« KAT-TUNファンとしてニッポン放送に一言 | トップページ | 「カーネーション」 第1週 なんで女はそんなオモロないねん »

2011年10月 8日 (土)

「塚原卜伝」 第1回 再来年大河のプロトタイプかも

 NHKBSプレミアムの 「裏大河」 新シリーズ 「塚原卜伝」 が始まりました。 全7回。

 原作は津本陽サンの 「塚原卜伝十二番勝負」。 私などは塚原卜伝、というと、「ナベブタで防御をする人」 くらいの認識しかないのですが(爆)、原作はかなりフィクションを交えながらこの謎多き人物を痛快に描いている模様です。

 そして脚本は、「ゲゲゲの女房」 の山本むつみサン。 この人の時代劇を見るのはこれが初めてで、お手並み拝見、といったところです。

 主役の塚原卜伝を演じるのは堺雅人サン。 この人は 「いっつも笑ってる人」、という印象が強いですが(笑)今回の卜伝も、なんか意味もなくニコニコしております(ハハ…)。

 初回を見たトータルな感想を申しますと、鹿島神宮の神官の家に生まれて鹿島中古流という剣術を身に付けた、という卜伝をめぐる人間関係が、ちょっと錯綜して分かりにくかったかな、という印象。 状況説明がセリフだけによってなされている弱さ、というものを感じました。

 その分かりにくさの根底にあるものは、鹿島神宮と鹿島中古流との関連性、つまり神宮が神官たちをパラディン(聖騎士、要するに神宮の護衛)として積極的に養成しているのか、神官たちが自発的に神宮を護衛しようとしているのか、という関係がいまいちよく分からない、という点。

 さらにもう一点加えれば、この鹿島中古流、という流儀が持つ特徴、というものを描いていない、という点。
 このドラマは若き日の塚原卜伝が鹿島の剣を全国を巡って広めていこう、という動機から出発しているので、当然斬り合い果たし合い、といった他流との激突を描かなければならないのですが、そうした物語に必要不可欠なのは、「その試合をどう面白く分かりやすく見せるか」、という点に絞られる、と感じます。 戦略的にどうなのか。 他流との相性はどうなのか。

 回国巡りという表現で始まった卜伝の旅。
 最初は盗賊集団との闘い、そして2度目は牧元鬼という蛙飛びとかを操る輪島功一サンみたいな(笑)自己流の剣の達人との勝負を行なうのですが、鹿島中古流の特徴というものを見る側が把握してないから、「そうきたらどうするのか」、という戦術の勝手な先読みとか、見る側がこの手の話を見るときに面白く感じるファクターが潰えてしまう、という物語の弱点につながる。

 私が見てきたこの手のドラマで、いちばんその弱点が浮き彫りになっていたのは、大河ドラマ 「武蔵MUSASHI」 でした。 「塚原卜伝」 はそれに比べればかなりいい線いっているのですが、やはり 「武者修行モノ」 の面白ポイントは押さえられていない、とは感じました。
 まあその 「武蔵MUSASHI」 の原作本である吉川英治サンの 「宮本武蔵」 のあまりの面白さに傾倒しすぎたきらいって、確かに自分の場合あるんですけどね。 だからその点少々辛口になってしまうのはご容赦くださいませ。

 そしてその牧元鬼との試合で最も興醒めしたのは、試合のいちばんのポイントとなる部分で両者が空中高く飛ぶのですが、その画面処理の方法。

 いきなり 「ウルトラマン」 時代の特撮を見せられた感じになりましたよ、あたしゃ(爆)。

 確かにワイヤーアクションとかスローモーション時に実際にゆっくり演技してんだろうな~というのが分かる点とか、気になる部分はありましたが、試合のいちばんのキモになる部分がああいう画像処理されるとねぇ…。

 まあそれはいいとして(ここまで書いといてそれもどーかとは思いますが…笑)、もっとも気になったのは、堺雅人サン演じる塚原卜伝が、軽~いんですよ(ハハ…)。
 先に書いたとおり、この人の場合ニコニコしてるけど決めるときゃ決める、みたいな「新選組!」「篤姫」 の演技を踏襲していることは確かなんですが、その落差に少なくとも私は今回違和感を抱いた、と言いますか…。
 「これはつまり、堺サンが若さを強調してるためだ」、と自分で納得しようと思いましたけどね。

