« 「ルパン三世」 声優陣交代…にいろいろ思う | トップページ | 「塚原卜伝」 第2回 錯綜する思惑と 「か~るいボクちゃん」(笑) »

2011年10月13日 (木)

「家政婦のミタ」 第1回 本当は怖いおとぎ話

 「リバウンド」 から1クールおいて、また遊川和彦サンの新作。 ペースが速いな、というのが第一印象。
 まずどんな話なのか、というカテゴリー分類しようとすると(レッテル貼りたがる悲しい性ですが)、まずはホラーがベース、なのでしょう。 けれどもなんとなくブラックジョークの匂いもする。 同じ遊川サンの作品で論じれば、真面目人間に周囲がドン引きして笑わせる、というパターンは、「曲げられない女」 っぽくもあるし。 鉄面皮の女が結局周囲をよりよい方向に導く、という逆説的な部分は、「女王の教室」 を想起させるし。

 「家政婦のミタ」 というのは 「家政婦は見た!」 からの引用なのでしょうが、私の場合 「コピーはミタ」 を連想しました(ビルがスローモーションで崩れていくCM、バックには阿川泰子サンの歌う 「グッドバイ」。 この1980年代のCM、すごく好きでしたけど、三田工業のその後を暗示しているようでしたね)。

 主演の家政婦、三田を演じるのが、松嶋菜々子サン。 個人的には 「利家とまつ」 以来かなぁ。
 今年38歳ですか。 ますますお美しい、とゆーか、一切無表情。
 これまでの松嶋サンのイメージからは完全に乖離した役柄、という気がいたします。
 感情を一切表に出さないせいか、演技力なくてもOK、という気もいたしますが。
 でも無表情だから、男の私としてはそこに、ある種のエロチシズムも感じる。 やはり、美しい、です。
 そしてそのスレンダーな長身を、ドラマは無造作にアピールする。 彼女が演じる家政婦の内的な独特の感情が、そこに存在してくる気がするのです。

 いま述べたように、このドラマのいちばんの特徴は、この、人間的感情一切ゼロかつ仕事を完璧にこなす、三田という家政婦。
 きっちり時間通りに行動し、瞬時にその家庭の料理の味をマスターし、重いものを難なく持ち上げ、しかも熱いものを持っても熱がらない、やけどもしてない様子。
 この最後の様子からすると、「この人ロボットか?」 というほどなのですが、このドラマはそんな、SF的なものを目指してない、と感じるんですよ。 「実はロボットだった」、なんてオチ、あり得そうもない。

 おそらくでも、この家政婦は 「女王の教室」 の天海祐希サンがそうだったように、最後までほぼ、人間としての感情など出さないままだと予想されます。

 その予測から考察いたしますれば、このドラマは 「現実にありうる話」 を目指していない。

 「おとぎ話」 を目指している。 そう考えられるのです。

 ドラマ冒頭から、この家政婦が入る阿須田家の様子が描写されるのですが、この家は母親が亡くなってようやく四十九日を迎えています。
 優柔不断で子供たちに強いことも言えない、威厳もない父親(長谷川博己サン)、母親代わりに家事をやろうとするけど全く出来てない長女(忽那汐里チャン)、何かと食ってかかるのが見ていてうざったい長男(中川大志クン)、クールで勉強オタクっぽい次男(綾部守人クン)、母親を病的にまで恋しがっている次女(本田望結チャン)が構成員。
 散らかり放題の薄暗い家のなかで、家族全員が、見ていて何か、イラっと感を助長する誇張が行なわれている気がする。
 その 「オーゲサ」 なウザったさが、「現実とは少し違う、少し不思議(SF、by藤子F不二雄サン)な感覚を見る側に誘うのです。

 私が 「このドラマはおとぎ話だな」 と感じたのは、この三田という家政婦を紹介した紹介所の所長、白川由美サンが長谷川博己サンにかけた一本の電話。

 白川サンは、その三田という家政婦のコミュニケーション能力を心配しながらもその完璧な能力をアピールし、三田が 「誰かを殺せと言われれば、殺してしまうだろう」 という物騒なことを言って電話を切るのです。
 これってなんだか、「童話」 みたいじゃないですか?
 現実にはありえない。

 三田は完璧に仕事をこなし、その果てに、白川サンが危惧したように、亡くなった母親に異常に会いたがる次女に頼まれ、一緒に入水しようとする。
 ここでふたりが死んじゃったら第1回で話は終わりですから(爆)周到に長男によって助けられるのですが、遊川サンはその程度の話で 「あー怖かった」 と済ませるような作り手ではないのです(笑)。

