« 「江~姫たちの戦国~」 第40回 出し惜しみなのかもともとないのか | トップページ | 「家政婦のミタ」 第2回 直接ぶつかれ »

2011年10月20日 (木)

「深夜食堂2」 30分、を前提とした話作り

 TBSで深夜にひっそりと放送していた 「深夜食堂」 については、その評判を伝え聞いておりました。 その続編をやる、というので、どんなものかと見てみることに。

 話的には 「人間交差点」 みたいな感じで、深夜営業している小さな食堂に集う人々の人間模様を描く、という話。 マスターの小林薫サンは、特段何の役割も果たしていないんですが、「深夜に寂しい人々が立ち寄れる場所を提供している」、ということにおいて大きな意味を持っています。

 このドラマ、30分番組なんですが、話を見る限り、1時間ではちょっとくどい気がする。
 そして1時間ではなく30分ドラマだからこそ、様々な場面カットがなされます。
 そのカットの方法が、実に見る側の想像力を働かせる。

 今どき、何でもかんでも説明しなければ分からない、という愚鈍な説明を強いられているドラマというのが多過ぎる気がするのですが、このドラマはあえて説明を最小限に抑えています。
 だから見る側は 「もっともっと」 と無粋にこのドラマに要求しようとしないし、ドラマもハナからそんな気がない。

 今回の話は、高校時代に問題を起こして自分の所属していた野球部が甲子園に行けなくなってしまった、という経歴を持つ松重豊サンと、そのきっかけを作った安田成美サン、同じ野球部の友人だった光石研サンを中心とした話。
 松重サンはそれがきっかけでやくざに身を落とし、光石サンはそれをしょっぴく側の刑事。

 安田サンはほかの男性と結婚しているのですが、余命いくばくもない。
 光石サンが松重サンを、安田サンのいる病院へと引っ張ってくるのですが、光石サンは本当は安田サンのことが好きだった。 それを、安田サンの命が長くないことを知って、当時安田サンが付き合っていた松重サンを、連れてきたわけです。

 病室には安田サンの子供が書いたと思われる母親の絵などが張られている。 この状況から、いろんなことが瞬時に読み取れます。
 彼女はダンナのことはさておいて、自分の正直な思いを結構洗いざらい松重サンに語り尽くします。
 おそらく彼女も、自分が長くないことを悟っていることが、ここから窺われるのです。

 松重サンの安田サンとの思い出が、赤いウィンナー。
 先を6本に切って炒めた、「タコさんウィンナー」 です。
 それを松重サンは、小林サンの食堂でいつも頼んでいる。
 彼女はそれを食べたい、と頼み、足元がおぼつかない安田サンを車いすに乗せ、バリアフリーが行き届いていない深夜食堂に、松重サンの子分がスロープを設置して、彼女は深夜食堂に入っていく。

 ここで場面はカットアウト。

 次の瞬間、喪服姿の松重サンと光石サンが、赤いウィンナー炒めを前にして、献杯をする。 カウンターにはお清め塩。

 ここでドラマは終わるのです。

 それだけで、見ている側には余韻がものすごく残る。 30分でしか表現できない話、ですよね。 こういうドラマがあってもいいととても感じます。

 このドラマ、時間的に深夜遅くまで残業して、もしくは飲んで帰って来た人が、ちょっと見るのにとてもいい長さのドラマでもあります。 おそらく作り手も、それを狙っている。

 そしてその余韻を心に抱いたまま、そのドラマを見た人が寝床につく。

 私は外食などほとんどしない類の人間ですが、このドラマを見ることで、「こういう行きつけの店を持って人間関係を形成するのも、人生の寄り道としては意味があるんじゃないだろうか」、という気になってきます。

 そして行きつけの店に行った気分にだけなって(笑)、またひと眠りしようと思います。

 夜勤をやってると、仕事が終わった時間って、飲み屋とかやってないんで(爆)。
 朝っぱらから、寂しく晩酌です(ハハ…)。

|

« 「江~姫たちの戦国~」 第40回 出し惜しみなのかもともとないのか | トップページ | 「家政婦のミタ」 第2回 直接ぶつかれ »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521783/53040067

この記事へのトラックバック一覧です: 「深夜食堂2」 30分、を前提とした話作り:

« 「江~姫たちの戦国~」 第40回 出し惜しみなのかもともとないのか | トップページ | 「家政婦のミタ」 第2回 直接ぶつかれ »