 ただここまで苦言を呈してまいりましたが、その軽さが物語に弾みをつけている印象はあります。 鹿島神宮と中古流の関係にしたって、「神宮に賊が入った」 というエピソードがあったから、まったく描いてないわけじゃない。 ただどっちが主体で護衛を行なっているのかが分からないだけで。

 そして 「試合の駆け引きの面白さ」、という点にしても、卜伝の師匠である永島敏行サンとの試合でも、堺サンの 「次はこうする」 という心理をいちいち描いていてそこはとても面白かった。

 だからなんにもやってないわけじゃないんですよ。

 牧元鬼という得体の知れない剣の達人のキャスティングでも、ジャッキー・ウーという台湾のタレントさんを使っているらしいです。 この人歌手で俳優で司会業もして、台湾の明石家さんまとも呼ばれる人らしい。 そういう得体の知れない人を起用するとこなんか、結構考えてるなー、というのは感じます。

 堺サンの回国修行のお伴をするのは、平岳大サン。 なんとなくこの人も、卜伝との関係がよく分かんない(どうも注意力散漫ですなあ)。 結構ひょうきんそうな役柄なんですが。

 のちの北条早雲となる人で、牧元鬼との試合に立ち会ったのが中尾彬サン。 もう、カツラが、黒と白のストライプで(爆)、完全にマンガ、であります(ハハ…)。

 そう、なんか、全体的に 「マンガ」 のノリなんですよ。
 だけど 「マンガ」 っていっても侮っちゃいけません。 マンガだって、決めるときゃ決める。
 ただマンガの場合、詰めの甘さ、というものが往々にして見られることが多いのです。
 このドラマはその点で、そんなマンガの傾向と似通ったものを感じる。

 このドラマ、回数が短いという弊害が、前回の 「テンペスト」 と合わせてまたも露呈している気がする。 神宮のことだって、中古流のことだって、もっと丁寧にやろうと思えばできる気がするんですよ。
 回数が少ない場合、どこを取捨選択すればいいのかは、脚本家の腕だと感じるのですが、山本むつみサンは 「ゲゲゲの女房」 の場合、それをじゅうぶんに表現できる場が、与えられてた、って感じます。 朝ドラで1週間分1時間半、ですからね。
 それを今回は、絞って表現しなければならない。
 山本サンは再来年の綾瀬はるかチャンの大河ドラマの脚本家でもあります。
 その題材、大河50回弱の尺がじゅうぶんなのか物足りないのかは分かりませんが、もしかするとそのプロトタイプを、「塚原卜伝」 では見ることになるのかも、知れません。

« KAT-TUNファンとしてニッポン放送に一言 | トップページ | 「カーネーション」 第1週 なんで女はそんなオモロないねん »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

 私が江ちゃんを見た後、つれあいと息子が「面白い」とサザエさんを押しのけて見ていました。ワイアーアクションは私も「やっちゃたな」と思ったのですが、リアル感より、娯楽を重視しているのかなと。堺さんの演技は、私は気になりませんでした。にこにこしている剣豪もかわいいくてありかもしれない、堺さんが演じていると、あの笑顔の裏に何かあるのかもとつい邪推してしまいます。若づくりしているのも、「頑張っているのね。」というか、江ちゃんの大人の演じる10歳くらいじゃないし、許容範囲かな。続けて見るかわかりませんが、面白い意欲作だと思いました。

ささ様
コメント下さり、ありがとうございます。

本文を読み返して、ずいぶん辛口に書いちゃったな、というのはいま感じました(笑)が、楽しく見た、というのはささ様のご家族と一緒です。 江波杏子サンはいかにも!だし(爆)、栗山千明サンは 「カーネーション」 とかけもちだし(カンケーないか…)。

堺サンのニコニコは、いっつもそんな裏読みしたくなる何かがありますよね。 はつらつとしてるのも、見ていて楽しいし。

ただ今年の大河があんまりなので、こっちに多大な期待をしすぎちゃってる、というきらいは私の場合ありますね。 ホント、ちょっと辛口に書きすぎました(反省)。

 レビュー、辛口ですか?とってもこのドラマに期待されているのだなと思って読んでいました。

 まんがちっくなのは、遊び心だと私は思って、(中尾さんの扮装とか)楽しんでました。多分演じている役者さん達が、芸達者な方々だからです。だから、もっと期待するお気持ちよくわかります。

