« 点鬼簿2011…まだ今年は途中ですが | トップページ | 「テンペスト」 最終回まで見て 感想さぁ~ »

2011年9月30日 (金)

「ドン★キホーテ」 最終回まで見て 感想だゴルァァ!

 松田翔太クンと高橋克実サンの人格交代ドラマ、「ドン★キホーテ」。

 結局彼らの人格は元通りになったのですが、それと入れ替わり立ち替わりのように、今度は兵頭(松重豊サン)と西やん(三宅弘城サン)の人格が交代(思いっきりしょっぱなからネタバレですわ…笑)。 「どうなっちゃうの?」「まあいーじゃねーか」 でドラマはオワリ。 結局ふたりの人格が入れ替わる際の黒雲の正体もその必然性も分からず、それがそのままこのドラマの 「この暑い季節、頭をからっぽにしてドラマを見よう」 という日テレ土曜9時の夏ドラマの確固たるポリシーをキョーレツに印象づける結果となったのでした(難しく考えすぎなんだっつーんだよゴルァ…イカン、毒されとる…)。

 実際のところ松田翔太クンにとってこの人格交代後のヤクザ 「鯖島」 役は、私がはじめて見た彼の当たり役だった気がしますね。 完璧なヤサ男のもともとの人格、城田のときよりもずっと、水を得た魚のように生き生きとしていた気がする。
 だからこそ人格がもとに戻ってしまったときの松田クンの演技は、鯖島の凄みも引きずってはいたんですが、「ああ惜しいなあ」 の感がぬぐえなかった。
 そしてこの兵頭と西やんのオチでしょ。
 なんかしっかり、続編やスピンオフを当て込んでいるよーな気がしたんですけど(笑)。

 いずれにしても、人格がもとに戻った鯖島は 「あれは真夏の夜の夢だった」 とばかりきれいさっぱり忘れているんですが、それでも自分が城田時代に大勢の子供を救った、という自負が彼をひと回り成長させているはずだし、城田にしても自分が鯖島時代に、「覚悟を決めるとはどういうことか」 ということを学んだ、と思うんですよ。 だから以前のように、ただフニャフニャな男ではなくなっているはず。
 このドラマの意味があったとすれば、たぶんその、主役ふたりの人間的な成長、だったと思うんですが、ドラマ自体はそんな堅苦しいことは拒絶している気がする。

 要するに、面白けりゃいいんですよ。 誤解を恐れず言えば。

 このドラマは児童相談所が舞台のために、子供や親が抱える問題を毎回いろんな切り口で見せてきたんですが、結局その解決方法は、「なんにも考えないこと」 によるものだった気がするんです。
 ウジウジ考えて、なにが楽しいのか。
 面白いと思ったなら、とことんそれを突き詰めろ。
 城田になり変わった鯖島の児童問題解決方法は、そのスタンスをけっして崩さない。
 彼は子供のことを心から考え心配したことなんか、一度もなかった気がします(私の記憶によれば)。
 ただ自分の思うところにあくまで正直で、自分の思うがままに行動しているだけ。
 それが結果的に児童問題を解決する方向に行ってしまうのは、彼が極道時代にくぐり抜けてきた試練が、命をかけたものばかりであったからなんだと思うのです。

 人間、命がけになって何かをすれば、道は開ける。

 たとえ極道であっても、ハンパな生き方をしていれば、必ずはじき出される。
 怖がっていては、生きていけないのです。

 ところがそのことをドラマが表現するのに、いちばんのネックは、やはりその 「極道」 の世界を描かなければならないこと。

 なんだか世知辛い世の中になってきたものだと思うんですよ、またまた誤解を恐れずに言えば。
 いまじゃやくざの世界を描くなんて、風当たりが強かろうと思われて仕方ない。
 昔はもっと、やくざの世界を描いた作品が世の中を闊歩していた気がするんですが。
 なんか最近じゃ、「極道の妻たち」 の映画もテレビでやらない気がしてます(気のせいかな)。

 当然だろうとは思いますよ、ボーリョク団の話なんか。
 ただ、もっと世の中、毒があっていい気はする(ますます誤解を招く話にズブズブ入りこんでる気がするなぁ…笑)。
 最終回に出てきた、無菌状態の中で生きてきた女の子。
 彼女の存在そのものが、いまの 「事なかれ主義」 の社会の象徴なのではないか、とさえ感じるんですよ。
 そして城田のもともとの性格も、そんなフニャフニャのきれいなぼっちゃんじょーちゃん状態の弱々しい人間の象徴だとも感じる。

 土曜の夜9時の番組なんかで極道の世界をまともに描くことなんか当然出来ないから、ドラマとしてはかなりカリカチュアライズを余儀なくされます。

 たとえば鯖島組は、クスリには手を出さない。
 しかも組長夫婦がサルサを踊るとか、変な趣味を持っている。
 彼らはいったいどーやって金を稼いでおるのだろう?というやくざ組織なんですよ、鯖島組って。