 ここでそのクライマックスの状況を導き出す役として、ドラマではその亡くなった母親の妹、として、「リバウンド」 での演技も記憶に新しい相武紗季チャンを配します。
 彼女は忽那汐里チャンの学校の教師でもある。
 教師のクセして彼女は極度のKY思考で何かって言えば阿須田家をメチャクチャにする。
 彼女の存在自体もまた、戯画的でおとぎ話っぽさを助長していますが、彼女が次女の誕生日に死んだお母さんに会わせてあげる、などと安請け合いをしたものだから、阿須田家はまた修羅場になっていくのです。

 で、その相武紗季チャンが火種を撒いて 「はいちゃー」 と行っちゃったもんだから、その後の阿須田家はそれまで母親が亡くなったモヤモヤをみんなが吐き出してしまう、という事態に。
 感情的になった長女が、母親が死んでからそのままだった母親の持ち物を全部捨てて!と三田に頼みます。
 三田は、極めて機械的に母親の持ち物を片っ端から庭に投げ捨て、それに火をつける。

 目の前で跡形もなく燃えていく母親の遺品。

 その燃え盛る火を前にして、子供たちはその思いのたけを叫びまくる。
 長女は自分が母親役になれないことの苦悩をさらけ出し、クールな次男もほめてくれる人がいなくなったことの悲しみをぶちまけ、次女は自分が言ったひどいことでお母さんが死んじゃった、という、彼女が異常に母親に会いたがっていた理由も告白した。

 でもこの状況を客観的に見ると、これってかなり、近所メーワクな話であります。
 だいたい三田、可燃性の燃料(灯油かな?)を撒いてから火をつけてるし。
 こーゆーのは、ダイオキシン規制条例に反します(笑)。
 しかも宵の口でしょうけど、庭先で家族が入れ替わり立ち替わり大声で叫びまくってるし(火が燃えてると、原初的欲求が突き上げるものです…笑)。 迷惑防止条例違反であります(笑)。

 まあお隣のイヤーミなオバサンが抗議してましたけどね。 ホントだったらこの人ひとりしか出てこない程度で済むわけがない。
 それが、おとぎ話っぽいんですよ。

 ここで三田はそのイヤーミなオバサンに水をぶっかけるのですが、オバサンの抗議で火を消して、と長谷川博己サンに言われたため、延焼を防ぐ、という目的のためにやった、と三田はまた、機械的に話してました。
 ただちょっとここで、三田の感情が垣間見えた気もする。
 いや、でもあり得ないか(う~ん…)。

 この、杓子定規ばかりのことをしている三田が作り出す笑い、というものも、ドラマには存在しています。

 AKBの48人の名前をすべて言えるというのもご愛嬌ですが(笑)、先の相武紗季チャンが目論んだ 「死んだお母さんに会わせてあげる」 というのってどーゆーことなのか探りを入れろ、と長谷川博己サンから頼まれて、妻の父親である平泉成サン演じる頑固オヤジに極めて事務的にべらべらと内情をしゃべっちゃったり、あまりにそのしゃべりっぷりが機械みたいで笑えた笑えた。

 そして物語が展開していくうえで、溺れて亡くなった、という母親が、実は自殺だった、ということが、徐々に明らかになっていく。

 忽那汐里チャンのケータイに残された母親からの最後のメッセージ。
 そして浮気をしてそーな、長谷川博己サン。

 このドラマにリアルを求めると、ちょっと否定的な感想しか導き出されない気がいたしますが、松嶋サンの強烈なキャラクターに惹かれて、次回以降も見てしまうような気がいたします。

 先にも書きましたが、おそらくその、けっして開くことはないであろう彼女の胸の内を、さまよいながらも探りたくなっている心境であります。

« 「ルパン三世」 声優陣交代…にいろいろ思う | トップページ | 「塚原卜伝」 第2回 錯綜する思惑と 「か~るいボクちゃん」(笑) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

「家政婦のミタ」。
以前の「家政婦は見た」シリーズを踏襲するのかと思いきや、全然異なった雰囲気でしたね。松嶋さんのロボット的な対応が、彼女の美しさから引き出される怖さを漂わせてますね。

松嶋さんの昔のドラマ「氷の世界」と少し似た感じがしました。

リウ様のおっしゃるようにリアルさを求めるとちょっと・・・ですね。
4人の子持ちで、長谷川さんがお父さん役だと違和感ありますし・・・
 いま、売れっ子の長谷川さんキャスティングで視聴率狙いなのでしょうけれど、どうなんでしょう?

家政婦への指示の優先順位も気になるところです。年齢順なのでしょうか?(父、長女、長男、次男、次女?)