 堺さんは、ひとくせもふたくせもありそうで、ただの人の善い剣豪に見えないのが。食えない男に見えてしまうのがいいのか、悪いのか。平さんとの主従?コンビも怪しいし!ドラマとしてつかみはオッケーだったのではないでしょうか。と、殿方の横で見ていた私は思ったのでした。江を見るよりは、居心地が良かったです。

>その試合をどう面白く見せるのか
ここを突っ込んでしまったら、今の時代劇は成り立たないかもです~~~~。
つらいところですよね=、
立ち回りの時の、背中から腰のラインが、いまいち惜しい。
居合や日本舞踊を、きちんと習うべきですね。

新しい時代劇を模索しようという試みでしょうが、ワイヤーアクションも、成功していないので・・・、
ちょっとつらかったです。

でも、次回も見てから、リタイヤするかどうか、決めようと思います。

ささ様
再コメント下さり、ありがとうございます。

ちょっと今日は一日出かけていたので、先の返信ではわさわさとした気持ちのまま書いてしまいました。
見ているときは結構楽しんでたのに、自分のレビューを読み返してみたらずいぶん辛口だな、と感じちゃったんですよね。

中尾サン、海原雄山(「美味しんぼ」)かよ、とか(笑)。 この人、昔は結構演技で見せるタイプだったのに、最近はキャラで見せるタイプになってきたような気がするんですよ。 バラエティに出過ぎなのかも?とか(そもそもバラエティを私自身が見ないので、これはいい加減な評価であります)。

堺サンのほかのタイプの役柄を見たことがないので、ニコニコ/シリアスの意図をその都度探らなきゃいけないところが、ちょっと面倒なのかな~(ハハ…)。

平サンのお父上である平幹二郎サンと江波杏子サンって、結構似通ったベクトルを私は感じているのですが、もっと息子さんのほうを江波サンと絡ませたい、という欲求は、見ていてありますね。

「江」 はお出かけから帰って総合テレビ版を見ましたが、ちょっと今日はくたくた。 なので、レビューは後日に回そうと思いますが、今回もツッコミどころが満載の回でございました。

キーワードを申し上げれば、「夏休み最後の日の宿題片付いてない状態」(爆)。

マーシー様
コメント下さり、ありがとうございます。

私が思いっきりハードルを上げちゃっているのは、件の吉川英治著 「宮本武蔵」 を、NHK水曜時代劇で役所広司サン、古手川祐子サン、奥田瑛二サンでやった超傑作が頭にこびりついて離れないせい、というのが大きいのです。

同じ原作で 「バガボンド」 というマンガ作品があって、それも相当傑作の部類に入りますが、やはりこの水曜時代劇のすごさには敵わない。

あとはやはり、黒沢映画で 「椿三十郎」 とか見すぎたせいもあるでしょうし、自分にとって大きいと思われるのは、やはり白土三平の 「カムイ伝」「忍者武芸帖」 とかの大傑作を読み過ぎているせいもあります。

つくづく注文の多い視聴者でありますね…。

こんばんは、リウ様

中尾さん、海原雄山かよ!って私も思いましたよ。あと、江波さん、怖かったですね〜、存在感あって、役にピッタリな感じでした。

堺さんは、好きな役者さんなのですが、立ち回りは、う〜んって感じでした。もうちょっと練習した方がいいかなあって・・・
(もちろん、武者修行なので最初からうますぎるのも考えものなのかもしれませんが)

ただ、今回、ワイヤーなんかも使っていて伝統的な殺陣の技術より、撮影技術優先のドラマなのかもしれないのかなって感じました。

回が少ないのは確かに難点だと思いますが、なかなか見応えあるのではないかなと思ってます。


>白土三平
おお、なつかしい名前が!

