに変身する、というわけですが、この仮面ライダー、変身する当事者の精神的な葛藤、というものが、基本的に欠如しています(笑)。 「エヴァ」 並みに悩んだりしない。
 今回もかなりいー加減なのには変わりないのですが、その演出がかなりイケイケドンドンに意図的になっているような感じ。 お祭りだ~お祭りだ~、みたいな(笑)。

 で、ベルトにはいろんなボタンが付いていて、それが今回はかなりゴテゴテしている印象。
 戦闘のときにスッゲー邪魔な感覚なのですが(笑)、そのボタンを押すと、さっきのトランスフォーマー的な感覚で、いろんな武器がどこからか現れて(お約束といーますか)とっぽいにーちゃんはのっけからそれを使ってトランス状態(だからトランスフォーマーか…違うって)。

 なにしろ見ていてあまり頭を使わなくていいし、爽快感がある。
 で結局、ライダーのトンガリ頭のカッコ悪さが、いつの間にか埋没しちゃってる、…という感覚ですか(すごい問題解消の方法…笑)。

 このお軽い話の疾走感が停滞すると、途端にフォルムのカッコ悪さも登場人物のあまりのありえなさぶりにも辟易してくると思うのですが、初回を見る限りでは 「あり得ねー」 と言いながら失笑の連続、いや~、笑わせていただきました、という感じです。
 しかしこれ、1年間も続けるんでしょうかね、このノリで(だいぶ不安…)。

|

« 「江~姫たちの戦国~」 第33回 素材の面白さを殺すもの | トップページ | 「ザ・ヒットメーカー~アイドル伝説 作詞家 千家和也」 ここではないどこか »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様、こんにちは。

ずっと仮面ライダーを見続けている私が、うかつにも新ライダーを見逃してしまいました。
学園物で、しかもメタモルフォーゼって・・・。
金沢では仮面ライダーの後にプリキュアを放送してるんです。
なんだか、設定が被っていますね。

仮面ライダーシリーズで私のイチオシは「仮面ライダー電王」です。
DVDも揃えたぐらいハマりました。
公式本を買ったのも、電王が初めてでした。
電王で声優さんやスーツアクターの名前も覚えました。
もうあんな名作にはお目にかかれないのでしょうか?(涙)

次回は絶対見逃さないようにします。
自分の目で確認しなきゃ(苦笑)

投稿: chie | 2011年9月 5日 (月) 10時10分

chie様
コメント下さり、ありがとうございます。

chie様も仮面ライダーファンでしたか!

私は平成ライダーって、最初どうも話が誰向きかが分かんなくって、敬遠していたんですよ。 話題がオダギリジョーサンとか変身する人のイケメンぶりにばかり集中しているのもなんか嫌だったし。

そんな私が最初に平成ライダーシリーズにハマったのが、「電王」 でした! 「史上最弱ライダー」「電車に乗る仮面ライダー」 という触れ込みに惹かれて見たのですが、主役の佐藤健クンの芸達者ぶりやモモタロスなどのキャラの面白さ、話の面白さにすっかり参ってしまいました。

それ以来平成ライダーシリーズは欠かさず見るようになったのですが、状況設定とかの秀逸さで 「電王」 に勝っているのは、今のところないかな~。

「フォーゼ」 は状況設定のコミカルさにおけるブッ飛び加減では 「電王」 を凌いでいますが(爆)、いかんせん話が軽過ぎで、ひとつ間違えばおふざけになっちゃう、という危うさもあります。

でも見ていて笑えるんならい~か、とも思えます…。

投稿: リウ | 2011年9月 5日 (月) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52644118

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーフォーゼ」 ブッ飛びまくり…(笑) :

« 「江~姫たちの戦国~」 第33回 素材の面白さを殺すもの | トップページ | 「ザ・ヒットメーカー~アイドル伝説 作詞家 千家和也」 ここではないどこか »