 でも最終回では、そこんところも結構踏み込んでいた気がする。
 ヒットマンが鯖島組を襲ったときに、兵頭と鯖島(まだ中身は城田のまま)が、日本刀を手にするのです。
 ドラマだから当然それはモノホンではないのですが、これは要するに、銃刀法違反。
 そのシリアスさを軽減する必要がどうしてもあるために、鯖島(中身城田)が振りおろそうとした日本刀は、組の天井のひさしに引っかかって抜けなくなることで笑いを誘い、兵頭はヒットマンの撃ってくる拳銃の弾丸を、その日本刀ではじき返すというマンガみたいなことをせざるを得ない。 「ルパン」 の石川五右衛門かよ、とゆーわけですよね。

 複数のやくざ組織の総長を決める、という方法にドラマが選んだのも、「極道ガルタ」(笑)。 (笑)って書きましたけど、笑ってもらわなきゃシャレにならんわけです。
 順当に考えれば、ここではサラシを巻いた匂うような女が現れて、「入ります…長か半か!」 みたいな、賭場みたいなことをしなきゃならないんですからね。

 とりあえずまあ、ドラマが目指した 「何も考えないで見られるドラマ」 の真逆を行ったレビューを起こしているワタシですが(爆)、「臭いものにはフタをする」 という風潮が世の中をますます軟弱化させている、という作り手の危惧?を勝手に読み取った、「ドン★キホーテ」 だったのでした(笑)。

|

« 点鬼簿2011…まだ今年は途中ですが | トップページ | 「テンペスト」 最終回まで見て 感想さぁ~ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

リウ様

「やくざ」さんも絶滅危惧種ですかね、TVでは。だって、芸能界は暴力団との関係を打ち切ろうキャンペーンですもんね。

話はそれるのですが、上映中の映画「探偵はBARにいる」も原作は“カタギ”を利用してかなりきわどく本職さんを利用&翻弄する主人公ですが、映画ではそのあたりほとんどスルー。
なんか、奥行き感&現実味が乏しい。

IWGP(池袋ウエストゲートパーク)も小説では主人公の学友がヤクザさんで、いつもスカウトされることになってるんですが、もうTVではやらないんだろうな。

と、もどって
オフィスクレシェンドらしく、「今の世の中ドーなってんの?」色をしみ出しつつ
無茶やる行動は誰もとめられないし、結果オーライだよね。を
最後まで全うしました。
所長さんなどもっと絡んでくるのかと思っていたのですが、あえて止めたのかと思いました。
今クールの数少ない視聴ドラマがすっきりで良かったです。

(今回は松田君、若尾さん&樋口さん、上戸ちゃんのドラマを見ていたの。まるでホワイト家族のスピンオフ???)

「それでも生きていく」を11時間ため取りしているので、秋の夜長はこれをかたづけます。(^^ )
そして、次は「11人いる」だっけ?クドカンドラマ、気にしてます。

投稿: みり | 2011年10月 1日 (土) 15時58分

みり様
お久しゅう存じ上げます。 このドラマだけはリアルで見てたんですねっ。

「それでも、生きてゆく」 11時間貯め録りですか…。 キツそ~(爆)。 魂抜かれますよ、きっと(そーでもないか…笑)。

「11人もいる!」 でしたっけ? 「11人いる!」 のパロディですよね、題名。 私もひそかに期待してます(まだひそかに、レベルですが…笑)。

ソフトバンク家族のCMはリンク先が多いですよね(爆)。 私も松田翔太クンと若尾文子サンの組み合わせには、ちょっと頭がぐるぐるしました(?)。

松田翔太クンは、「家族ゲーム」 以降の性格俳優っぽいお父上の松田優作サンをこれまでは連想していたんですが、このドラマでは一気に 「太陽にほえろ!」「探偵物語」 のころの初期優作にイメチェンですhappy01。 こういうボーリョクチックな彼は、いいですなあ。 ただそれって、私がお父上の面影を追っている、本人にとってはメーワクな話なんでしょうけど。

小林聡美サンの描き方は、途中でちょっと方向転換したようにも思えました。 途中まで、この人何か性格転換に気付いてる?みたいな感じじゃありませんでした? それを匂わせといて、後半にその性格転換の正体、黒雲の正体を解明していく、みたいな筋もあったような気がしてます。

次は 「妖怪人間ベム」 か…。 見くびらせといて裏切る、のが日テレ土9の常套な気がしますが、とりあえず見るだけ見てみるかなあ…。

投稿: リウ | 2011年10月 1日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52870712

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドン★キホーテ」 最終回まで見て 感想だゴルァァ!:

« 点鬼簿2011…まだ今年は途中ですが | トップページ | 「テンペスト」 最終回まで見て 感想さぁ~ »