昔の東映時代劇、ご覧になりますか?
白土さんの書く武士の風情、たたずまいは、東映映画の影響をかなり受けていると、私は感じています。

>まんがちっく
東映時代劇も、かな~~~り、まんがちっくだったので、これもその影響受けているかな?
っていうのは、好意的に見すぎかしら・笑

大河にしろ、NHKというとこれだけ突っ込みたくなるのは、過去に名作が多いからですし、それだけやれるでしょう、という期待感もあるからです。

>堺さん
うまいと思うけど、つかみどころのない人じゃないかな。
口元は笑っているけど、目は笑っていない、みたいな。
ほんとは、悪役とかやらせると、すごいいいものができる人なのでは・・・・。

rabi様
おひさしぶりにてございます。 コメント下さり、ありがとうございます。

堺サンの殺陣は、やっぱり練習しかないですかね…(笑)。 実際にかなりのスピードでやっていれば、スロー時にそれがちゃんと分かるものなんですけどね。
刀と刀がぶつかる部分を見せたいがために、きちんとこう、カメラも固定して(笑)、役者さんをそこに立たせて、それでハイッ!と撮影してる感じですもんね。 「ここ、この枠からはみ出さないで!」 とかいーながら(爆)。

永島サンとの立ち会いのときはあまり感じなかったんですけど。 ワイヤーアクションも、ちゃんとすれば見られないこともない気がするんですよ。 これもただひたすら、練習ですよ。 たぶん。 見られるレベルにするには。

カンケーない話で恐縮なのですが、私は第1回の堺サンを、「野口五郎に似ている…」 と思いながら見ていました(爆)。

マーシー様
再コメント下さり、ありがとうございます。

東映時代劇は残念ながらあまり見たことがないのですが(どっちかっていうと任侠ものなのかな…)、白土三平氏の初期のマンガは軽快で、敵役が魅力的ですよね。 意外な人物が敵だらけなので、そのうち新たな登場人物が出てくると、「こいつも敵か」 と思うようになってきて(爆)。

「宮本武蔵」 に関しては、確か東映時代劇だったと思うのですが、萬屋錦之助サン主演で何シリーズかあった気がします。 それを見たときすでに私は役所版の 「宮本武蔵」 を見たあとで、白黒だったこともあってどうにもはまり込むことが出来ず。 私にとっては未だに 「宮本武蔵」 を超える役所広司サンの作品を見ていない、という感じです。

昔はよかった、などとはジジ臭い話ですが、実際 「用心棒」 とか今見てもじゅうぶん面白い。 作り手の問題だって気がしますよね、やっぱり。 特に大河は、今年の演出には私が心酔した 「山河燃ゆ」 の伊勢田サンが絡んでいるのに、ちっともよくないというのがつらい。

堺サンが笑っている理由がいつも分からなくて(爆)。
笑うヒットマン、なんて面白そうですよね。

再放送が始ったので今更ながら見てます。

本当、堺さん元服したばかりの若者役は
年齢的に無理があるだろうというツッコミを
独特の稚気で「辛うじて」(笑カバーしてますね。
しかし殺陣シーンは何とかならないのか。
「平清盛」は室内劇主体でしたが
やる時には小細工なしでしたよね。

後、若い奈津が晩年の奈津に仕えてますね。
「義経」でも若い糸子と老いた糸子が共演とか
NHKはこの辺り、狙っているのでしょうか。

巨炎様
コメント下さり、ありがとうございます。

実はこのドラマ、完走してなくて(笑)。 3回くらいまでは見たのかな。

殺陣がウソっぽいと、すごく気になるもんですね。

その点 「猿飛三世」 は、そりゃワイヤーアクションも吹き替えもあったけれど、体を張ってやっている、というところが見えた。

若い奈津と晩年の奈津…、ああ気付かなかった。
この放送が2011年の10月だから、「カーネーション」 のほう、まだちゃんとキャスティングされる前だったんですね。

しかし1年半もBS見られない人を待たせるとか、なんとかならんのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「塚原卜伝」 第1回 再来年大河のプロトタイプかも:

« KAT-TUNファンとしてニッポン放送に一言 | トップページ | 「カーネーション」 第1週 なんで女はそんなオモロないねん »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

BOOKS

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 下
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ紹介記事より抜粋)。 本書下巻では、1962年のレコードデビューまでが書かれています。

  • マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上

    マーク・ルイソン: ザ・ビートルズ史 上
     1600ページも費やして、この上下巻はまだ彼らのデビューまでしか書かれていない。 3部作計6巻のうち2巻に過ぎないのだ。 なんと気の遠くなるような作業なのだろう。  本書はビートルズを語るうえで孤高の一作となるはずだ。 虚飾をすっかり剥ぎ取った、20世紀最大の奇跡に潜む真実が、これを読めば理解されるはずである(当ブログ記事より抜粋)。 この上巻ではビートルズの祖先から遡ってリバプールで人気に火が付き始めたところまでが書いてあります。

  • ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白

    ポール・デュ・ノイヤー: ポール・マッカートニー 告白
    まず驚かされるのが、表紙のポールの写真です。 よくこんなのが採用されたな、というくらい、刻まれた年輪が顕著に分かる 「年老いたポール」。 飾り気のないその写真に、「素のポール」 をあぶり出そう、という心意気が見える。 そして実際、著者のその目論見は、成功しているように思えます。 何より大きいのは、「NME」「Q」「MOJO」 など音楽メディアで長年記者を務めてきた著者がポールと同じリバプールの出身者である、ということ。 さらにポールと同じファースト・ネームであること。 だからポールはまるで自分の分身に話しかけるかのように、時折同郷人にしか分からない言葉で気さくに著者に話しかける。 この本を読む者は、まずその 「不思議なリラックス感」 に包まれるはずです。  本の構成は大きく二つに分かれます。 前半ではビートルズからウィングス、ソロに至るポールのたどってきた長い長い歴史、後半ではポールの人格に迫る試みがなされていく。 そのインタビューは、一気に行なわれたものではありません。 著者がNMEの記者だった1979年のものから、明示はされていないがおそらく2013年、「NEW」 の発売前後が最新のものではないか、と思われます。 実際読んだ感覚では 「キス・オン・ザ・ボトム」 あたりが最新のような気もする。 その30年以上にわたる膨大なポールへのインタビューを、項目によって構成し直しているようです。 ですから、今年(2016年)亡くなったジョージ・マーティンについてのポールの見解であるとか、最新の情報が提示されているわけではない。 ポールの情報というのはこの歳になってもなお日々更新型ですから、その点については物足りなさが確実にあります。 さらに、30年以上というとポールのものの考え方にも変化変遷があってしかるべきだと思うのですが、30年以上をリミックスにかけているからその変化というものがつかめてこないもどかしさがある。 表紙を飾ったポールの 「老い」 という問題にも、この本はきちんと答えてくれているわけではない。 さらに言えば、ジョン・レノンの死について多くが割かれているのとは対照的に、2001年に亡くなったジョージ・ハリソンの死についての記述はない。 正直なところ、このような本を読み漁ってきた身としては、衝撃に値するような情報が書かれているわけではありません。 しかし前述したような、リラックスしたムードのなかでポールと語らっているような疑似体験を共有できる強みが、この本にはある。 この本全体に貫かれているのが、この心地よさなのだ、と思うのです。 その心地よさが乱れるパートがあります。 自身の失敗作、どうでもいい作品について語るときのポールは多分に感情的になりがちであり、イライラした様子を隠しません。 特に 「シークレット・フレンド」 を語るポールのくだりはポールファンなら一読に値する部分でしょう。 しかしそのイライラも、ポールの人間性が垣間見える瞬間としてこの本にとっては必要なパートなのです。 3000円以上と、この本は決して安くはない部類の本です。 ただその値段に見合うパフォーマンスは兼ね備えています。 この本と付き合った1か月足らずの間、心地よい体験をすることができました(アマゾンの自身のカスタマーレビューより)。

  • : レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]

    レコード・コレクターズ 2011年 07月号 [雑誌]
    全200ページ程度のボリュームのなかで、キャンディーズに関する特集記事は50ページ。 ただし、これが濃い。 全シングル曲、ほぼほとんどのアルバムの解説は当然として、彼女たちの芸能界における歴史から見た考察、コメディエンヌとしての彼女たち、DVD解説など多岐にわたり、キャンディーズが分析されています。 特に圧巻は、レア音源に関する記述。 ここまで調べている読み物には、個人的にはお目にかかったことはありません。 700円。