ロボット的な対応で、人間的な感情を表さないまま、どこまでドラマを進めていけるのかも興味を引かれるところですね(ロボットといえば、相武紗季ちゃんの「絶対彼氏」というドラマもありましたけれど)。

昨夜、「蜜の味」を視聴しました。菅野さんとARATAさんが出てたので・・
リウ様はご覧になってらっしゃらないでしょうか?

rabi様
コメント下さり、ありがとうございます。

さすがにrabi様、いろんなドラマをご覧になっていらっしゃいますね! 私は 「氷の世界」 も 「絶対彼氏」 も未視聴です…。
まあ以前は見るドラマを厳選していた、とはしばしばこの場でも書いているのですが。

私は長谷川博己サンがその歳で4人もの子持ちであることの原因を探ってしまいます(笑)。

結構自分が前に出るタイプの人間じゃないのに、他人を立てることが上手だから課長クラスになっている。 あまり苦労を知らないで高給取りになっちゃってる側面があるような気がするんですよ。 出世は比較的早かったんじゃないかな~。
それにもともとは子供が好きなんだと思います。 早い段階で給料が安定すれば、子供好きだから次々産ませちゃう。 でももともと優柔不断だから、子供たちとどのように接したらいいのか分からない。

浮気をしてそうなのも、優柔不断が招いたことなのかも。

三田に関しては、遊川サンは初期設定だけで、深い素性など一切考えてない気がする。 遊川サンに興味があるのは、彼女の存在によって変わっていく周囲のほうでしょうね。

「蜜の味」 は、見ました。 私もrabi様と同じように、菅野美穂サンとARATAサン目当てで見たんですが、…まぁ…(笑)。 記事に書くべきこともないし、次回はう~ん…、かな(スミマセン…)。 ただひとつ申し上げたいのは、主人公の女の子に、「あなたはなんのために医学部に入ったのか」、とお訊きしたい、ということでしょうか。 気のない回答で、まことに申し訳ないです…。


>結構自分が前に出るタイプの人間じゃないのに、他人を立てることが上手だから課長クラスになっている。 あまり苦労を知らないで高給取りになっちゃってる側面があるような気がするんですよ。 出世は比較的早かったんじゃないかな~。
それにもともとは子供が好きなんだと思います。 早い段階で給料が安定すれば、子供好きだから次々産ませちゃう。 でももともと優柔不断だから、子供たちとどのように接したらいいのか分からない。

なるほど、リウ様の分析素晴らしいです!
1回目の描写だけで、これだけの解釈、さすがです。good

>「蜜の味」 は、見ました。
主人公の女の子に、「あなたはなんのために医学部に入ったのか」、とお訊きしたい、ということでしょうか。 

全く同感でした。
さまざまなシーンで私もそう感じました。
なんか演出も過剰な部分があったりして・・(最後の方のシーンで風をビューッと吹かせたりするのはやめてほしい〜って思いました)

せっかく、菅野さんやARATAさんが出てるのに・・・。
「それでも、生きてゆく」の後枠の番組として、いささか期待はずれでした。despair

rabi様
再コメント下さり、ありがとうございます。

おほめにあずかり、お恥ずかしい限りですcoldsweats01。 そういう深い読みが出来るのも、遊川サンが長谷川博己サンの会社での様子とか、子供たちと話すことにさえ覚悟が必要でトイレで気合を入れるところとか、細かい描写をなされているからだと思います。

いっぽう 「蜜の味」 の主人公の女の子は、思い込みが激しくて子供っぽく拗ねたくなるところなど、「まあ子供だから」 で済ませられる部分もあるのですが、分娩室で泣いてしまったのが失恋のせいだったとか、目の前で子供が重傷を負っているのに何もしないで傍観してるだけとか、人間としての根本が抜けているような気がしたのです。

でもそんなことを書き始めたら、結構ねちねちとした記事になってしまいそうで。

言い訳みたいですけど(言い訳だ)「江」 の場合は、揚げ足とりが楽しいんですよ。 少なくとも脚本家がマジメにやってるように見えないので、このドラマに突っ込むことは至上命題だ、くらいの気分でやってます(爆)。

大石静サンの意図としては、「昼ドラみたいなドロドロをやりたい」、ということなんでしょうけど。 だからたぶん、回を追うごとに衝撃的なシーンの連続になるような気がする。

でも、私はそういうのはあんまり…、という感じでございますthink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/52980720

この記事へのトラックバック一覧です: 「家政婦のミタ」 第1回 本当は怖いおとぎ話:

» 松嶋菜々子のキス動画と豆腐ハンバーグ [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 松嶋菜々子の10年程前のキス動画はGIFにて最後に貼りましたが、彼女が主演の新番組で始まる「家政婦のミタ」家政婦として派遣された三田(松嶋菜々子)が派遣先の家庭内トラブルを解決するホームドラマ。少...... [続きを読む]

« 「ルパン三世」 声優陣交代…にいろいろ思う | トップページ | 「塚原卜伝」 第2回 錯綜する思惑と 「か~るいボクちゃん」(笑) »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