MUSIC

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)
    ロック界、いや、すべてのポップミュージックにおけるアルバムの中で史上最高と称され、すでに世界文化遺産の域にまで達しているこのアルバム。 そのアルバムの発売50周年を記念して、スペシャルエディションがリリースされます。 なかでもブッ飛ぶのがこのスーパースペシャルボックスセット。 CD4枚組であらたなリミックスのステレオ盤1枚、モノ盤1枚、初期テイク集が2枚、さらにブルーレイ1枚とDVD1枚で5.1サラウンド、ハイレゾ音源、ドキュメント映像 「メイキングオブサージェントペパーズ」 のデジタルリマスター等々、卒倒するようなラインナップです。 18、000円プラス税と値は張りますが、史上最高の名盤だからこそこれは買い。 5月26日の発売までに予約をしておけば、アマゾンならば値下がりした時に値段がそのあと高騰しても最安値で購入できます。 ビーファンならずとも、これは注目ですぞ!

  • 山口 百恵 -

    山口 百恵: ゴールデン☆アイドル 山口百恵(完全生産限定盤)
    全シングルA・B面プラスボーナストラック(「あなたへの子守歌」)を、山口百恵名義としては初のブルースペックCDとしてリリース。 音はいわゆるドンシャリ系ではなく、アナログ盤に準拠した原音に忠実な印象です。 パッケージングはアナログシングル盤サイズで中袋、CDを納めるケースが完全にドーナツ盤をイメージしています(よく言えば斬新…笑、悪く言えばチャッチイ…笑)。 しかしその発想は買える(笑)。 ほぼ原寸大のシングルジャケットと裏の歌詞カードの複製ブックレット。 ただスキャニングは欲を言えばもう一歩。 当時シングル盤を中心に聴いていたかたなら、この編集盤はかなりの 「買い」 です。 しかしこのジャケット表紙の写真、スッピン風で個人的にはすごく好き。

  • デイヴ・グルーシン&リー・リトナー -

    デイヴ・グルーシン&リー・リトナー: Two Worlds / Grusin & Ritenour
    NHK朝ドラ 「花子とアン」 で美人のスコット先生が夜な夜な歌い、チビはなチャンがすっかり覚えてしまったイギリス民謡、「ザ・ウォーター・イズ・ワイド(流れは広く)」。 このアルバムでルネ・フレミングが歌っていたのを思い出しました。 ルネのソプラノはけっして大袈裟でなく上品で、私のとてもお気に入りのソプラノ歌手ですね。 このアルバム自体は全体的にクラシックにギターのリー・リトナーが絡むフュージョンぽいものなのですが、故・黒田恭一サン評するところの、「大人が聴く音楽」。 胸を締め付けるような哀しみと、すべてを包み込むようないたわりに満ちていて、私の人生のなかでも最上位に位置する愛聴盤です。

  • 桜田淳子 -

    桜田淳子: ゴールデン☆ベスト 桜田淳子~シングル・コレクション
    彼女の活動期に発売されたシングルをすべて網羅したベスト盤。 確かに後年のものほど馴染みがありませんが、選曲漏れがないので、彼女の存在とは何だったのか自体に思いが至るベスト盤です。 音も楽器の音像がよくてなかなかいいマスタリングをしている気がします。 2600円程度で推移しています。

  • ザ・ビートルズ -

    ザ・ビートルズ: ザ・ビートルズBOX(限定生産品)(USBメモリ)
    パソコンにUSB端子があり(たいていついてると思います)、パソコンで音楽が聴ける環境をお持ちの人ならば、聴くことができます。 現在のテクノロジーで最もいい音質で聴ける、ビートルズの音楽です。 ただし国内版にもかかわらず、訳詞とか一切なし。 ジャケットもブックレットもパソコンデータ。 純粋に音楽だけ楽しみたい人向けです。 また、曲間にコンマ何秒かのブランクが入ります。 「アビイ・ロード」 のメドレーも同様です。 しかし、音はさすがに、すごい。 大きな音量であればある程、目の前にビートルズが迫ってくる勢いです。 ツヤが違います。

  • The Beatles -

    The Beatles: The Beatles [USB]
    こちら上記の海外版。 内容的には国内版とほぼ一緒なので、値段が安いこちらのほうがいいでしょう。

無料ブログはココログ